役に立つおすすめの資格!簡単に取れて大学生や就活に有利なものは?

就活の時に困るのが、資格の欄です。なんて書けば良いのか。そう思っている方も多いと思います。今回は、簡単にとれるおすすめの資格をご紹介します。就活時に活かせる資格もあるかもしれませんので、ぜひチェックしてみて下さい。では、おすすめの資格一覧を見てみましょう!

役に立つおすすめの資格!簡単に取れて大学生や就活に有利なものは?

目次

  1. 大学生におすすめの資格とは?
  2. 大学生におすすめの資格「第10位秘書検定」
  3. 大学生におすすめの資格「第9位日経TEST」
  4. 大学生におすすめの資格「第8位ITパスポート」
  5. 大学生におすすめの資格「第7位MOS」
  6. 大学生におすすめの資格「第6位普通自動車免許」
  7. 大学生におすすめの資格「第5位簿記」
  8. 大学生におすすめの資格「第4位TOEFL」
  9. 大学生におすすめの資格「第3位ファイナンシャルプランナー」
  10. 大学生におすすめの資格「第2位宅建」
  11. 大学生におすすめの資格「第1位TOEIC」
  12. 役に立つおすすめの資格!簡単に取れて大学生や就活に有利なものまとめ!

大学生におすすめの資格とは?

就活生のみなさん、大学生のみなさん就活をするにあたって実用的な資格を検討している、または検討中の方はいらっしゃいますか?今回は、就活を意識した大学生におすすめする資格をご紹介します。特に大学生の場合におすすめする資格の要点としては、「実用的である」「企業から重宝される」「即戦力になれる」の3点に絞って、ご紹介します。

というのも企業としても、企業の理念や事業に関係のない資格は、企業からも興味を持ってもらえませんし、ただ活用できない資格はもっていても意味がないのです。ですので、ここでは、企業から好印象を持ってもらえて、かつ実用性のある資格をご紹介します。これから、どんな資格をとって良いのかわからない方はぜひ、参考にしてください。

大学生におすすめの資格「第10位秘書検定」

さてここから、大学生におすすめする資格の種類をご紹介いたします。あくまで、今回の資格は就活や大学生に役に立つという認識でご紹介していきたいと思います。では、まずはじめの資格ですが、「秘書検定」です。この秘書検定は特に女性から人気があります。秘書検定は、文部科学省が後援している公的資格で、認知度も非常に高いです。

就活で、一般事務を志望している大学生には特におすすめします。また、事前に秘書検定をもっていることで、一般事務職の信頼度合いも上がる可能性もあり、企業へのアピールにはなると思いますよ。秘書検定ですが、主に3級、2級、1級とありますが、3級であれば合格率は、約77%と高い為比較的に簡単に取得することができます。

大学生におすすめの資格「第9位日経TEST」

続いての、大学生や就活生に役立つ資格ですが、「日経TEST」です。この日経TESTがなぜ就活に役に立つのかというと、経済や金融、産業、消費、技術、国際情勢に至るまで、幅広い、経済情報を知ることができ、そこで得たビジネススキルはそのまま企業に活用できるという点でも、魅力的な資格とも言えます。

この資格自体に就職に優位に働くというような効力こそないものの、ビジネス情報を大学生のうちから学べることはなかなかないので、そういった意味でも勉強していて損はないです。日経TESTは、100点満点のスコアによる判定で、そもそも合格という概念はありませんが、勉強する分だけビジネススキルが身につくので、良い資格と言えるでしょう。

大学生におすすめの資格「第8位ITパスポート」

続いての就活生や大学生の役に立つ資格ですが、「ITパスポート」です。このITパスポートと聞くと、プログラミングやエンジニアの部門のように思うかもしれませんが、実は専門スキルというものではありません。経済戦略、マーケティング、財務・法務など経営に関する知識や、セキュリティー、ネットワーク等のITの知識、その他のプロジェクトマネジメントの知識等、IT関連の総合知識が求められます。

現在は、どのような分野でもIT化は進んでおり、このIT関連の知識があると、とても役に立つと思われます。また、合格率も約50%ほどですので、簡単までとはいかないまでも取得に難しい資格ではありません。この機会におすすめの参考書を見つけてチャレンジしてみてはいかがですか?

大学生におすすめの資格「第7位MOS」

続いての、大学生や就活生に役に立つ資格ですが、「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」です。MOSは、国家資格ではなく、マイクロソフトが公認する世界基準のパソコン資格です。Word、Excel、PowerPointなどの利用スキルを証明する非常に認知の高い資格です。どの業界、どの職種に就職しても必ず求められる、Word、Excel、PowerPointなどのスキルは必ず勉強しておいて、損はないです。

もちろん独学で使える人は必要ないと思いがちですが、まだまだ知らない機能がたくさんあるのも、事実ですので、覚えておいて損はないでしょう。プレゼン資料を作成したり、企画書や提案書など、必ずビジネスの現場で役に立つことは間違いはないでしょう。

また、MOSの合格率ですが、あまりひっかけ問題はでないことと、勉強した分だけ合格率に反映されるので、MOSの合格率は約80%を誇ります。その上のエキスパートという上級資格でも合格率は約60%とそこまで低くはないので、ある程度勉強をしっかりしていれば、簡単な方な資格の一つではないでしょうか。ぜひ、おすすめします。ビジネスで必要な資格に挑戦してみてはいかがですか?

大学生におすすめの資格「第6位普通自動車免許」

続いての、大学生や就活生におすすめの役に立つ資格ですが「普通自動車免許」です。企業が大企業であればあるほど、転勤の可能性も高いです。特に総合職である、営業職等に入社する場合は、都内では、タクシーや電車で移動することができますが、地方への営業の場合は車での営業も考えられます。

ひと昔前までは、大学に在学中に免許を取るのは当然だったのですが、今大学生は免許をとらない学生さんも多いようです。しかし、営業職で就職する場合は、免許が必要になることもあるので、できれば大学在学中に免許を取得したいものです。免許自体の取得期間は数ヶ月かかりますが、きちんと教習所に通っていれば、取得難易度は簡単な方ですので、ぜひ後々のために取得しておきましょう。

大学生におすすめの資格「第5位簿記」

続いての大学生や就活生におすすめの役に立つ資格ですが、「簿記」です。簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。簿記は、4級、3級、2級、1級とありますが取得するのであれば、3級以上をおすすめいたします。

また、簿記を学習することで、企業の財務諸表を読む力が身につきます。つまり、就職活動中であれば、上場企業であれば、財務諸表はインターネットで見ることができるのです。

財務諸表をみれば、あの企業が実は経営が悪化しているなどの情報を見ることができたりと、簿記を勉強していて損はないでしょう。ちなみに、簿記3級であれば、1週間勉強すれば、合格できるほど簡単な部類に入るものですので、まずは挑戦してみてはいかがですか?

大学生におすすめの資格「第4位TOEFL」

続いての大学生や就活生におすすめの役に立つ資格ですが、「TOEFL」です。このTOEFLは、世界で最も有名な英語能力検定試験です。アメリカのNPO団体教育試験サービスが主催する試験のために、公的なものではないのですが、世界130ヵ国で開催されている世界1メジャーな試験でもあります。

テストの結果は合格・不合格で判定されるわけではなく、スコアで表示されます。TOEFLには、紙で試験を受けるPBTと、インターネットで受けるIBTがあり、現在ではIBTが主流です。試験は、Iリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4種類からなり、IBTは各30点満点の構成からなる合計120点満点のテストです。ぜひ、外資系の企業に就職を考えている方は、挑戦されると良いと思います。

大学生におすすめの資格「第3位ファイナンシャルプランナー」

続いての、大学生や就活生におすすめの資格ですが、「ファイナンシャルプランナー」です。ファイナンシャルプランナーは、その名のとおり、お金に関する知識をもとに、住居・教育・老後の生活など、将来に渡った人生設計・資金計画を行うアドバイスをするお仕事です。

日本人は、もともとファイナンスに関する知識があまりなく、ファイナンシャルプランナーの資格を勉強することで、自らもファイナンスについて学ぶことも出来るのは、非常に大切なことです。ファイナンシャルプランナーの資格は3級、2級、1級とあり、3級の合格率は、約70%と比較的簡単な資格です。ですので、興味のある方は在学中に取得されてみてはいかがでしょうか?すごくおすすめです。

また、金融系の業界に就職したい方は、ファイナンシャルプランナーの資格を取得していると有利に働く可能性もあります。また、それ以上に非常に将来的に見ても役立つ資格ですので、ぜひおすすめしたい資格の一つです。

大学生におすすめの資格「第2位宅建」

続いての大学生や就活生におすすめの役に立つ資格は、「宅建建物取引士資格まとは、宅地建物取引主任者」です。宅建は、不動産を取引する際に仲介役として役割のある国家資格です。そう言うと、将来不動産関係の仕事に就く予定の人の資格と思われがちですが、実が宅建資格を有している人の8割が不動産関係以外の職種に就いているのです。

宅建の資格が役に立つ分野は不動産以外にも、銀行や、保険会社、金融機関、住宅メーカーなどがあります。このように、資格を活かせる場所は多々あり、大学を在学中に取得する人もいるほどです。おすすめですよ。

大学生におすすめの資格「第1位TOEIC」

続いての大学生や就活生におすすめする役に立つ資格ですが、「TOEIC」です。世界において、有名な英語能力試験はTOEFLですが、日本において圧倒的に有名なのが、TOEICです。国内における絶対的な信頼感があります。TOEICは900点満点です。この機会にぜひ、チャレンジしてみてください。

役に立つおすすめの資格!簡単に取れて大学生や就活に有利なものまとめ!

みなさん、ここまでいかがでしたか?とても多くの資格を紹介しましたが、共通して言えるのは、企業から見て有利になるような資格が多いということです。資格をとれば何でも良いわけではなく、自分の進みたい方向性で必要な資格はどれか、あって損はない資格はどれかを冷静に考えて、選んでみると良いかと思いますよ。ぜひ、参考にしてみてください。

もっと資格に関する情報を知りたいアナタへ!

Thumbピラティスの資格はすぐ取れる?資格のメリットとデメリットを徹底比較!
Thumb保育士を独学で取得!お金をかけず資格試験に一発合格する方法

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-02-25 時点

新着一覧