二日酔いの吐き気が辛い!楽になる対処法やコツなどをご紹介!

二日酔いによる頭痛、吐き気は大変辛いものです。この二日酔いに利く食べ物、飲み物と二日酔いにならないための対処方法をまとめました。二日酔で頭痛、吐き気にやられる前にこの記事を読めば二日酔いへの対策もできると思いますよ。是非、参考にしてください。

二日酔いの吐き気が辛い!楽になる対処法やコツなどをご紹介!

目次

  1. 二日酔いとは?
  2. アルコール分解の仕組み
  3. 二日酔・頭痛・吐き気の原因物質はアセトアルデヒド
  4. 二日酔いになりやすいお酒、なりづらいお酒
  5. 二日酔い・悪酔いにならないためには?
  6. 二日酔い・悪酔いに利く食べ物?
  7. 二日酔い・悪酔いに利く飲み物
  8. 二日酔い・悪酔を飲む前に対処する方法
  9. 二日酔いを予防するためには?
  10. 二日酔いによる頭痛、吐き気の対処法まとめ

二日酔いとは?

お酒を飲みすぎると次の日の朝、頭が痛くなったり、胃がムカムカして吐き気が起きますよね。この二日酔いを回避して楽しくお酒の飲むためにはどうるればいいのでしょうか?

アルコール分解の仕組み

二日酔いの原因物質

アルコールを摂取するとまずアルコール成分は肝臓で分解されます。肝臓ではアルコール脱水素酵素(ADH)とミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)がアルコールを分解します。このアルコールの分解の過程で出るアセトアルデヒドが二日酔いのときに出る、頭痛や吐き気の原因になる有害物質になります。

そしてこのアセトアルデヒドを分解するのがアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)です。アセトアルデヒドが分解されすと酢酸に変わり無害物質に変わります。そして酢酸は体内で分解され二酸化炭素水に変わり尿として対外に排出されます。

二日酔・頭痛・吐き気の原因物質はアセトアルデヒド

アセトアルデヒドによって引き起こされる頭痛の原因

二日酔いによって起きる頭痛の原因はアルコール分解の過程で作られるアセトアルデヒドが体内に溜まることによって脳の血管を拡張することにより引き起こります。

アセトアルデヒドによって引き起こされる吐き気の原因

二日酔いによって起きる吐き気の原因は頭痛と同じくアルコール分解の過程づ作られるアセトアルデヒドです。このアセトアルデヒドの性質には嘔吐中枢を刺激する性質があります。これが二日酔いのときなどに起こる胃のムカムカと吐き気の正体です。

二日酔いになりやすいお酒、なりづらいお酒

二日酔・頭痛・吐き気を引き起こすお酒は?

二日酔いになりやすいお酒は不純物を多く含んでいるお酒です。肝臓の性質上、一種類のアルコール成分だと効率よく分解することができますが不純物が多く含まれているほどアルコールの分解効率が落ちてしまいます。その結果としてアセトアルデヒドが血中に溜まり頭痛、吐き気を引き起こしやすくなります。

不純物が多いお酒としてはタンニン、アセトン、フーゼル油などの不純物を多く含まれる日本酒、ビール、ワインなどが二日酔いによって引き起こされる頭痛・吐き気の原因になりやすいお酒と言えます

二日酔・頭痛・吐き気起こしづらいお酒は?

二日酔いになりづらい不純物が少ないお酒としては蒸留酒です。この蒸留酒に当たるのが焼酎、泡盛、ウォッカ、ウィスキー、ブランデーなどがあります。蒸留酒は醸造酒を沸騰させて不純物を取り除いたお酒なので不純物が少なく、アルコール頭痛になりにくいお酒になります。

二日酔い・悪酔いにならないためには?

【頭痛・吐き気の対処方法】…食べ物を食べてからアルコールを摂取する

アルコール成分は小腸で多く吸収され肝臓に蓄積していきます。アルコールの吸収を遅らせることは、悪酔いを防ぐと共に吐き気、頭痛を防ぐ対処方法の一つです。まずお酒を飲む前に胃にある程度食べ物を留めておくのがいいでしょう。胃に入った食べ物が、胃から小腸にアルコールが移動する時間を長くしてくれるのでアルコール吸収の速度を抑えてくれます。

【頭痛・吐き気の対処方法】…水などの飲み物・水分を必ずとる

お酒を飲むときはしっかり水などの飲み物を飲むようにすることで二日酔い、悪酔いを防ぐ対処方法になります。この対策方法はお酒を飲んでいる最中、飲み終わった後、お酒を飲んだ次の日に有効な対処方法です。

水などの飲み物を飲まなければ、血中のアルコール濃度は高くなり、アセトアルデヒドが大量に生成されてしまいます。また血液がドロドロになり血行不良になってしまい、悪酔・二日酔いの原因にります。水分をたくさん飲めむことにより血中のアセトアルデヒド濃度を下げることが可能です。

【頭痛・吐き気の対処方法】…飲んだ後に運動をしない

お酒を飲んでいる最中、飲み終わった後に体を動かすと全身の血流が活発になり血中のアルコール成分・アセトアルデヒドが体に行き渡ってしまいます。飲み終わった後に気分がよく騒いでいると急に体調がわrこれも頭痛・吐き気の原因の一つになります。飲んでいる時には激しい運動はしないようにしましょう。

二日酔い・悪酔いに利く食べ物?

【二日酔いの頭痛・吐き気に利く食べ物】…トマト

トマトに含まれるリコピンには、アルコール分解で作られるアセトアルデヒドの作用を抑える働きがあります・それだけでなく、解毒作用のあるグルタチオンや利尿作用の高いカリウムも多く含まれているので、二日酔いの予防や症状の改善に適した食べ物のです。

お酒を飲む席ではトマトのサラダなどを食べるといいかもしれませんね。またトマトジュースなどの飲み物にして飲んでも効果あるので胃の調子が悪いときはトマトジュースを飲むといいでしょう。

【二日酔いの頭痛・吐き気に利く食べ物】…柿

柿にはカタラーゼというという酵素が含まれています。これは人の肝臓にも含まれている酵素でアルコール分解で発生するアルデアルデヒドを分解する酵素になります。このカタラーゼはアルコールを分解する第一段階をお手伝いする働きを持っています。

もう一つ柿が二日酔いに効く効果があります。それは柿に含まれているタンニンです。このタンニンは、アルコールが分解される過程で生み出されるアセトアルデヒド、つまりは二日酔いの元凶になる成分と結合し、尿への排出を促すと言われています。

【二日酔いの頭痛・吐き気に利く食べ物】…グレープフルーツ

グレープフルーツにはフルクトースという果糖が含まれています。このフルクトースにはアルコール分解で発生するアセトアルデヒドの分解をサポートする働きがあるとされています。

アセトアルデヒドの分解が促進されてスムーズに体外に排出されることにより二日酔いの症状が和らぎ頭痛、吐き気の沈静効果が期待できます。こちらもジュースにしても効果があるので胃の調子が悪いときはジュースにして飲みましょう。

【二日酔いの頭痛・吐き気に利く食べ物】…ハチミツ

ハチミツに含まれている果糖にアルコール分解を促進させる効果があります。ハチミツに含まれている一種の果糖がアルコールの分解を促進し、二日酔いなどで発生する頭痛や吐き気を和らげる効果があるとされています。

二日酔い・悪酔いに利く飲み物

【二日酔いの頭痛・吐き気に利く飲み物】…しじみの味噌汁

しじみには豊富に含まれているオルニチンというアミノ酸が、二日酔いを引き起こすアセトアルデヒドに効果があるとされています。オルニチンは血液に溶け込み、体内をめぐることにより体内に有害物質の解毒、肝機能を保護するといった働きをしてくれます。体内にある有害物質が分解・解毒されると肝臓が本来の機能を取り戻して、二日酔いなどで起きる倦怠感を軽減されると言われております。

また、しじみにはアルコールを分解する肝臓の働きを助けるメチオニンや解毒作用を高めるタウリンが含まれています。そして、肝臓の働きを活性化させるグリコーゲンなども含まれてるので、肝臓の機能を総合的に助ける食材と言えるでしょう。

【二日酔いの頭痛・吐き気に利く飲み物】…コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインには体内の血管を収縮する効果があります。血管が収縮することにより、体内に回っているアルコール成分の動きが遅くなり、二日酔い独特の頭痛をやわらげる効果があるとされています。また、コーヒーには利尿作用があるので何度もトイレに行くことにより体内で分解されたアルコールの毒素を追い出すことができます。

【二日酔いの頭痛・吐き気に利く飲み物】…緑茶

緑茶に含まれるカフェインには血液中のブドウ糖を増やす働きがあると言われています。また緑茶にはビタミンCも含まれています。ビタミンCにも二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を助ける効果があるとされているので、緑茶を飲むことでビタミンCも補給されて肝臓の働きを助けてくれます。

二日酔い・悪酔を飲む前に対処する方法

二日酔い対策・飲む前の対処方法…【ウコンの力】

CMなどよく見るウコンの力ですが、ウコンには肝臓を保護する成分のクルクミンが大量に含まれています。このクルクミンが二日酔いの予防に効果があるとされています。またウコンの力はお酒を飲む前に飲むことがいいとされています。

二日酔い対策・飲む前の対処方法…【レバープラス】

レバープラスには肝臓エキス200mgが入っているとCMなどで宣伝されています。肝臓エキスとは豚や牛などの肝臓をエキス化したものです。この肝臓エキスにはアミノ酸が凝縮しており、更にビタミンも豊富に含まれております。この肝臓エキスの効果により二日酔いになることを防ぐ効果があるとされています。

二日酔い対策・飲む前の対処方法…【ヘパリーゼ】

こちらもよくCMで宣伝されている商品です。こちらにもレバープラスと同じで肝臓エキスが入っております。効果的にはレバープラスと殆ど変わらないと言えるでしょう。ただ味の好みがあると思いますので味でどちらかを買うか決めてもいいかもしれません。

二日酔いを予防するためには?

自分の限界を知って二日酔いを予防する

いくら飲んでも二日酔いにならない人もいれば、コップ一杯のお酒を飲んだだけで吐き気をもよおしてしまっいすぐ二日酔いになってしまう人もいます。これは人によってアルコール分解能力が違うのが原因です。自分がどの程度アルコールに耐性があるかを知って飲む量を抑えるようにすると二日酔で頭痛になったり、吐き気をもよおすことも無くなります。

飲む前に対策して二日酔いを予防する

飲み会でどうしても飲まされてしまって二日酔いなってしまうのでしたら、飲む前に対策をしましょう。まず空腹でお酒を飲まないようしましょう。空腹でアルコールを摂取すると酔いの回りが速くなります。また飲む前にアルコールの分解を助けるウコンの力やレバープラスなどを飲むことで二日酔いを予防することもできます。

二日酔いによる頭痛、吐き気の対処法まとめ

二日酔いによる頭痛、吐き気は大変つらいものです。なるべく二日酔いにならないようにするのが大切ですが、二日酔いになってしまったらなるべく水分をとって頭痛、吐き気を抑える食べ物、飲み物を試すといいかもしれません。当然ですが飲みすぎには注意です。

二日酔いについてもっと知りたいあなたへ

Thumb二日酔いの予防方法は?飲む前の対策などは何をしたらいい?
Thumbウコンの飲むタイミングはいつが正解?二日酔いにならない正しい飲み方は?
Thumb二日酔いに効くツボがある?頭痛・吐き気が解消される場所とは!
Thumb二日酔いの頭痛・吐き気を解消する方法は?原因も徹底解説!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-18 時点

新着一覧