スキレットレシピで人気の料理30選!簡単に本格的な料理を作ろう!

SNSの普及により、見栄えのするお料理やレシピをインスタなどにアップすることが日常になってきました。そんな中、スキレットを使ったお料理が簡単なのに本格的だと話題になっています。今回は、インスタなどで話題になっている人気のスキレットレシピを紹介いたします。

スキレットレシピで人気の料理30選!簡単に本格的な料理を作ろう!

目次

  1. スキレットは本格的な料理の救世主!
  2. 本格的!スキレットの人気二大ブランド
  3. リーズナブル!スキレットはこんな場所でも購入できる
  4. スキレットレシピで人気の料理30選
  5. 人気のスキレット料理/ハンバーグ
  6. 人気のスキレット料理/パスタ
  7. 人気のスキレット料理/お好み焼き
  8. 人気のスキレット料理/肉料理
  9. 人気のスキレット料理/魚料理
  10. 人気のスキレット料理/アクアパッツァ
  11. 人気のスキレット料理/アヒージョ
  12. 人気のスキレット料理/煮込み料理
  13. 人気のスキレット料理/ごはん料理
  14. 人気のスキレット料理/卵料理
  15. 人気のスキレット料理/野菜料理
  16. 人気のスキレット料理/グラタン
  17. 人気のスキレット料理/ダッチベイビー
  18. 人気のスキレット料理/パン
  19. 人気のスキレット料理/スイーツ
  20. スキレットのお手入れ方法
  21. スキレットレシピは簡単でお洒落!

スキレットは本格的な料理の救世主!

スキレットってご存知ですか?スキレットとは鋳鉄製のフライパンのことで、直火やオーブンでの調理は勿論、お料理を入れたまま食卓に出せるところが最大の魅力ではないでしょうか。今や普段の暮らしにすっかり馴染んできた感がありますよね。

スキレットで調理したお料理はとってもお洒落。簡単なのに本格的に見えると人気がどんどん高まっているんです。今や、お洒落な暮らしには欠かせない調理器具になっているのではないでしょうか。また小さめサイズがひとり暮らしにもぴったりだと人気が上がっています。

インスタ映えするスキレット料理

スキレットの最大の魅力はそれだけでお洒落に見えること。いつもの何でもないレシピが、スキレットを使えばとってもお洒落に変身しちゃいます。そんな画像をいくつか紹介しましょう。

鶏肉を1枚丸々焼いたチキンステーキ。本来なら男料理にも見える豪快なレシピなのに、スキレットにのせるととってもお洒落で、まるで高級レストランにでも来たようです。このようにスキレットは、のせるだけでお洒落に決まるんですね。

酒の肴として大人気のアサリの酒蒸しだって、スキレットで作ったらまるでどこかのバルにいるような雰囲気になりました。スキレットは使う野菜の色を意識するだけで、こんなにも素敵な画像が撮影できるんですね。パパの酒の肴だけにしておくのは勿体ないですね。パーティシーンでもしっかり通用するお洒落なひと品です。

食べ慣れているパスタだってスキレットを使えば、それだけでお洒落なカフェランチのようになしました。憧れの鉄板パスタもスキレットで簡単に再現できちゃうんです。普段あたりまえに食べているお料理をスキレットにのせるだけで、意外にお洒落、なんて新しい発見が楽しいかも知れません。

万能な使い勝手が人気

さらにスキレットは、焼く、煮る、蒸す、揚げる、燻すなど、どんなレシピにも対応できちゃうのでとっても便利なんです。ステーキから酒蒸し、ケーキまで、スキレットひとつでできちゃうんですね。スキレットがあればお料理のレパートリーが増え、お料理が大好きに、そしてお料理が得意になるかも知れません。

そしてスキレットは分厚い鋳鉄製なので、お料理にじっくりと火が通り、素材の旨味を最大限に引き出してくれるんです。ただ焼いただけなのになんか美味しいぞ、なんて、そんな声が多いんですよ。そんなスキレットを使わないなんて勿体ないですよね。

本格的!スキレットの人気二大ブランド

スキレットと言ってもいろいろなメーカーから様々なクオリティのものが発売されています。本格的なスキレットは鋳鉄製で、鍋肌が厚く冷めにくいので、お料理の旨味を逃さず調理することができます。また、とても頑丈なので、キャンプなどのアウトドアにもぴったりです。

スキレットの人気二大ブランド/ロッジ

スキレットの代名詞と言っても過言ではない人気ブランド「ロッジ(LODGE)」。サイズも豊富で、初心者にも使いやすいと評判です。きちんとお手入れをすれば一生モノとも言われています。ぜひとも暮らしの中に取り入れたいアイテムですね。

スキレットの人気二大ブランド/キャプテンスタッグ

ロッジと比べると少しお値段が安いので、リーズナブルで本格的にこだわる方には人気のブランドです。厚みがあり、しっかりとした造りは、さすがアウトドアに強いメーカーです。豪快な調理も楽しめちゃいますよ。

リーズナブル!スキレットはこんな場所でも購入できる

スキレットが購入できる人気店/ニトリ

さらにリーズナブルなものをお求めの方には「ニトリ」のスキレットがおすすめです。「ニトスキ」と言ってインスタなどでも話題になっていますよね。直火、IH、オーブンにもしっかり対応。まさに「お値段以上」のニトリです。暮らしの必需品ならニトリにおまかせ、ですね。

Thumbニトリのスキレット(ニトスキ)のレシピとお手入れの仕方を紹介!

スキレットが購入できる人気店/3COINS

300円ショップとして人気の「3COINS」でもスキレットは購入できます。使いやすくて本格的だとコチラもインスタなどで話題になっています。300円なのに直火、IH、オーブンでちゃんと使えちゃうんです。小さめサイズなのでひとり暮らしにもぴったりですね。

スキレットが購入できる人気店/ダイソー

そしてナント、スキレットは100均の「ダイソー」でも購入できるんです。ただし100円のものはすでに製造中止されているようで、現在購入できるのは200円と300円のものです。IHには対応していませんが、それでも爆発的な人気で売り切れ店が続出しています。これからひとり暮らしを始める方に、お試しスキレットとしておすすめです。

Thumbダイソーのスキレット「100スキ」が便利すぎ!画像・レシピまとめ

スキレットは小物も揃えたくなる

スキレットは鋳鉄製なので持ち手がとても熱くなります。なので持ち手カバーもいろいろ工夫されているようです。既製品は勿論、手作りされる方もいるようで、お料理好きさんも、お洒落好きさんも、小物にこだわる方は多いようですよ。

スキレットレシピで人気の料理30選

ここからは、スキレットを使った、簡単なのに本格的な人気料理のレシピを紹介いたします。ひとり暮らしでも使えるレシピが満載なので、ぜひとも活用してみてください。

人気のスキレット料理/ハンバーグ

レシピNO.1/デミグラスハンバーグ

まずスキレットでお好みの野菜を焼き、一旦取り出しておきます。スキレットに油をひき、ハンバーグを焼きます。ハンバーグに中までしっかり火が通ったら野菜を戻し、デミグラスソースをかけて、そのまま食卓へ。スキレットひとつで作ることができるので、ひとり暮らしの方にもぴったりのレシピですね。

レシピNO.2/和風ハンバーグ

最初にお好みの野菜を茹でておきます。スキレットに油をひいてハンバーグを焼き、しっかり焼けたら茹でた野菜を入れます。仕上げに大根おろしと青紫蘇の千切りをのせ、ポン酢をかけていただきます。スキレットに入っているだけで、本格的なレストラン気分が味わえますね。

基本のハンバーグの作り方(2個分)

基本のハンバーグレシピをご紹介しましょう。パン粉(16g)を牛乳(20g)で湿らせておきます。玉ネギ(60g)はみじん切りにして飴色になるまで炒めておきます。ボウルに、合挽き肉(150g)、パン粉、玉ネギ、卵、塩コショウの順で入れてよく捏ねます。それを空気を抜きながら丸めて、真ん中をへこましておきます。あとは中までしっかり焼くだけです。

人気のスキレット料理/パスタ

レシピNO.3/ナポリタン

ナポリタンは別のフライパンで作っておきます。フライパンでソーセージ、玉ネギ、ピーマンを炒め、茹でたパスタを入れてケチャップで味付けします。スキレットで薄焼き卵を焼き、その上にナポリタンをのせれば、レストランで出て来るような、本格的鉄板ナポリタンの完成です。

人気のスキレット料理/お好み焼き

レシピNO.4/お好み焼き

キャベツやネギをたっぷり使ったお好み焼きもスキレットの得意技です。小さめのスキレットならひとり暮らしの方にぴったりサイズのお好み焼きが簡単に焼けます。そのまま食卓に出せるので洗い物も少なく、手間なしですよね。

人気のスキレット料理/肉料理

レシピNO.5/鶏肉のネギ焼き

スキレットに油とネギを入れ、ネギの香りが油に移ったらネギを取り出して、塩コショウをした鶏肉をじっくりこんがり焼きます。鶏肉に火が通ったら最後にみじん切りのネギを散らして完成です。簡単なのに本格的でとってもお洒落なひと品です。

レシピNO.6/豚肉のハーブ焼き

オリーブオイルをひいたスキレットにひと口大に切った豚のかたまり肉、カボチャやジャガイモなどの野菜とハーブ、塩コショウを入れ、オーブンに入れます。あとはただ火が通るのを待つだけ。とっても簡単なのに本格的に見えるお洒落なスキレットレシピです。野菜が不足しがちなひとり暮らしの方におすすめです。

レシピNO.7/牛肉のステーキ

スキレットに油をひき、牛肉、モヤシ、ブロッコリー、アスパラを入れ、火にかけて焼けるのを待ちます。味付けは塩コショウするか、またはステーキソースなどをサッと回しかけてもいいですね。豪華なのに超簡単。パーティにもぴったりのメニューです。

人気のスキレット料理/魚料理

レシピNO.8/白身魚のグリル

こちらも本格的なお料理に見えるのに作り方は超簡単なんです。白身魚や野菜などの材料を切り、塩コショウをふって、オーブンに入れるだけ。あとは火が通るのを待ちます。美味しく作るコツは、材料を同じくらいの大きさに揃えることです。

レシピNO.9/鮭のグリル

塩コショウした鮭の切り身と輪切りにしたサツマイモをスキレットに並べ、焦げないように両面をじっくりと焼き上げます。最後に菜の花(青菜)を入れ、しんなりしたら完成です。切って焼くだけの簡単グリルはひとり暮らしの方にぴったりです。

人気のスキレット料理/アクアパッツァ

レシピNO.10/金目鯛とムール貝のアクアパッツァ

アクアパッツァとは魚介類をトマトとオリーブオイルで煮込んだイタリアの代表的なお料理です。スキレットを使えば本格的なイタリア料理が簡単にできるんです。スキレットにオリーブオイルを熱し、塩をふった金目鯛を入れて両面にこんがり焼き色をつけたらニンニク、トマト、ムール貝、白ワインを入れます。あとはフタをして火が通るのを待ちます。

人気のスキレット料理/アヒージョ

レシピNO.11/タコとソーセージのアヒージョ

本格的なお料理に見えるアヒージョだって、スキレットを使えば簡単にできちゃいます。スキレットでオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪を熱し、香りが出て来たらタコ、ソーセージ、ほうれん草と塩を入れ、火を通したら完成です。具材はなんでもOKなので、ひとり暮らしの方には重宝するレシピだと思います。

レシピNO.12/海老と椎茸のアヒージョ

こちらはエビと椎茸のアヒージョです。アヒージョとはスペイン語で「ニンニク風味」という意味。その名の通りニンニクをたっぷり使い、オリーブオイルでじっくり煮込んだお料理です。具材は勿論ですが、残ったオイルはバケットなどを浸していただくと最高なんです。

人気のスキレット料理/煮込み料理

レシピNO.13/シャクシュカ

シャクシュカとはトマトソースに卵を落として煮込んだイスラエルの朝ごはんです。そんな本格的なイスラエル料理だってスキレットを使えば簡単にできちゃうんです。スキレットにオリーブオイルをひき、ニンニク、玉ネギ、パプリカを炒めます。トマト、クミン、塩コショウなどを入れて暫く煮込みます。最後に卵を落とし、半熟になったら完成です。

人気のスキレット料理/ごはん料理

レシピNO.14/ビビンバ

モヤシ、ほうれん草、牛肉、キムチなどの具材を準備します。スキレットにゴマ油をひき、ごはんを入れ、具材をのせます。弱火でじっくり加熱します。直火で調理するので、ごはんがいい具合に焦げて美味しいんです。石鍋がなくてもスキレットがあれば本格的なビビンバだって簡単にできてしまうんですよ。

レシピNO.15/パエリア

スキレットにオリーブオイルとニンニクを入れ、海老とアサリを入れて炒めたあと酒蒸しにし、一旦取り出します。玉ネギ、マッシュルームを炒め、生のお米を入れ、市販のパエリアの素(カレー粉やコンソメでもOK)を入れてごはんが炊けるまで火を通します。パプリカを入れ、海老、アサリを戻し、フタをして10分ほど蒸したら、本格的なパエリアの完成です。

レシピNO.16/焼き飯

チャーハンは別のフライパンで作っておきます。熱々のスキレットに油をひき、チャーハンをのせます。その周囲に一気に生卵を流し入れます。卵がジュッと焼けます。最後にあさつきやネギを散らして完成です。スキレットを器替わりに使うことによって、最後までアツアツがいただけるのが嬉しいですね。

レシピNO.17/ミラノ風ドリア

ごはんとバターを混ぜてスキレットに入れます。全体にホワイトソースをかけ、中央にミートソースをのせます。チーズをのせてオーブンで焼けば完成です。市販のホワイトソースとミートソースを使えば、とても簡単に、あのレストランの味が再現できますよ。

人気のスキレット料理/卵料理

レシピNO.18/ほうれん草のキッシュ

スキレットにオリーブオイルをひき、玉ネギとベーコンを炒め、しんなりしたらほうれん草を加えます。火を止めてから、卵、生クリーム、塩コショウを合わせておいたものと混ぜ、上にチーズを散らし、あとはオーブンでゆっくり焼き上げて完成です。難しそうに見えるキッシュも実は意外と簡単にできるので、ひとり暮らしの方にはもってこいのレシピだと思います。

レシピNO.19/目玉焼き

超簡単!超シンプル!スキレットに油をひき、卵を二つ割り入れます。あとは黄身がお好みの固さになるまで焼くだけ。これだけのお料理でもスキレットに入れて食卓に出せばとってもお洒落です。

人気のスキレット料理/野菜料理

レシピNO.20/野菜のグリル焼き

醤油やニンニクなどで味付けした海老に小麦粉をつけて多めの油で揚げ焼きにしておきます。ジャガイモとオクラは茹でておきます。玉ネギ、茄子、トマト、ジャガイモ、オクラなどの野菜と海老をスキレットに入れ、塩コショウとオリーブオイルをまわしかけてオーブンで焼きます。ヘルシーで色鮮やかな野菜料理の完成です。

レシピNO.21/ハッセルバックポテト

ハッセルバックポテトとは、丸いままのジャガイモに切り込みを入れ、それをオーブンで焼いただけの簡単料理です。丸いままのジャガイモに丁寧に切り込みを入れ、チーズをのせて塩コショウします。あとはオーブンで焼くだけ。驚くほど美味しい本格的野菜料理の完成です。

人気のスキレット料理/グラタン

レシピNO.22/マカロニグラタン

スキレットにバターを入れ、玉ネギやソーセージなどを炒めます。小麦粉を入れ、牛乳を少しずつ加えながら、小麦粉がダマにならないようにゆっくり混ぜます。そこにマカロニを入れて柔らかくなるまで煮て、コンソメ、塩コショウで味を付けて火からおろします。チーズをのせ、オーブンで焼けば完成です。

レシピNO.23/ズッキーニとトマトのチーズ焼き

スキレットにオリーブオイルをひき、ズッキーニとトマトを並べます。塩コショウをしてチーズをのせ、オーブンで焼きます。最後にバジルを散らして、とってもお洒落なお料理になりました。スキレットを使った野菜のチーズ焼きは、どんな野菜でも簡単に美味しくでき上がります。毎日の暮らしにぜひ取り入れたいひと品ですね。

人気のスキレット料理/ダッチベイビー

レシピNO.24/ハムサラダのダッチベイビー

今、インスタなどで話題になっているダッチベイビー。ダッチベイビーとはパンケーキのようなクレープのような甘い生地です。その生地の中にいろいろな具材を入れたものが人気になっているんです。これはハムサラダをダッチベイビーにのせたものです。スイーツではなく惣菜系のダッチベイビーですね。

レシピNO.25/ブルーベリーのダッチベイビー

スキレットで焼いたダッチベイビーにブルーベリーをのせたものです。ダッチベイビーは素朴な味わいなので、ブルーベリー以外にも苺やオレンジ、バナナ、ホイップクリームやアイスクリームなど、どんな素材にも合うんです。

ダッチベイビーの作り方(1個分)

ボウルで卵(1個)、牛乳(50ml)、バニラエッセンを静かに混ぜ、薄力粉(35g)に塩とシナモンパウダーを合わせたものを3回に分けてふるい入れ、混ぜ合わせます。そのまま暫く置いておきます。スキレットを熱し、熱くなったらバターを入れ、生地を流し込みます。このときスキレットの側面にも生地を伸ばしておきます。220度のオーブンで15分ほど焼けば完成です。

人気のスキレット料理/パン

レシピNO.26/フレンチトースト

食パンをお好きな大きさに切り、卵、牛乳、砂糖を混ぜたものを染み込ませます。熱したスキレットにバターを入れ、漬け込んだパンを弱火でゆっくり焼き上げます。お好みでメープルシロップや生クリームなどを添えてもいいですね。ひとり暮らしの朝食にいかがでしょうか。

人気のスキレット料理/スイーツ

レシピNO.27/プレーンパンケーキ

ふわふわのパンケーキは、スキレットとホットケーキミックスを使えば簡単にできます。ホットケーキミックスに卵と牛乳を混ぜ、十分に熱したスキレットに油をひいたあと流し入れます。両面をこんがりと焼き、中まで火が通れば完成です。バターやメープルシロップなどを添えていただきます。

レシピNO.28/レモンチーズケーキ

クリームチーズ(50g)、ギリシャヨーグルト(50g)、オリーブオイル (大さじ1)、牛乳(50cc)、砂糖(50g)、レモン汁、卵(1個)をフードプロセッサーで混ぜ合わせます。熱して油をひいたスキレットにそれを流し込み、砂糖漬けにしたレモンをのせて直火にかけます。フツフツと音がしてきたら完成です。

レシピNO.29/みかんケーキ

牛乳(50cc)、バター(50g)、卵(1個)、砂糖(20g)を混ぜ合わせます。スキレットを熱して油をひき、生地を流し入れます。その上に缶詰のみかんを並べ、220度のオーブンで15~20分ほど焼いて完成です。

レシピNO.30/スキレットスモア

最後に超簡単スイーツをご紹介します。スキレットに板チョコを割って敷き詰めます。その上にマシュマロをびっしり置きます。あとはトースターでマシュマロがこんがり色づく程度に焼くだけ。クラッカーに挟んで食べるととっても美味しい絶品スイーツです。

スキレットのお手入れ方法

スキレットは一般のテフロン加工などのフライパンと比べて錆びやすく、お手入れが大変です。だからこそ愛着が沸くのかも知れません。正しいお手入れ方法を知って、一生モノのスキレットと出会ってくださいね。

スキレット使用前のシーズニング

買ったばかりのスキレットはシーズニングをしなければ使えないものがあります。そのシーズニングのやり方をご紹介します。まず洗剤でサビ止め油を落とし、火にかけて水分を飛ばします。多めの油を入れ、中火で5分ほど加熱します。これでシーズニング完了です。

スキレット使用後のお手入れ

スキレットは買ったときに洗剤で洗ったら、基本的にあとは洗剤を使用しません。使い終わったスキレットは熱いうちにお湯で汚れを落とします。熱いまま水につけてはいけません。スキレットが割れてしまうことがあります。汚れを落としたら火にかけて水分を飛ばし、油をぬって加熱します。冷めたらお手入れ完了です。

スキレットの保管方法

スキレットが完全に冷めたら、新聞紙にくるんで、湿気の少ない場所で保管するか、使用頻度が高ければ通気性の良い場所に吊るしておくのもいいですね。

スキレット2回目以降の使い方

2回目以降の使用は、まず保管に塗っておいた油をさっと水で流します。火にかけて水分を飛ばし、新しい油を塗ってお料理開始です。使い込めば使い込むほど、スキレットは油を吸ってツヤツヤになり、いっそう愛着が沸きますね。

注意点のまとめ

スキレットの注意点をまとめておきますね。初めて使うときにはシーズニングをすること。スキレットはとても熱くなります。ヤケドに注意しましょう。熱したスキレットを熱いまま水につけないこと。割れてしまう恐れがあります。そして、汚れたスキレットは放置しないようにしましょう。錆びの大きな原因になってしまいます。これらに注意して使いこなして行きましょう。

Thumbスキレットの手入れのシーズニングって何?正しい手入れ方法を知ろう

スキレットレシピは簡単でお洒落!

いかがでしたか?スキレットはお手入れが大変かも知れませんが、使いこなせばお料理がとっても楽しくなること間違いなしの調理器具なんです。切って焼くだけ。入れて蒸すだけ。簡単なのに見ためはお洒落で、まるでお料理の上級者のような出来栄えになります。ぜひとも普段使いにスキレットを取り入れてみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2021-10-28 時点

新着一覧