子供の靴のサイズの選び方や測り方!簡単にわかる年齢別の平均を調査!

子供の靴って選び方が難しいと思ってしまいますよね。子どもの成長は早いからどのサイズを選んでいいか悩むものです。今回は子供の足のサイズの測り方や靴の選び方をまとめました!選び方には注意点もあるので要チェックですよ!簡単にわかる年齢別の平均サイズもご紹介します。

子供の靴のサイズの選び方や測り方!簡単にわかる年齢別の平均を調査!

目次

  1. 子供の靴のサイズの選び方や測り方って?
  2. 子供の靴ってすぐにサイズが変わって選び方が難しい
  3. 年齢別でみる子供靴の平均サイズ
  4. 子供の足のサイズの測り方
  5. 子供靴の選び方のポイント
  6. 子供靴を選ぶときの注意点
  7. 子供靴もメーカによってサイズ感が違う
  8. 子供靴の買い替えの目安はどれくらい?
  9. なるべく子供の足にぴったりサイズの靴を選ぼう
  10. まとめ:子供靴選びはサイズ選びが重要!

子供の靴のサイズの選び方や測り方って?

子供の靴ってサイズ選びがとても重要になるんですよ。成長途中の足にしっかりと合ったサイズの靴を選ばないと、さまざまな問題に繋がるんです。そんな子供の靴選びって最初は誰しも悩むものですよね。足の大きさがすぐ変わってしまうから大きめサイズを買った方がいいのか、成長するごとにピッタリサイズを毎回買うべきなのか…お金のかかる育児には結構重要問題ですよね。

初めての育児には、そもそも子供の足のサイズの測り方ってどんな風に測ればいいのかわかりませんよね。今回はそんなお悩みも解決できるよう、正しい測り方をご紹介します!サイズを測った後は靴の選び方と注意点。子供靴を選ぶときにある程度年齢での成長するサイズを知っていると、後々の靴選びにも役立ちます。今回は年齢ごとの平均サイズも調査しましたので一緒にご紹介します!

Thumb赤ちゃんの靴下はいつから?脱げる時の対策法や履く必要がある調査

子供の靴ってすぐにサイズが変わって選び方が難しい

子供の成長は早いもの。子供服でもそうですが、どんどん大きくなるから選ぶのが大変ですよね。洋服は大きめでもあまり問題がありませんが、子供靴はそうはいかないからママさんは大変です。サイズがすぐ変わる分靴の買い替えも多くなり、出費もかさむもの。だからといって大きめの靴を買って履かせたり、少し小さめの靴を履かせ続けてしまうと足の成長に負担がかかってしまうんです。

生長途中の子供の足はサイズの合わない靴を履いていると足が正しく成長しないんです。正しく成長できない足は外反母趾などの問題だけでなく、全身のゆがみにも繋がってしまいます。そのため子供の靴選びというのはとても重要なポイントなんですよ。そんな靴選びは成長ごとにある程度平均サイズがあります。一人一人成長の仕方は違いますが、平均を知っておくと後々の靴選びに役立ちます。

年齢別でみる子供靴の平均サイズ

子供の靴を選ぶときにある程度の目安があると役立ちますよね。子供の年齢でみる靴のサイズの平均値ですが、子供の平均身長と一緒に見ていきましょう。このサイズはあくまでも平均的なサイズですので目安として考えてください。まず1歳半の平均身長が80㎝で靴のサイズが11~13㎝。2歳の平均身長が90~95㎝で靴サイズは12~14㎝となっています。

3~4歳の平均身長が95~105㎝で靴サイズは14~16㎝、5~6歳の平均身長が105~115㎝で靴サイズは17~18㎝です。子供の成長は個人差があり身長も体重も足の大きさも一人一人さまざま。だからこそ身に着けるものを選ぶときは苦労しますが、成長を見れる部分なので楽しみでもありますよね。後々成長すると思われる大きさとして、目安程度に参考にしてみてください。

子供の足のサイズの測り方

足のサイズって自分ではなかなか測らないので、子供の足の測り方もよくわからないですよね。足のサイズの測り方として「人差し指の先からかかとまで」が正しいサイズだそうです。かかとから人差し指にかけて一直線になるように測ると正しいサイズが出ます。子供はよく動くから測定するのも一苦労ですよね。そんな時は印刷して使える計測表を検索してみてください。

子供靴の選び方のポイント

子供の靴の選び方はいくつかポイントがあります。意外と多いと思うかもしれませんが、それだけ子供の足は変形しやすいということですので靴選びは慎重に!すべて当てはまるものを探すのはなかなか難しいと思いますが、子供の足の健康のためにもなるべくこのポイントに当てはまるものを選ぶようにしましょう。今回は選び方のポイントを5つに分けてご説明します!

①かかと部分が安定しているものを選ぶ

靴の中で足が動いてしまうと歩行が安定せず指先にも負担がかかってしまいます。そのためしっかりとかかとが靴の中に固定されているかを確認しましょう。かかとが固定されていないと靴が動くため、靴の中で指の動き方が変になってしまいます。そうすると足の形にも問題がでてくるため、しっかりと確認しましょう。子供の靴はゆるすぎもきつすぎもNGですので注意です。

②つま先には少しゆとりを持って

子供の靴はゆるすぎはいけませんが、だからといってキツキツのものもよくありません。足のサイズより少しゆとりのあるものを選ぶことがポイントです。靴を履いたときにつま先が5㎜ほど余裕のあるサイズを選ぶと良いでしょう。靴下の厚みも考慮して選ぶとより丁度いいサイズを選ぶことができます。

③指の付け根あたりで曲がる・反っているものを選ぶ

子供の靴を選ぶときは靴底にも注目です。指の付け根あたりが曲がる硬さのものをえらび、つま先の部分が少し反りかえっているものを選びましょう。足の指も動かすことができるので靴がその動きに対応できるものが好ましいです。子供は土踏まずがなくぺたぺた歩くので、つま先の部分が反り返っているとつまずきにくくなります。

④足の甲の高さに合うようにする

子供の靴にマジックテープのものが多いのは履きやすさだけでなく、動きやすさも考えて作られているからなんです。足の甲の高さも靴選びには大切なポイントで、しっかりと足の形に合わせて甲の部分も固定してあげるとより転びにくく自然に歩行ができます。

⑤靴底は厚すぎず薄すぎず

大人の靴と同じように靴底が厚くて硬いもは動きにくく、逆に薄くて柔らかいものは足が疲れやすいです。子供の靴も同じで靴底は地面からの衝撃を吸収してくれる効果があるため、ある程度厚みのある硬めの靴底がを選ぶのが好ましいです。硬すぎはもちろんよくありませんので、しっかり指の部分が曲がる硬さを選ぶと良いでしょう。

子供靴を選ぶときの注意点

サイズが一番の注意点

子供の足って成長が早い分骨も柔らかく変形しやすい特徴があります。サイズの合う靴を履かないと指先に負担がかかり、土踏まずがしっかり形成されない原因にもなってしまうため要注意です。子供の成長はとにかく早く身長も体重も足のサイズもどんどん変わります。足の大きさが変わると当然靴のサイズも変わります。靴選びの注意点として足のサイズをしっかり把握しておくことが大事です。

子供の足は成長が早いため約半年ごとにサイズが変わるもの。定期的に子供の足のサイズを測っておくと靴のサイズが小さくなったかの判断材料にもなり、靴を選ぶときにも便利です。また子供が少しでも痛いと言い出したら履き替えのサイン。お子さんによってはきつさを感じない子もいるので、きちんとママさんパパさんが定期的にサイズを測りましょう。サイズは一番の注意点です!

子供靴もメーカによってサイズ感が違う

子供靴選びの注意点として、同じサイズでもメーカーやブランドによって靴のサイズ感が多少変わります。そのため選ぶときは靴のサイズ表記だけでなく寸法にも気を付ける必要があるんです!子供によって足の長さが同じサイズでも骨格の違いで横幅や甲の高さは一人一人違いますよね。サイズ表記だけで決めるのではなくしっかりと試着をしてから購入しましょう。

子供靴の買い替えの目安はどれくらい?

子供の靴の買い替え目安ですが、子供の足は1~2歳ごろまでは半年で約1㎝、それ以降は半年で約0.5㎝ずつ大きくなると言われています。子供が靴のきつさを感じたらと言いたいところではありますが、年齢の低い子や靴のきつさをあまり感じない子もいるためそうはいきませんよね。そのため約三か月ごとに子供の足のサイズを測り、サイズが大きくなっていたら買い替えてあげましょう。

なるべく子供の足にぴったりサイズの靴を選ぼう

理想の子供靴のサイズはしっかりかかとが固定され、指先と靴の間に5㎜ほど間が空く大きさ。そうはいっても忙しい育児の中で動き回る子供に靴を履かせながら、一つ一つ見比べるのは難しいですよね。ママさんの体力も削れストレスも溜まってしまいます。なるべくぴったりサイズが好ましいですが、合うサイズが見つからなかった場合は一番近いものを選んであげましょう。

Thumb幼稚園の上履きおすすめ10選!ムーンスターなど人気の靴の選び方は?

まとめ:子供靴選びはサイズ選びが重要!

子供の靴って測り方も選び方もなかなか難しいものですよね。なんとなく選んでしまいがちですが、そうはいっても健康な成長のためには靴のサイズ選びが重要です。子供靴はサイズ選びが大変な分、見た目は可愛く靴を選ぶのは楽しいですよね。可愛い靴を履いて元気に走り回る子供の姿を見れば、靴選びの苦労も吹っ飛びますよ。

子供の靴選びはしっかりと足のサイズを把握しておく必要があります。注意点でも説明した通り子供がなにも言わないからといってサイズが合っているとは限りませんので、定期的に足のサイズを測ってあげましょう。足は体すべてを支える部分なので、健康に成長できるようママさんパパさんが気を付けるようにしましょうね。今回ご紹介した選び方が少しでも参考になれば幸いです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-20 時点

新着一覧