牡蠣の旬はいつ?生牡蠣を一番美味しく食べられる時期を徹底調査!

生牡蠣の旬の時期はいつなのかまとめました。旬の時期を迎えた生牡蠣はとても美味しくいただけるので、いつが旬なのか知っておくと便利。生牡蠣を食べる場合に気をつけておきたい食中毒についても解説。牡蠣の旬がいつなのかチェックして、美味しい時期にいただきましょう!

牡蠣の旬はいつ?生牡蠣を一番美味しく食べられる時期を徹底調査!

目次

  1. 牡蠣が美味しい旬の時期がいつか知りたい!
  2. 牡蠣には岩牡蠣と真牡蠣の2種類がある
  3. 牡蠣の旬の時期はいつやってくる?
  4. 旬の牡蠣を楽しめる美味しい産地はどこ?
  5. 生牡蠣を食べて食中毒になるのはなぜ?
  6. 食中毒を防ぎながら美味しく旬の牡蠣を食べるには?
  7. 寒い冬の日にぴったり!牡蠣鍋を作ってみよう
  8. 旬の牡蠣を使って作りたい!牡蠣のクリームシチュー
  9. ジューシーな味わいが美味しい!牡蠣フライも作っておきたい料理
  10. 牡蠣の旬がいつなのかチェックしておこう!

牡蠣が美味しい旬の時期がいつか知りたい!

旬になるとさらに美味しく食べられる牡蠣

濃厚な味わいを楽しむことができる牡蠣。生のまま食べても美味しいですし、加熱をしてからも美味しいことから牡蠣好きな人は多いですよね。そんな牡蠣をさらに美味しく食べたい時に知っておきたいのが旬の時期。牡蠣の旬の時期がいつなのか知っておくことによって、牡蠣が最も美味しい時にたっぷりと味わうことができるようになります。

旬を迎えた牡蠣は、やはり味わっておきたい美味しさ。旨味たっぷりな牡蠣を味わえば、とても幸せな気分になれるのではないでしょうか。牡蠣の旬の時期をチェックして、美味しさを思う存分楽しんでみませんか?

牡蠣の旬の時期や生牡蠣の食中毒についてチェックしよう

「牡蠣の旬の時期っていつ?」「牡蠣の種類によって旬が異なるのは本当?」といった場合に役立つ牡蠣の旬の情報についてまとめました。食中毒にかからずに美味しく牡蠣を食べるためのポイントもご紹介します。旬を迎えた牡蠣を厳選して、特別に美味しい時間を楽しんでみませんか?牡蠣の旬をチェックして、思う存分堪能してみましょう!

Thumb牡蠣を上手に冷凍保存する方法は?下処理や選び方・殻付きまでまとめ

牡蠣には岩牡蠣と真牡蠣の2種類がある

身が大きくてボリューミーな岩牡蠣

牡蠣と一口で言っても、岩牡蠣と真牡蠣の2種類に分けられることをご存知ですか?岩牡蠣と真牡蠣とでは味わいや形、旬の時期も異なるので美味しく牡蠣を食べたい場合は基本的な違いを知っておくと便利です。まずチェックしておきたいのが岩牡蠣。

岩牡蠣はゆっくりと時間をかけて成長していくのが特徴です。そのため、岩牡蠣には大振りのものが多く、ボリューミーな味わいを楽しめるのが魅力。大きな牡蠣を食べたい場合は岩牡蠣を選ぶのがベスト。大きな形をしていますが、味わってみると意外と牡蠣の繊細な味わいを楽しめるのも嬉しいポイントです。

クリーミーな旨味が美味しい真牡蠣

岩牡蠣に対してもう1つの種類としてあげられるのが真牡蠣。真牡蠣は岩牡蠣と比べて小ぶりな形のものが多く、味わってみると濃厚でクリーミーな旨味を楽しむことができるのが特徴です。岩牡蠣よりも小さい分、味が濃縮されているのがポイント。真牡蠣の場合は養殖物がほとんどなのも特徴です。

このように牡蠣には岩牡蠣と真牡蠣の2種類があります。このほかにも産地によって味わいが異なるので、ぜひいろいろなタイプの牡蠣を味わってみてはいかがですか。オイスターバーなどではバリエーション豊かな牡蠣が揃っているので、牡蠣好きの人にはおすすめです。

牡蠣の旬の時期はいつやってくる?

岩牡蠣を生牡蠣として美味しく食べられるのは6〜8月

岩牡蠣と真牡蠣では旬の時期のことなります。岩牡蠣の旬の時期は、6〜8月くらいです。このくらいの時期に岩牡蠣がたくさん水揚げされ、新鮮な岩牡蠣を味わうことができるように。美味しい岩牡蠣を食べたい場合は夏場を中心にいただいてみてはいかがですか。

真牡蠣を使った生牡蠣の旬の時期は11月〜2月

一方で真牡蠣の旬は11月〜2月になります。冬になるとスーパーで頻繁に見かけることができる牡蠣は、真牡蠣であることがほとんど。冬になると牡蠣鍋や牡蠣を使ったシチューなど牡蠣料理が多くなりますよね。旬を迎えた真牡蠣をたくさん使って、美味しい牡蠣料理を楽しんでみてはいかがですか。

旬の牡蠣を楽しめる美味しい産地はどこ?

岩牡蠣が有名な能登半島

牡蠣が美味しい産地についてもチェックしていきましょう。岩牡蠣が美味しいと人気を集めているのが石川県能登半島。石川県能登半島では貴重な天然ものの岩牡蠣をいただくことができるので、ぜひ岩牡蠣の旬が訪れたら味わっておきたいですね。大振りで食べ応えのある岩牡蠣は一度食べたらやみつきになる美味しさ。能登半島巡りを楽しみながら牡蠣を満喫してはいかがですか。

真牡蠣が美味しい広島の宮島

真牡蠣が美味しいと人気を集めているのが広島県の宮島です。小ぶりながらも濃厚で味わい深い真牡蠣がたくさんとれ、とても美味しくいただくことができます。特にチェックしておきたいのが2月に開催される宮島の牡蠣祭り。格安な価格で宮島の牡蠣をいただくことができるので、牡蠣好きの方はチェックしてみてはいかがですか。

Thumb牡蠣の食べ過ぎは何個から?栄養効果やコレステロールについて調査

生牡蠣を食べて食中毒になるのはなぜ?

海水中で牡蠣の中にノロウイルスが蓄積される

生牡蠣を食べた人の中には「牡蠣にあたってしまった」という人もよくいますよね。牡蠣を食べると食中毒になりやすいと言われるのはなぜなのでしょうか?牡蠣を食べて食中毒になってしまう原因はノロウイルス。牡蠣の中にノロウイルスが増殖することによって食中毒になってしまいます。牡蠣を美味しく食べる場合はノロウイルス対策も必要。

生牡蠣で食べることで食中毒になる

そもそも、ノロウイルスはシジミやアサリといったほかの貝類にも含まれていることがあります。それでは、なぜ牡蠣は食中毒になりやすいというイメージがあるのでしょうか?

牡蠣が食中毒になりやすいと言われているのは、生で食べる機会が多いから。ノロウイルスが入った状態の牡蠣を生で食べることによって食中毒になってしまいます。一方でシジミやアサリなどの貝類は加熱してから食べるのがほとんどなので、加熱処理されてノロウイルスを死滅させることができるようになるのがポイント。

食中毒を防ぎながら美味しく旬の牡蠣を食べるには?

必ず生食用の牡蠣を使い、新鮮なうちに食べる

生牡蠣は食中毒になるリスクがあるとしても、やっぱりあの濃厚な味わいは旬が訪れたら楽しんでおきたいですよね。生牡蠣であっても気をつけながら食べれば食中毒になることもあまりないので、注意しながら食べれば大丈夫。まず、手はきれいに洗っておきましょう。

そして、必ず生食用の牡蠣を使います。牡蠣には生食用と加熱用の2種類があるので、生食用と記入されている牡蠣以外は生で食べないでください。そして、新鮮なうちに食べることも大切。長い時間放置するとノロウイルスが増殖する原因になる場合があります。飲食店などで生牡蠣を食べる場合も長時間放置せず、出されたらすぐ食べるようにしてくださいね。

加熱をして食中毒を防ぐ

「絶対に食中毒にはなりたくない!」という場合は、加熱処理をしてから牡蠣を食べれば安心。ノロウイルスは85℃以上の熱で1分30秒以上加熱することで感染力がなくなるので、加熱をしてから牡蠣を味わうようにしましょう。牡蠣は生でなくてもいろいろな方法で調理をして美味しく頂くことができるので、旬を迎えた牡蠣の美味しさをぜひ堪能してみてくださいね。

寒い冬の日にぴったり!牡蠣鍋を作ってみよう

牡蠣の美味しさを楽しめる牡蠣鍋

冬の時期にぴったりな牡蠣料理といえば、牡蠣鍋。牡蠣を贅沢に使うことによって牡蠣のだしがたっぷり含まれた鍋を楽しむことができます。牡蠣のほかにキノコや春菊、白菜など好みの具材を揃えてだしで煮込んでいきましょう。体の中から温まる牡蠣鍋ができあがります。

牡蠣は加熱しすぎないのがポイント

食中毒を防ぐために牡蠣をしっかり加熱することは大切ですが、熱しすぎると牡蠣の旨味も流れ出てしまうのでほど良いところで食べるのがおすすめ。中までしっかり熱を通したら、牡蠣がプリプリの状態の時に食べましょう。牡蠣鍋が終わった後のだしには旨味がたっぷり含まれているので、雑炊などのシメを作って最後まで牡蠣を堪能してみてくださいね。

旬の牡蠣を使って作りたい!牡蠣のクリームシチュー

クリームシチューと牡蠣の相性はぴったり

牡蠣のクリームシチューも、旬の牡蠣を使ってぜひ作っておきたい料理。濃厚な牡蠣の味わいとクリームシチューは相性ぴったりです。牡蠣を入れることによってクリームシチューの味わいに深みが加わり、ワンランク上の味わいに仕上げることができるのも嬉しいポイント。ぜひ気軽に牡蠣のクリームシチューを作ってみてはいかがですか。

具沢山にして体の中から温まろう

牡蠣以外にキノコや人参、カブなど好みの食材を加えて美味しい牡蠣のクリームシチューを作っていきましょう。市販のクリームシチューのルーを使えば料理初心者でも簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがですか。具沢山のクリームシチューは食べ応えもバッチリです。

里芋など、牡蠣と同じように旬を迎える野菜をいろいろ使ってみると良いかもしれないですね。里芋もクリームシチューと相性が良いので、ぜひ入れてみてはいかがですか。

Thumb牡蠣のカロリーはどのくらい?栄養豊富で驚きの効果・効能まとめ

ジューシーな味わいが美味しい!牡蠣フライも作っておきたい料理

揚げたてが美味しい牡蠣フライ

美味しい牡蠣が手に入ったら、牡蠣フライもぜひ作っておきたいですね。牡蠣に衣をつけてこんがりと揚げれば、美味しい牡蠣フライのできあがりです。揚げたてのカキフライはジューシーな味わいとサクサクとした食感が美味。タルタルソースなどお好みのソースをかけて味わってみてはいかがですか。

余ったらサンドイッチなどにアレンジ

カキフライを作り過ぎて余ってしまった、という時はいろいろなアレンジができます。レタスやトマトなどと一緒にパンにはさめば牡蠣フライサンドのできあがり。また、牡蠣フライをめんつゆなどで軽く煮込み、卵とじにしてご飯の上にのせれば牡蠣フライ丼ができあがります。ぜひ美味しく牡蠣フライを食べてみてくださいね。

牡蠣の旬がいつなのかチェックしておこう!

牡蠣の旬は牡蠣の種類によって異なるので、好きな牡蠣の種類に合わせて選んでいきましょう。旬を迎えて旨味をたっぷり含んだ牡蠣をぜひ堪能してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

関連するキーワード

アクセスランキング

2021-01-22 時点

新着一覧