夫と別居したい人が考えるべきこと・やるべきこと!お金がないけど大丈夫?

別居したいと思った時、まずは何を考えたらいいのでしょう。別居の先にある未来は?仕事の事や生活のこと、子供のことなど考えなきゃいけないことはたくさんあります。本気で別居したいと思うなら、まずは自分の強い意志とそれなりの覚悟が必要なのです。

夫と別居したい人が考えるべきこと・やるべきこと!お金がないけど大丈夫?

目次

  1. 別居したいと思う時
  2. 別居の先にあるものは、離婚?それとも修復?
  3. 別居したいなら、まず考えるべきこと1・相手への意思表示
  4. 別居したいなら、まず考えるべきこと2・経済的自立
  5. 別居したいなら、まず考えるべきこと3・子供のこと
  6. 別居したいなら、まず考えるべきこと4・住むところを考える
  7. 別居したいなら、まず考えるべきこと5・住民票はどうする?
  8. 別居したいなら、やるべきこと
  9. 別居するとお金がかかる
  10. 別居したい、まとめ

別居したいと思う時

結婚生活には色んな場面が訪れます。夫婦の間でこれ以上一緒に生活できないと思う瞬間もあることでしょう。別居したいと考えますよね。でも、一時の感情に任せてはいけません。まずは、自分の気持ちと考え、意志をはっきりさせることが大切になるでしょう。

もう限界、疲れる夫と別居したい!

夫との結婚生活に疲れてしまっていると、距離を置きたい、離れたい、別居したいと考えてしまいますね。仕事や、家事や子育てで余裕がないうえに、面倒な夫の事まで考えられない、そんなふうに思ってしまう主婦が実は、たくさんいるのです。

生活費を入れない夫と別居したい

当然のことながら、お金がないと結婚生活は成り立ちませんよね。働かない夫や、給料を家庭に入れてくれない夫など、結婚生活を続けることが不安になって別居したいと考えますよね。お金に関して問題がある夫婦は、結婚生活を継続するのは難しいでしょう。

夫の浮気が許せない、別居したい!

別居をする原因で一番多いのが、夫の浮気です。配偶者の不貞行為は別居、離婚の立派な理由となります。万が一、訴訟にまで発展しても、こちらが有利になるでしょう。

考えるべきことは、間違っても怒りに任せて騒ぎ立てたりせず、冷静に夫の動向を観察することです。証拠になりそうなものは、確保しておくことも手段のひとつです。

今すぐ別居したい!DV夫やモラハラ夫

一緒に生活していたら、この先どうなってしまうか分からない、自分自身が精神的にも追いつめられてしまうかもしれません。子供にも影響があるでしょう。すぐにでも別居したいですよね。勇気をもって行動するべきです。この場合、やみくもに、ただ別居してもうまくいかない事が考えられます。専門家のアドバイスをもらうのもひとつの方法かもしれません。

Thumb別居のメリット・デメリットまとめ!離婚する前にまず別居?注意点を紹介

別居の先にあるものは、離婚?それとも修復?

別居したい理由は色々あるにしろ、別居したとしてその先はどうしますか?もちろん、離婚を前提に別居したいと思うケースが多いですが、たんに冷却期間を置きたいだけ、離婚する気は全くないが別居したい。など思惑はそれぞれです。

ただし、別居という形をとることによって夫婦の関係が悪化する覚悟は必要です。円満に離婚に至らなかったり、別れるつもりはなかったのに、離婚することになってしまったりと、思いがけない方向へ話がすすんでしまう場合もあります。

別居したいと思うのはいいですが、その先の自分自身のビジョンが見えていないなら、今すぐに別居するのは得策とは言えないでしょう。まず考えるべきことは、冷静に将来を見据えることです。そして、別居を実行に移すための入念な準備をすることです。

Thumbスピード離婚をする夫婦の特徴や原因は?慰謝料や財産分与はどうなる?

別居したいなら、まず考えるべきこと1・相手への意思表示

夫婦喧嘩での勢いや、一方的な気分で別居したいと強引に押し進めると、後々トラブルが多くなる可能性があります。きちんと話し合って、相手に自分の考えや意思を伝えましょう。感情に任せて勝手に家を出たりするのは、別居ではなく「家出」です。

早く別居したいからと言って、相手に何も話をしないまま、勝手に家を出て別居をすると「同居義務違反」になってしまいます。夫婦は一緒に生活をする義務があると定められているため、別居にはそれ相当な理由と、夫婦間の合意が必要なのです。

話し合いをするうちに関係が修復して結婚生活を続けられる場合もありますので。まずはきちんと、話し合ってみましょう。

Thumb離婚を後悔する理由、夫婦別まとめ!復縁や回避できる人の特徴とは?

別居したいなら、まず考えるべきこと2・経済的自立

専業主婦が別居したいと考えるなら、まずは仕事を探すことが必要でしょう。別居してからの生活はどうするのか考えなければなりません。収入がないことが原因で、別居を断念するケースも珍しくありません。もし、子供が一緒なら、教育費や学費もかかります。本気で別居したいなら、経済的な自立が必要でしょう。

実際に家を出る為には、アパートなどに住むための初期費用もかかります。引っ越しや、家具、生活道具もそろえなければなりません。別居するために、いくら必要になるのか考えておきましょう。

Thumbスピード結婚の理由・きっかけや決め手とは?離婚率が高い?低い?

別居したいなら、まず考えるべきこと3・子供のこと

夫婦が別々に生活するということは、子供はどちらかの親と一緒に暮らさなければなりません。お父さんが大好きな子供も、別居して母親と一緒に住むなら、父親とは離れ離れになってしまいます。夫婦の不仲は子供にも大きな影響を与えてしまうことになるでしょう。

子供にとって、両親が必ず揃っていることが幸せかどうかは分かりません。毎日のように子供の前で、夫婦喧嘩ばかりしていたら、それは決して幸せな環境とは言えません。子供の将来にも関わる大事な決断です。よく考えてから実行してください。

別居したいなら、まず考えるべきこと4・住むところを考える

自分のほうから別居したいときりだした場合、やはり住むところを考えておく必要があるでしょう。とりあえずは実家に住む、という方法もありますが、この先、離婚して自分で生きていくのであれば、やるべきことは、まず自分自身の居場所を作ることです。

夫の不貞行為が原因で、結婚生活が破綻し、別居をする場合、相手に家を出て行ってもらうという方法もあります。子供がいる場合など、大きく生活環境を変えたくない時はこのほうがいいでしょう。

別居したいなら、まず考えるべきこと5・住民票はどうする?

住んでいる場所が変わると、やるべきことは、住民票を移すということです。そうなると、児童手当などが受けられない場合も出てきます。こういった場合は、子供と同居する親に、振り込みを変更することが出来ますので、詳しくは役所に問い合わせてみましょう。

居場所を知られたくない場合も

子供が転校する手続きにも住民票は必要になってきます。しかし、夫のDVなどで住所を知られたくない場合もあるでしょう。役所や学校に相談して、住民票の開示を止めることができますので、悩まず、まわりに助けを求めてみましょう。

別居したいなら、やるべきこと

どうしても今のまま結婚生活を続けられないと思ったら、別居に向かって行動を起こしていきましょう。やるべきことはたくさんあります。別居や離婚には、自分でも気づかないほどの、精神的負担がかかります。しっかりと自分の決めた未来に向かってすすんでいきましょう。

物件探し

まず、やるべきことは、生活圏はどの辺なのか、子供の学校はどこになるか、などを踏まえたうえで住む場所を探すことです。アパートなのかマンションなのか、一戸建てにするのか、どのくらいの費用が必要なのかも考えるべきです。貯金と物件探しは同時にすすめていくといいでしょう。

身の回りを整理しておく

いざ家を出る時に、何が必要かを考えておきましょう。自分の荷物がどれくらい家の中にありますか?全部持っていくと結構な量になるのではないでしょうか。荷物が多くなると、それだけ引っ越しも大変だし、お金もかかります。できる限り身の回りを整理しておきましょう。

相手とちゃんと話し合う

後々のトラブルを避けるためにもやるべきことは、きちんと話し合いをしておくことです。別居したい意思をちゃんと伝え、どこに住むのか、仕事はどうするか、生活費はどこまで出してもらえるのか、話し合うことが大切です。

別居したいほどの相手と、そこまで話し合うのは苦痛かもしれませんが、最低限の事はお互いに知っておくほうがよいでしょう。今後、離婚に向けての話し合いなどが行われる可能性もありますので、連絡はお互いにとれるようにしておきましょう。

別居するとお金がかかる

別居をすると、当然ですが一世帯に生活拠点が2つあることになります。別居のための費用もかかりますが、その後の生活費もかなりの額になってくるのです。今まで、夫の収入だけで生活をしていたとなれば、別居後の生活費は、なんとか自分で稼ぐくらいの覚悟が必要です。

婚姻費用とは

法律では、最低限の社会生活をおくる為のお金を、夫婦の収入の大小に応じてお互いに分担して負担することが決められています。もし、別居してから夫が生活費を払ってくれない場合は、婚姻費用分担請求をすることができます。このお金は請求を出した時から支払われるので、過去にさかのぼって請求することはできません。また、離婚が成立した場合や再び同居を始めると請求はできません。

婚姻費用は、月額で決められます。夫婦で話し合い、お互いに金額に納得できれば、そのまま実行されますが、もし金額に折り合いがつけられない場合は、裁判所に調停を申し立てます。

結婚前に自分の名義で持っていた貯金や、自分名義の財産は、別居するときに持ち出すことができます。でも、夫名義の通帳や、夫婦の共有財産で夫の名義のものは、勝手に持ち出すことはできません。夫の方が養育費や婚姻費用を払う義務があるとしても、家庭裁判所での許可が必要になります。

別居したい、まとめ

夫との別居を本気で考えるなら、まずやるべきことは、生活のためのお金を確保することです。すぐにでも、離れたいと思うかもしれませんが、勢いで行動に移すのは得策ではありません。少しでも不利にならないように、しっかりとした準備をして実行に移しましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧