爪の簡単なお手入れまとめ!甘皮の処理など初心者でもできるネイルケア方法

手は、何をしている時にも目に入る部分ですが、特に爪は、ピンポイントで人の目に触れたり、無意識に視線が行く場所です。そのため、ケアの1つとして手以外に爪のお手入れも大切になります。今回は、爪のお手入れに関する方法などを大特集していきます。

爪の簡単なお手入れまとめ!甘皮の処理など初心者でもできるネイルケア方法

目次

  1. ハンドケアを同時に覚えておきたい!爪のお手入れ特集スタート!
  2. 爪のしくみ
  3. 初心者さん必見!爪のお手入れをするメリットとは?
  4. 爪のお手入れの手順が知りたい!
  5. 初心者の方必見!爪のお手入れで使う主なアイテムとは?
  6. 爪のお手入れの方法の前に…爪の形を覚えておこう!
  7. 爪のお手入れ方法【Step①】爪の形を整える方法
  8. ここで!爪のお手入れ方法【Step①】の注意点
  9. 爪のお手入れ方法【Step②】簡単に出来る!?甘皮のお手入れ方法
  10. ここで!爪のお手入れ方法【Step②】の注意点
  11. 爪のお手入れ方法【Step③】ネイルの保湿ケアをする方法
  12. ここで!爪のお手入れ方法【Step③】おすすめネイルオイル
  13. 爪のお手入れ方法【Step④】ハンドクリームでマッサージする方法
  14. ここで!爪のお手入れ方法【Step④】ネイルケアも出来るハンドクリーム
  15. まとめ【初心者の方もレッツトライ!触れたくなるハンド&ネイルになろう♡】

ハンドケアを同時に覚えておきたい!爪のお手入れ特集スタート!

毎日のハンドケアと一緒にやっておきたいケアが爪のお手入れであるネイルケアです。手は、毎日使う部分なので、色々な状態にさらされています。そんな爪のお手入れも含めたハンド&ネイルケアを初心者の方すぐ始めれるようにご紹介していきます。

爪のしくみ

まずは、私たちの指先にある爪自体の事からご紹介していきましょう。爪のケアをする前に、爪の仕組みや爪がある理由のお話をしていきたいと思います。

爪の仕組み

爪は、ネイルアートをする部分のネイルプレート、さらに甘皮とも呼ばれている爪上皮、その先の皮膚に下にある爪の根元部分を爪根といい、新しい爪を作り出すためのネイルマトリクスもその下に潜んでいます。爪は、1日に約0.1mm〜0.15mmくらい伸びると言われています。

爪の役割って?

私たちの身体は、頭から手、足の先まで骨が通っています。そのおかげで、立ったり座ったり、歩いたり物を掴んだりという細かい動きが出来ます。もちろん、指先にも骨がありますが、衝撃で簡単に折れてしまう程弱いので、それを支えているのが爪です。指先に力をかけられるのも全て爪があるおかげです。

初心者さん必見!爪のお手入れをするメリットとは?

次にご紹介していくのは、爪のお手入れをすることでのメリットです。爪のお手入れをしましょうというのには、きちんと理由があります。私たちにとって爪をお手入れする事で得られるメリットとは一体何なのでしょうか?

メリット①爪の成長を促進するため

爪のお手入れの目的は、爪を健康的に成長させる事にあります。それを邪魔してししまうのがキューティクル(甘皮)です。本来は爪の根元を守る大切な役割を担っていますが、それが角質化して爪にへばりついてしまうと爪の成長が妨げられたり、乾燥したあげくにささくれの原因になることがあります。それを除去し、成長を促進させるためにも爪のお手入れは重要です。

メリット②爪の乾燥を防ぐため

私たちの指先は、普段から水や乾燥、紫外線などの外的刺激二さらされています。そのため、指先や爪には大きなダメージが加わります。その中で、爪のお手入れが行き届いていないと皮膚が硬くなり、外的刺激を受けやすくてささくれが出来たり、爪の潤いがなくてカサカサしたり、それにより見た目の印象も変わってしまいます。爪のお手入れは、そんな刺激から爪先を守ってくれる役割をします。

メリット③爪を強化するため

色んな刺激を受けている爪をお手入れして健康に保つことで爪自体も強化されます。爪を囲む皮膚はもちろんですが、正しいネイルケアを取り入れる事で爪の表面や爪自体も衝撃に強く、割れにくくなります。

爪のお手入れの手順が知りたい!

いよいよ爪のお手入れに入っていくのですが、今回は、初心者の方でもわかりやすいように簡単でなおかつ始めやすい爪のお手入れの方法をお届けします。1つ1つ順を追ってご紹介していきます。まずは、爪のお手入れの方法の一連の流れです。

Step①【爪の長さを整える】

一番最初のステップは、爪の長さや形を整える事です。爪の成長や健康のためにも爪のお手入れは大切ですが、それ以外に、ネイルケアやハンドケアをすることで、指や手がより美しく清潔感やきちんとした良い印象を与えてくれます。そのため、自分のライフスタイルに合わせた爪の形に整えることは、爪のお手入れの最初のステップになります。

Step②【甘皮の処理をする】

先ほども少し触れましたが、甘皮の処理をしてあげることで、爪の成長が促進されますし、ささくれや乾燥からも爪を守ってくれます。甘皮を処理する事で、爪も大きく見えるので、より綺麗な指先に変身します。甘皮処理の際に、道具としてニッパーを使用する方もいますが、今回は、ニッパーを使わない簡単な甘皮処理の方法をお伝えしていきます。

Step③【爪の保湿をする】

甘皮の処理までが終わったら、次は、爪の周りを保湿してささくれを防止することです。皮膚は保湿をする事で、弾力を増して外から来るダメージの影響を受けにくい状態を作ってくれるのに役立ちます。爪のお手入れと同じくらい、爪の周りを覆っている皮膚の状態を整えてあげる事も又、爪へと影響していく大切な事です。

Step④【ハンドケアをする】

爪のお手入れの方法の最後は、ハンドケアをしてあげる事です。ハンドクリームを使って、手元を保湿してあげると同時に、マッサージを取り入れながら血行を良くして美しい手を演出してあげるのです。

初心者の方必見!爪のお手入れで使う主なアイテムとは?

続いては、爪のお手入れに必要なアイテムたちをご紹介します。初心者の方は、ここをチェックしながらネイルケアの準備を整えましょう。

その①【やすり&バッファー&シャイナー】

やすりというのは、別名エメリーボードと言ったり、ファイルとも呼ばれている爪の長さや形を整える板のようなアイテムです。そして、バッファーとは、爪の表面を磨いて凹凸などを滑らかにする道具になります。さらに、シャイナーは、バッファーで磨いた爪の表面を整えて自然なツヤを出してくれるアイテムになります。

その②【オレンジウッドスティック&キューティクルリムーバー】

オレンジウッドスティックとは、先ほどご紹介した爪に引っ張られて出てきた甘皮をキュッと押してあげることで、爪がより大きく綺麗に見せてくれます。そして、キューティクルリムーバーは、キューティクルに塗る事で、甘皮がさらに柔らかくなり、甘皮除去がより簡単にスムーズになります。

その③【ウィットティッシュ&コットン】

ネイリストの方は、ガーゼを用意して使用するのですが、お家にガーゼがない場合は、ウェットティッシュを準備しましょう。甘皮処理の時に出てきた甘皮を取り除く時に使います。そして、コットンは、甘皮を押し上げる時にオレンジウッドスティックに巻き付けて使用します。

その④【ネイルオイル&ハンドクリーム】

ネイルオイルは、お手入れをした爪の周りに塗って保湿してくれるオイルです。ハンドクリームも、爪や手全体を保湿してくれるアイテムになっています。ネイル&ハンドケアには欠かせないアイテムです。

その⑤【フィンガーボウル】

フィンガーボウルは、お湯を入れて、指先の皮膚を柔らかくするためのアイテムです。ネイルケア専用のフィンガーボウルもありますが、もしなければ、指先が入るくらいのボウルなどを使うのもおすすめです。

爪のお手入れの方法の前に…爪の形を覚えておこう!

あなたは、どの爪の形がお好きですか?爪の形によって、その人の手元の印象が変わってきます。指先の保湿に加えて、爪の形を整える事もポイントになってきます。ここでは、主流となっている爪の形をいくつかお届けします。

その①【スクエア】

スクエアとは、正方形や四角という意味があります。その名の通り、爪の根元から爪先までが同じ長さの爪の事を言います。爪が大きく見えてますし、爪自体が平ペッタイ方におすすめです。

その②【スクエアオフ】

スクエアオフとは、先ほどのスクエアとは違い、爪先の角を丸く整えた形になります。角がないことで衝撃が吸収されやすい分、折れにくい形だと言われています。爪が小さかったり、強度が弱かったり、伸ばそうと思っている方におすすめです。

その③【ラウンド】

5つの爪の形の中で、一番ナチュラルで美しい爪の形をしています。爪先まで丸くなっているので、優しい印象を付けますし、自然に雰囲気と馴染んでくれるので、どんな爪の形の方でも似合うます。

その④【オーバル】

オーバルという爪の形は、先ほどのラウンドよりも爪先をさらに細くした形になります。先が細くなっているので、爪が弱い方にはおすすめできませんが、爪の強い方や上品なイメージを演出したい方におすすめです。

爪のお手入れ方法【Step①】爪の形を整える方法

それでは、ここからはStep①〜Step④までを順を追ってご紹介していきます。まずは、爪の整え方からお届けしていきます。先ほどは4タイプの爪の形を整える方法をご紹介しましたが、ここでは、3つの方法についてお話しします。実際にやすりを準備しながら一緒に行っていきましょう。初心者が方が簡単に行っていくためには、コツを知る必要があります。キーワードは、「スクエア」です。

その①【スクエアオフにする方法】

爪をある程度の長さまで、やすりを使って整えます。やすりを爪に対して、平行に当ててから一定方向に動かしていきます。この時点では、スクエアの型の爪になっている状態です。そして、自分の好みの長さまで削り終わったら、角の尖っている部分に、やすりをあてて、丸く型取っていきましょう。

その②【ラウンドにする方法】

ラウンドにする時も、先ほどのスクエアオフの時同様にやすりを爪に対して平行に当てて一定方向へ動かしていきます。この時に気をつけたいのは、自分の希望する爪の長さよりもやや長めに残しておく事です。それが出来たら、爪の先端部分を丸くラウンドさせるようにやすりを動かして、丸みを作っていきましょう。サイドのラインから爪先にかけてラインを繋がるように整える事がポイントです。

その③【スクエアにする方法】

スクエアは、ラウンドよりもさらに爪先を細くしていく型なので、爪先を長めに残して長さを整えたら、サイドのストレートのラインからサイドを削るようにして斜めにやすりを滑らしていきましょう。卵型をイメージするようにしながらやすりを入れていきます。

ここで!爪のお手入れ方法【Step①】の注意点

ここで、Step①をする上での注意点をお伝えしていこうと思います。これを気をつけながら爪のお手入れ方法を先に進めていきましょう。

注意点①やすりを往復させないようにしましょう。

1つめの注意点は、やすりを使う時の注意です。爪先にやすりを当てて動かす時、思わず往復したくなりますが、そうしてしまうと爪を構成している繊維を損傷させてしまう恐れがあります。繊維が損傷してしまうと、爪の強度が弱くなったり、二枚爪の原因になるので気をつけましょう。

注意点①爪切りよりもやすりがおすすめです。

爪の長さを整える時に使う道具として爪切りもありますが、あまり伸びていない時は、やすりだけで整える事をおすすめします。確かに爪切りは、簡単で時間もかからずに爪の形を整える事が出来ます。しかし、爪切りで爪を挟んできることで、繊維が潰されて先ほどと同じ理由で二枚爪や爪の強度が低下してしまう可能性があるのです。

爪のお手入れ方法【Step②】簡単に出来る!?甘皮のお手入れ方法

次のStepは、甘皮の処理です。一見難しそうに見えますが、行程は実に単純で簡単に出来ます。初心者の方も安心して出来る簡単な甘皮処理の仕方をお届けします。爪のお手入れは、皮膚が柔らかくなっているお風呂上がりに行うのがベストです。

その①甘皮を柔らかくする

まずは、キューティクルリムーバーを爪の根元部分に少量付けて、親指と人差し指で挟むようにしながらクルクルと馴染ませていきます。その後に、お湯の入ったフィンガーボウルに指先を付けて5分程時間をおきましょう。もし、リムーバーがないという方は塗らなくても大丈夫です。時間が経ったら、お湯から取り出して甘皮処理をしていきましょう。お風呂上がりの場合は、そのまま甘皮処理の行程に進みましょう。

その②甘皮を押し上げていく

キューティクルプッシャーやウッドスティックを用意します。ウッドスティックの場合は、先端を少し湿らせてからコットンを巻き付けて使用しましょう。先端を爪の根元に当てて優しく甘皮部分を押していきます。柔らかくなっている甘皮は、押し上げているだけでも浮いてくる事があります。次に、用意したウェットティッシュを親指に巻き付けて先ほど押し上げたところに出てきた甘皮を取り除いていきます。

ここで!爪のお手入れ方法【Step②】の注意点

ここで、爪のお手入れの方法Step②の注意点をお届けします。甘皮処理をする際は、この注意点を意識しながら行う事がおすすめです。

注意点①しっかり柔らかくしてから行いましょう。

注意点の1つめとして、甘皮を処理する時はしっかり柔らかくしてから行うようにしましょう。そのまま甘皮処理を始めてしまうと、他の部分を傷つけたり、逆にささくれの原因になる可能性もあります。無理はせずにお風呂などで皮膚が柔らかくなった状態で行ってあげれば、皮膚を傷めずにキレイに甘皮処理が出来ます。

注意点②爪の根元を強く押しすぎないようにしましょう。

甘皮処理では、爪の根元部分をプッシュしてからきれいに取り除いていきます。この時、あまり強く押し過ぎると痛みを感じてしまう事があります。甘皮は、ばい菌などの侵入を防ぎ、新しい爪のある根元部分を守ってくれています。それが、強く押し過ぎる事で傷ついてそこからばい菌が侵入して赤く腫れたりすることもあります。そうならないためにも、押す時は優しく行うようにしましょう。

爪のお手入れ方法【Step③】ネイルの保湿ケアをする方法

爪のお手入れ方法のStep③は、甘皮処理後の爪表面を整える事と保湿ケアに関してです。爪の凹凸を取り除いて、爪周りを保湿して挙げましょう。

その①爪の凸凹を取り除く

使うのは、バッファーとシャイナーです。まず、バッファーを使って、爪表面に軽く当てて一定方向に動かしていきます。爪表面を撫でるように優しく行ってあげましょう。爪表面が滑らかになったら、シャイナーに持ち替えて、同じように優しく当ててツヤを出していきましょう。

その②キューティクルオイルを塗って保湿する

爪の表面が磨けたら、仕上げにキューティクルオイルを爪の根元側に付けて親指でクルクルと馴染ませていきましょう。これで、爪の保湿までが完了しました。

動画を見ながら実践していきましょう!

ここで!爪のお手入れ方法【Step③】おすすめネイルオイル

ここでは、おすすめのネイルオイルをご紹介します。爪にも嬉しくて、使いやすいネイルオイルを2つお届けします。

おすすめ①【uka】ネイルオイル

ukaのネイルオイルは、5種類の香りとネーミングに特徴のあるアイテムです。オーガニック素材で作られているお肌と爪に優しくて、その香りも心を落ち着けてくれるおすすめのネイルオイルです。

おすすめ②【ISLANDGIRL】ネイルオイル

ハワイのお土産の定番とされているアイランドガールのネイルオイルは、中にドライフラワーが入っていて見た目にも楽しめるアイテムです。爪の根元をしっかりと潤わしてくれますし、香りも優しくて持ち運びたくなるようなネイルオイルです。

爪のお手入れ方法【Step④】ハンドクリームでマッサージする方法

総仕上げとして取り入れたいのは、ハンドクリームを使ったハンドケアです。爪のお手入れも大切な行程ですが、ハンドケアをすることで、爪から手にかけてのケアを完璧にする事が出来ます。初心者の方が簡単に出来るハンドマッサージの方法もご紹介します。

その①ハンドクリームを馴染ませていく

ハンドクリームを手の平に出したら手の平や手の甲、指の先までしっかり伸ばしていきます。ハンドクリームをつけることで、保湿をしつつ、マッサージをやりやすくしてくれます。クリームを馴染ませたら、手の指を一気に掴んでしっかり揉み解していきます。

その②手の甲から手の平をマッサージする

手の甲にある骨の間を軽く抑えながらマッサージします。反対の手も行ったら、指先の親指と人差し指で挟んで揉み解していきます。次に手の平を上に向けて、下から上へ圧力をかけながら揉みあげていき、反対側も同様に行いましょう。次に、小指の側面の部分も上から下へ3回スライドさせながら揉みあげ、さらに、親指の側面部分も同じように揉みあげたら、一番最初に行った全ての指を掴んで揉み上げたら終了です。

ここで!爪のお手入れ方法【Step④】ネイルケアも出来るハンドクリーム

最後にお届けするのは、ハンドマッサージをするのにおすすめのハンドクリームをご紹介します。初心者の方だと特に何を使ったら良いのか分からない事もあります。是非、参考にしてみて下さいね。

おすすめ①【イソップ】ハンドバーム

手と指をダブルで保湿してくれる万能なハンドクリームです。持っている方も多く、多くの人に愛されている人気のアイテムになっています。ハンドクリームもアイテムによって、つけ心地が違いますが、このハンドバームは吸収性の高いところが魅力です。

おすすめ②【ロクシタン】ハンドクリームシリーズ

ロクシタンのハンドクリームシリーズは、香りやティクスチャーが豊富に揃っていて、選ぶのにも迷ってしまうくらいです。しかし、保湿力やお肌への浸透力が高く、香りもリッチな物ばかりなので自分の好みに合わせたアイテムがきっと見つかります。

まとめ【初心者の方もレッツトライ!触れたくなるハンド&ネイルになろう♡】

いかがでしたか?今回は、初心者の方も簡単に出来る爪のお手入れ方法をハンドケアと合わせてご紹介してきました。普段、ハンドクリームは付けていたけど、ネイルケアまではしたことなかったという方も、これを機に是非、ネイル&ハンドケアを始めてさらに、美しい手になっていきましょう。

もっと爪のお手入れについて知りたいアナタへ!コチラもチェック!

Thumb爪の形の整え方は?手の印象が変わる種類や性格別爪の形診断!
Thumb爪やすりで爪ケアしよう!おすすめの種類から使い方まで徹底調査!
Thumb爪磨きのおすすめは?ケア用品を使いこなしてピカピカの爪を手に入れよう!
Thumb綺麗な爪の条件は?美しい自爪を手に入れる方法を徹底調査!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-18 時点

新着一覧