沢田研二の今現在がひどい?激太りで若い頃の面影無し?病気の噂は?

歌唱力と甘いルックスで大人気だった沢田研二さん。現在でも強烈な印象が残っている方も多いでしょう。しかし今では激太りしてしまったとか。その激太りの原因が病気では?との噂も。激太りの原因と、今の沢田研二さんの姿、現在の活動について調べてみました。

沢田研二の今現在がひどい?激太りで若い頃の面影無し?病気の噂は?

目次

  1. 沢田研二さんのプロフィールは?
  2. 今、激太りがひどいと話題の沢田研二さんの全盛期
  3. 沢田研二さん、事務所を移籍して独立
  4. 沢田研二さんの今の活動は?
  5. 今激太りで話題の沢田研二さん、原因は?なにか病気では?
  6. 沢田研二さんの激太りの原因は病気ではなく、食生活と体質だった!

沢田研二さんのプロフィールは?

まずは沢田研二さんのプロフィールについて確認してみましょう。

沢田 研二(さわだ けんじ)

1948年6月25日生まれ 出身地:鳥取県鳥取市生まれ・京都府京都市育ち 中学校では野球部に所属 高校では空手部に所属

沢田研二さんはグループサウンズ全盛期、ザ・タイガースで活躍

沢田研二さんは1967年2月5日、岸部一徳さんらと共にザ・タイガースのボーカリストとしてデビューしました。『シーサイド・バウンド』や『モナリザの微笑』『君だけに愛を』などヒット曲を連発し、国民的アイドルとなりました。1969年3月1日にはアメリカの音楽雑誌『ローリング・ストーン』の表紙に登場。日本人が表紙を飾ったのはこれが最初で最後となっています。1971年1月24日、日本武道館で行われたコンサートを最後にザ・タイガースは解散しました。

沢田研二さん、ニューロックの『PYG』に参加するも

1971年2月1日、沢田研二さんの他、萩原健一さん、大野克夫さん、井上堯之さん、岸部一徳さん、大口広司さんらと共に当時『ニューロック』と呼ばれていたジャンルでの活動を開始。しかし、メンバーだった萩原健一さんのドラマ『太陽にほえろ!』での活躍と共にバンドでの活動が難しくなり、1972年11月21日発売のシングルを最後にPYGは自然消滅してしまいました。『太陽に吠えろ!』のメインテーマは『井上堯之バンド』の代表曲として有名ですが、レコーディング時は『PYG』としてレコーディングされたものだそうです。

沢田研二さん、ソロでの活動を開始

PYGとしても活動している1971年11月1日、沢田研二さんはシングル『君をのせて』でソロデビューを果たします。オリコンの最高順位は23位と、ザ・タイガース時代にはトップに君臨し続けた沢田研二さんとしては今ひとつの順位だったかもしれないですね。1972年発売の『許されない愛』や、『あなただけでいい』がヒットを記録し、同じ頃にPYGのメンバーだった萩原健一さんの俳優活動が本格化したことからPYGとしての活動はほとんどなく、沢田研二さんもソロ活動を本格化させていきます。

沢田研二さん『危険なふたり』でソロでは初のオリコン1位を獲得

1973年4月21日発売のシングル『危険なふたり』で65万枚を売り上げ、ソロとしては初のオリコン1位を獲得し、第4回日本歌謡大賞を受賞します。

今、激太りがひどいと話題の沢田研二さんの全盛期

1973年4月リリースの『危険なふたり』で、初のオリコン1位を獲得し、さらに第4回日本歌謡大賞も受賞した沢田研二さん、ちょうどこの『危険なふたり』の頃から、スタイリストに早川タケジさんが参加します。そしてこの早川タケジさんによって、斬新なファッションで歌う沢田研二さんのイメージが確立されることになります。同時に人気は不動のものとなっていきます。

『時の過ぎゆくままに』で大ヒットを記録

1975年8月1日にシングル『時の過ぎゆくままに』をリリース、5周連続でオリコン1位となり、92万枚の売り上げを記録し、沢田研二さんのソロとしては最大のヒット曲となりました。

『勝手にしやがれ』では日本レコード大賞を受賞!

1977年5月にリリースした『勝手にしやがれ』もまた、5週連続でのオリコン1位を獲得し、89万枚の売り上げを記録します。この年の第19回日本レコード大賞も受賞しました。沢田研二さんを代表する1曲と言えますね。歌っている途中で客席に向けて被っているパナマ帽を投げるパフォーマンスが印象的で、当時も話題となりました。

印象に残るビジュアルでヒット曲を連発

1978年以降も『サムライ』や『ダーリング』、『LOVE(抱きしめたい)』など、多くのヒット曲を連発します。『ダーリング』では水兵のセーラー服の衣装で歌うなど、曲だけでなく衣装でも独特の世界を創りだしていました。1980年リリースの『TOKIO』で電飾が施されたスーツでパラシュートを背にして歌うパフォーマンスがとても印象に残りました。

『8時だョ!全員集合』にも出演

『TOKIO』や『ス・ト・リ・ッ・パ・ー』などのヒット曲を連発している頃、沢田研二さんは『8時だョ!全員集合』などのバラエティ番組にも出演していました。若い頃の沢田研二さん、歌っているときの大人の色気とかっこ良さでバラエティのイメージはないかも知れませんが、実際には何度も出演し、コントでも好演、オチまで任されるほどだったそうです。

Thumb沢田研二の息子の現在仕事は何?澤田一人?現在の画像まとめ

沢田研二さん、事務所を移籍して独立

音楽番組全盛の時代に、音楽番組のみならず、バラエティ番組でも人気を博した沢田研二さん。1985年まで在籍していた大手芸能事務所から独立をします。その頃から活動もそれまでとは違ったものになっていきました。

沢田研二さん、半年の休養の後、独立して再スタート

1985年1月からの半年間、活動を休止し半年間休養しますが、休養明けにはそれまで所属していた渡辺プロダクションから独立。渡辺プロダクション傘下の〝株式会社ココロ〟を設立します。レコード会社も移籍。心機一転活動を開始します。1985年8月には移籍後第一弾のシングルとして『灰とダイヤモンド』をリリースします。

活動を続けるも大ヒットは

その後も三部作となる『CO-CoLO』シリーズをリリースするなど、音楽活動を続け、1989年には『第40回紅白歌合戦』にも出演するなど意欲的に音楽活動を続けますが、それまでのようなヒット曲に恵まれることはありませんでした。1991年にはデビュー25周年を記念してそれまでCD化されていなかった作品をCD化し、NHKでは25周年記念番組が5日連続で放送されるなどしました。沢田研二さん本人は1992年〝自分は懐メロ歌手ではなく現役の歌手だから〟という理由で過去の映像の放映を許可しなくなりました。

昔から長髪のイメージの沢田研二さんが長髪だったのはこの頃まで

沢田研二さんと言えば、長髪のイメージですが、この頃を最後に長髪姿は観られなくなります。写真は2000年の秋頃に雑誌『音楽倶楽部 vol.3』で、『キタルベキ素敵』について語っている記事です。若い頃に比べて、顔もふっくらとして、顎がちょっとはっきりしない感じになってきていますね。

Thumb沢田研二に息子がいる?離婚した伊藤エミとの子供・澤田一人との関係は?

沢田研二さんの今の活動は?

最近はテレビ番組などで目にする機会も少なくなった沢田研二さん、現在はどのような活動をしているのでしょうか?

沢田研二さん、激太りしてしまった現在でも音楽活動を継続

1992年に〝自分はナツメロ歌手ではなく現役の歌手だから〟という理由で過去の映像の使用を許可しなくなった沢田研二さん、ちょうどその頃からテレビなどで姿を見る機会が急に少なくなりましたが、現在でも音楽活動を続けています。

沢田研二さん、過去の映像の使用を解禁

1992年に一度は過去の映像の放映を許可しなくなった沢田研二さんでしたが、2001年にはそれを撤回し、過去の映像の放映を認めるようになりました。このころから再びテレビで沢田研二さんを見るようになりました。やはり若い頃と比べると太ったように見えますね。

沢田研二さん、2015年のライブではトラブルも報じられましたが...

2015年1月のライブの際には、沢田研二さんのMCで当時話題になっていたISの日本人人質問題について語っていたところ、ステージに向かって「うたって〜!」と叫んだファンに向かってキレ、ホール中を凍り付かせた、などといった報道が聞かれ、トラブルメーカーになってしまった、的な取り扱い方をされていました。

しかし、実際のところ、現在では、沢田研二さんがMC中に政治問題などについて語るのは古参のファンにとっては有名な話しだそうです。しかもMC中の声かけはファンの間ではやってはならない『鉄の掟』だったそうで、ホールを凍らせたのは沢田研二さんの怒声ではなく、ファンのかけ声、そのかけ声をかけたファンに対してだった、というのが実際のところのようです。

今激太りで話題の沢田研二さん、原因は?なにか病気では?

現在、すっかり太ってしまい、その激太りによる変わりように〝病気なのでは?〟などといった憶測も飛び交っている沢田研二さん、その激太りによる変貌の原因はいったい何なのでしょうか?病気?病気だとしたら、その病名は?病気ではないとしたら、どうして今のように太ってしまったのでしょうか?

激太りの沢田研二さん、その原因は病気?

昔と比べると、現在ではすっかり太ってしまった沢田研二さん。その大きな変貌を見た人たちからは〝何か病気なのでは?〟と言った声も聞かれました。しかし今まで、本人が〝病気だ〟と言った発言をしたことはないそうです。

現在、激太りで話題の沢田研二さん、その激太りの原因は?

現在、激太りで話題となっている沢田研二さん、その原因となったのはズバリ〝普段の生活のせい〟だそうです。元々が太りやすい体質だったと言うこともあり、人気絶頂だった若い頃にはそのスタイルを気にして、ご飯を食べても吐き出す、といったことを繰り返していたそうです。

今では激太りしてしまった沢田研二さん、スタイルキープのために

今ではすっかり激太りしている沢田研二さん、大人気だった若い頃はそのスタイルキープのために食事を制限し、いつも空腹のような状態だったとか、食べたものも吐き出すなど、その太りやすい体質の身体をスリムでスタイリッシュにキープするために相当の努力をされていたそうです。年齢を重ねたことで、現在では昔のようにスタイルを維持する必要もないと感じたことで、そうした努力をしなくなり、もともとの太りやすいという体質もあってか、一気に太ってしまったというのが実際のところのようです。

現在激太りしてしまった沢田研二さん、その原因は他にも

沢田研二さんが激太りしてしまった理由は〝普段の生活のせい〟とのことですが、もともと太りやすい体質だったことに加えて、昔からかなりお酒が好きだったそうです。しかもその量は半端なものではなく、普段から夕食の時に5合から6合の日本酒を飲むのは当たり前で、時には昼間からお酒を飲んでいることもあるとか。沢田研二さんのお酒好きは古くからのファンの間では有名なのだそうですが、こういったことも激太りにつながったのかもしれませんね。

激太りの原因は病気ではなかったものの、沢田研二さんの現在は?

沢田研二さんが今のように激太りしてしまった原因は、どうやら病気ではなく、日常生活とご本人の体質の問題だったらしい、ということはわかりました。しかし、写真で見ても分かる通りの体型です。現在では、実際にライブでも3曲ほど歌うと「歌い続けると身体が持たない」と言っているそうです。お医者様からも、糖尿病や高血圧などの心配があるので、大きい声を出したり、激しい運動をしたりすることは制限されているそうです。

沢田研二さんの激太りの原因は病気ではなく、食生活と体質だった!

沢田研二さんが激太りしてしまった原因は、病気ではなく、現在のご本人の食生活と、元々ご本人が太りやすい体質だった、というのが原因だったようです。でも、今の体型を続けていると、今は病気ではなくても今後病気になってしまう可能性は十分にあります。沢田研二さんがこれからもその素晴らしい歌を聴かせ続けられるように、今後は健康管理に気をつけて欲しいと思います。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-09-27 時点

新着一覧