私が思う高校野球の感動する瞬間!数々のドラマが詰まっている!

よく夏になるとテレビで高校野球を目にするときがあると思います。甲子園の土を泣きながらかき集めているシーンをよく見かけます。必死になっている球児達を野球のルールがわからなくてもなぜか応援したくなりますよね。そんな感動する瞬間を集めてみました。

私が思う高校野球の感動する瞬間!数々のドラマが詰まっている!

目次

  1. 高校野球って?
  2. 甲子園の土を拾っている瞬間
  3. サヨナラゲームになった瞬間
  4. アルプススタンド
  5. 甲子園優勝の瞬間
  6. 過去の試合

高校野球って?

高校野球を観ると夏だなと思うように、夏になると高校野球が始まります。地区予選から勝ち抜いたチームが各都道府県から集まり夏の頂点を決める戦いです。ここでは様々な感動する瞬間が生まれます。そんな必死に暑い中プレーしている球児達をテレビから無意識に応援してしまいますよね。プロ野球より高校野球の方が感動するから好きという人は多いと思います。ここでは私が思う感動の瞬間をまとめてみました。

甲子園の土を拾っている瞬間

一生懸命頑張ってきたのに負けてしまったチームが甲子園の土を拾っているときを観たことがある人は多いと思います!暑い中練習も頑張ってきたのに負けて土を拾う場面は心を打たれますね。特に3年生はもう部活も引退してしまうのでもう戻って来ることもできません。色々な感情を持ちながら土を拾っているこのでしょうね。2年生ではまた甲子園に戻ってくるという意味を込めて土を拾わずに甲子園を去る人もいます!また帰って来てその子の成長した姿を見てみたいですね!

サヨナラゲームになった瞬間

サヨナラの試合になるということは接戦でどちらとも互角の戦いをいていたということですよね。なのに1球で試合は幕を閉じてしまいます。そんな試合がごく稀にあるのですが、たまにそういう試合を目撃します。もちろん勝っているチームはみんなで喜びを分かち合っていますが、負けたチームはみんなその場から動けないくらいその場で悔しがっています。その瞬間が心をなにか来るものがあります。野球は1球で変わるという言葉を聞いたことあるのですがまさにこの瞬間のことを言うのですね!

アルプススタンド

アルプススタンドは学校の関係者や保護者、吹奏楽部などが入って自分の高校を応援するところで、まるで自分のことのように応援している姿をテレビでよく見かけますね。勝った時や得点が入った時にはみんなで一斉に喜び合っていますね。アルプスの一体感はすごいです。一方負けたチームは本当に自分のことのように悔しそうにしています。それだけ応援に対して熱がこもっていたという証拠ですよね。

甲子園優勝の瞬間

甲子園優勝の瞬間はいつ観ても鳥肌が立ちますね。熱い闘いから解放されると同時に今までやってきたことが報われる瞬間だと思います。勝った瞬間に甲子園のマウンドに集まって喜び合っているあの瞬間は甲子園の上に立っている人しかわからないでしょうね!でもテレビで観ていてもすごく嬉しそうな感情が伝わってきます。負けたチームは本当に悔しいと思います。でも決勝まで残れたということことでもすごいことなんだと思います。それでも準優勝と言う素晴らしい成績なので胸を張って地元に帰ってほしいですね。

過去の試合

過去にはすごい試合がたくさんあります。マー君と斎藤佑樹の延長の末の決勝再試合の試合もありました!これは高校野球の歴史でも有名な試合です!公立高校が私立の学校を満塁ホームランで逆転して甲子園優勝したこともありました。まさに野球の神様に選ばれたような試合でした。他にも優勝候補の高校が1回戦で敗退したときはとても悔しそうに泣いていてこんなはずではなかったのにと言うような感じで甲子園を去って行く姿は目がうるっときますね。ドラマがたくさんあり何が起こるかわからないのですごく観ている側からしてもワクワク、ドキドキしてしまいます!

このようにまとめてみましたが、高校野球はプロ野球と違った感情で観てしまいますね。もちろんプロ野球はプロ野球で楽しみ方があると思います。高校野球は夏が最後なのでみんな必死に野球しているところが本当に清々しく、元気はつらつと動いているところが好きです。毎年時間があるときは観てしまうくらい目が白球に夢中になってしまいます。そんな球児達がまた今年も観れると思うとワクワクしますね!

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2021-05-08 時点

新着一覧