唇が荒れる原因はなに?カサカサをうるおいある唇に治す解決法を調査

気づいたら唇がカサカサ…唇が荒れる原因を考えた事はありませんか?今回は、唇が荒れる原因や解決法を徹底調査します。うるおいのある唇にしたいのなら、潤いのある唇の条件や荒れる原因を知ることが大事です。その部分を知りつつ、誰もが羨むモチモチの唇を目指しましょう。

唇が荒れる原因はなに?カサカサをうるおいある唇に治す解決法を調査

目次

  1. SOS!うるおい唇になりたい!唇が荒れる原因を徹底調査
  2. 唇についての豆知識
  3. 唇が荒れる原因の前に…荒れた状態って?
  4. 唇が荒れる主な原因
  5. 唇が荒れる原因を解消するポイント
  6. 荒れる唇と荒れた唇でスキンケア方法は異なる?
  7. 荒れる・荒れた原因の解消をサポートしてくれる主なアイテム
  8. 唇が荒れる原因撃退!治すスキンケア法
  9. 荒れる唇を治すためのスキンケアアイテム
  10. 唇が荒れる原因をスキンケアで予防しよう!
  11. 唇が荒れる原因を集中ケアで保湿しよう!
  12. 唇が荒れる原因を予防するおすすめアイテムとは?
  13. 唇が荒れる原因を予防する保湿重視のアイテムとは?
  14. 唇が荒れる原因を唇パックで予防しよう!手作りパックレシピ!
  15. 唇が荒れる原因を解消出来る!毎日のケアでウルふわ唇GET!

SOS!うるおい唇になりたい!唇が荒れる原因を徹底調査

スキンケアをする時やメイクをする時にふと触った唇がカサついているとショックを感じます。その荒れる唇にも原因があります。今回は、その荒れる原因をご紹介しつつ、荒れた唇をうるおいのある唇にするための解決法を一緒にお届けします。モチモチプルプルの唇を目指してスキンケアを始めましょう。

唇についての豆知識

女性のセクシーさや魅力を秘めている唇。唇は、会話をしたり、何かを食べる時に伸びたり縮んだりしながら働いてくれます。まずお話ししていくのは、そんな唇の基本的な豆知識からです。唇の正体やうるおいのある唇とはどんな状態なのかなどを調査してご紹介していきます。

唇とは?

私たちが上唇、下唇と呼んでいる部分は、赤唇縁(せきしんえん)と言われ、そこにあるシワを赤唇溝(せきしんこう)と言います。唇自体は、皮膚が薄く、皮脂腺や天然保湿因子(NMF)も少ないため、乾燥した唇が荒れることが多いデリケートな部位です。しかし、唇が荒れる反面、ターンオーバーも早いので、回復が高いことも魅力です。

うるおい唇の条件とは?

先ほどもご紹介したように、唇は、皮膚が薄い分乾燥しやすい部分です。うるおいのある唇とは、水を含んだようなプルプルな質感と血色の良い赤味が特徴です。グロスでうるおい感を演出することは大事ですが、素の唇を弾力とうるおいのある唇にケアする事がポイントであり、条件になります。

唇が荒れる原因の前に…荒れた状態って?

唇が荒れるという状態には、色々な症状があります。唇が荒れる時の主な症状を調査していきましょう。

荒れる状態①唇がカサカサする

唇もお肌同様に、乾燥するとカサカサしてきます。乾燥した状態は、皮膚にあるはずの水分が少なくなり、ザラザラしたり、固くなった状態です。外的刺激にも弱く、傷つきやすい状態のため、うるおいを与えてあげる必要があります。

荒れる状態②唇が割れる

唇の乾燥があまりにひどくなると唇がパックリ割れてしまう可能性があります。唇が割れると固くなるどころではなく、痛いですし、魅力的な唇とは言えません。そのため、唇をスキンケアしながらうるおいを与えて、唇が割れる前に対策することが先決です。

唇が荒れる主な原因

次は、唇が荒れる主な原因を徹底的に調査していきましょう。生活の中で、唇が荒れる原因は色々ありますが、その中でも主な原因となるものをしっかり調査してご紹介します。

原因①乾燥が原因

唇が荒れる原因は、乾燥が主にあげられます。唇自体に皮脂腺や汗腺がないこともそうですが、外気や口呼吸などが元で乾燥する原因です。特に、口呼吸で唇は24時間空気に触れる状態にあります。そのため、乾燥に繋がります。

原因②摩擦が原因

2つめの原因は、唇の摩擦による負担です。唇が乾燥すると舐める事もありますし、食事の時に口にする刺激の強い食べ物やティッシュやナプキンで、ゴシゴシ拭うことのよって唇に摩擦が加わり、唇が荒れてきてしまいます。

原因③体調不良や食生活が原因

3つめの原因は、体調不良や食生活の乱れがあります。栄養の偏りが唇の荒れや身体の不調を招く事があり、それが唇が荒れる原因になります。

唇が荒れる原因を解消するポイント

続いては、唇が荒れるのを治すためのポイントをご紹介します。大きなポイントを把握しておく事で、何をすればいいのかが見えて来る事があります。女性の中では唇というパーツも自分を作る部分の1つです。

解消するポイント①保湿ケアをする

唇の荒れを防いだり、緩和したりするポイントの1つめのポイントは「保湿」です。唇の保湿ケアをすることにより、乾燥や摩擦に強い柔らかい唇を保つ事が出来ます。保湿ケアをしたうるおいのある唇は、メイクをする時にも、そのままでも魅力的です。

解消するポイント②唇の状態で対策を変える

唇が荒れるといっても人によってさまざまですし、唇が荒れる前と荒れてからの対策やアイテムには、違いがあります。荒れる前の対策と荒れた後の対策は後ほど詳しくお届けします。

解消するポイント③紫外線対策をする

紫外線は、1年を通して私たちの元に降り注ぎます。その紫外線も唇を乾燥させたり、荒れさせる原因になります。唇は、皮膚自体が薄く、デリケートな部分ということがあり、紫外線の影響を受けやすいため、お肌と同様の紫外線対策が大切になります。

荒れる唇と荒れた唇でスキンケア方法は異なる?

唇は、荒れる前の唇、荒れた後の唇によって対策方法が異なります。その2つの唇の対策を比較しながら違いを見ていく事にしましょう。

調査!荒れる唇とは?

荒れる唇は、唇を舐めるクセがあったり、口呼吸が多い方に目立ちます。荒れる唇を予防するためには、保湿がネックになります。唇を保湿することで、乾燥や摩擦に強い弾力性のある柔軟な唇を作りましょう。

調査!荒れた唇とは?

荒れた唇は、乾燥はもちろん、栄養不足や水分不足という場合が考えられます。原因が乾燥だけの場合もありますし、病気の可能性もあります。考えられる病気は、口唇ヘルペスや口唇炎などがありますが、唇が荒れてしまった時は、まずその荒れを対策し治す必要があります。

荒れる・荒れた原因の解消をサポートしてくれる主なアイテム

唇自体の事や唇が荒れる原因、解消するポイントをご紹介した後は、女性の荒れる唇や荒れた唇を治す時に力を貸してくれる主なアイテムをお届けします。

アイテム①薬用リップクリーム

薬用リップは、薬ではないので、唇の荒れを治すというわけではありません。薬用のリップクリームは、医薬部外品という括りで有効成分の効果は、強くないため予防や改善を目的とするアイテムです。

アイテム②リップクリーム

私たちがよく使っているリップクリームは、今からご紹介するリップクリームです。このリップクリームの目的は、保湿です。保湿するための成分や原材料を使ってはいるものの薬用ではないので、唇の荒れやひび割れを本格的に予防したい場合は、薬用がおすすめです。

アイテム③医薬品のリップクリーム

3つめは、医薬品のリップクリームです。唇の荒れを治す時は、「医薬品」と表示のあるアイテムがおすすめです。この医薬品のリップクリームは、傷や炎症を有効成分が含まれており、炎症を治す方向へと導いてくれます。

唇が荒れる原因撃退!治すスキンケア法

ここからは、唇が荒れる原因を撃退し、女性の命でもある唇の荒れを治すためのスキンケア方法を具体的にご紹介します。唇の荒れを治すためには、症状に合わせてスキンケアアイテムを使い分けたりする必要があります。

その①医薬品リップクリームを使って治す

毎日のスキンケアで化粧水や乳液、保湿クリームを使用すると思います。スキンケアの時、化粧水で唇を保水した後、唇が荒れて痛みを伴う時や傷がある時に医薬品のリップクリームを唇の縦ジワに入るように縦向きに塗ってから横方向に動かします。症状が良くなって来たら、薬用リップクリームに変えてあげるなどしながら調節してあげるようにしましょう。

その②軽い荒れやひび割れなどは薬用リップクリームで緩和する

軽い荒れやひび割れの時も同様です。軽い荒れの場合は、薬用リップクリームでそれ以上悪化しないように保護してあげる事もポイントになってきます。化粧水を使って保水をした後は、薬用のリップクリームを使って保湿し、良くなって来たら、普通のリップクリームに変えてあげるようにしましょう。やはり、塗り方は縦塗りをしてから横塗りでたっぷりうるおいを与えます。

その③治ってからも保湿は必須

荒れた唇の症状が良くなってからも、唇のスキンケアや保水、保湿対策は必要です。唇は皮膚がむき出しになっている状態なので、外気やエアコンなどの刺激を受けてしまいます。その刺激から唇を守るためにも日頃から行っていきましょう。

荒れる唇を治すためのスキンケアアイテム

次は、荒れた唇を治してくれる強い味方を3種類ご紹介します。医薬品の分類になっているメディカルリップクリームです。女性も男性も唇が荒れているだけで気になってしまうものですよね。さらに、メディカルリップもスティックタイプだけではなく、チューブタイプやジャータイプもあります。

その①【ユースキン】メディリップ

唇のひび割れやただれなどに効果的なユースキンのメディリップは、唇の弱い方や荒れてしまう方におすすめです。特徴的な黄色のクリームはビタミンB2の色だそうです。

その②【ロート製薬】メンソレータムメディカルリップnc

メンソレータムのメディカルリップは、荒れた唇を効果的に治してくれる塗りやすいチュープタイプのリップクリームです。配合されている成分が唇の荒れの修復を促進してくれると共に、新陳代謝を促してくれます。

その③【資生堂】モアリップ

資生堂から出ているモアリップは、抗炎症成分を配合し、粘膜の健康を保つための栄養成分がたっぷり配合されています。荒れた唇を修復し、唇の炎症を抑えると共に、皮膚の新陳代謝を促してくれます。フタを開けてそのまま塗れるチューブタイプが便利です。

唇が荒れる原因をスキンケアで予防しよう!

次は、唇が荒れる原因を撃退するための予防スキンケア方法を具体的に調査していきましょう。普段のスキンケアの中にも取り入れる事の出来る予防方法です。簡単に出来るので、女性はもちろん、男性も取り入れてみるのもおすすめです。

その①寝る前のリップクリーム

いつも通りのスキンケアをした後は、リップクリームを縦ジワに塗り込むように塗っていきます。次に、横向きに動かしてたっぷり塗っていきます。夜寝る前にもリップクリームを塗る事で、寝ている間に唇を保湿し、朝起きてもプルプルな唇にしてくれます。

その②リップパック

毎日続けられる簡単なリップパックがあります。用意するものは、サランラップ、ワセリンです。まずワセリンやお持ちのリップクリームを縦ジワになじませるように塗った後、横方向にたっぷりめに塗ります。塗り終わったら、ラップを唇に貼って、3〜5分ほど放置します。時間が経ったら、濡らしたコットンや先ほどの蒸しタオルで軽く拭き取ったら終了です。

唇が荒れる原因を集中ケアで保湿しよう!

続いては、週に数回取り入れてあげるとGOODな集中ケアの方法です。1週間働いて疲れている唇にご褒美代わりの集中ケアを取り入れてあげましょう。女性は、やはりプルプルの唇が魅力になります。

その①砂糖スクラブ

用意するものは、砂糖大さじ1、はちみつ大さじ1、ココナッツオイル小さじ1、携帯容器を用意しましょう。容器に砂糖とはちみつを入れて混ぜてからココナッツオイルを加えて、さらに混ぜれば完成です。リップメイクを落として清潔な状態にした唇にスクラブを取り、30秒ほど優しくクルクルとマッサージしてから、水で洗い流せばOKです。

その②手作りリップパック

リップパックは、先ほどご紹介したワセリンを使ったリップパック以外に身近な材料を使って手作りする事が出来ます。作り方や使い方も簡単で、女性の魅力の1つである唇を集中ケアしてくれます。リップパックをする時は、洗顔、スキンケアまでした顔に行うようにしましょう。

唇が荒れる原因を予防するおすすめアイテムとは?

先ほどは、医薬品の唇の荒れにおすすめのリップクリームをご紹介しましたが、続いては、薬用のリップクリームのおすすめをご紹介します。

その①【キュレル】リップケアクリーム

キュレルの代名詞とも言える保湿力たっぷりの成分のおかげで乾燥した唇に潤いを与えてぷっくり弾力を表現してくれます。荒れやカサつきを防いでくれます。

その②【DHC】薬用リップクリーム

オリーブオイルを配合したしっとりと保湿力の高い薬用のリップクリームです。人間の油脂成分に似た成分を配合しているので、唇にフィットし、自然なツヤ感とうるおい感をくれます。

その③【アベンヌ】薬用リップクリームN

保湿成分としてスクワランやシアバターなどを配合し、保湿力が高いアイテムです。唇の荒れや乾燥を解消し、弾力のあるボリューミーな唇に導いてくれます。お肌にも優しいので、敏感肌の方も安心して使えます。

唇が荒れる原因を予防する保湿重視のアイテムとは?

次は、女性が毎日のメイクや唇のケアでも役立てたい保湿力がおすすめのリップクリームを調査します。やはり定番のアイテムからオーガニック、UVケアも出来るアイテムが女性の間で人気のようです。

その①【ニベア】ディープモイスチャー

ディープモイスチャーというだけあって、たっぷりみずみずしい唇を作ってくれる女性に嬉しいアイテムです。人気ランキングなどを調査しても必ず入っているほどディープなうるおいを持ったアイテムです。

その②【ジョンマスターオーガニクス】リップカーム

オーガニックのリップクリームでも大人気のジョンマスターのリップクリームです。潤いを長時間キープしてくれて、時間が経ってもうるおいのある唇が続きます。就寝前のリップケアにもおすすめのアイテムです。

その③【ママバター】UVケアリップトリートメント

天然の保湿成分であるシアバターを約20%配合したお肌にも優しいリップクリームです。UV対策もされているので、女性が気になる紫外線からも守ってくれる画期的なリップトリートメントになっています。

唇が荒れる原因を唇パックで予防しよう!手作りパックレシピ!

最後にお送りするのは、唇の荒れにぴったりの手作りパックのレシピです。市販でも万能なパックは、販売されていますが、身近なもので作るのも1つの方法です。

その①ヨーグルトパック

用意するものは、無糖のヨーグルトとオリーブオイルです。容器に無糖のヨーグルトと2〜3滴くらいのオリーブオイルを入れて混ぜたら、唇に乗せていきます。乾いたらもう1度リップパックを乗せて10分ほど時間を置き、乾くまで待ちましょう。時間が経ったらぬるま湯で流して終了です。

その②はちみつリップパック

用意するものは、純正はちみつ、ラップ、蒸しタオルです。はちみつを唇の上に乗せて、その上からラップをかけます。さらにその上から蒸しタオルを乗せて蒸らしてあげましょう。温まったら軽くマッサージをして終了です。ぬるま湯で軽く洗い流すか軽く拭き取った後、リップクリームやワセリンでの保湿を忘れないようにしましょう。

唇が荒れる原因を解消出来る!毎日のケアでウルふわ唇GET!

いかがでしたか?唇が荒れる原因や症状はさまざまあります。それを知っておく事で対策が出来たり、ケアが出来たりします。やはり、プルンとしたうるおいと弾力のある唇は、誰もが憧れる魅力です。その魅力は、スキンケア次第で誰でも手に入ります。唇の荒れを解消し、ケアを手軽に取り入れてセクシーリップを目指していきましょう。

もっと唇について知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumb唇の縦ジワの原因はなに?気になる時の解消・ケア方法やリップの使い方
Thumb唇が乾燥して痛い!その原因と対策方法まとめ!正しいリップの使い方は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-12-01 時点

新着一覧