証明写真の服装は?マナーを守って履歴書用写真を好印象に!

証明写真が必要な時は、公文書や履歴書で必要になりますね。その時気にしなければいけないのは、髪型と服装を整えスーツを着ることでしょうか。どんな撮り方をすればいいか撮影後の証明写真でがっかりする前に証明写真の服装や撮り方をチェックしましょう。

証明写真の服装は?マナーを守って履歴書用写真を好印象に!

目次

  1. 履歴書の証明写真
  2. 証明写真の服装マナー
  3. スーツを着た証明写真の撮り方
  4. 服装の意味
  5. 服装のカラーコーデ
  6. 証明写真の髪形
  7. 履歴書の写真
  8. 証明写真を使わない撮り方
  9. 証明写真と服装のアピール
  10. まとめ:証明写真の服装と髪型

履歴書の証明写真

証明写真を撮る時に、どんな方法を選ぶでしょうか。最近はコンビニの近くや駅に証明写真を撮る機械を見かけますね。機種も多く手軽に撮影ができます。機能もいろいろあり撮るときに、どんなポイントを押さえれば良いでしょうか。

また、写真屋さんで撮る方法もあります。金額や証明写真の対応してくれる写真屋さんを見つける必要があります。就活中なら学校に来た写真屋さんに撮ってもらうのも良い方法かもしれません。その時、枚数やサイズを気にした方が良いでしょう。

アプリで自撮りして、証明写真にすることも可能になってきたようです。その時は背景や服装、髪型など撮り方を考える必要があります。詳しく見ていきましょう。

公文書には数枚を使って余りがちな証明写真ですが、履歴書に必要な枚数は多くあった方が良いかもしれませんね。何回か提出する可能性があるからです。サイズや編集加工の程度も考えて撮り方を考えましょう。

証明写真の服装マナー

公的な場面ではスーツなど服装のマナーが必要になります。証明写真でも公的な文書のためそれ相応のマナーが必要になってきそうです。肌の露出や華美な格好は避けた方が良いと思います。

しかし、「スーツでなければならない」とは言えないと思われます。理由としては履歴書のようにスーツでの活動を求められるものではなく、証明写真としての利用の場合があるからです。サングラスなどの顔を隠すアイテムを避ければ特に規制はないように思えます。

パスポートなどの公的文書で使う場面では、その時必要なことを印象付ける格好が良いと思われます。証明写真機では加工や編集が可能なものもあります。自分の印象とかけ離れない証明写真の撮り方を選びましょう。

Thumb証明写真をプリクラで?証明プリで撮った写真は履歴書で使えるの?

スーツを着た証明写真の撮り方

スーツは着慣れない服装の一つかもしれません。特にネクタイなど写真の中央にくるアイテムが歪んでいたり変だと、写真の出来上がりが残念なものになってしまうかもしれません。髪型も同様です。

姿勢や表情に関しては、「顎をひく」ことや「口角をあげる」など慣れない状態に苦慮しそうですね。自撮りとは違った趣旨を求められる上に、スーツが着慣れないかもしれません。履歴書ではスーツでの活動を多く求められています。スーツの着こなしや髪型は、マナーとして押さえておきたいですね。

写真の切り取り部分や服装、髪型など就活中のスーツの着こなし方は証明写真の良い印象のまま、面接官に会えるくらいしっかり撮れると良いですね。

服装の意味

スーツの色

服装の着こなし方でも悪い印象や整っていない箇所は悪目立ちしそうです。しっかりした印象を与えるには、全てクリアされていた方が良いでしょう。

自分に似合う色にするというのもアピールに繋がり、良い印象を与えることができるかもしれませんね。ネクタイの色は書類などの提出時期で夏物か冬物とわけるなどした方が無難でしょう。

服装の印象

履歴書で証明写真の撮り方を知りたいと思う機会があると思います。エントリーシートなどで枚数も一番使うのではないでしょうか。スケールや撮影効果をチェックして選ぶことができそうです。写真屋さんであれば、撮影してくれる人が表情や姿勢を直してくれますが、写真機では自分で整えます。

見られているのは顔の表情だけではありません。特に公文書類と一緒に提出される証明写真はカラー写真で、目につきやすい箇所です。服装で印象が変わります。書類だからこそマナーを守れることが大事ですね。服装や髪型の印象で多少、変えられます。

見栄えや自然な感じを求める証明写真です。美容院の後に撮るなど写真を撮って後悔しないように準備したいですね。

服装のカラーコーデ

服装はスーツを想定

証明写真機を見ると、ほとんどがスーツ姿の服装です。髪型をアップにしてまとめ、口角を上げてニコリと笑いかけています。白い歯を見せていますが、歯は見せないと言われることもあるかもしれません。自撮りして客観的にどちらが良いか決めるのが良いかもしれませんね。

通勤の時にビシッと「ビジネススーツ」を着るより通勤しやすい服装の場合も出てきています。しかし、証明写真では上着ありの正装で、襟元を整え髪型をセットして撮ると良いでしょう。長い髪ならばアップのヘアスタイルにするなどすれば、清潔感がありますね。

私服の色合わせ

私服でも良いとなると、どんな服装にするか迷うかもしれません。ラフカジュアルすぎても写真映えがせず、気合が入りすぎているのも浮いてしまうかもしれませんね。背景色を考え、無地かシンプルの服装の方がすっきりした好印象を与えられそうです。

自分に合う色や今の服装で会社の人にあっても大丈夫かなど、基準があると良いかもしれませんね。服装を襟のあるものにすると、きちんとした印象を与えることができるので、おすすめですよ。

写真撮影にはボタンをはめることや髪型や化粧、表情など緊張することが多いようです。印象の良い写真を撮りたいですね。

証明写真の髪形

履歴書の証明写真をとる際にはナチュラルな色ということで、地色が黒の場合、黒髪を勧められることが多いと思います。真面目な印象を与える慣例のようです。職種によってはナチュラルな色を好まれそうです。「これから仕事で一緒に働く人」というイメージがわきやすいことが大事だと思います。

真正面は髪のバランスや毛先が目立ちます。前髪が、影になる場合があるので重たい印象にならないよう注意が必要です。髪型は長い髪の場合、束ねている方が好ましいようです。顔写真の場合、髪の分量を抑えた方がすっきりして見え、印象が良いです。まとめることで清潔感も生まれそうです。

写真屋さんや写真機で撮ってもスケールやサイズ、好きな写真を選ぶことになるでしょう。以上の点を踏まえて、良い印象の証明写真を選びましょう。

髪型や服装を整えた、真正面の写真など必要な要素が詰まった写真を撮りましょう。

Thumb女子の証明写真は髪型がポイント!ロングもショートも好印象に!

履歴書の写真

スーツの襟やシャツが写ります。顔の正面から撮るため、顔周りをすっきり見せる服装が良いでしょう。襟の形やフェイスラインに合わせて、首元が詰まらないように考えましょう。普段より顔という限られた部分を写真に収めるので、よりメイクは抑えたナチュラルなメイクが良いかもしれません。

履歴書の証明写真がなんらかの拍子で、糊付けが外れることもあるかもしれません。写真の裏に外れた時のために名前などを書き入れておくと良いでしょう。裏面に名前の記載を求める場合もあるようです。

証明写真を使わない撮り方

服装と髪型

今ではスマホで証明写真を撮る方法もあります。背景や明るさ、編集などが必要です。それとともに、書類選考などがあると写真の質感の違いが目立ってしまう可能性があります。比較すると違いが分かってしまう可能性を加味して使いましょう。

正面の顔写真を撮る機会は限られているので、抵抗を持つ人も多いと思われます。自撮りをしても編集加工やポーズを変えられるため、型にはまった証明書写真に苦手意識が強くなる傾向があります。服装や髪型で清潔感と好印象を目指して乗り切りましょう。

全体の印象

ヘアカラーなど証明写真と今の自分が違えば、受理を渋られるかもしれません。服装や髪型など持っていくときに似た印象にしていくとよりスムーズに受理してくれるかもしれません。

写真撮影のタイミングが違えば、印象が大きく変わってしまうかもしれませんね。緊張やスーツに着替える面倒な思いが出てしまうかもしれません。マイナスな感情を抱きやすい証明写真の撮影ですが、余裕をもって撮りに行けると良いですね。

証明写真と服装のアピール

スマホにデータを撮っておけば再プリントができるなど、便利に使えそうです。公文書と比べ連続して証明写真を面接官には、画質に差が出ないように履歴書に貼り付けたいですね。しかし、写真の更新は書類とともに必要になってきます。新しい写真や証明するための写真だからです。

うまく利用して便利に、気に入る証明写真を撮れると良いですね。証明書の写真であれば、何年か同じ写真を使うことになり変更できるのは更新の時でしょう。髪型や服装などできるところで悪目立ちを避けたいですね。

まとめ:証明写真の服装と髪型

億劫なことも多い証明写真の撮り方ですが、せっかく撮るのですから良い写真を提出したいですね。添付する書類の一部ですが、印象を大きく左右する部分です。

私服であれば、ラフな格好を避け、しわや汚れのない清潔感がある方が印象が良いでしょう。また、スーツでは上着ありの正装でしっかり着こなしている姿を撮りましょう。表情や髪型、服装で自分のイメージを好印象に伝えましょう。

もっと証明写真について知りたいあなたへ

Thumb証明写真のメイクはどうする?就活を有利にするメイクのコツを紹介
Thumb証明写真はアプリを使ってスマホで自撮りしよう!おすすめのアプリは?
Thumb証明写真の撮り方のコツは?キレイな証明写真を撮る方法を紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-01-23 時点

新着一覧