武井壮の睡眠時間が異様に短い!一日たったの45分って本当?

「百獣の王」として有名な筋肉系タレントの武井壮さん。なんと武井壮さんの一日の睡眠時間はたったの45分だけだというのです。本当にそんなに短い睡眠時間で大丈夫なのでしょうか。調べていくうちにたどり着いたのは睡眠にすら全力で向き合う真摯な姿勢だった!

武井壮の睡眠時間が異様に短い!一日たったの45分って本当?

目次

  1. 武井壮の睡眠時間は一日45分!?
  2. 武井壮とは
  3. 「睡眠」について
  4. テレビ番組が武井壮の睡眠時間を検証
  5. 武井壮は睡眠にも全力!6年間データを取っていた
  6. 武井壮の睡眠時間は本当に短い!

武井壮の睡眠時間は一日45分!?

武井壮がテレビ番組で公言

タレントの武井壮さんテレビで語った睡眠時間が話題です。武井壮さんの一日の睡眠時間がたったの45分だけだというのです!

武井壮とは

武井壮プロフィール

武井壮(たけい そう)

職業:タレント
生年月日:1973年5月6日
生まれ:東京都 東京 葛飾区
身長:175 cm
体重:69kg
血液型:A型

「動物の倒し方」で人気に

百獣の王を目指す男

武井壮さんは、あらゆる動物との戦いをシミュレーションした「動物の倒し方」で有名になりました。シミュレーション結果は武井壮さんいわく、「2万戦無敗」とのこと。

アスリート武井壮

十種競技元日本チャンピオン

大学時代には陸上競技の十種競技の選手だった武井壮さん。わずか2年半のトレーニングで日本一にまでなったそうです。武井壮さんの身体能力と意志の強さがうかがえます。

世界マスターズ陸上金メダリスト

武井壮さんは、世界マスターズ陸上40 - 44歳クラスにおいて、個人200mで銅メダル、4×100mリレーで金メダルを獲得しています。

イメージトレーニングの強さがすごい!

医者から「一生歩けない」と言われた

実は、武井壮さんはかつて十種競技で大けがをした際、医者から「一生歩けない」と宣告されたことを告白しています。

でもイメージトレーニングで治した!

このとき武井壮さんは骨の仕組みが載っている本を読み、本のとうりに骨が治るイメージトレーニングを行っていたそうです。すると本当に完治してしまったとのこと。武井壮さんいわく、「ストレスで胃潰瘍になるくらいだから逆も絶対イケる!」だそうです。

「睡眠」について

武井壮さんは確かにすごい。しかし、いかに武井壮さんとはいえ一日の睡眠時間がたったの45分だけだなんて・・・。人の睡眠時間はそれほど短くても大丈夫なのでしょうか。

睡眠とは

なぜ眠る?

現在のところ、睡眠が必要な理由としては、 1.脳と体を休める 2.ストレス解消 3.体の代謝を促す とされています。

脳と体を休める

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠には2種類あり、主に体を休ませ記憶を整理するレム睡眠と、脳を休ませ体を成長させるノンレム睡眠とがあります。

周期がある

レム睡眠とノンレム睡眠には周期があり、個人差や一晩の中でも差や幅がありますが、平均で約90分になっています。

ストレス解消

寝てスッキリ

睡眠には記憶を整理してリフレッシュすることで脳の疲れを取る効果があるとされます。しっかり寝ることはストレス解消にも繋がります。

体の代謝を促す

成長ホルモンは筋肉の成長や身長の伸びに必要

睡眠中には成長ホルモンが多く分泌されます。これは成長期には筋肉の成長や身長の伸びなどの体の成長を促します。成長期が終わった後でも代謝を促進させるために重要とされています。

睡眠初期の深い眠りの時間帯に分泌

成長ホルモンは、特に睡眠初期の深い眠りの時間帯に多く分泌されることがわかっています。身長が伸びる子供の時期やアスリートのトレーニングを筋肉に定着させるためには、この時間帯にしっかりと眠ることが重要なようです。

人に必要な睡眠時間

最低でも4時間半?

一般的には、一日に必要な睡眠時間は最低限4時間半程度とされています。そう考えると、武井壮さんの45分というのはちょっと短すぎる気も・・・。

テレビ番組が武井壮の睡眠時間を検証

番組概要

脳波を測定

番組では、武井壮さんの頭に測定器を取り付け、24時間脳波を測定することで武井壮さんの睡眠について調査が行われました。

本当に短い!

この日の睡眠時間は24時間中46分だけ。武井壮さんの睡眠時間は本当に短いようです。さらには武井壮さんの睡眠は、時間だけでなく質にも特徴が。

深い睡眠までが速い

武井壮さんの場合、脳を休めるために必要な深い睡眠までの時間が一般の人に比べて半分ほど速いことが判明。

深い睡眠時間が長い

さらに、深い睡眠の割合が総睡眠時間の50パーセントを占めることも判明。武井壮さんの睡眠は効率が良いことがわかりました。

武井壮は睡眠にも全力!6年間データを取っていた

「リボ睡眠」は造語

武井壮さんはこの分割して睡眠をとることを「リボ睡眠」と呼んでいましたが。このリボ睡眠という言葉は武井壮さんの造語。

睡眠のデータを取った!?

番組の中で武井壮さんは、睡眠時の条件をデータとして取り続け、その後の体調と照らして最高の条件を探り出したというのです。要した期間は6年間!武井壮恐るべし。

武井壮の睡眠時間は本当に短い!

武井壮はショートスリーパー?

武井壮さんの睡眠時間はかかなり短いということがわかりました。世の中には睡眠時間が短く済む「ショートスリーパー」と呼ばれる方たちがいるそうです。武井壮さんもショートスリーパーなのでしょうか。

われわれ凡人はどうする?

だれしも睡眠時間が短く済むならそうしたいところ。しかし、武井壮さんの睡眠については、正直特殊すぎてとても参考にできるものではなさそうです。ただ、武井壮さんの睡眠にすら全力で向き合う姿勢には感銘すら覚えます。少なくともこの姿勢については参考にするべきかもしれません。

武井壮の関連記事はこちら!

Thumb百獣の王・武井壮の心に響く名言まとめ!実は頭いいとの噂は本当?
Thumb武井壮のトレーニング方法は?筋肉がとにかくすごい!食事内容は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-08 時点

新着一覧