夏目漱石の名言まとめ|「月が綺麗ですね」の意味から衝撃事実まで!

夏目漱石といえば日本を代表する文豪です。夏目漱石の小説を読んだことのない人でも作品のタイトルを耳にしたことがあるでしょう。夏目漱石の作品は洞察力に優れており、心を動かされる言葉が多く記されています。本記事では代表作と共に、夏目漱石の名言も紹介しましょう。

夏目漱石の名言まとめ|「月が綺麗ですね」の意味から衝撃事実まで!

目次

  1. 天才と呼ばれた夏目漱石とは?
  2. 夏目漱石に触れてみよう
  3. 夏目漱石の代表作
  4. 夏目漱石は2007年まで千円札の顔だった!
  5. 夏目漱石の名言「月が綺麗ですね」の意味に迫る!
  6. 夏目漱石の洞察力あふれる名言集!
  7. 【まとめ】現在まで息づく夏目漱石の名言

天才と呼ばれた夏目漱石とは?

この投稿をInstagramで見る

12/12 #夏目漱石 #こころ #art #落書き #テストだけど #人物画

Sen©️(@arteen_re_design)がシェアした投稿 -

夏目漱石は「吾輩は猫である」や「坊っちゃん」などで知られている日本を代表する作家です。夏目漱石は、日本の小説だけでなく英文学にも通じていました。イギリスへの留学したこともあり英文学者としても評価されています。夏目漱石は、帰国後に東京帝国大学で講師として英文学を教えていました。教職を退いた後は、朝日新聞社に入社して作品を発表し続けたという経歴の持ち主です。精力的に作品を発表し続けましたが、歳を重ねる毎に病をわずらい最終的には胃潰瘍により、夏目漱石は家族に見守られながら49年の人生に幕を降ろします。

夏目漱石の本名

この投稿をInstagramで見る

#夏目漱石 #文豪 #illustration #illustrator #illust #ipad #procreate

cartman(@cartman.illust)がシェアした投稿 -

夏目漱石の本名を夏目金之助といいます。金之助と聞くと目出度さなど縁起の良さそうな印象を持たれることでしょう。ですが、この金之助という名前は夏目漱石の身を案じた結果つけられた名前でした。

夏目漱石の生年月日

この投稿をInstagramで見る

夏目 漱石 (なつめ そうせき、1867年2月9日 - 1916年12月9日) 文学は男子一生の事業とするに足らぬとか言う人が出て来ても、ちっとも驚くことはない。又、文学は無類とびきりの良い職業で、人生にとってこれ程意味あり、価値ある職業はないと言う人があっても、又決して喜ぶには当らない。文学に大きな価値があるとか無いとか、深い意味があるとか無いとか、両方で争って見た所で、それは要するに水掛け議論たるに過ぎない。(夏目漱石) #夏目漱石 #NatsumeSoseki #文学 #Literature #哲学 #philosophy #小説 #novel #小説家 #novelist #詩 #poem #詩人 #poet #読書 #read #reading #write #writing #本 #book #books #bookstagram

文学インスタグラム(@bungakugram)がシェアした投稿 -

夏目漱石の生年月日は1867年2月9日です。そして、この日付こそが漱石の本名・金之助の由来となります。実は、漱石が生まれた日が庚申の日だったので、厄除けの意味で名前に「金」を入れることとなりました。

夏目漱石の出身地

夏目漱石は東京都新宿区喜久井町出身です。実は喜久井町という地名は夏目家の家紋「井桁に菊」にちなんでいました。その家紋から、夏目漱石の父である夏目直克が地名を「喜久井町」命名したという由来があります。

夏目漱石に触れてみよう

夏目漱石の「吾輩は猫である」や「坊ちゃん」のように、子供から大人まで多くの人に愛される作品があります。一方では、「こゝろ」や「行人」など大人になってからじっくりと読みたくなる作品など、幅広い小説を世に送り出しました。一見対照的とも思える作風ですが、どの作品にも共通しているのが、丁寧に描かれた人物描写です。その丁寧な人間描写が夏目漱石の作品の魅力であり、多くの人に愛読される理由の1つといえます。次に、夏目漱石と関わりのある人物のエピソードや、夏目漱石の代表作として知られている作品について紹介しましょう。

夏目漱石と正岡子規

この投稿をInstagramで見る

突然ですが、 #夏目漱石 🐈 #像

Ak N(@rivertce)がシェアした投稿 -

夏目漱石は大学時代に出会った正岡子規と一生の親友であり、正岡子規から俳句を学んだとも言われています。出会いのきっかけは、正岡子規が手がけた文集「七草集」です。この文集が学友らの間で回覧された時に、夏目漱石がその批評を巻末に漢文で書いたことから、夏目漱石と正岡子規の本格的な友情が始まります。そして、夏目漱石のペンネーム「漱石」の生みの親で、最初は正岡子規のペンネームだったものを夏目漱石が譲り受けたものでした。2人の交流は夏目漱石がイギリス留学中に正岡子規が亡くなるまで続くこととなります。

夏目漱石と芥川龍之介

芥川龍之介といえば日本を代表する文豪の一人として知られていますが、実は夏目漱石の門下生の一人でもありました。芥川龍之介の作品「鼻」を読んだ夏目漱石が芥川龍之を絶賛します。才能を評価し見出された経緯から芥川龍之介は夏目漱石を先生と師と仰ぐこととなりました。芥川龍之介の作品の中に「漱石先生の話」や「夏目先生」というものがある事から、芥川龍之介が夏目漱石を心の底から慕っていたことがうかがえます。夏目漱石への尊敬の思いは変わることはなく、芥川龍之介が亡くなるまで夏目漱石を終生尊敬し続けました。

2月21日は「漱石の日」

この投稿をInstagramで見る

. ○今日の出来事/12月9日 【 夏目漱石没す(大正5年)】 . 「山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい…」 『草枕』の有名な一節で、親しみを感じます。 文学以外で漱石について感心することは、多彩な門下生を育てたことです。 安倍能成、阿部次郎、和辻哲郎、岩波茂雄、芥川龍之介、久米正雄、松岡譲、鈴木三重吉、森田草平、野上豊一郎、野上弥生子、寺田寅彦、小宮豊隆、松根東洋城 … 人脈の裾野の拡がりというのは、人物評価の大事な基準のひとつだと思います。 . #夏目漱石 #則天去私 #文豪 #草枕 #今日の出来事

Hideki Murakami(@hideki.murakami.946)がシェアした投稿 -

2月21日が「漱石の日」ということをご存じでしょうか。文部省が夏目漱石の功績を称え文学博士の称号を与えようとしました。しかし夏目漱石は、明治44年2月21日に「肩書はいらない」という理由で当時の文部省専門学務局長の福原鐐二郎に手紙出して、その称号授与を辞退したといわれています。夏目漱石が反権利主義ということもあり、文学博士の称号は辞退されてしまいましたが、夏目漱石の文学的に優れた作品に世間に興味を持ってほしい、という経緯から2月21日が漱石の日という記念日になりました。

夏目漱石の代表作

夏目漱石の作品は学校の教科書でも扱われており、誰しも一度は夏目漱石の作品の題名や小説の出だしを聞いたことがあるのではないでしょうか。そういった意味でも夏目漱石は今でも私たちの身近にいる偉人の1人といえるでしょう。夏目漱石の代表作といえば吾輩は猫であると坊っちゃんです。この2作品は多くの人に愛読され親しまれていますが、マンガやアニメーション、映画やテレビドラマ、そして舞台にと、いろいろ表現をされてきました。ここでは、吾輩は猫であると坊っちゃんがどのような作品だったのか改めて紹介します。

夏目漱石の代表作1:吾輩は猫である

吾輩は猫であるは夏目漱石の代表作であり、初めて執筆した作品です。作品の中で猫は吾輩という名称で登場しますが、これは名前をつけてもらったわけではなく、住み着いた家族から名前をもらえなかった結果としての名称です。飼い主家族やその家を訪れるユニークな人々が織りなす人間模様を観察する吾輩の目を通して、作中鋭く描かれています。吾輩の目に映る人間たちの面白さの中にある愚かさを垣間見るようなストーリーにコミカルさを感じますが、吾輩の最後を迎える姿など作中に時々書かれる切なさが、読み手の心を放さないという作品です。

夏目漱石の代表作2:坊っちゃん

主人公の坊っちゃんは無鉄砲で曲がったことが嫌いで、あおられたら引くことのできない短気な性格の持ち主で、家族とは仲が良くありません。そんな坊っちゃんを唯一可愛がってくれたのが下女の清です。坊っちゃんは生まれ育った東京を後にし、教師として愛媛で奮闘します。教頭の赤シャツが卑怯な手口でいろいろな人を陥れることに腹を立てた坊っちゃんは同僚だった山嵐と共に赤シャツを懲らしめます。その後、教師を辞め東京に戻り清と暮らしたという話です。この作品は痛快なストーリー展開の中に反権力主義の夏目漱石らしさが表れています。

夏目漱石は2007年まで千円札の顔だった!

この投稿をInstagramで見る

ニセ札かとおもた #千円札 #夏目漱石 #ピン札

yumioo~(@96hakurota)がシェアした投稿 -

夏目漱石といえば文豪として知られていますが、夏目漱石の顔が分からないという人は千円札を思い出してください。実はお札に夏目漱石の肖像画が採用された時期があります。1984年から2007年までの23年間千円札の顔として印刷されました。

ちなみにお札の肖像画になるには、教科書等で取り上げられるなど日本国民に一般的に良くしられていて世界に誇れると思う人物であることや、偽札の作成防止の観点から、入手できる写真や肖像画などが精密であるなどの条件があるようです。

夏目漱石が現代に蘇った?

夏目漱石は胃潰瘍が原因で1916年12月9日49歳という若さでこの世を去ります。そして2016年12月9日で没後100年を迎えました。そして没後100年を迎えたその日、夏目漱石がニュースで取り上げられ大きく騒がれます。夏目漱石が蘇った!?という話題にテレビを見ていた視聴者に衝撃が走りました。その真相とは一体なんだったのでしょうか!?次に夏目漱石が蘇ったというニュースの真相についてまとめたので紹介しましょう。

再現された夏目漱石のアンドロイド

このニュースの真相はロボット工学者、石黒浩特別教授の監修のもと再現された夏目漱石のアンドロイドでした。没後100年だってもニュースで騒がれ、私たちの話題の中心になるなんてすごいですね。このアンドロイドの声は、夏目漱石の子孫にあたる夏目房之介さんの声を元につくられた人工音声だそうです。

この投稿をInstagramで見る

5years ago... #夏目漱石 #sousekinatsume #チェアー大好き

KAZURORI KAKUDA(@bboy_ikkun)がシェアした投稿 -

今、ニュースなどで注目を集めているAIの夏目漱石版をつくり、最終的にはこの夏目漱石アンドロイドが学校で講義をするなどの教育現場での活用を目指しいるそうです。今後の夏目漱石アンドロイドのニュースも要チェックですね!

夏目漱石の名言「月が綺麗ですね」の意味に迫る!

この投稿をInstagramで見る

夏目漱石先生、井伏鱒二先生今の時代は又、首根っこ持つ様な事はしませんぞ⁉️#夏目漱石 #井伏鱒二#吾が輩は猫である#贋作吾が輩は猫である #イヤナモノハイヤダ #人間の餌より猫の餌の方が#高い#向上心のないモノはバカだ#と、Bが言った#芥川龍之介#いっさいがっさい#逸菜楽菜 #離れ#スナック夢二#ウイスキースナック夢二#ウイスキーテイスティング#ウイスキー天国にようこそ#ウイスキー好きとつながりたい#ジン·アブサン·ウォッカ·ラム·テキーラ強化中#シネマパブ#シネマパブ🎦#阪急宝塚線服部天神駅西口歩いてすぐ #主より癖の悪いお客様お断り ####

橋本陽子(@omoya1137)がシェアした投稿 -

「月が綺麗ですね」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは夏目漱石の有名な名言として語り継がれているものです。誰しも一度は耳にしたことがある名言でしょう。その言葉の持つ美しい意味のためか、知っている人は多いかもしれません。ですが、今一度名言「月が綺麗ですね」に込められた意味について再確認するために、あらためて紹介します。そして、名言「月が綺麗ですね」の誕生秘話や、衝撃の真実とささやかれている噂などについても取り上げましょう。

「月が綺麗ですね」の意味

名言「月が綺麗ですね」は夏目漱石流「I LOVE YOU」という意味があります。どうして英語の「I LOVE YOU」が日本語に翻訳したときに「月が綺麗ですね」となったのでしょうか。夏目漱石がこの名言に込めた意味は「あなたといると何気ない月も綺麗に見える。自分の想い人のあなたが何気ない日常を華やかにしてくれる特別な存在です」というものでした。現代ではこの意味が当たり前のように知られていますが、急に言われたら首をかしげてしまうでしょう。行間や言葉の後ろに意味を持たせる夏目漱石は文豪らしくかっこいいですね。

「月が綺麗ですね」の誕生秘話

この名言の誕生秘話には、夏目漱石が英文学の講師をしていた時代に起きた出来事に関係しています。大学で英語を教えていた夏目漱石が1人の生徒がI LOVE YOUを訳すように課題を出すと「我君ヲ愛ス」とストレートな日本語に直訳しました。決してその生徒が間違っていたわけではありませんが、その直訳に夏目漱石は日本人らしさに欠けると言い、そして生まれたのがこの名言です。「あなたがいると月が綺麗ですね」と訳した方が日本人らしい情緒ある表現になると生徒に教えたと言われています。夏目漱石の感受性の豊かさは奥深いですね。

名言「月が綺麗ですね」の衝撃事実が発覚?

しかし、夏目漱石の名言「月が綺麗ですね」を巡り、私たちの認識がくつがえりそうな衝撃的な事実があるといううわさが出ているのをご存じでしょうか。夏目漱石の代表的な名言と言われるこの言葉と誕生秘話ですが、実は文献や出典に名言に関する記載が何もないため、夏目漱石が本当に言ったかが定かではないようです。そのため、夏目漱石なら言いそうなことなことかもしれないと脚色されたものがネット上で広まった可能性があると噂されています。真偽のほどは分かっていませんが、これが事実だとするとかなりの衝撃になることでしょう。

夏目漱石の洞察力あふれる名言集!


さてこの先は夏目漱石が残した名言や格言のまとめです。夏目漱石は複雑な人間関係の中で幼少期を過ごしました。その経験が夏目漱石の洞察力のあふれる文章を紡いだのでしょう。そうした夏目漱石の文章には読んだ人を惹きつけ心を放さない魅力があります。夏目漱石の残した小説や日記の中から選抜してきました。少し古風な言い回しがあるかもしれませんが、現代を生きる私たちにも胸を掴まれる名言たちが多く存在します。今の人々を魅了する夏目漱石の名言を紹介しましょう。

明治時代を舞台に繰り成す衝撃の人間模様「こゝろ」の名言

この投稿をInstagramで見る

. . . #こころ #夏目漱石 #日本文学

まさき(@6masaki_dayo8)がシェアした投稿 -

人間は若い時ほど孤独を恐れ誰かと繋がっていたいと思います。年を重ねると1人でいることへの孤独感が薄れ開放感さえ感じられることもあるでしょう。それは大人になると保護者から独り立ちをして社会に出て、多くの人と関わりを持ち生きていくからではないでしょうか。そういった人の心情を夏目漱石は短い文章の中に表しています。

こちらは愛情についての名言です。この言葉にドキリとさせられる人もいるのではないのでしょうか。自分の気持ちを言葉に表現することは難しい事ですが、夏目漱石は的確に細やかな心情を表現しています。

刺激を求めたアンチヒロイン登場「虞美人草」の名言

虞美人草は、結婚を巡る人間模様が描かれている作品です。「女の武器は涙じゃない、愛嬌だよ!」なんて聞くこともありますが、まさにその通りですね。愛嬌は生まれ持ったものではなく、自分の努力次第で身に付けられるものです。

この投稿をInstagramで見る

夏目漱石誕生の地‼️ #お散歩 #夏目漱石

Tsuyoshi Misu(@tys_1980)がシェアした投稿 -

本編の主人公である甲野欽吾は継母から実子・藤尾を優先され、家から追い出されそうになる話です。結果としては鉄吾は家督を藤尾に譲り結婚のサポートするのですが、継母からの扱われ方や気が強い妹藤尾に対する冷たい鉄吾の心情が伝わる名言です。短いながらも鋭く残酷さが感じられる言葉に胸が突き刺さります。

猫目線のユーモア小説本「吾輩は猫である」の名言

これまた深い名言ですよね。常に明るく振る舞っていたり何も考えていないように見える人も人には見せないだけで、心の中では色々なことを考えていたり深い考えを持っているものです。

こちらも「吾輩は猫である」の名言ですが、小説の文章というよりも人間とはどんなものなのかと夏目漱石から諭される気持ちになります。習慣という言葉は人に安心感を与えてくれますが、根本的にどうすべきか判断する力を奪ってしまいがちです。この名言は、既成概念にとらわれず自分で判断し本当に必要なことを見出す大切さを教えてくれます。

友人の妻を愛した男の物語「それから」の名言

細君は今の言葉で表すと妻の意味になります。結婚とは何なのかという問いかけに短いながらも、うなずきたくなる名文です。男女の立場を置き換えても、この文章を読んだ時に妻の義務について改めて考えさせられます。倫理的に夫婦とはどんなものなのかと問われた場合にしっくりとくる言葉です。

人間関係を突き詰めた時に出てくる結論のような名言で、人は生きていると誰かに嫌われるという意味です。辛い言葉に聞こえるかもしれませんが、逆に人は自分以外の誰かには嫌われるものと思えれば気楽になれるでしょう。

大正時代のタブーに切り込む「行人」の名言

胸に刺さる名言ですよね。何のために頑張っているのか分からないと思うことや、ゴールが見えないという状況は本当に苦しいものです。この名言で夏目漱石は霧の中をさまようような精神状態を見事に表現しています。

人間の精神の極限状態を見事に表現している名言です。物語の読み手の一読者のはずなのに、言葉の表し方の見事さに思わず物語に引き込まれてしまいます。切羽詰まった精神状態が伝わるこの名言は、洞察力の優れた夏目漱石だから表現できる言葉なのでしょう。あらためて夏目漱石の文豪としての素晴らしさを感じる一文です。

夏目漱石の軌跡を辿る「漱石日記」の名言

ロンドン留学日記からこの名言です。『自分の蒔いた種を刈り取る』とは良く言いますが、未来の自分に後悔がないように今の自分ができることをやると言う先見の明のような考えが持てると、人はどこまで成長できるのでしょうか。

人間は生きていく上でいろいろな経験を重ね新しいものを見出していける生き物だということが伝わる名言です。人は大人になると自身の成長を感じられなくなりますが、この言葉から夏目漱石の向上心の高さや前向きさ、人としての強さを感じられます。いくつになっても成長することの大切さを教えられる言葉です。

【まとめ】現在まで息づく夏目漱石の名言

夏目漱石の名言に触れて学生時代に授業で扱われた小説や、図書室で読んだ本が懐かしく感じました。そして自分の知らなかった夏目漱石も発見した人もいるのではないのでしょうか。「月が綺麗ですね」の意味や誕生秘話の他に、この名言は夏目漱石が言っていないかもしれないという衝撃的な話も紹介しました。それでもやはり小説の中で紡がれる言葉には、夏目漱石の心が込められていて深い名言がたくさんあふれています。皆さんもこれを機会に夏目漱石の小説を手に取ってみてください。新しい夏目漱石の名言を発見できるかもしれません。

夏目漱石の関連記事

Thumb夏目漱石の妻・鏡子が悪妻と言われる理由とは?NHKドラマでも話題 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb夏目漱石の三部作は「三四郎」「それから」「門」?前期と後期がある? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb夏目漱石の「それから」のあらすじ(ネタバレ)は?映画化もされた名作 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb夏目漱石の死因は胃潰瘍だった?「修善時の大患」といわれる大吐血とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-01-25 時点

新着一覧