アウトドアでコーヒーを美味しく飲むには?おすすめ道具・ドリッパーを紹介

休憩などにコーヒーを飲むことって多いですよね。いつもはオフィスや家で飲むコーヒーですが、たまには外でアウトドアをしながら飲んでみませんか?アウトドアをしながらのコーヒーはまさに格別ですよ。今日はアウトドアでのコーヒーの淹れ方や道具を紹介します!

アウトドアでコーヒーを美味しく飲むには?おすすめ道具・ドリッパーを紹介

目次

  1. 現実から離れてアウトドアでコーヒーを飲もう!
  2. アウトドアで本格派のドリップコーヒーを淹れるおすすめ道具
  3. ①アウトドア仕様の小さめのコーヒーミルがおすすめ
  4. ②折りたためるものが便利!コーヒードリッパー
  5. ③コーヒーフィルター
  6. ④ケトル
  7. ⑤アウトドアの必需品!バーナー
  8. ⑥マグ
  9. ドリップコーヒーの淹れ方とは
  10. パーコレーターがあれば簡単に美味しい本格的なコーヒーが淹れられる
  11. パーコレーターでのコーヒーの淹れ方
  12. パーコレーターでコーヒーを淹れる場合には、コーヒー豆は粗挽きにしよう!
  13. アウトドアならドリップバッグコーヒーでも美味しい!
  14. エスプレッソマシンがあればアウトドアでもエスプレッソが飲める!
  15. たまにはコーヒーを飲むためにアウトドアしてみませんか?

現実から離れてアウトドアでコーヒーを飲もう!

毎日の中で、朝や休憩したい時にコーヒーを飲むことは多いかと思います。しかし、毎日の雑踏から少し離れて今日はアウトドアをしながらコーヒーを飲みませんか?毎日のコーヒーとは一味ちがうコーヒーを楽しむことができますよ。

オフィスで飲むのではなくアウトドアのコーヒーは別格

仕事をしながら、家事をしながら、コーヒーを飲むことはありますが、アウトドアをしながらのコーヒーは別格の美味しさがあります。雄大な景色を見たり、感じながらのコーヒーはまさに贅沢そのもの。

たまには、休日をつかってゆっくりとアウトドアをしてコーヒーを飲みませんか?最高のリラックスをすることができますし、何よりも改めてコーヒーの美味しさを知ることができます。今日はアウトドアで本格的なドリップコーヒーを飲むためのおすすめの道具やドリッパーをピックアップして紹介します。

Thumbキャンプの定番料理を紹介!アウトドアで人気の簡単おいしいレシピは?

アウトドアで本格派のドリップコーヒーを淹れるおすすめ道具

せっかくアウトドアでコーヒーの飲むなら、やっぱり本格的なコーヒーがおすすめ。コーヒーを飲むためだけにアウトドアをしに行くのも素敵ですよね。しかし、本格的なドリップコーヒーを淹れる場合にはそのための道具も必要になってきます。

せっかくアウトドアでコーヒーを飲むなら本格的に淹れよう

コーヒーを飲むために、アウトドアをする場合には本格的な道具を持っていって飲むのがおすすめです。本格的に淹れるとなると、手間も準備もそれなりにかかってしまいますが、やはりそれ以上の感動があります。せっかくアウトドアでコーヒーを飲む場合には本格的なドリップコーヒーを淹れてみませんか?

今日は本格的にコーヒーを淹れるための道具や淹れ方を紹介します。是非参考にしながら、アウトドアでコーヒーを淹れてみて下さいね。

①アウトドア仕様の小さめのコーヒーミルがおすすめ

本格的なコーヒーを淹れるのに必需品になるのが、コーヒーミルです。市販されている予め挽かれた状態のコーヒー豆も良いですが、せっくのアウトドアのコーヒーの場合には直前に豆を挽いてみましょう。コーヒー豆は挽きたて、淹れたてのコーヒーが最高です。

深い味わいを感じるためには、コーヒーミルで淹れる前に挽くのがベストです。そのためのコーヒーミルは、小さめであったりハンディタイプになっているコーヒーミルがおすすめです。新鮮な豆を淹れる直前に挽くとその香りもさることながら味わいも格別です。

前もって挽かれた豆は、酸化してしまいますので、香りも少なく味わいも劣ってしまいます。ですので、コーヒーミルはアウトドアでコーヒーを飲む場合には必ず持っていきましょう。

アウトドアでおすすめのコーヒーミルはポーレックス

コーヒーミルもたくさんありますので、どれが良いか難しいですよね。もしも家でいつもコーヒー豆を挽いている場合には、使い慣れたコーヒーミルをアウトドアの際に持っていってもOKです。しかし、普段使っていない場合には新しくコーヒーミルを購入するのがおすすめ。

おすすめのコーヒーミルはポーレックスのコーヒーミルです。小さくハンディタイプになっていますので、ハンドルも折りたためるため収納もしやすいです。また、セラミックの刃を使って豆を挽きますので、サビを起こすことがなく、長く愛用することができます。

値段も手頃でありながら、とても便利なアイテムです。是非本格的なコーヒーを飲みたい場合には、ポーレックスのコーヒーミルを選ぶのがおすすめですよ。

②折りたためるものが便利!コーヒードリッパー

コーヒーを淹れるのに必要不可欠なアイテムがコーヒードリッパーです。コーヒードリッパーとは、挽いたコーヒー豆をいれてそのうえからお湯を注ぐものです。いわばコーヒーを本格的に淹れる場合に要になるアイテムです。本格的なコーヒーを淹れる時には、金津コーヒードリッパーを購入しましょう。

コーヒードリッパーのおすすめはユニフレームのコーヒーバネット

コーヒードリッパーでおすすめなアイテムが、ユニフレームのコーヒーバネットです。ユニフレームのコーヒーバネットは、針金が輪になっているデザインで、折りたためるので軽量で持ち運びには非常に便利です。ステンレス製になっていますのでサビる心配もいりません。

また、ユニフレームのコーヒーバネットは水で丸洗いできるので、衛生的に使用することができます。ワイヤーで作られていますので、すぐ乾くのもアウトドアに適しているポイントですね。評判もかなり良いコーヒードリッパーです。

焚火台型のコーヒードリッパーや薄さが魅力のテトラドリッパーもおすすめ

ユニフレームのコーヒーバネット以外にも、折りたため安定して使うことが出来る焚火台型のコーヒードリッパーや、組み立ててつかうテトラドリッパーもおすすめです。アウトドアに使用する場合には、簡単に組み立てられかつ持ち運びに楽なデザインが便利ですね。

今はアウトドアショップに行けば、コーヒードリッパーはたくさんの種類が販売されています。一度手にとってみてドリッパーを選ぶのも良いですね。アウトドアで使用する為のドリッパーになりますので、持ち運びしやすく衛生的につかえるドリッパーを選ぶのがおすすめですよ。

③コーヒーフィルター

アウトドアでコーヒーを淹れるために必要になるのがコーヒーフィルターです。コーヒーフィルターは100円均一にも販売されていますが、せっかく淹れるので、少し良いコーヒーフィルターを購入するのがおすすめです。コーヒーフィルターの良し悪しとしては、ドリップする時間が長くなることがポイントになってきます。

良いコーヒーフィルターはドリップを時間をかけて行いますので香りも十分に引き出してくれます。コーヒーフィルターは100円均一以外でも、それほど高いものではありません。ですので、いつもと違うフィルターをおすすめします。

④ケトル

コーヒーを淹れるためのお湯を沸かすために必要になるのがケトルです。ケトルときくとやかんのようなデザインを考えますが、今は実にケトルの種類も多くあります。コーヒーを飲むためのケトルや、食事にも使うことが出来るケトルまで、たくさんありますので自分にとって必要になるケトルを選びましょう。

おすすめのケトルはコールマンのケトル

コールマンのケトルは熱伝導率が良く素早くお湯を沸かすことができます。ケトルで良くあるのが、傾けたら蓋がずれてしまったり、落ちてしまうことですよね。コールマンのケトルだと、傾けても最後まで蓋が外れることがないので、ストレスフリーになります。

アウトドアを良くする場合には、鍋としても使えるケトルも◎

コーヒーを飲むためにアウトドアをする場合には、やかんタイプのケトルで十分ですが、もしも登山やキャンプといったアウトドアをされる場合には、鍋として使えるタイプのケトルもおすすめです。

スノーピークのケトルは、焚火や炭火にも十分に耐えることが出来るボディと、吊り下げるための取っ手がついていますので、吊り下げて温めることができます。ラーメンなども簡単に作ることができますので、アウトドアを良くする場合にはおすすめです。

⑤アウトドアの必需品!バーナー

アウトドアでコーヒーを飲む時にお湯を沸かす為の道具がバーナーです。バーナーはアウトドアをする際に必須のアイテムとなりますので、1つ持っておくのが便利です。バーナーでおすすめなのが、プリムスのアウトドアバーナーです。

ウルトラバーナーは4本の五徳がありますので、安定してケトルを置くことができます。また、ウルトラバーナーは火力も強いので鍋やケトルで多くのお湯を沸かす際にも楽々沸かすことができますよ 。

Thumbアウトドアグッズのプレゼントにおすすめなのは?便利で喜ばれるものまとめ!

⑥マグ

コーヒーを飲むのに、マグは必須の道具になりますが、基本的にはどんなマグでもOKです。しかし、陶器などのマグは割れる可能性がありますし、アウトドアで運ぶのに少し重くなります。またプラスチックだと、熱いお湯を淹れると変形してしまう可能性があります。

耐熱温度などをしっかりと確認しながら、選ぶようにしましょう。おすすめのマグは、ステンレス製のマグです。ステンレス製のマグは多くのアウトドアメーカーから販売されていますので、色々検討してみましょう。

ステンレス製のマグは保温効果が高いのでアウトドアでおすすめ

ステンレス製のマグでもコールマンから販売されているダブルステンレスマグはステンレスの2層構造になっており、保温性が高くアウトドアでコーヒーを飲むにはおすすめの道具です。口当たりもステンレス製のマグはとえも良いです。

値段もお手頃なので、夫婦やアウトドアするメンバーでそろえても素敵ですね。コールマン以外でもステンレスマグはアウトドア用品店で多く種類がありますので、一度手に取ってみてみてくださいね。

ドリップコーヒーの淹れ方とは

道具がそろったらコーヒーを淹れていきましょう!本格的なドリップコーヒーの淹れ方って難しいと思うかもしれませんが、実は淹れ方を覚えてしまえば簡単です。せっかくのアウトドアでのコーヒーなので、本格的に淹れてみましょう。

①お湯を沸かしコーヒー豆を挽いておく

まずはケトルに水を入れてお湯を沸かしましょう。バーナーに火をつけて、お湯を沸かしている間に、コーヒーミルを使用してコーヒー豆を挽きます。慣れるまではお湯をわかす前に挽いていてもよいですが、できればコーヒーを淹れる直前に挽くのがベストです。

②コーヒーフィルターにコーヒー豆をいれる

コーヒー豆を挽いたら、フィルターに挽いた豆をいれましょう。豆は挽いた分たっぷりといれるのが淹れ方のポイントになります。また、ムラなくお湯を注ぐためにも、豆をいれたら軽くドリッパーをふって表面を平にしておきましょう。

③中心にお湯を注ぎ1分蒸らしてから円を描くように注ぐ

豆をフィルターにいれたら、沸かしたお湯を注ぎましょう。ここで淹れ方で最大のポイントになるのが、蒸らすことです。少量のお湯を注いだら20秒~1分ほどそのままにして蒸らします。

この蒸らしという工程は、コーヒーに含まれるガスを出すことでお湯が馴染みやすくなり、その後お湯の通り道ができるので美味しさがアップさせるために大切な工程になります。ポタポタとお湯が滴ってくるまで、ゆっくりと待ちましょう。

蒸らしが終わったら、のの字を描くようにお湯を注ぎましょう。一気にお湯を注ぐのではなく、1回目は80cc程度、その後40cc、20ccと三回に分けて注ぎます。お湯がコーヒーから3分の1程度になったら次のお湯を注ぐのがベストです。

お湯の温度は90℃程度がベストになります。お湯も沸かしたての方がよいので、火を弱火にして温度を保つようにしましょうね。

パーコレーターがあれば簡単に美味しい本格的なコーヒーが淹れられる

アウトドアに、これだけの道具を持っていくのはちょっと難しい、と思う方におすすめなのがパーコレーターです。パーコレーターがあれば、簡単に美味しい本格的なコーヒーを淹れることができます。パーコレーターは、アウトドアに最適なコーヒーメーカーで、自分で濃度を決められるのもおすすめポイントです。

パーコレーターは簡単に美味しいコーヒーができる

パーコレーターは直火にかけてコーヒーを抽出します。非常に丈夫で、蓋の部分からコーヒーの色を見て頃合いを未図ります。味はドリップコーヒーに比べて、かなりストロングです。朝の一杯目に最適なコーヒーになります。

パーコレーターでのコーヒーの淹れ方

では、パーコレーターでのコーヒーの淹れ方とはどうやるのでしょうか?パーコレーターは道具も少なくすみますし、美味しく淹れることができますので、しっかりとコーヒーの淹れ方を覚えておきましょう!

①パーコレーターに水を入れてコーヒー豆をバスケットにいれる

まず、パーコレーター内にあるバスケットを取り出しておき、パーコレーターに飲みたい量のお湯を淹れて沸かしておきます。そして、その間にコーヒーミルでコーヒー豆を挽いておきましょう。

豆を挽いて、かつお湯が湧いたらバスケット内にコーヒー粉をいれます。この時にコーヒー粉はバスケットの半分程度まで淹れておくのがベストです。また、こちらもドリップコーヒーと同様に平にしておきましょうね。

②弱火で5分程度抽出する

その後バスケットをパーコレーター内に入れて弱火で5分程度沸かします。この時に、5分とはあくまで目安になります。蓋から、コーヒーの濃度をしっかりと確認しておきましょう。もしも、薄めが好きな場合には早めに火から下ろすようにしましょう。

③つまみかた好みの色のコーヒーになるかを確認し、マグに注ぐ

蓋からコーヒーの色を確認し自分の好きな濃度になったら、火から下ろしてマグに注ぎましょう。パーコレーターの淹れ方は非常に簡単ですので、アウトドアが初心者の方でも扱いやすいですよ、j

パーコレーターでコーヒーを淹れる場合には、コーヒー豆は粗挽きにしよう!

パーコレーターでコーヒーを淹れる時に注意シておいて欲しいのが、コーヒー豆をミルで挽く際には、かならず中挽きか粗挽きにしましょう。あまり細かく挽いてしまうと、コーヒー粉がまじってしまいます。かならず粗挽きか中挽きにするようにしましょう!

しかし、粗さの中で中挽きや粗挽きであっても、微妙に粗さを変えてみると味わいにも変化が現れます。パーコレーターでの淹れ方に慣れてきたら、是非その微妙な変化で起きる味わいの違いも楽しんでみて下さいね。

アウトドアならドリップバッグコーヒーでも美味しい!

パーコレーターやドリップコーヒーがまさに理想ですが、急に思い立ってコーヒーを飲みに行く場合には、いちいち道具を用意しておくことができませんよね。また、コーヒー豆を買いに行かなければならなかったりすると、アウトドアをしている時間が減ってしまいます。

そんな時におすすめなのが、ドリップバッグコーヒーです。いわゆるインスタントコーヒーになるのですが、粉を淹れて作るインスタントコーヒーに比べて、深い味わいがありますし、香りも引き立ちます。

ドリップバッグコーヒーはすぐに飲む事ができ、片づけも簡単にできる

ドリップバッグコーヒーなら、簡単に淹れることができますし、その人の腕に左右されない安定した味わいをキープすることができます。しかも、簡単に片づけもできますので、ドリップバッグコーヒーもおすすめです。

今はたくさんの種類のドリップバッグコーヒーが販売されていますので、このような時のためにいくつか用意しておくのも良いですね。

エスプレッソマシンがあればアウトドアでもエスプレッソが飲める!

番外編になりますが、今はハンディタイプのエスプレッソマシンも販売されています。こちらのエスプレッソマシンだと、加圧抽出型になりますので、電気も必要ありません。ですので、アウトドアに持っていくのにおすすめのエスプレッソマシンです。

アウトドアで作ることが難しかったカフェラテやカプチーノも楽しむことができますので、女性には嬉しいですよね。また、直火タイプのエスプレッソマシンもあり、アウトドアをしながらも本格的なエスプレッソをあじわえます。

おすすめの直火タイプのエスプレッソマシンはビアレッティ社のモカエキスプレスです。老舗の定番モデルはやはり安定した味わいのエスプレッソを作ることができますよ。

たまにはコーヒーを飲むためにアウトドアしてみませんか?

美味しい空気と雄大な景色を感じながら飲むコーヒーは、まさに最高の贅沢ですよね。綺麗な空気を体一杯感じながら、美味しい本格的なコーヒーを楽しみましょう。アウトドアをして、コーヒーを楽しむのも良いですが、たまにはコーヒーのためだけに外に行ってみませんか。

コーヒーを淹れる道具を一式もって、たまには自然を感じながらコーヒーを飲んでみましょう。淹れ方自体は、それほど難しくはありませんので覚えてしまえば、簡単に本格的なコーヒーを飲むことができます。是非休日に試してみて下さいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-17 時点

新着一覧