生理痛に効くツボがある?手足のツボやお灸について徹底調査!

女性にとって毎月来る生理。そして、それに伴う生理痛は人それぞれですが、酷い月はどうにかして生理痛を緩和させたいですよね。生理痛に効く手足のツボ・ツボに置くお灸について徹底調査してみました。効き目も人それぞれありますが、やってみる価値はありそうです!

生理痛に効くツボがある?手足のツボやお灸について徹底調査!

目次

  1. 生理痛を少しでも緩和させたい!
  2. ツボとは?
  3. 手軽に指圧でできる生理痛に効くツボ
  4. 生理痛が緩和する手のツボ
  5. 生理痛が緩和する足のツボ
  6. 基本的なツボ押し方法
  7. ツボ押しの注意点
  8. お灸が生理痛に効くらしい!?
  9. 生理痛とお灸の関係
  10. お灸のするタイミング
  11. お灸の注意点
  12. 日々の行動で改善できる生理痛予防!

生理痛を少しでも緩和させたい!

女性にとって、毎月来る生理痛は辛いものですよね。生理に効くというツボがあるのはご存知でしょうか?主にお腹や腰が痛むと思いますが、手足のツボで緩和させることができるものもあるようです。そんな生理に効くツボ、そしてお灸について徹底調査してみました。

そもそも生理痛とは?

生理痛の痛みは、人それぞれなので全く生理痛の痛みを感じない人もいれば、熱がでたり、吐き気がしたり、動けないほどの痛みを感じる人もいます。そもそも生理痛とは、赤ちゃんができるために作られた子宮内の膜が剥がれ落ちる際に出る痛みのことを言います。

ツボとは?

そもそもツボは専門用語で「経穴(けいけつ)」と呼ばれ、体のどこかが痛いときに体中のある決まった点を指圧・鍼・お灸で体調の緩和をさせる方法です。

ツボは無数にあります。間違った箇所を押してしまうと、悪化してしまうこともありますので注意してください。

手軽に指圧でできる生理痛に効くツボ

一番困るのが、突然の生理の時に薬を持っていない時ですよね。突然の生理痛の時にも、会社やトイレなどで密かに手軽にどこかで座りながらできる指圧のみの生理痛に効くツボを調査してみました。

血海(けっかい)のツボ

血の病に効くと言われているツボです。生理痛の緩和の他にも、イライラ・冷え・更年期障害などに効果があります。膝上の指3本分内股よりにあります。押してみるとかなり痛いと感じますが、生理不順・生理痛に効くツボです。血液の循環を良くして生理痛を緩和させてくれます。

気海(きかい)のツボ

月経障害や不正出血などの症状に効果のあるツボです。生理痛特有の腹痛や腰痛・腰の冷えに効果があります。おへそから指2本分下にあります。爪を立てずに、ゆっくりと指圧してくださいね。

関元(かんげん)のツボ

生理痛の緩和・生理不順・ホルモンバランスの乱れ・冷え性改善などに効くツボです。おへそから指4本分下にあります。ゆっくりと優しく指圧してください。

生理痛が緩和する手のツボ

生理痛に効くツボは「手」にもあります。電車の中や会社でも手だけならどこでもできますよね。そんな生理痛が緩和する手のツボを徹底調査してみました。

合谷(ごうこく)のツボ

万能なツボと言われている痛みを麻痺させることができるツボです。特に効くのが、生理痛・頭痛・歯痛・冷え性・首や肩などのこり・眼病全般などたくさんあります。手の親指と人差し指の2本の指の合流地点よりもやや人差し指のくぼみがあるところにあります。

合谷のツボは、生理痛の時にもっとも押しておきたいツボで、生理痛が酷い人は頭痛の他にも、にきび・吹き出物・むくみ・精神不安・めまい・無気力などにも効きます。長めにぐーっと痛気持ちいいくらいに押してみてくださいね。

生理痛が緩和する足のツボ

生理痛に効くツボの「足」全般のツボを調査してみました。生理痛が辛い時に自宅やちょっとした空いた時間にやってみてくださいね。

三陰交(さんいんこう)のツボ

生理痛の緩和や不妊症などに婦人科系のトラブルに効くツボです。その他にも冷え性改善・ホルモンバランスの乱れにも効きます。足の内側のくるぶしの一番高い場所から指4本分のすねの骨の後ろ側にあるくぼみを強めに押し込みましょう。

足三里(あしさんり)のツボ

生理痛の緩和や血流を整えてくれるツボです。その他にも、胃腸のトラブル改善にも効きます。膝の皿の外側にあるくぼみから指4本下のすねの骨の外側にぐいーっと押しましょう。

太谿(たいけい)のツボ

生理痛の緩和や生理痛ならではの腹痛に効くツボです。その他にも、冷え性に効きます。足首の裏を掴んで、親指をくるぶしの後ろ側に置きゆっくりと押してください。

陰簾(いんれん)のツボ

生理痛や不妊症に効くツボです。その他にも、腹痛・内太ももの痛みに効きます。股関節の内側親指幅2本分くらいの骨と筋の間にあります。親指で押し込むように押してください。

照海(しょうかい)のツボ

生理痛の緩和や生理不順に効くツボです。その他にも、冷え性・おりもの・不眠・腹痛・腰痛に効きます。足首の後ろ、内くるぶしの下のくぼみに手を当て親指の先を当て少し強めに押します。

基本的なツボ押し方法

ツボ押しをする際に、間違ったツボを押してしまわないためにも、基本的なツボ押しの方法を知っておきたいですね。ただ押せばいいってだけではないので注意が必要です。押す以外の方法もご紹介します。

押し方

最初はそっと押し、少しずつ力を入れていきます。そして、ぐりぐりと力を入れて、リズムよく刺激を与えていきましょう。※注意したいのは、押し方には色々な方法があります。体調が優れない時は、専門家に行ってやってもらうのが一番です。

使用しない指

比較的に使用しない指は、「薬指」と「小指」です。力が入りづらいため、あまり使われません。ですが、自分自身が気持ちの良い力で確実にツボの眼を押すことが重要です。

その他の方法

押すだけではなく、その他にもツボに伝える方法もあります。ツボ周辺を叩く・ツボ周辺をさする・ツボ周辺を温める・ツボ周辺をひっぱるという刺激方法があります。

ツボ押しの注意点

ツボは体中にたくさんあります。間違えたことをしてしまうと悪化してしまう可能性も十分あるので気を付けましょう。そんなツボ押しでの注意点をまとめてみました。

不調を感じたらすぐさま止める

ツボ押しを行っていて、体調が治らない・悪化をしたら直ちに止めてください。悪化させてしまう可能性がありますので危険です。不安を感じたら専門家に見て頂きましょう。

妊娠中や安定期はNG

妊娠中は生理・生理痛は関係ないですが、妊娠中・特に安定期のツボ押しはしてはいけないということを覚えておきましょう。子宮を収縮するツボ・生理を促すツボなどがありますのでやめておくのが賢明です。

その他の注意点

お酒を飲んでいて血行が高すぎている時・サウナ後・飲食後すぐ・怪我や火傷をしている時・重病・発熱時・手術後などの時は、ツボ押しをしてはいけません。

自分じゃどうにもならない場合は、専門家の手を借りることがとても大切です。そして、純粋に生理がきた時だけの痛みを感じた時だけ生理痛が緩和するツボを押すようにしましょう。

お灸が生理痛に効くらしい!?

聞いたことはあるけど、やったことがないって方やいつもお世話になっている!って方もいると思います。お灸とは、ツボの部位に温熱刺激を与えて病などを治癒させます。ツボ押しするだけじゃなく、温めてくれるお灸は生理痛との相性がばっちりです。

外出時の生理痛

お灸はじっとしていなきゃいけないイメージがありますが、火を使わずに使用できるパッチ式の物もありますので家だけではなく仕事中でも辛い生理痛を緩和させるのに使えますので安心ですね。

生理痛とお灸の関係

痛みを薬以外で治したいときは、お灸がおススメです。特に生理の時は、温めたいと思いますよね。ツボを押すだけではなく、温熱刺激を与えるお灸は効果が高いです。

血の巡り改善

温熱することによって、血の巡りが良くなります。血の巡りが良くなることによって、免疫力アップ・代謝アップ・冷え性改善などの効果が発揮します。

香りでリラックス効果

その他にも、お灸には香りのついたお灸もあります。リラックス効果が高いアロマのお灸で癒されることもできます。特に生理の時は、不安定な気持ちになったり、イライラしてしまうことがあるのでアロマ付きのお灸は効果的です。

お灸のするタイミング

お灸を使うにあたって、最適な方法で行った方が効果も高くなります。お灸のするタイミングについて調査してみました。

毎日してもいいの?

初めての場合は、1日1回の1個からが良いと言われています。そして、2日に1回・3日に1回でも続けることが大事です。最低でも1ヵ月か3か月ほどは続けてみると実感するかと思います。

いつすれば良いの?

夜のリラックス時、以下の内容以外の症状が出ている時にしましょう。発熱時・空腹時・食前や食後・飲酒後・お風呂前後・運動後には火傷をしやすいので使用しないようにしてください。

血行がいい時・やりすぎる行為など、刺激を受けた直後にお灸をするのはやめましょう。

お灸の注意点

注意点はツボ押し同様です。間違った方法で行ってしまうと体に良くないので気を付けて行ってください。その中でももっともお灸うぃ使用するにあたって気を付けたいことをまとめてみました。

火傷に注意

お灸を初めて使用する場合は、お灸の温熱を感じないことがあります。それは、血行不良を起こしている場合がほとんどです。熱くし過ぎてしまうと火傷してしまいます。効いていないと不安がることはありません。日々の積み重ねで改善していきましょう。

顔には注意

お灸は顔には乗せてはいけないと言われていますが、美容に効く顔用のお灸があります。目の周りなど、専門家の説明を受け気を付けて行ってください。

早く効かせるために、過剰に熱く何回もお灸をする行為は危険です。過剰に熱くしても何回も行っても良いというものではありません。程よく地道に治していきましょう。

日々の行動で改善できる生理痛予防!

ツボは強く押しすぎても逆効果ですし、お灸は熱くし過ぎても良くありません。生理痛を緩和させる方法は薬とただ温めるイメージがありましたが、ツボを刺激させて温めると尚良く効くということが分かりましたね。いつでもどこでもできるツボ押しとお灸にチャレンジしてみてくださいね!

もっと生理痛の情報を知りたいアナタへ!

Thumb生理痛を緩和するには?原因・症状まとめ!対処法もあるか調査!
Thumb生理痛のつらい頭痛を緩和させる方法は?原因は何かも調査!
Thumb生理痛に良い飲み物とは?ココア・紅茶は和らげる?コンビニでもOK?
Thumb生理痛に良い食べ物がある?和らげる・予防できる食べものを徹底調査!

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧