食事に関連する英語!飲食店の接客で使えるご案内フレーズまとめ!

日本でいろんな国からの観光客の人達を見かけることが多くなりましたよね。それだけ世界に日本という国が知られていて日本の食事は人があります。飲食店に勤めていれば英語を話す機会があると思います。今回は食事に来た外国人に接客で使える英語フレーズを紹介したいと思います。

食事に関連する英語!飲食店の接客で使えるご案内フレーズまとめ!

目次

  1. 日本の食事は海外ではとても人気がある!
  2. 海外にある日本食レストランは値段が高め
  3. 食事の接客が英語でできるかでお客様の満足度は上がる
  4. 食事中にタバコを吸うのか英語で確認してみよう
  5. 食事の前にドリンクの注文を英語で受ける
  6. 英語でご来店から食事の注文を受けるまでの関連フレーズ
  7. 英語でおすすめの食事についての紹介フレーズ
  8. 食事のアレルギーがないか英語での聞き方
  9. 追加注文の食事がないか英語で言ってみよう!
  10. 食事の感想について英語で聞いてみる!
  11. 国によっては宗教上、食事できないものもある
  12. 食事のお会計を英語で言う時のフレーズ
  13. お客様の帰り際に使える英語フレーズ
  14. 英語を身につけて食事以外の接客英語の使えるようになろう!
  15. 英語での接客を通して自分のスキルを向上させよう!

日本の食事は海外ではとても人気がある!

今では日本で暮らしている外国人の数も増えてきて、都市であれば外国人が飲食店やコンビニなど接客の仕事をしている風景をよく見かけるようになってきましたよね。

そして日本のアニメが関連して、世界中で日本の文化が注目されるようになったことで、日本の食事についても海外の人から興味を持たれるようになりました。

海外では毎日の暮らしの中で、昼食の食事として、お寿司を食べている人も多く、日本食を食べることが当たり前になってきています。日本の食事は、ウエスタンのものよりもカロリーが断然に少なく、それでも炭水化物のご飯があるので、お腹の持ちも良いので人気があります。

海外にある日本食レストランは値段が高め

実は海外にある日本食レストランの食事の値段は、日本で同じものを注文する時よりも高めです。国によっては日本の値段よりも2〜3倍の値段になっているので、海外で日本の食事をするのは、普段よりもお金がかかります。

また海外にある日本の食事や暮らしに必要なものを購入できるお店でも、もちろん商品の値段が日本で同じものを購入する時よりも高めになっています。

それでも価格が高くても、外国人の人にはとても人気なのが日本の食事です。また海外で暮らして居る日本人でもたまには日本食が食べたいと思うので、日本食レストランに行けば、意外にもたくさんの日本人のお客さんもいます。

また、日本食レストランでは日本人のスタッフが働いていることも多いので、暮らしの中で英語ができなくても食事の注文がしやすかったりと、私たちにとっては便利なこともたくさんあります。

食事の接客が英語でできるかでお客様の満足度は上がる

そして今では、どこの都市にも外国人の観光客がたくさんいますよね。中国人をはじめ韓国人やアメリカ、オーストラリアなど国は様々ですが、会話をする上では世界共通の言語、英語が話せることが必要となってきます。

もちろん日本語を話せる外国人の人もいるかもしれませんが、ほとんどの外国人は日本語を話せないので、英語でコミュニーケーションが取れるようになれば、食事に来た外国人のお客さんも嬉しい気持ちになりますし、食事の味だけではなく、接客や飲食店への満足度も高くなりますよ。

食事中にタバコを吸うのか英語で確認してみよう

日本でも分煙が広まってきて、タバコを禁煙する人も増えてきましたよね。海外では日本よりもさらに禁煙を勧めている国も多く、日本で購入する時の値段よりもかなり高めの値段に設定されていて、タバコの税金が高いです。

だからこそ、日本に来た時には喫煙をする外国人の人もいます。そんな中で、飲食店に来た外国人をテーブルに案内する時に使える接客の英語を紹介したいと思います。

喫煙の場合

基本的には海外では、日本のように「おタバコをお吸いですか?」「喫煙されますか?」のように聞いたりはしません。なので、日本人の感覚で、『Do you smoke?』などと聞いてしまうのは、外国人側からしてみると、とてもストレートすぎて驚かれてしまいます。

もしあなたの飲食店で、喫煙席と禁煙席があるのであれば「Please note the seats for smokers speared from the seats for non-smokers.」と最初に聞いてみましょう。これは、海外の飲食店では一般的に使われる英語です。

喫煙席と禁煙席が分かれていますよ。という案内で、もし海外のお客様が喫煙をするのであれば、自分から喫煙席のテーブルに座るという意味でもあります。他にも関連した分なら「please note that we have a speed smoking area.」があります。

禁煙の場合

最初の説明と関連してますが、喫煙をするのか禁煙なのかを直接、お客様に聞く接客が海外にはないので、「Please note the seats for smokers speared from the seats for non-smokers.」とテーブルにご案内する前に聞いてみましょう。もし、タバコを吸わない禁煙席が希望であれば、「We don't smoke.』と返事をしてくれます。

時間帯で禁煙になっている場合

また飲食店によっては、時間帯で喫煙ができたり、禁煙になっているところもあると思います。海外では時間帯分煙をしているところはないので、このような飲食店のシステムに驚く人もいます。時間帯分煙で、もし禁煙の時間帯にテーブルにご案内した外国人のお客様が、タバコを吸いたいと言ってきたら、時間分煙している時間の説明を英語で言いましょう。

例えば時間分煙が、お昼の時間だけで、午前11時から午後の2時までであれば「Please note that there are no restrictions on smoking between the hours of 11am and 2pm.」これは午前11時から午後の2時までは禁煙ですよ。という案内になります。

食事の前にドリンクの注文を英語で受ける

日本の飲食店でもそうですが、海外では先に飲み物のオーダーを取ります。海外から来ているお客さまも飲み物のオーダーが最初だと思っていますので飲み物のオーダーを聞いてみましょう。

飲み物のオーダーの接客英語は、ほとんど英語のフレーズが決まっています。「What can I get for you to drink?」か関連している分の「Would you like something to drink?」も使ってみましょう。

英語でご来店から食事の注文を受けるまでの関連フレーズ

ここからは簡単に外国人のお客さまが飲食店に、ご来店してから食事の注文をするまでの流れで必要な英語のフレーズを紹介したいと思います。学校で習った英語は実際には、接客など人とのコミュニケーションで使うのには、ちょっと違ったりします。

書く英語と話す英語では、同じ意味でも違う英語の単語を使ったりと、海外で生活してみるとほとんどの単語の違いに驚きますよ。

いらっしゃいませ

飲食店にかかわらず、どんな接客の仕事をしていれば、お客さまがご来店した時には「いらっしゃいませ」といいますよね。ですが、英語ではいらっしゃいませという英語はありません。

よく間違えて言ってしまっているケースでは「welcome」を言っている人もいます。実際には簡単な英語で「Hello there,how can I help you?」が正しいです。これは飲食店だけに限らずどんな接客の仕事でも使える英語のフレーズです。

お席にご案内します

飲食店によっては、自分で好きなところに座れるところもありますが、基本的には接客をする人が席までご案内してくれますよね。もし席を案内する飲食店であれば、「Please allow me to show you to your seats.」席を案内するので私についてきてください。のようなニュアンスの英語で伝えましょう。

もし海外のお客さまが一人であれば、この英語のフレーズの文末にある「Please...your seat」とseatの後のsをつけないで言いましょう。もし家族や複数人で来ていたら「Please...your seats.」とsをつけて、席までご案内しましょう。

メニューの紹介

席に着いたら、ドリンクや食事のメニュー表を渡しますよね。ですが、ここの英語のフレーズも海外では決まり文句のように「Would you like to see the menu?」とメニューを見ますか?と聞いてみましょう。そうすると、海外のお客さまは「Yes,please」と言ってくるので、メニュー表を渡しましょう。

注文を受けるまで

ある程度、時間が経って、お客さまも食事の注文が決まった頃に、席に行って「Would you like me to take your orders?」と注文を取ってもよろしいですか?と英語で聞いてみましょう。

英語でおすすめの食事についての紹介フレーズ

飲食店の中でもおすすめの食事がありますよね。本日のおすすめや今月だけのメニューなど、せっかくだからこそ、海外の人にも食べてもらいたいものです。また逆に、お客さまからも、おすすめのメニューについて聞かれることもあるかもしれません。

そんなときは「Just so that you know,today's specials are ...メニューの名前」で英語で言ってみましょう!またおすすめの食事が一つのときは、先ほどの英語フレーズの「Just...today's specials is...メニューの名前」でareをisに変えましょう。

食事のアレルギーがないか英語での聞き方

日本でも最近ではアレルギーを持っている人が多くなりました。海外では毎日の暮らしの中でアレルギーに対してとても敏感で、飲食店のメニューにはアレルギー製品が含まれているのかまで、記載されています。特に最近多いのが、Gluten Freeという小麦アレルギーです。

日本ではお米を主食にしているので、あまり気にしたことがありませんが、海外ではこのGluten Freeのコーナーがあるくらい、様々なアレルギー対策の食事をしています。

なのでもし、英語の接客に余裕があれば、「Please let me know if you have any special dietary requiremcents.」とアレルギーがないかどうか聞いてみましょう。それだけ聞くだけでもとても親切な接客だと喜ばれますよ。

追加注文の食事がないか英語で言ってみよう!

注文をした食事が全て揃い、ほとんど食べ終わってきたら、他に追加の注文がないか確認してみましょう。もし一人で来ているのであれば「How is your meals?」食事がどうですか?家族や複数人で来ているのであれば「How are your meal?」と食事の感想を聞いてみましょう。

もし足りなければ、そこで注文してきます。他にも関連した英語フレーズであれば「Do you require anything extra?」他に追加の注文はありますか?など聞いてみましょう。

食事の感想について英語で聞いてみる!

日本では食事の後に、味の感想などを席に行って確認するところは、あまり少ないですよね。海外では店員が気軽に味は口にあったのかフレンドリーに聞きにきます。なので私たちも海外のお客様には「Did you enjoy your meals?」食事は良かったですか?と感想を聞いてみましょう!

国によっては宗教上、食事できないものもある

日本ではまだまだ無宗教の人がとても多いですよね。海外ではほとんどの人がいろんな宗教を信仰しています。宗教の中にも食事していはいけないものもあります。

しかし、日本ではそう言った宗教の人たちに対しての食事を揃えている飲食店はとても少ないです。ですが、そう言った宗教の人が来ても、私たちから食べ物について聞かなくて大丈夫です。それは、海外の人から先に食べれるような食事があるのかどうか、聞いてきます。

でもいきなり宗教的ななれない英語を言われてしまうと不安ですよね。そんな時は、「Due to religious reasons,i don't eat...」のような宗教上...が食べれませんと英語で言ってきます。この英語のフレーズに関連したことを覚えておくだけでスムーズに英語で対応できますよ。

食事のお会計を英語で言う時のフレーズ

接客の英語フレーズも、お会計まできてしまえば、十分に英語で接客できたことになります。海外のお客様は、意外にもクレジットカードで支払いをしたり、現金を使わない方が多いかもしれません。

お支払いの方法を聞く

まずお支払いは、現金でするのかクレジットカードでするのかを簡単に聞いてみましょう。「What is your preferred method of payment?」この英語でお会計方法は何にしますか?という意味になるので、現金であればCashと言ってきます。

もしクレジットカードでお会計をして、レシートにお客様のサインが必要な時は「Could you please sign below?」とこの下にサインを書いてください。という意味になるので言いましょう。

お客様の帰り際に使える英語フレーズ

お会計が終われば、あとはお客様が出口に向かって帰るだけです。普段であればありがどうございました。と言って終わりですが、せっかくの海外からのお客様です。

外国人らしく「Thank you.I hope you enjoyed your meals. 」とありがとうだけではなく、先ほどの食事を楽しんでくれたと思います。と日本語では変に感じてしまいますが、海外ではよく帰り際に店員から言われる英語なので自信を持って言ってみましょう。

英語を身につけて食事以外の接客英語の使えるようになろう!

英語は世界では欠かせない共通の言語です。私たちの暮らしには日本語があるように、彼らの暮らしには英語が存在します。英語を話せるだけで、価値観も変わりますし、いろんなことを感じることができて、人生が面白くなりますよ。

食事に関連する英語はまだまだ数え切れないほどあります。ぜひいろんな接客や暮らしに関連する英語を身につけましょう。

英語での接客を通して自分のスキルを向上させよう!

これから2020年には日本でオリンピックが開催されます。英語での接客が必要となる暮らしがすぐにやってきますよね。英語を身につけるのは大変ですが、毎日の暮らしの中から少しずつ英語を身につけて、接客だけではなく、日常生活の暮らしにも関連した英語を覚えていきましょう。

英語に関連する記事に興味のある方はこちらへ

Thumb洗濯をするを英語で表現!干す・たたむなど日常に使える英会話
Thumb海外旅行で英語ができない!旅行でよく使う英会話フレーズを紹介!
Thumb別れの言葉を英語で友達に伝えてみよう!シーン別に例文をまとめました
Thumbお花見を英語で紹介・説明するのに使える英語例文まとめ!

アクセスランキング

2021-02-25 時点

新着一覧