オリーブオイルの効能効果まとめ!使い方や摂取方法・副作用や注意点は?

今回のテーマは、「オリーブオイル」です。オリーブオイルという名前を聞けばどんな感じのアイテムなのかが想像出来るほど、そんなオリーブオイルに注目して効能や正しい使い方などご紹介します。オリーブオイルを正しく知って効能を色んな方面からゲットしていきましょう。

オリーブオイルの効能効果まとめ!使い方や摂取方法・副作用や注意点は?

目次

  1. オリーブオイルの効能を詳しく知りたい!
  2. オリーブオイルって何?
  3. オリーブオイルの健康面での効能とは?
  4. オリーブオイルが持つ美容の効能とは?
  5. 効能をGet!オリーブオイルの主の摂取方法って?
  6. オリーブオイルの効能を最大限に活用!使い方の注意点もチェック
  7. オリーブオイルの効能と一緒に覚えておきたい副作用!
  8. 正しく効能に活かす!オリーブオイルの摂取方法
  9. オリーブオイルの効能を外からも!?使い方って?
  10. オリーブオイルを正しく使えば効能が絶大!

オリーブオイルの効能を詳しく知りたい!

私たちの暮らしの中では、身近になっているオイルの1つにオリーブオイルがあります。数々のサイトでオリーブオイルというアイテムを知っている方も多いかと思います。今回は、オリーブオイルの効能はもちろん、副作用や注意点なども一緒にお届けしていきます。プラスがあればマイナスがあるように表と裏を知って今後に活かしていきましょう。

オリーブオイルって何?

最初に見ていくのは、基礎知識とも言えるオリーブオイル自身のことです。サイトをいくつかチェックして知っているという方もおさらいの意味を込めて一緒に見ていきましょう。これから活用していくアイテムを知ることはとても大事です。

オリーブオイルとは…【フレッシュな植物オイル】

オリーブオイルは、オリーブの果実から抽出されるオイルのことで別名「オリーブ油」と呼ばれることもあります。オリーブオイルは、他の植物オイルとは違って、抽出する時に加熱せず、非加熱で取り出します。そのため、アイテムによってはとてもフレッシュです。しかし、オリーブオイルと一言で言っても種類があります。

オリーブオイルの種類とは?

オリーブオイルは大きく分けると「エクストラバージンオイル」とピュアオイルに分けられます。この違いは、製法にあります。エクストラバージンオイルは、オリーブの実を絞っただけのフレッシュなオイルに対して、ピュアオイルは絞っただけのオイルを精製して香りや味の無い「油」の状態にした物やエクストラバージンオイルとバージンオイルをブレンドしたものがあるそうです。

オリーブオイルの健康面での効能とは?

ここからは、本格的なオリーブオイルの効能についてご紹介していきましょう。暮らしの中で手軽に摂取出来るオリーブオイルの効能は、健康面と美容面に分けられます。最初に見ていくのは、オリーブオイルの健康面での効能です。オリーブオイルには、健康面においてどんな効能があるのでしょうか?

効能①生活習慣の予防効果

オリーブオイルの健康面での効能の1つめは、生活習慣の予防への効能です。生活習慣病とは、偏った食事や運動不足、喫煙、飲酒やストレスなどが原因で発症する病気のことです。主な種類には、高血圧や糖尿病などがあります。生活習慣病は、コレステロールの摂り過ぎでも発症します。オリーブオイルにはそのコレステロールの低下を促してくれる作用があるのです。

効能②活性酸素を抑えてくれる効果

2つめのオリーブオイルの健康面での効能は、活性酸素による酸化を抑えてくれる抗酸化作用です。この活性酸素が酸化した脂肪と結びついてDNAを傷つけることでガンや心臓病などの原因になります。オリーブオイルの中に含まれているオレイン酸は酸化しにくい脂肪ですし、ビタミンやポリフェノールなどは活性酸素を抑制してくれる効能が期待出来ます。

Thumbオリーブオイルは健康に良いの?効果や効能・選び方やカロリーもチェック!

オリーブオイルが持つ美容の効能とは?

先ほどは、健康面でのオリーブオイルの効能を見てきました。続いては、オリーブオイルが持つ美容面での効能です。オリーブオイルの効能はとても幅広く、暮らしの中に取り入れるだけで、健康だけでなく、美容にも力を発揮してくれます。

効能①デトックス効果

オリーブオイルの美容への効能の1つめは、デトックス効果です。オリーブオイルの中に含まれているオレイン酸と食物繊維の作用で、腸の働きを活発にしてくれて老廃物の排出をスムーズにしてくれます。これにより、新陳代謝がアップして健康にも美容にも大きな効能を発揮してくれます。

効能②美肌効果

オリーブオイルの2つめの効能は、美肌への効果です。オリーブオイルの中には、オレイン酸、ビタミン類、ポリフェノールなどの栄養素が含まれています。この作用により、肌に弾力を与えてくれたり、肌を健やかに保ってくれたり、さらには、肌への保湿効果も期待出来るので、潤いのある美肌へと導いてくれると言われています。

効能③ダイエット効果

オリーブオイルの3つめの効能は、ダイエット効果です。オリーブオイルがダイエットに効果的と言われてる理由の1つは、先ほども出て来た新陳代謝をアップさせてくれることです。新陳代謝が悪いと、自分の体温を保とうとしてひたすら脂肪を溜め込んでしまって、肥満になってしまう可能性があります。脂肪の燃焼を促してあげることがダイエットに繋がります。

効能をGet!オリーブオイルの主の摂取方法って?

先ほどは、オリーブオイルの効能を健康と美容に分けてご紹介してきました。ここからは、オリーブオイルの効能を効率的に活かすための摂取方法についてお話ししていきましょう。オリーブオイルの摂取方法や使い方は、主に3種類あります。それでは、1つずつチェックしていきましょう。

使い方①そのまま飲む

オリーブオイルの摂取方法の1つめは、そのまま飲む方法です。毎日決められた量のオリーブオイルを直接飲むことで効能を得るという摂取方法になります。しかし、そのまま飲むという摂取方法には、いくつかの注意点があるのでそこも頭に入れて実践していきましょう。

使い方②料理で使う

2つめのオリーブオイルの接種方法は、料理に使うという方法です。暮らしの中で使っているオイルをオリーブオイルに変えたり、サラダを食べる時にドレッシングとしてかけたり、パンにつけたりと食事を摂る時に取り入れていくことが出来ます。この方法は、暮らしの流れの中で自然にオリーブオイルが摂れる摂取方法になります。

使い方③スキンケアで使う

3つめのオリーブオイルの摂取方法は、スキンケアで活用する方法です。オリーブオイルは、内側からだけでなく、外側から摂り入れることも可能です。クレンジングや洗顔に活かしたり、オリーブオイルを直接塗るというよりもオリーブオイルを配合したスキンケアアイテムを使う方法もあります。

Thumbオリーブオイルを飲むと凄い効果が!おすすめのエクストラバージンオイル

オリーブオイルの効能を最大限に活用!使い方の注意点もチェック

オリーブオイルの主な摂取方法を見て来たところで、次は、オリーブオイルを摂取する時の注意点をいくつか覚えておきましょう。オリーブオイルに効能があるからといってむやみに摂り過ぎては逆効果になる場合があります。そのため、オリーブオイルを摂取する時は、注意点を確認して取り入れるようにしましょう。

注意点①過剰摂取をしないようにしよう!

オリーブオイルの摂取方法を実践する時の注意点の1つめは、過剰に摂取しないことです。そのまま飲む時は、1日大さじ2杯までにしましょう。それ以上摂ってしまうとダイエットどころか、脂肪分の摂り過ぎになってしまい、逆効果になる可能性があります。

注意点②身体やお肌に合わない時はすぐにやめよう!

オリーブオイルの使い方の2つめの注意点は、身体やお肌に合わない時は、すぐに使うのをやめるようにしましょう。特にスキンケアに使う際は、エクストラバージンオリーブオイルを選ぶようにします。その基準は、精製度にあります。精製度が低いものほどいいので、酸度が0.8以下のオリーブオイルがおすすめです。

注意点③保管方法を気をつけよう!

オリーブオイルの摂取方法の注意点3つめは、保存方法にあります。暮らしの中でオリーブオイルを活用するにしても保存方法を誤ってしまっては意味がありません。そこで、オリーブオイルは、直射日光の当たらない冷暗室のようなところに入れておきましょう。例えば、台所の下の棚などはおすすめです。さらに、開封したら早く使い切ることもポイントになります。

オリーブオイルの効能と一緒に覚えておきたい副作用!

先ほどご紹介したオリーブオイルの注意点を踏まえながら使っていきましょう。暮らしの中で何かを使い始める時、注意点も気になりますが、もう1つ副作用も気になるところではあります。果たしてオリーブオイルには、副作用はあるのでしょうか?

オリーブオイルの副作用とは?

オリーブオイルには、危険な副作用は特にありませんが、注意点を守らずに過剰に摂り過ぎると副作用というよりは逆効果になってしまう可能性があります。1つめは、オリーブオイルを摂り過ぎることで、お腹が緩くなり過ぎてしまいます。さらに、オリーブオイルはあくまで「オイル」なので過剰に摂ると脂肪になる可能性もあるので注意しましょう。

正しく効能に活かす!オリーブオイルの摂取方法

ここからは、本格的にオリーブオイルの効能を活かすための摂取方法を2つご紹介します。後ほどスキンケアへの使い方などもお届けしていきます。

摂取方法①オイルをオリーブオイルに変える

あなたは料理の時どんな油を使ってしましたか?もしオリーブオイル以外の油を使っている場合は、オリーブオイルにチェンジしましょう。暮らしの中で当たり前のように使っているオイルをオリーブオイルに取り替えるだけで、口に入れた時の風味が変わりますし、サラッとした軽さのある料理に仕上がります。

摂取方法②サラダにかける

2つめの摂取方法は、そのまま飲むことやサラダにかけることです。オリーブオイルは食材問わず何にでも合います。そのため、お肉やお魚、豆腐、パン、野菜などにかけて摂取すると、簡単に摂り入れることができるので効果的です。

Thumbオリーブオイルで便秘を改善!朝と夜の飲む時間帯や効かない原因は?

オリーブオイルの効能を外からも!?使い方って?

最後にご紹介するのは、オリーブオイルを活用したスキンケア方法です。オリーブオイルをお肌に使う時は、必ずエクストラバージンオリーブオイルでオーガニックなものを選ぶようにしましょう。それでは、早速使い方をご紹介していきます。

使い方①クレンジングの時に活用しよう!

1つめの使い方は、クレンジングとして活用する方法です。手の平に適量のオリーブオイルを取り出してから温めてお顔に塗布していきます。お肌の上でゴシゴシこするのではなく、優しく撫でるように円を描きながら進んでいくことがポイントです。最後に、洗顔をして仕上げていきます。

使い方②化粧水にプラスしてあげよう!

2つめのオリーブオイルの使い方は、化粧水の中に混ぜて使う方法です。手の平に適量の化粧水を出したら、そこへオリーブオイルを1滴垂らしてから混ぜてお顔に塗布するようにしましょう。さらには、化粧水前のブースターとしても活用することが出来ます。適量のオリーブオイルを手の平に乗せて温めてから顔全体を覆うようにハンドプレスしていきましょう。

オリーブオイルを正しく使えば効能が絶大!

いかがでしたか?オリーブオイルは、使い方や量を守って取り入れれば強い味方になってくれるオイルです。手軽に手に入りますし、オリーブの香りとさっぱりとした風味も魅力です。そんなオリーブオイルを暮らしの中で積極的に取り入れてみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-20 時点

新着一覧