夏のご飯おかずレシピ!食欲がなくてもさっぱり食べれるおすすめは?

食欲が減退しがちな夏の季節には、さっぱりしたご飯のおかずをお供にしましょう。食欲がない時期でも食べやすく、ご家族みんなが食べやすい、おいしいご飯のおかずレシピをご紹介します。暑い時期は、きちんと栄養を摂取して、夏バテを防止しましょう。

夏のご飯おかずレシピ!食欲がなくてもさっぱり食べれるおすすめは?

目次

  1. 食欲のなくなる夏にぴったりの料理
  2. 酸味とネバネバがおいしい!オクラと梅のおかか和え
  3. ご飯にもお酒にもおすすめ!スモークサーモンのマリネ
  4. 夏でもお魚をさっぱり美味しく!鯵の南蛮漬け
  5. お弁当にもおすすめ!冷やしだし巻き卵
  6. 栄養満点!おつまみにもぴったりのねばねば冷奴
  7. さっぱりと野菜を食べられる夏野菜の揚げ浸し
  8. ごま油の風味とポン酢が相性抜群!茄子のごまポンがけ
  9. 丼に乗せてもおいしいマグロのアボカド和え
  10. ヘルシーでおしゃれなタコのカルパッチョ
  11. 豚肉をさっぱりと食べられる冷しゃぶサラダ
  12. 疲労回復にもおすすめ!鶏胸肉のネギ塩だれ
  13. 酸味と甘みで箸が止まらない!トマト炒め
  14. 夏バテの時には丼料理にするのもおすすめ!
  15. 夏バテにおすすめのさっぱりご飯のおかずレシピまとめ

食欲のなくなる夏にぴったりの料理

夏はイベントが満載で楽しい季節ですね!しかし、悩まされるのが「夏バテ」「食欲の減退」です。暑いからと言ってそうめんなどの冷たい麺類ばかりを食べる食生活では、栄養が偏ってしまい、楽しい夏も乗り切れません。

夏バテ気味だと何を作ろうか悩む人は多い

夏バテになってしまうと食欲が減退し、毎日のご飯のおかずや料理に悩まされやすくなります。ご自分が夏バテではなくても、家族が夏バテになってしまい食事の用意に悩む…なんてことを経験された方も少なくはないのでしょう。

夏バテの時はもちろんそうでない時も、暑い時期には清涼感があり栄養価の高いご飯のおかずを用意して、美味しく栄養を摂りたいですよね。

さっぱりとしたご飯のおかずで食欲増進!

そこで今回のまとめでは、夏に食べたくなるような、さっぱりとしたおいしいご飯のおかずのレシピをご紹介します。麺類に偏りがちな夏ですが、思わずご飯をおかわりしてしまいたくなるようなおいしいレシピをご紹介します。

酸味とネバネバがおいしい!オクラと梅のおかか和え

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ①

「酸味のある味付け」「ネバネバ系のおかず」は夏のご飯にとって、大定番ではないでしょうか。その2つを組み合わせた簡単なおかずが「オクラと梅のおかか和え」です。梅の酸味とオクラのネバネバ、そしておかかの風味がとてもおいしい上、作り方もとてもお手軽です。あと一品おかずが欲しい時にもおすすめですよ。

オクラと梅のおかか和えレシピ

オクラ10本あたりのレシピでご紹介します。オクラは塩を少々振り、板ずりをしヘタをとります。塩がついたまま、熱湯で2分茹で、水を切り粗熱をとります。冷めたら食べやすく切っておきます。

梅(中サイズ2個・練り梅にして大匙1程度)はタネをとり、包丁で叩きます。叩いた梅に鰹節を混ぜ、ボウルに入れオクラと和えます。これだけで簡単に「オクラと梅のおかか和え」の完成です。ご飯のおかずにはもちろん、お弁当の隙間埋めにもおすすめの一品です。食欲のなくなる夏でも箸が止まらなくなります。

ご飯にもお酒にもおすすめ!スモークサーモンのマリネ

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ②

続いてご紹介するおかずも、酸味を効かせた料理です。美容・アンチエイジングなど女性に嬉しい栄養素をたっぷり含んだ魚「サーモン」を使ったマリネは暑い夏でもさっぱりと食べられるおかずです。ご飯にはもちろん、お酒や冷製パスタなどにも相性がよく、幅広い献立に使えます。お手軽なスモークサーモンを利用して簡単なマリネを作ってみましょう。

スモークサーモンのマリネレシピ

スモークサーモン200gの分量でご紹介します。玉ねぎは半玉を薄くスライスし、水にさらしておきます。白ワインビネガーまたはレモン汁(大匙1)・オリーブオイル(大匙1)・粒マスタード(お好み・小さじ1)・塩胡椒(ひとつまみ)・砂糖(ひとつまみ)・パセリの微塵切り(適量)をジップロックに入れ混ぜ合わせます。

スモークサーモンは薄切りにし、玉ねぎと一緒にマリネ液の入ったジップロックへ入れ、揉み込みます。時間がある場合は数時間冷蔵庫で寝かせるとより美味しく仕上がります。サーモンの身とスライスした玉ねぎの相性が抜群で、大人も子供も楽しめる一品になりますよ。

夏でもお魚をさっぱり美味しく!鯵の南蛮漬け

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ③

魚は栄養たっぷりなので、季節を問わずに食べたいものですが、食欲の減る夏は加熱した魚を好んで食べるという方は意外と少ないのではないでしょうか。さっぱりとしたお刺身を使った魚料理もおいしいですが、酢の力を借りて、さっぱりと食べられる「南蛮漬け」もおすすめです。

鯵の南蛮漬けレシピ

鯵4匹の分量でご紹介します。鯵は三枚おろしにし、セイゴを取り除き小骨を抜いておきます。人参(半分)・玉ねぎ(半分)・ピーマン(2個)は5mm程度の細切りにして起きます。酢(大さじ2)・薄口醤油(大匙2)・みりん(大匙1)・砂糖(大匙2)をよく混ぜてタレを作っておきます。

ボウルに片栗粉(大匙2)・小麦粉(大匙3)・卵(1個)・水大匙2をよく混ぜ衣を作ります。そこに鯵をくぐらぜ、170度の油で揚げます。揚げた鯵はタレに浸し盛りつければ鯵の南蛮漬けの完成です。ご飯にはもちろん、お酒のお供にもおすすめです。

お弁当にもおすすめ!冷やしだし巻き卵

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ④

ふんわりおいしいだし巻き卵は日本人であれば魅力的に見える料理の1つではないでしょうか。お弁当にも、おかずの一品にも、おつまみにもおすすめなおいしいだし巻き卵をご紹介します。冷蔵庫でしっかり冷やすと暑い夏場でも美味しく召し上がれますよ。

だし巻き卵のレシピ

卵(3つ)・みりん(大匙1)・薄口醤油(小さじ1)・だしの素(適量)・味の素(少々)をボウルに入れ、よく混ぜます。弱火のフライパンでじっくり焼き、形を整えれば完成です。夏場は粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ冷やし、冬場は出来立てでもおいしいですよ。

栄養満点!おつまみにもぴったりのねばねば冷奴

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑤

ネバネバ食材は暑い夏の強い味方です。ご飯にも麺類にも相性抜群なので、夏には様々なねばねば料理が定番となりますが、ヘルシーで栄養たっぷりなお豆腐にねばねば食材を乗せた「ねばねば冷奴」はつるんと食べられておいしいレシピですよ。

ネバネバ冷奴のレシピ

冷奴に、納豆・オクラ・なめたけ・めかぶなどのネバネバ食材、ネギや海苔、おろし生姜などの薬味をお好きなだけ乗せるだけです。お豆腐は絹ごしにすると、つるんとしていて夏にぴったりです。お醤油で食べてもおいしいですが、めんつゆや出汁醤油でも美味しく食べられます。ご飯にはもちろん、おつまみにもぴったりです。

さっぱりと野菜を食べられる夏野菜の揚げ浸し

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑥

夏はサラダなどの生野菜やおひたしなどが野菜料理の定番というイメージがありますが、揚げ浸しも人気のレシピの一つです。おいしい旬の野菜を活用した揚げ浸しはご飯にはもちろんのこと、お酒との相性も抜群です。

夏野菜の揚げ浸しレシピ

野菜は食べやすい大きさにカットします。人参を使用する場合はやや薄切りにしましょう。オクラはヘタを取って起きます。食べやすくカットした野菜を油でそのまま揚げます。歯ごたえが残る程度の硬さにするのがおすすめです。

揚げた野菜はキッチンペーパーなどで油を吸い、熱いうちにめんつゆに着けます。他の野菜は一緒の容器で浸して大丈夫ですが、ナスは色移りがしやすいのでナス専用の容器で漬けると見た目が綺麗に仕上がります。漬けたら冷蔵庫で冷やせば冷たくておいしい「野菜の揚げ浸し」の完成です。

ごま油の風味とポン酢が相性抜群!茄子のごまポンがけ

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑦

食欲を増進させてくれる調味料といえば「ぽん酢」ですね。またごま油の香りも食欲をそそられるものの1つです。この2つを組み合わせた「ごまポン」と茄子でさっぱりレシピを作りましょう。火を使わず、レンジで作れるので料理をしたくない日・手抜きをしたい時にもおすすめのおかずです。

茄子のごまポンがけレシピ

茄子は半分に切り、半月切りになるように1cm程度の暑さに切ります。耐熱皿に並べ、ラップをかけて600w5分でレンジにかけます。ゴマとポン酢をお好きな量かければ「茄子のごまポン」の完成です。大根おろしやネギ、生姜などの薬味と一緒に召し上がるとよりおいしいのでおすすめです。

丼に乗せてもおいしいマグロのアボカド和え

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑧

お刺身は暑い時期でも食べやすい料理ですね。栄養価満点のフルーツ・アボカドはお刺身との相性抜群です。アボカドとの組み合わせでスーパーでも手軽に入手でき、お刺身をよりボリューミーに、かつ美味しく料理することができます。ご飯に乗せて丼にしても、おつまみにしてもおいしいマグロのアボカド和えをご紹介します。

マグロのアボカド和えレシピ

マグロはサイコロ状に切ります。アボカドもマグロに合わせたサイズにカットし、レモン汁をかけます。わさび・めんつゆを混ぜ、マグロとアボカドにかけて全体を混ぜ味を馴染ませればマグロのアボカド和えの完成です。

味にアクセントを漬けたい時は、醤油とわさびを混ぜた時にすりおろしにんにくを少し加えるのもおすすめです。できたものをご飯に乗せて、ノリや卵黄と一緒に丼にしてもおいしいですし、そのまま食べるのもおすすめです。

ヘルシーでおしゃれなタコのカルパッチョ

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑨

スーパーで売られている茹でタコに一手間かけて、おいしいタコのカルパッチョを作ってみましょう。見た目はとってもおしゃれですが、タンパク質が豊富でヘルシー、夏でもさっぱり食べられます。季節を問わずにおもてなし料理としても活用できるので知っていて損はないレシピです。お酒のお供にもおすすめですよ。

タコのカルパッチョレシピ

玉ねぎ(半分)をスライスし、水にさらしたら水気をよく絞ります。タコは2mm程度の薄さにそぎ切りにします。お皿に水にさらした玉ねぎを敷き、タコを乗せます。オリーブオイル(大匙3)・レモン汁(大匙1)・塩(少々)・黒胡椒(少々)・すりおろしにんにく(小さじ1/3程度)を混ぜてタコの上から回しがけます。

みじん切りにしたパセリを上から散らし、冷蔵庫でよく冷やせば「タコのカルパッチョ」の完成です。スライスした玉ねぎとタコの組み合わせが、オリーブオイルをベースとしたソースと相性抜群でクセになる美味しさですよ。

豚肉をさっぱりと食べられる冷しゃぶサラダ

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑩

夏のおかずでも定番なのが「冷しゃぶ」ですね。お肉をさっぱりと食べることができるのでスタミナをつけたい時にもおすすめの一品です。サラダと一緒にすることで、豚肉だけではなく、野菜もたっぷりと取ることができます。野菜と肉が乗っているので見栄えが良いのもポイントです。

冷しゃぶサラダレシピ

料理酒(50cc)・ポン酢(50cc).水(50cc)を鍋に入れて沸かします。沸いたら豚肉(250g)を3枚ずつ程度入れ、肉が白くなったらあげてお皿に写します。加熱したお肉はざるにあけて、熱をとります。

茹でた後のつゆを大匙3ほど容器にとり、ごま油(大匙1)・ネギ・生姜(小匙1)を中に加えドレッシングを作ります。お好みで豆板醤などを加えるとピリ辛になっておいしいです。レタス・薄切りにした玉ねぎ・きゅうり・トマトなどサラダ用の野菜を盛り付け、その上に茹でたお肉を乗せ、最後にドレッシングをかければ完成です。

疲労回復にもおすすめ!鶏胸肉のネギ塩だれ

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑪

さっぱりとお肉を食べられるポイントの1つが、タレを工夫することです。さっぱりとした味付けのネギ塩だれを手作りして、安い胸肉を美味しく召し上がりましょう。鶏胸肉には疲労回復を見込める栄養素が含まれているので、疲れやすい夏場に最適な一品になります。

鶏胸肉のネギ塩だれレシピ

鶏胸肉を沸騰し火を止めたお湯に入れ、塩と酒を少々入れ1時間〜お湯が冷めるまで鍋の中で放置しておきます。こうすることでしっとりとした茹で胸肉が完成します。皮を削ぐとよりヘルシーになります。

器にみじん切りにしたネギ・ごま油(大匙1)・レモン汁(大匙1)・塩・砂糖を入れ混ぜ合わせてネギ塩だれを作ります。茹で上がった鶏胸肉を食べやすい大きさに切り、器へ盛ったらネギ塩だれをかけます。最後に黒胡椒を上から振りかければ「鶏胸肉のネギ塩だれ」の完成です。

酸味と甘みで箸が止まらない!トマト炒め

夏バテにおすすめさっぱりご飯のおかずレシピ⑫

酸味のあり夏に食べたくなる食品の1つがトマトですね。見た目の彩も綺麗で栄養価も抜群なので積極的に食べたい食材の1つではないでしょうか。トマトは生のまま食べてもおいしいものですが、炒め物にしてもおいしいと評判です。甘い卵と一緒に炒めると中華風のおいしい炒め物になり、トマトがご飯の進むおかずへと化けます。

トマト炒めのレシピ

卵2つをわり、とりらスープの素(1/2)を入れて混ぜ合わせておきます。トマト(大1つ)は食べやすい大きさにカットします。フライパンにごま油を入れ、卵を炒め、半熟状態になったらフライパンから取り出しておきます。

卵と同じフライパンに再度ごま油を入れ、トマトを炒め、塩胡椒を軽くふります。トマトの汁が出て柔らかくなったら火を止めます。そこに一度出した卵を加え、フライパンの余熱で軽くトマトと混ぜればおいしい「トマト炒め」の完成です。トマト、卵共に栄養価が高く美容効果も期待できるという食べ物の組み合わせなのも嬉しいですね。

夏バテの時には丼料理にするのもおすすめ!

夏バテにおすすめ!豚とろろ丼

甘辛く砂糖醤油で炒めた豚肉を丼にもり、中央にとろろと生卵をのせた「豚とろろ丼」は、こってりとした豚肉をとろろのおかげでさらりと食べられる夏におすすめの丼です。画像のようにネギを散らすとより美味しく仕上がります。男女問わずに食べやすく、ご家族や旦那さんにも喜ばれること間違いなしです。

夏バテにおすすめ!マグロゆっけ丼

ごま油・醤油・みりん・おろしニンニク・おろし生姜・すりごま・一味唐辛子・甜麺醤を混ぜた調味液にお刺身用のマグロを合わせたら、簡単に「マグロのユッケ」ができます。ごま油の風味で食欲をそそる一品です。ご飯に乗せればマグロのユッケ丼としてさっぱり・がっつりと食べることができます。そのまま食べればおつまみにもなりますよ。

夏バテにおすすめ!しらす丼

丼にしらすを好きなだけ乗せて、卵黄やネギを乗せればしらす丼になります。刻み海苔や紫蘇とも相性抜群なのでぜひお試しください。栄養価が高く、手軽に食べられるしらすは、調理を手軽にしたい夏にもぴったりの食材です。さっぱりとした味わいで栄養もしっかり取れるレシピは、暑い夏に理想的の料理ではないでしょうか。

夏バテにおすすめのさっぱりご飯のおかずレシピまとめ

食欲が減退しがちな夏でも、さっぱりと食べられる上ご飯にもぴったりのおかずを用意することで、食欲も増し、栄養を摂取できます。暑い時期は特にバテやすいので、おいしいおかずを用意してご飯をしっかりと召し上がってくださいね。

まとめを参考に、夏はさっぱり・栄養価の高いおかずで美味しく乗り切りましょう!以上「夏のご飯おかずレシピ!食欲がなくてもさっぱり食べれるおすすめは?」をご紹介しました。

「ご飯」に関する記事はこちら

Thumbしらたきご飯の作り方やその効果は?水加減や割合などポイントまとめ
Thumb冷やご飯ダイエットのやり方!おにぎりで体質改善の方法や効果は?
Thumb簡単・リゾットレシピ24選!残りご飯をチーズやトマトで美味しく!
Thumbご飯のおかずで一番人気なのはどれ?美味しくて簡単なレシピのまとめ!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-13 時点

新着一覧