ブルーデージーの育て方まとめ!花言葉や寄せ植えの方法・注意点は?

今はガーデニングは庭がなくても、ベランダやちょっとしたスペースでできますので人気がありますよね。今日はそんなガーデニングに最適なブルーデージーを紹介します。ブルーデージーの花言葉や寄せ植えにする方法を解説しますので、是非参考にしてみてくださいね。

ブルーデージーの育て方まとめ!花言葉や寄せ植えの方法・注意点は?

目次

  1. ブルーデージーってどんな花?
  2. ブルーデージーの花言葉
  3. ブルーデージーの見頃は春と秋
  4. ブルーデージーの基本となる育て方
  5. ①土は乾いてから水をあげる
  6. ②肥料は真夏以外の時期に暖効性化成肥料を
  7. ③植え付けは3月~4月がベスト
  8. ブルーデージーの育て方の注意点
  9. ①花がら摘みは小まめに
  10. ②真夏は風が通る半日陰に移動させてあげよう
  11. ③ブルーデージーは冬は室内管理にするのがベスト
  12. ブルーデージーは寄せ植えにもおすすめ!
  13. ブルーデージーの色を引き立てる為にグリーン系やアリッサム、パンジーを
  14. 斑入りのブルーデージーだと大鉢の寄せ植えでもインパクト大!
  15. 華やかなブルーデージーで、素敵な庭を演出しよう

ブルーデージーってどんな花?

みなさんブルーデージーという花をご存知ですか?ブルーデージーとはとても鮮やかな青色をしている花で、ガーデニングだけでなく寄せ植えにもおすすめの花です。今日はブルーデージーについて詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

ブルーデージーはキク科フェリシア属の多年草

そもそもブルーデージーとはどんな花を言うのでしょうか?ブルーデージーはキク科フェリシア属の多年草になっています。肉厚の葉を多く茂らせるのが特徴で、花自体は細い花茎の上に1個ずつ咲かせます。

名前が似ている花で、キク科キク亜属のデージーがありますが、ブルーデージーはこのデージーに似ている事から名がつけられました。しかし、厳密に言うとキク科キク亜属のデージーとは属が異なります。花は小さめになりますが全体の大きさは1メートル近くなりますので、かなりインパクトのある見た目になります。

日本では一年草とされている

ブルーデージーは多年草となっており、毎年楽しむことができる花ですが、実は日本では多年草になりません。そもそもブルーデージーは原産国が南アフリカですので、寒さには非常に弱いです。ですので、寒い冬にはめっぽう弱くなり、日本の寒い冬を乗り切ることができません。

元々は多年草のブルーですが、日本では基本的には一年草扱いになっており特に地植えでは、毎年花を見ることはまず不可能に近いです。また、湿気にも弱いですので梅雨の時期も注意が必要になります。毎年ブルーデージーを咲かすためには、季節によってブルーデージーの好む温度の場所に移動できるように工夫が必要です。

Thumbベランダでガーデニングがしたい!初心者でもできるおしゃれで簡単な始め方

ブルーデージーの花言葉

花にはそれぞれ花言葉があります。そもそも花言葉とは、その花の見た目や特性、材質などを元に決められます。花言葉の歴史は古く、19世紀の西欧社会が元になっています。その時代の貴族の間で、花を擬人化した詩華集が流行り恋人に対して愛を伝える術として使用されたのが起源となっています。

ブルーデージーは小さな青い花を咲かせる非常に美しい花です。そんなブルーデージーの花言葉、気になりますよね。ブルーデージーはフェリシア属ですが、そのフェリシアとはラテン語の「Felix」が語源となっており、意味としては恵まれているという意味になります。

幸せのカラーである青い花びらが美しく、黄色に管状花とコントラストを楽しむことができるブルーデージーの花言葉は素敵な花言葉が多くなります。花言葉を知った上だとさらに、ガーデニングなどで植えておきたくなりますよ。

代表的な花言葉は「恵まれている」「幸福」「無邪気」といった花言葉です。また、ブルーデージーそのものの見た目から取った花言葉で「美しい」という花言葉もあります。ブルーデージーの花言葉同様に、多くの花を咲かせ美しいブルーデージーは育てるのにもおすすめの花です。

ブルーデージーの見頃は春と秋

ブルーデージーの見頃としては、春と秋になります。3月~5月が主な開花の時期になり最も美しく咲かせます。先程紹介したように、ブルーデージーは寒さと湿気、高温には弱い品種になります。ですので、真夏や真冬はかなり注意して栽培する必要があります。

ブルーデージーは30度未満で花を咲かせますが、逆に30度以上になってしまうと花芽がつきにくくなりますので夏は花を咲かすことは少なくなります。真夏に花を咲かせようと思うと寄せ植えや鉢植えにして、温度管理ができる室内に置いておくことが絶対条件になりますが、温度管理を1日中ずっと行っていないといけないので、難しくなります。

また、ブルーデージーは寒さにも弱く耐寒気温は5度以上になります。5度以上になれば越冬することができますので、寒風や霜にあたらないようにすることが育て方のポイントになります。沖縄のような温かい地域の場合には、冬を越すことができますが、基本的に日本で冬を超すことは難しくなります。

真夏や真冬にブルーデージーを枯らさないためには、鉢植えにして室内にいれたりハウスに入れて、ブルーデージーへの寒さや暑さに対して対策を講じる必要があります。地植えにしておくと、枯れてしまうので注意が必要です。

ブルーデージーの基本となる育て方

ブルーデージーの育て方としては、そこまで難しくはありません。初心者でも十分に育てることができますが、育て方にはポイントがいくつかあります。ブルーデージーは日がしっかりとあたる場所で、水はけがよい場所が好ましくなります。

湿気も天敵ですので、風通しがよい場所だとさらにベストです。地植えにする場合には、これらの条件をしっかりと満たしている場所に植えると、比較的簡単に育てることができます。しかし、地植えよりは気温や湿度でブルーデージーを移動できる鉢植えが育て方としては楽になりますし、花を咲かせやすいです。

では育て方のポイントを紹介します。これから紹介する育て方のポイントを抑えておくと、ブルーデージーの花を咲かせやすいので、しっかりと知っておきましょう。

①土は乾いてから水をあげる

ブルーデージーは、頻繁に水を与える必要はありません。地植えの場合には、雨のみの水で十分です。鉢植えの場合には、土が乾いてから水をあげるようにしましょう。頻繁に水をあげすぎるとブルーデージーをだめにシてしまう危険があります。

真夏や真冬は開花期の時以上に乾かし気味にしてから水をあげるようにしましょう。真夏や真冬はブルーデージー自体の成長が穏やかになりますので、それほど水分は必要ありません。水やりの回数が多くなりすぎると根が腐ってしまいます。根が腐らない程度に水をあげましょう。

②肥料は真夏以外の時期に暖効性化成肥料を

ブルーデージーは肥料も必要になります。まずは植え付けの時に肥料をまぜて植え付けましょう。真夏には肥料は必要ありませんが、春から秋にかけて暖効性化成肥料を少なめに定期的に与え肥料切れにならないようにします。地植えの場合には肥料はいりませんが、生育が悪くなってきた場合にのみ少量与えましょう。

暖効性肥料は週1回程度に与えるくらいの回数で十分です。液体肥料も同様に週1回与えるくらいのペースで大丈夫です。しかし、もしブルーデージーの生育が悪くなってきたら、週1回にプラスして暖効性肥料や液体肥料をあげると成長が回復しますよ。

③植え付けは3月~4月がベスト

ブルーデージーの植え付けとしては3月~4月がベストです。成長しやすい時期ですし、肥料をしっかりと与えることで綺麗にブルーデージーを咲かせることができます。また花が終わったら、植え替えもおすすめです。成長が比較的早いので大きな鉢に毎年植え替えるのが良いでしょう。

植え替えの時に、地上部の2分の1を残して切り戻しするようにしましょう。また植え替えの時に、根を傷つけてしまうとブルーデージーを枯らしてしまうので注意して植え替えすることが大切です。もしも根腐れを起こしてしまった場合には、用土を落としてから植え替えします。

しかし、根腐れをしてしまったブルーデージーは回復が非常に難しいので挿し木をして新しい株を増やしておくようにしましょう。基本的には成長が早いので植え替えをしてもそれほど心配なく成長してくれます。

ブルーデージーの育て方の注意点

ブルーデージーは育成も早いですが、育て方には注意点があります。大きく成長しますのでちょっとした注意点を確認しておけば綺麗に花を咲かせることができます。ではブルーデージーの育て方のポイントを紹介します。

①花がら摘みは小まめに

咲き終わってしまった花(花がら)をそのまま放置しておくと、次の花が咲きにくくなってしまいます。ブルーデージーも花がらを置いておくのは、病気の原因になってしまったりまた花が咲きにくくなってしまう危険がありますので、花がら摘みは小まめにするようにしましょう。

ブルーデージーの花茎の根本を優しく持って小まめに切り取り除きます。枯れた花をみつけたらマメに行うようにしましょうね。そうすることで、また次に綺麗なブルーデージーを咲かすことができます。

また、花がら摘み自体はブルーデージーにかぎらず他の花でも、小まめに行うとよいのでガーデニングをする時には積極的に行いましょう。見た目でも花がらがあるよりも、綺麗な花が並んでいる方が美しくみえますので、枯れてしまった花は摘んでおきましょうね。

②真夏は風が通る半日陰に移動させてあげよう

真冬と真夏はブルーデージーにとってかなり注意しなければならない季節です。基本的に栽培しやすいブルーデージーですが、真夏や真冬は外にそのまま放っておくとすぐに枯れてしまいます。ですので、真夏と真冬は鉢植えなどにして移動させてあげる必要があります。

湿度と高温が苦手なブルーデージーですので、真夏には風通しの良い半日陰に移動させてあげるのがベストです。しかし、炎天下になってくると半日陰でもかなりの高温になっています。そんな場合にはエアコンを効かせた室内に移動させてあげましょう。

③ブルーデージーは冬は室内管理にするのがベスト

ブルーデージーは真冬にもめっぽう弱いです。5度以上の気温がなければ、枯れてしまいますので、冬になると必ず室内に移動させましょう。また、真冬に近くなると霜や寒風も気をつけなければなりません。霜や寒風にあたると枯れてしまいますので、注意が必要です。

温かい地域はもちろん地植えでも越冬をすることは可能ですが、日本では少なくなります。ですので、できたらブルーデージーの植え替えをするときにおお大きい鉢へブルーデージーをうえかえてあげるようにしましょう。

Thumb冬の花で育てやすい種類は?特徴や育て方のコツ・注意点を写真付きで紹介

ブルーデージーは寄せ植えにもおすすめ!

ブルーデージーは育て方も難しくなくグリーンも大きくなりますし、花もたくさん咲かせますので寄せ植えにもおすすめです。寄せ植えの方法としては、高さが高い花から植えていくのがベストです。最初にまず植える花を置いておきバランスを確かめましょう。

ブルーデージーの寄せ植えの注意点

寄せ植えをする時に注意するべきこととしては、同じ環境で育てることができる草花を一緒に植えましょう。また色合いも同系色や反対色にし3色以内にするとうまくまとまって見えます。ブルーデージーは青色の花になりますので、白であったりブルー系の色味をいれると綺麗ですよ。

もちろん反対色を入れるのも綺麗になりますが、少しコントラストが難しくなりますので、初心者の方はブルーデージーなどの青系をメインに入れる場合にはホワイトやグリーン、イエローなどの涼しげな色味を合わせるとしっくりとまとまります。

また、寄せ植えにする植物の数は奇数にすると、まとまりやすいです。カラーリーフプランツなどを入れるなどして、全体的にまとめましょう。ブルーデージー自体大きくなる植物ですので低めの植物や花をいれると良いでしょう。

Thumbガーデニング初心者のための基礎!おすすめの育てやすい花は?

ブルーデージーの色を引き立てる為にグリーン系やアリッサム、パンジーを

ブルーデージーの寄せ植えでおすすめなのが、アリッサムやパンジーがおすすめです。ブルーデージーの青い色を引き立てるので、白いアリッサムやカラーが豊富なパンジーは綺麗に彩ってくれますよ。背が高いブルーデージーの下に花がくる低めのパンジーも調和が取れやすいです。

寄せ植えをするときには、カラーも大切ですが、高低差が十分にある方がまとまってみえます。背の高いブルーデージーを寄せ植えのメインにある場合には、低めのパンジーやアッサムがあると全体的に色がまんべんなくありますのでおすすめです。

斑入りのブルーデージーだと大鉢の寄せ植えでもインパクト大!

ブルーデージーには色々な種類があり、青い色がきれいなブルーデージー以外にも斑の葉が綺麗な種類もあります。斑のブルーデージーはインパクトもありますし、とても人気が高い品種です。寄せ植えにしても、斑の葉だけで印象がぐっと強くなります。

斑の葉のブルーデージーは、ガーデニングにも人気が高く、園芸店では数多く置かれていますので、是非一度検討してみてくださいね。斑入りのブルーデージーも斑なしのブルーデージーも、花自体はブルーの涼しげな花が咲きますよ。

Thumbガーデニング初心者もDIYは意外と簡単にできる!おしゃれな庭を作ろう!

華やかなブルーデージーで、素敵な庭を演出しよう

ブルーデージーは青い色の花が人気の花です。涼しげな印象がありますが、たくさんの花を咲かせますので、ガーデニングだけでなく寄せ植えであったり室内でも楽しめる花です。真夏と真冬など気温に注意が必要ですが、挿し木などで簡単に増やすことができます。

挿し木をしておけば、簡単にブルーデージーを増やすことができますので、是非たくさん増やして、毎年ブルーデージーを楽しんで下さいね。育て方も難しくないので、ガーデニング初心者や寄せ植えをしたことがない人にもおすすめの花ですよ。

青い色合いでありながらも可憐で華やかなブルーデージーは、地植えにしても庭が華やぎますし鉢植えにしても素敵ですよ。おすすめは季節によって移動させることができる寄せ植えや鉢植えです。温度や湿度に注意してあげると長く楽しめる花ですので、是非今年はブルーデージーを植えてみて下さいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-02 時点

新着一覧