チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?

チョコレートは何歳から食べさせて良いのか悩むママたちが結構いらっしゃるようです。1歳からという声もあれば3歳からという声もあり疑問点もあります。子供や幼児の安全なおやつのためにも、チョコレートは何歳から食べさせてOKなのか注意点なども含めてみていきましょう。

チョコレートは何歳から子供に与えていいの?1歳からって本当?

目次

  1. チョコレートは何歳から食べていいの?
  2. ママたちの悩み!チョコレートは何歳から子供に与えるべき?
  3. チョコレートは何歳から?幼児のおやつもOK?
  4. 何歳からならチョコレート依存を避けられる?
  5. 子供の健康のためにママが何歳からと悩むチョコレートは3歳から!
  6. チョコレートは何歳からOKなのか注目される理由は?
  7. 子供にはチョコレートは何歳からでも洋酒を含むものは避ける
  8. 子供の虫歯予防にもチョコレートをおやつに食べたら歯磨きを忘れずに
  9. 子供や幼児にチョコレートを与える際の注意点
  10. チョコレートは何歳からか?幼児の安全のためにも知っておこう

チョコレートは何歳から食べていいの?

チョコレートは何歳から食べていいのか、大切な幼児や子供がいらっしゃるママにとって悩みの種となっているようです。大人にも大人気のチョコレートは美味しいですが、子供たちにとっては安全なのか、何歳からなら安心しておやつとしても与えられるのか量や時期なども気になるといわれています。

ママたちの悩み!チョコレートは何歳から子供に与えるべき?

大人の間では、チョコレートはカカオ効果などからダイエットにも良いといわれており美と健康のために毎日の日課としてチョコレートを摂取しているかたも増えています。でも、子供や幼児のおやつのことを考えると、チョコレートは刺激も多いのではと考えてしまいます。

チョコレートは、何歳から子供や幼児に与えて良いのかは、基本は、離乳食を終えてからというのもあるようです。ただ量によっては、もう少し早い1歳くらいからでも大丈夫ともいわれていますが心配するママも少なくないでしょう。

チョコレートは何歳から?幼児のおやつもOK?

幼児のためのチョコレートは何歳からおやつに与えて良いのか疑問に思うママが増えているようです。チョコレートは刺激の強いイメージもあるでしょうし、幼児におやつとしてチョコレートを与えるのにも抵抗があるというママも少なくないようです。

1歳からの幼児のおやつとしてチョコレートを与える際のポイント

離乳食が終えるのは、だいたい1歳~1歳半といわれており、この時期を過ぎて1歳後半あたりからなら、ココアにチョコレートを少しだけ加えたり、蒸しパンを作るのが得意なママは、蒸しパンにチョコレートをほんの少しだけ添えるくらいで与えるなら安全といわれています。

おやつとして、チョコレートを1歳後半あたりから与えるのに気をつけたいのは、幼児ということもあり量は、本当にすこしだけということを忘れないのが大切といわれています。離乳食を終えたばかりの幼児が急にチョコレートをいっぱい食べてしまうのはカラダによくないです。

インターネットなどでも1歳からでもチョコレートを与えて良いようなことをいわれていることもありますが、安全面や健康面を考えると、やはり1歳後半あたりを目途にしたほうがいいようです。それでもまだ早いくらいということも認識しておくことも大切といわれています。

1歳後半からおやつとしてチョコレートを与える場合には、男の子だったら140Kcal程度で、女の子だったら135Kcalくらいと少し少な目になるようです。カロリーでお伝えしましたが、チョコレートの1かけらでだいたい20Kcalとみていいようです。

何歳からならチョコレート依存を避けられる?

幼児のころからチョコレートを与えてしまって、チョコレートに依存してしまうケースもあるようです。砂糖がたっぷり含まれていることもあり、チョコレートだけでなく、甘いものがなくては生きていけないようになってしまう病にかかるリスクもあるといわれています。こういったこともあるため、チョコレートが何歳から食べて良いのか知りたいというママも多いのがわかります。

チョコレートのように甘いおやつに夢中になり、幼児は自分ではまだコントロールができないためママにも責任がかかってくるため注意が必要です。チョコレートに依存してしまうと、脳の成長や視覚などにも影響してしまうため、幼児や子供のチョコレートのおやつには厳しく量を決めて与えてあげなければいけないといわれています。

子供の健康のためにママが何歳からと悩むチョコレートは3歳から!

子供の健康のために、ママが知っておきたい何歳からチョコレートを食べて良いのかインターネットやブログなどでも様々な声があがっています。先ほどは、1歳後半からの食べ方についてご紹介しましたが、安全を考えるとチョコレートを安全に摂取するのには、3歳まで待ったほうが良いという声もあります。

3歳までに食べた食事の内容によって、将来の成長に影響を与えるのも3歳まで待ったほうが良いという理由に挙げられているようです。3歳までに、チョコレートの代わりになるおやつといったら何かというのも知っておきたい部分ですが、やはり健康のことを考えると将来的なことを考えて果物や乳幼児向けに作られたサツマイモのお菓子などがおすすめされているようです。

チョコレートは何歳からOKなのか注目される理由は?

どうして、ここまでチョコレートが何歳から食べさせてOKなのか注目されているのかにも深い理由があるようです。子供の成長に関する影響も大きいため、ママにとっては大切な情報でもあるといわれています。インターネットの情報を参考にする時代なだけに、正しい情報も知りたいというママが増えているようです。

子供の成長への悪影響も考えられるため

子供の成長への悪影響を考えると、チョコレートを何歳から食べて良いのか慎重に考えるといいます。子供や幼児がチョコレートを食べてカラダに悪影響を与えてしまった場合に起こるのが、先ほども話した依存してしまう傾向にあることをはじめ、チョコレートの量により糖分を摂り過ぎてしまって生活習慣病の原因を作ってしまう可能性もあるといわれています。

また、食品アレルギーを起こす可能性もあり、味覚や脳の発達にも影響を与えてしまうため量などに関しても厳しくケアしていかないといけないようです。ある程度、意思表示ができるようになってくると子供はチョコレートなど甘くて美味しいものをねだるようになるため、ママも油断して少しならと予定以上に与えてしまうケースもあるため気をつけなければなりません。

子供にはチョコレートは何歳からでも洋酒を含むものは避ける

子供に与えるチョコレートの種類に関しても注意が必要です。既にお気づきのかたも多いかと思いますが、間違っても子供や幼児に洋酒入りのチョコレートを与えるのは避けましょう。ウィスキーボンボンなどは、洋酒が入っていますが甘いものは子供でも食べれてしまうため注意が必要です。子供の手が届かない場所にチョコレートを保管することも考えなければならないようです。

特に、海外で作られたチョコレートは洋酒が入っているものが多いといわれています。海外のチョコレートも簡単に手に入る時代になっているだけにママも注意が必要です。そして、大人でも気づかない量が入っている可能性もあるため、しっかり原材料などもチェックしたうえで、子供に与えるチョコレートを選ぶのも健康のことも考え大切なことです。

子供の虫歯予防にもチョコレートをおやつに食べたら歯磨きを忘れずに

子供の虫歯予防のためにも、チョコレートをおやつに食べたら必ず歯磨きを忘れないようにしてあげるといいといわれています。また、お茶を使ってうがいするのも虫歯予防になるため、チョコレートを食べたらお茶もしくは水でもうがいすると何もしないよりも虫歯予防効果がアップするそうです。

ただ、子供に毎回チョコレート食べたらうがいをさせるのは子供自身も抵抗があるみたいでツライというかたは、お茶を飲ませてあげだけでも大丈夫のようです。白湯を飲ませてあげるというのも、ひとつの手段でもあるためママも試行錯誤しているといわれています。

子供や幼児にチョコレートを与える際の注意点

子供や幼児にチョコレートを与える際の注意点として、これまで伝えていなかったのがチョコレートの成分やエネルギーについてです。

大人の間ではカカオブームというのもあり、ダイエットのためにチョコレートを1日の食事に取り入れるというケースもありますが、子供や幼児にとってはリスクもあるためチョコレートは、高カロリーということを認識し、糖分も脂肪分もたっぷり含まれていることも覚えておきましょう。

そして、チョコレートは虫歯の原因をつくるおやつでも代表的なものに挙げられているため先ほどもお話ししたように歯磨きやうがいなどは心がけてケアしてあげましょう。子供が欲しがるしチョコレートをあげると喜ぶからと甘やかしては、将来的に子供のカラダのためにならないといわれています。

少しの量だけで可哀想と思う気持ちもわかりますが、ここは心を鬼にして子供のために厳しく量や食べ方などシビアになっていったほうが良いそうです。

チョコレートは何歳からか?幼児の安全のためにも知っておこう

チョコレートは、何歳から食べさせて大丈夫なのかママもしっかり把握しておき、幼児のカラダや将来のためにも健康ケアを意識していきましょう。

チョコレートは、美味しいおやつになりますが、離乳食を終えたばかりの時期はまだ早いという認識も持ち、少量で抑えてあげたほうが良いといわれています。3歳を目途にするのが、チョコレートを与えるベストな年齢といわれてもいます。是非、この機会に子供や幼児の健康も考え、何歳からチョコレートを与えて良いのかみつめなおしてみるのはいかがでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-09-27 時点

新着一覧