エアプランツの育て方!簡単な管理方法と初心者におすすめの楽しみ方

エアプランツは、簡単に育てることができる人気の植物です。初心者でも手軽に育てることができ、インテリアや雑貨としても飾ることができる、おすすめの植物です。エアプランツの育て方や簡単な管理方法、おすすめの装飾方法などをまとめました。

エアプランツの育て方!簡単な管理方法と初心者におすすめの楽しみ方

目次

  1. おすすめエアプランツの育て方をご紹介!
  2. 初心者に人気の植物!エアプランツとは
  3. 選び方のポイントは?特徴をチェック
  4. 600種以上あるエアプランツ!人気の種類
  5. 手軽に育てやすいエアプランツの種類
  6. 上級者編!希少なエアプランツの種類
  7. 中型から大型サイズ!大きいエアプランツ
  8. 基本的な育て方は?置き場所や管理方法
  9. ソーキングは必要?エアプランツの水やり
  10. 季節によって違う育て方!大事なポイント
  11. 飾り方は?エアプランツの装飾方法
  12. おしゃれな壁掛け!立体アートの飾り方
  13. ガラス容器や貝殻の飾り方!定番オブジェ
  14. アンティーク調!上級編の飾り方
  15. 番外編!照明やオリジナル品で飾る装飾方法
  16. テラリウムの作り方!注目のインテリア
  17. 花が咲く?エアプランツの意外な楽しみ方
  18. 株分けの方法は?エアプランツの増やし方
  19. 根腐れなどの原因は?枯れる原因と対策
  20. エアプランツが人気でおすすめ!

おすすめエアプランツの育て方をご紹介!

エアプランツは、初心者でも簡単に育てることができるおすすめの植物です。管理が手軽な上、暮らしの中でインテリアや雑貨としても飾ることができる、人気の植物となっています。エアプランツの簡単な育て方、手軽な管理方法などと合わせて、装飾方法や楽しみ方をご紹介していきます。

初心者に人気の植物!エアプランツとは

初心者に人気の植物エアプランツは、簡単に育てることができる着生植物です。エアプランツの原産地は南アメリカから北アメリカで、木や石などに張り付いています。生息している気候は、日差しが少なく湿度が高い場所が多いです。またエアプランツはパイナップルに近い種にあたります。

エアプランツの特徴は?

エアプランツ特徴は土や肥料からの栄養吸収はせず、葉っぱから水分を吸収する植物ということです。土や肥料の必要がないので、初心者でも簡単に育てることができるのが、特徴の一つとなっています。植物の管理や育て方が分からない人、仕事が忙しい人でも、暮らしに差し支えなく育てることができます。

エアプランツの各名称

エアプランツの一番下根っこにあたる部分は、根と呼ばれ水分を吸収する役目があります。エアプランツの葉と呼ばれる部分は、葉の量によって種類が分けられるため、大事な判断基準をする役目があります。エアプランツの花の根部分は、花茎と呼ばれ、花を支える役目があります。

選び方のポイントは?特徴をチェック

エアプランツのおすすめ選び方ポイントは、色がキレイでしっかしした株のものです。葉の色がくすんでいたり、先端が茶色のような色になっているエアプランツは、避けるのがポイントです。また根元の株の部分は、ずっしりしていて重量感のあるものを、重点的に選ぶことをおすすめします。

エアプランツの購入場所

エアプランツは、フラワーショップやインテリアショップなどで販売しています。フラワーショップはエアプランツの種類も多く、装飾品の販売をしているショップも多いようです。また最近では100円ショップ、ネットショップ等でも販売されているようです。簡単に購入することができます。

600種以上あるエアプランツ!人気の種類

エアプランツの種類は、約600種類以上にも及びます。エアプランツはその600種類以上の中から、タンクタイプとエアータイプに分けることができます。その中でエアータイプに分類されるものが、よく見かけるエアプランツとなります。さらにエアーエイプの中でも、2種類に分けることができます。

銀葉種

エアプランツのエアータイプの銀葉種は葉の色は緑ですが、薄っすらと白い毛のようなものがついている特徴があります。これはトリコームと呼ばれ、水分を吸収する役目があります。乾燥に強いタイプとなり、明るい場所を好みます。しかし銀葉種タイプは、比較的に根腐れしやすいという特徴があります。

緑葉種

エアプランツのエアータイプの緑葉種は、濃い緑色をエアプランツです。銀葉種のようにトリコームが少ない種類となっているので、濃い緑に見えます。緑葉種は乾燥が苦手なタイプとなり、直射日光を好みません。そのため直射日光を避けて、適度な湿度を保った場所での育て方をおすすめします。

手軽に育てやすいエアプランツの種類

初心者でも手軽に育てやすいエアプランツは、耐久性や乾燥に強い種類がおすすめとなります。ブルボーサの育て方は、乾燥に強い植物となるの、明るい場所に飾ることをおすすめします。水をあげすぎてしまうと根腐れしてしまう恐れがあるので、注意が必要です。またブルボーサは赤い綺麗な花が咲くエアプランツです。

アエラントス

アエラントスエアプランツは、耐久性がある種類です。そのため初心者でも簡単に管理ができるので、おすすめのエアプランツとなっています。アエラントスは、濃い紫色や薄いピンクのような花が咲き、非常に綺麗な花を咲かせます。育て方が簡単なアエラントスは、初心者におすすめで人気の植物となります。

カプトメドゥーサエ

カプトメドゥーサエは、つぼ型の株や自由自在な葉が人気のエアプランツです。 カプトメドゥーサエは、ネットショップや100円ショップでも簡単に手に入るので、その分育て方も簡単となります。暮らしの中で植物管理は大変という方も、簡単に管理することが可能となります。乾燥に強く、明るい場所が好きなエアプランツです。

上級者編!希少なエアプランツの種類

上級者向けのエアプランツは、急激な気温の変化に耐えられない植物や、暮らしの中で手間がかかってしまう植物のことを指します。しかし綺麗な花を咲かせるものが多く、上級者向けのエアプランツに挑戦する方も、多く見受けられます。日本にはあまり輸入していない、希少なエアプランツも種類に含まれます。

アトロヴィリディペタラ

アトロヴィリディペタラは上級者向けのエアプランツです。アトロヴィリディペタラは温度調整が難しく、日本での暮らしには適していない植物となります。アトロヴィリディペタラの育て方は、風通しの良い場所に多き、他の植物と比べ多めに水やりをします。育て方や管理が難しいエアプランツとなります。

アカピラリス

カピラリスエアプランツも上級者向けの植物となります。カピラリスは急激な気温の変化などに弱く、繊細な植物となります。カピラリスの育て方は、直射日光が苦手な植物なので、日陰での管理をおすすめします。暮らしの中で育てる植物としては、育て方が難しいエアプランツの種類となります。

中型から大型サイズ!大きいエアプランツ

大きいサイズのエアプランツは、普段の暮らしの中で育てにくいものが多いようです。大きいタイプのエアプランツは、レストランや結婚式などでよく見かけられます。一つあるだけで存在感が抜群となるので、見逃せない種類となります。また大きいエアプランツは希少価値のあるものも多いようです。

キセログラフィカ

奇妙な形をしたキセログラフィカは、大型エアプランツの中でも非常に人気の高い植物となります。大型のエアプランツですが、管理が簡単なので初心者でも育てることが可能となります。雑貨やインテリアとしても利用することができ、一つあるだけでおしゃれな空間を作り出すことができます。

ヒルダエ

ヒルダエはエアプランツの中でも、輸入率が低い希少な種類です。葉のデザインがストライプとなっていて、他のエアプランツとは被りにくい種類となっています。ヒルダエの育て方は少し特徴的な部分があり、かなりの大きさに成長してきたら、葉の根っこ部分に水を貯めるという育て方になります。

基本的な育て方は?置き場所や管理方法

エアプランツ水をあげなくても育つ植物と呼ばれることが、多いですがそれは間違いです。エアプランツは、水をあげないと枯れてしまう植物です。エアプランツの基本的な育て方を学んで、暮らしの一部に取り入れましょう。初心者でも簡単にでき、暮らしの中で手間にならないことが多いです。

エアプランツの最適な置き場所は?

エアプランツの置き場所は明るい日陰から白熱球の近く、日陰まで管理が可能となります。一番最適なエアプランツの置き場所は、種類によって分けて育てることです。日陰を好む種類もいれば明るい日陰が好きな種類もいるので、種類に合った置き場所で管理しましょう。また置き場所のポイントは、直射日光を避けることです。

管理方法のポイント

エアプランツの管理方法のポイントは、風通しの良い場所で育てることです。生息している地域の気候に近づけるということもポイントとなり、風通しの良い場所に置くだけで成長速度が変わってきます。エアプランツを部屋や暮らしの中で、風通しの良い場所に置くこを心掛けると、より元気に成長してくれるようです。

ソーキングは必要?エアプランツの水やり

エアプランツの水やりは3、4日に一度、霧吹きで葉に水をかけるというやり方があります。またエアプランツに水あげをする時間帯は、夜間の水やりをおすすめします。また生息地で育っている野生のエアプランツは、結露を吸収して生きています。そのため自分でエアプランツを育てる場合も、夜の水あげをおすすめします。

エアプランツにソーキングは必要?

ソーキングとはエアプランツの水やりのやり方の一つです。ソーキングのやり方は、二週間に一度エアプランツを、水の入れた容器につけておくだけの簡単な方法となります。時間は約5時間から6時間程度で、夜の時間にソーキングをするのがおすすめです。また長い時間つけておくと根腐れしてしまう場合があります。

肥料や土は?

エアプランツに肥料や土は必要ないようです。土に植えてしまうと土の中の湿度で、エアプランツが蒸れてしまう場合があります。また肥料は液体肥料を薄めたものを、月に一度霧吹きでかけるという方法があります。しかし夏は蒸れてしまい、冬は生育期間ではなくなるため、春と秋と期間のみとなります。

季節によって違う育て方!大事なポイント

春の期間は成長期間となるので、4日に1度程度の水やりをしましょう。夏の期間は室内の温度に注意しながら5日に1度程度の水やりをしましょう。秋の期間も成長期間となるので4日に1度の水やりをしましょう。冬の期間は成長が止まる期間となるので、1か月に1度ソーキングを行う程度でよいようです。

育て方の温度は?

夏の暑い期間は涼しい風通しの良い場所で、育てることをおすすめします。また冬の期間10度以下になると、エアプランツの成長が止まってしまいます。そのため10度以上から25以下の風通しの良い場所で、育てることをおすすめします。また年間を通してのポイントは、夕方以降に水をあげるということです。

おすすめの育て方は?

おすすめの育て方は、冬の成長が止まる期間以外、外で育てるということです。外で育てることで、自然と近い場所で管理することができるので、簡単に元気に育ちやすくなります。しかし冬の期間は、成長が止まってしまうので室内での管理をおすすめします。室内で飾る方が多いかと思いますが、なるべく風通しの良い場所での管理がポイントです。

飾り方は?エアプランツの装飾方法

エアプランツは初心者でも簡単に管理することができる植物で、様々な装飾方法がある植物です。エアプランツはディスク周りに飾ったり、リビングに飾ったりなど、インテリアや雑貨としても装飾できます。エアプランツは暮らしの中でおしゃれに部屋を装飾してくれることから、初心者でも簡単にアレンジすることが可能です。

様々な飾り方があるエアプランツ

エアプランツの飾り方で額縁に飾る場合は、額縁の淵をオイルステン塗装をしたり、わざと傷をつけてヴィンテージ風に加工することで、おしゃれ感が増す装飾方法となります。また雑貨と組み合わせる飾り方や照明と組み合わせる飾り方など、自分で工夫しながら装飾することも楽しみの一つとなるようです。

エアプランツのNGの飾り方

エアプランツのNGの飾り方は、土の中で育てて飾ること、新鮮な空気が入らない場所で飾ることなどです。土に埋めて飾る場合は、根腐れしてしまう恐れがあるのでおすすめしません。また新鮮な空気が入らない場所で飾ることも、良くないようです。エアプランツは、空気、水、日光で育っているので、風がよく入る場所で飾ることがおすすめです。

おしゃれな壁掛け!立体アートの飾り方

おしゃれな壁掛けインテリアとなる飾り方は、流木や板などを使用して立体的に見せる飾り方です。エアプランツは接着剤を使用しても良い植物なので、板とエアプランツをくっつける際は、接着剤やワイヤーを使用します。初心者でも簡単に作ることができる、おしゃれな壁掛けアートです。

板の素材は?

板の素材は、流木や木を使用します。暮らしのコンセプトやイメージに合った素材を探して飾ることで、より雰囲気に似合ったインテリアや雑貨となります。エアプランツを装飾して飾る人が多いことからエアプランツを販売している近くに、装飾コーナーを設置している店舗も多いようです

リースとエアプランツの飾り方

リースは元々リースの形で販売されているものや、自分で作るリースでも、どちらでも使用可能となります。しかしエアプランツとリースを、取り外ししやすいものをおすすめします。リースにエアプランツを装飾することで、立体的なリースとなり、壁掛けやインテリアとしても使用できます

ガラス容器や貝殻の飾り方!定番オブジェ

ガラス容器の飾り方は、定番の装飾方法となります。エアプランツとガラス容器が同じ場所に売っている場合もある程、定番の飾り方となっているようです。雑貨やインテリアとしても、抜群の存在感があるのでおすすめの装飾方法です。育て方が簡単なエアプランツは、初心者も手軽にできるガラス容器の組み合わせが人気です。

ガラス容器とエアプランツの飾り方

ガラス容器に飾る定番の飾り方は、上品なイメージがあるおすすめの飾り方です。ガラスの中で飾る際に、エアプランツだけではなく、他の装飾品を一緒に飾ることでさらに上級者向けの装飾方法となります。暮らしの中で、和風なインテリアや洋風なインテリアとして、飾ることのできる方法です。初心者にも人気の飾り方です。

貝殻とエアプランツの飾り方

貝殻とエアプランツと一緒に飾る飾り方は、上級者向けの飾り方となります。植物と貝殻を一緒に飾るやり方は、入れ物や色合いなどが重要です。またエアプランツの種類もポイントとなってくるため、組み合わせ方を色々試して見るのも良いようです。暮らしの中でポイントとなる装飾品となりそうです。

アンティーク調!上級編の飾り方

シンプルな容器などもエアプランツと組み合わせることで、アンティーク調なインテリアとして使用することができます。無機質な容器も、緑の差し色が入ることでクールな印象があり、かっこいいインテリアとして飾ることが可能です。さらにあえて汚れや傷をつけても一層雰囲気がでるようです。

かごとエアプランツの飾り方

かごとエアプランツの飾り方は、吊るしたり、掛けたりできる、飾る場所を選ぶことができます。吊るす場合は、直射日光を避けて飾ることをおすすめします。掛けて飾る場合は、かごだけではなく周りも装飾することで、ワンランク上の装飾方法となります。色々工夫してみるのも良いようです。

スタンドとエアプランツの飾り方

植物専用のスタンドで飾る場合は、雑貨としての飾り方がおすすめです。エアプランツは比較的に小さいサイズのモノが多いので、棚の上や机の上に置くアクセントとしての、飾り方が良いようです。また目立つ飾り方をしたい場合は、大きいエアプランツを購入したり、カラーがあるものを選ぶことをおすすめします。

番外編!照明やオリジナル品で飾る装飾方法

照明やオリジナル品を組み合わせてエアプランツを飾る飾り方は、上級者向けの装飾方法です。オリジナル品は例えば、自分で作ったフォトスタンドや、アクセサリースタンドなど、自分で作ったオリジナル品のことを指します。オリジナル品を使用した装飾方法は、個性溢れるものが多く、他とは被らないインテリアを作ることができます。

照明と合わせた飾り方

エアプランツと照明との組み合わせは、温度管理や植物の知識、 発火などの危険性もあるため、上級者向けの装飾方法です。斬新な装飾方法となりあまり見かけない飾り方となります。しかし照明との組み合わせは非常にインパクトがあり、インテリアとしても人気の組み合わせでもあります。

テラリウムの作り方!注目のインテリア

テラリウムは、ガラス容器で植物を育てることを指します。エアプランツもガラス容器の中で育てる場合もあり、人気の装飾方法となります。テラリウムに必要な準備物は、エアプランツ、ガラス容器、装飾品となります。初心者でも気軽に作ることができ、管理方法も簡単なものとなっています。

簡単な作り方

テラリウムはガラス容器の中に、砂や小石などを入れていきます。そして装飾品や植物をお好みで並べていき、完成となります。エアプランツを飾る場合は、風通しが良く、直射日光を避けて飾ることがおすすめです。砂や小石をカラフルな石などに変えても、暮らしの中でデザイン性のあるインテリアとなるようです。

花が咲く?エアプランツの意外な楽しみ方

エアプランツの意外な楽しみ方は、エアプランツを大きく育てるということです。エアプランツの成長は決して早いとは言えませんが、育て方次第では時間をかけて大きく育てることも可能となります。また大きく育てることで株分けすることが可能となり、さらに楽しく育てることが可能となるようです。

花を咲かせるポイント

エアプランツが花を咲かせるポイントは、なるべく日当たりの良い場所で管理するということです。直射日光は葉焼けしてしまう恐れがあるので、レースカーテン越しなどの光となります。またエアプランツを購入する際に、根の部分が大きくふっくらしているものを選ぶことがポイントとなります。

株分けの方法は?エアプランツの増やし方

株分けとは、植物の根、株の部分を分けて、植物をさらに増やすことを株分けと言います。また子株がでてきた場合も同様に株分けを行いましょう。子株ができた場合は、水分などの栄養が子株に集中してしまうので、親株の成長が止まってしまいます。エアプランツの株分けは、初心者でも簡単にできる方法となります。

株分けの方法

株分けをするときは、優しく丁寧に行いましょう。引っ張ったり落としてしまうと、傷がついて枯れてしまう場合もあるようです。外した後は、暮らしのインテリアとして飾るのではなく、直射日光の当たらない場所で管理することをおすすめします。特に子株の場合は飾ることより、育て方中心に考えましょう。

クランプのエアプランツは?

クランプとは、子株が沢山ついた状態のことを指します。クランプの状態にあるエアプランツは、ボリューム感があり見応えがあります。ボリューム感のある状態での育て方も可能ですが、株分けしても良い状態にあります。また親株がはっきりしている場合は、子株の大きさが親株の半分以上の多きさになった頃が目安です。

根腐れなどの原因は?枯れる原因と対策

エアプランツが枯れてしまう原因は、温度調節です。エアプランツは比較的に、温度変化に強い種類のものが多いですが、寒さには弱い植物となります。生産国がアメリカなので、寒さには適していない植物となるためです。そのため冬の期間はなるべく暖かい室内で管理することがおすすめです。

水の調節がポイント

枯れてしまう原因の一つが水不足です。エアプランツは水不足になってしまうと、葉の部分が乾燥してきます。そして乾燥がより進んでしますと、葉の先端部分が丸まったり、色が変化してきます。そのような状態になってしまった場合は、夜の時間にソーキングを行うと回復します。

病害虫対策

他の植物と違い、エアプランツには病害虫が付きにくいのが特徴です。しかし稀に、エアプランツを購入した時に虫がついている場合があるようです。その様な場合は、ソーキングを行うのが効果的となります。またエアプランツには虫除け効果のあるスプレーなどはかけない方が良いようです。

エアプランツが人気でおすすめ!

エアプランツは育て方が簡単で、多様な飾り方がある植物です。初心者から気軽に育てることができ、花屋以外にも100円ショップや雑貨ショップで簡単に手にいれることができます。エアプランツの育て方や、エアプランツの飾り方について知りたい方は、是非参考にしてみて下さい。

もっとエアプランツについて知りたいあなたへ

Thumbエアプランツの飾り方・吊るし方アレンジ集♡おしゃれなインテリアに♡
Thumbエアプランツの育て方や増やし方は?水やりしても枯れる原因とは
Thumbエアプランツの種類まとめ!初心者のおすすめは?100均にもある?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-08-02 時点

新着一覧