財布の寿命はどれくらい?買い替え時や長く使う人が気をつけていることは?

毎日絶対に身につけることがあるのが、財布ですね。財布は毎日使うもので、意外と人の目に触れることが多いアイテムです。しかし、その財布いつからつかっていますか?実は財布にも寿命があります。財布の寿命を知って、ベストタイミングで買い替えましょう!

財布の寿命はどれくらい?買い替え時や長く使う人が気をつけていることは?

目次

  1. 持っている財布寿命かも!ボロボロになっていないか?
  2. 財布の寿命は約1000日
  3. 大切な財布は使った年数を寝かしてあげよう
  4. 財布の寿命オーバー、買い替え時のチェック項目
  5. ①金具や糸がほつれてきていると寿命に近づいている
  6. ②生地が擦れてしまって破けたり革の色落ちをしている
  7. ③形が崩れてきてしまったり、型ズレをおこしている
  8. ④かなりの年月同じ財布をつかっている
  9. チェックが1つでも当てはまったなら、財布の寿命!
  10. 財布を買い替えるベストタイミング【春財布】とは
  11. 財布が寿命になるまで長く綺麗に使う為のポイント
  12. ①革財布の場合には、革専用クリームでメンテナンスを
  13. ②寿命まで使うなら後ろのポケットには絶対にいれない
  14. ③用途別で財布を使い分けるのがベスト
  15. 傷んだ財布は寿命!思い切って買い替えて運気も呼び込もう!

持っている財布寿命かも!ボロボロになっていないか?

財布は自販機であったりコンビニであったりと、何かと使うことが多いですよね。毎日使うと言っても過言ではない財布ですが、その財布ボロボロになっていませんか?実は財布でボロボロになっていると、見栄えももちろん悪いですし、運気もあまりよくありません。

しかし、仕事をし始めた記念に購入した財布であったり、プレゼントしてもらった財布であったりと、思い入れがある財布だと中々買い替える気になりませんよね。しかし、財布は長い間使うのではなく定期的に買い替えるのがベストです。

財布の寿命っていつ?

買い替えるといっても、やはり綺麗なままの状態で財布が残っていると交換する気持ちになりにくいです。中々買い替えるタイミングって図りにくいですよね。また、思い出のある財布ならなおさらです。

では、財布の寿命とはどんな状態になった時なのでしょうか?財布を長く使うのはいいですが、そもそも財布の寿命とはあるのでしょうか?今日は財布の寿命や平均使用年数などについて紹介しますので詳しくみていきましょう!

Thumb風水から見る財布の色の選び方!使い始める時のポイントについても調査

財布の寿命は約1000日

気になる財布の寿命ですが、財布の寿命は約1000日といわれています。1000日となると、約3年ほどを目安に交換することが適しているとなります。財布は毎日身につけるものでありますので、良くも悪くも運気に影響を与えてきます。

寿命の1000日以上過ぎてしまった財布は買い替えるのがベスト

財布は3年たってしまうと、元々もっているエネルギー自体なくなってしまいますので、運気が下がってしまうと風水では言われています。ですので、1000日を超えた場合には、財布は買い替えましょう。

財布を買い替えるには丁寧に使っていたり、見た目も綺麗であっても目安としては1000日になります。風水は気にしないという人であっても3年以上経過してくると、財布の隅が傷んできたり、ほつれてきていることが多くなります。一目に付きやすい財布ですので、あまり経年劣化しているものは新しいものに交換するのが良いでしょう。

最も良い買い替え年数は1年!

財布の寿命は気になりますが、財布が綺麗だと買い替えにくいですよね。しかし、最もよい財布の買い替えタイミングは1年といわれています。1年経過すると、定期的に財布を買い替えるのがベストです。1年となると、あまり高価な財布は購入できませんよね。

しかし、メリットもあります。財布などはおしゃれの一部になりますよね。ですので、毎年流行りの財布を購入したり、デザインやカラーを色々とチャレンジすることもできます。今は高い財布でなくても、おしゃれで機能的な財布がたくさんありますので毎年買い替えるのもおすすめです。

Thumb財布で使いやすい物はどれ?レディースのおすすめブランドランキング

大切な財布は使った年数を寝かしてあげよう

しかし、記念に奮発して買った財布などは、やはり3年程度で買い替えるのは、難しいですね。高価な財布や思い入れのある財布は、手放したくないのが本心です。そんな場合には、使った年月だけ財布を寝かしてあげましょう。

そうすることで、また財布はエネルギーを持つことができるようになります。お気に入りの財布であれば、また使いたくなりますよね。そうするためにも、一度使った場合には使った年月だけ寝かして、また使ってあげましょうね。

そして寝かしている間に、別の財布で運気を上げておきましょう。財布は毎日使うものになりますので、買い替えるタイミングが難しいですが寿命となる3年や平均使用年数を超えた場合などを目安に買い替えると決めておくのも良いですね。

Thumbおしゃれな財布ご紹介!レディースブランドでおすすめなのは?

財布の寿命オーバー、買い替え時のチェック項目

財布の寿命として、約1000日と上げましたが、実際にはその日数を過ごしたのではなくボロボロになってきてしまったら買い替えのタイミングになりますよね。傷んできてしまったり、形が崩れてしまうなど、財布の本当の寿命になります。

財布の寿命かもと感じるために、一度自分の財布をチェックしてみよう

自分の財布がどのような状態になっているかを年に1回確認してみましょう。財布の寿命は1000日と目安では紹介しましたが、もしも傷んでいる状態なら1000日に達していなくても買い替えるのがベストです。

毎日使う財布であっても意外と良くみる機会って少ないですよね。良く観察してみると意外とあちこちが傷んでいることもあります。では、財布の買い替えるタイミングや寿命となる状態を紹介します。

Thumbピンクの財布で運気がアップ?風水での意味やその効果を詳しく解説

①金具や糸がほつれてきていると寿命に近づいている

財布の状態を確認して財布のファスナーや金具が壊れていませんか?毎日使う財布で、小銭入れなどに使われているファスナーなどは壊れやすいです。ファスナーが壊れていても、使っていたり糸がほつれてきていると財布の寿命になり買い替えのタイミングになります。

ファスナーは壊れていても修理しにくくなりますし、糸がほつれてきたら、見た目はもちろん使いだっても悪くなります。またボタンなどの金具も壊れていたりすると、寿命になりますので思い切って買い替えを検討しましょう。

②生地が擦れてしまって破けたり革の色落ちをしている

男性に多いのが、ポケットにいれて財布を持ち歩いていることです。そうなると、生地が破けてしまったり、革の財布になると色落ちをしてしまっていることが多くなります。綿や化学繊維がメインの財布だと、擦り切れてしまい生地が薄くなっていることも。

そうなると、財布の寿命になります。生地が擦れてしまっている財布や、色落ちがしてしまっている財布は買い替えましょう。長く使うことは大切なことですが、財布の場合財布そのものにダメージが強い場合には、買い替え時になります。思い切って交換しましょう。

③形が崩れてきてしまったり、型ズレをおこしている

財布の形が崩れてしまっていたり型ズレをおこしていませんか?カバンに入れていたり、狭いポケットにいれていると、財布の形が崩れてしまいます。特に後ろのポケットに入れていると、財布が変形してしまったり、両方がうまく合わさらない場合があります。

特に革の財布の場合だと、一度型ズレをしてしまうと革にラインが入ってしまったり、修復することが難しくなります。そうなると、財布は寿命となりますので、買い替え時期になります。一度財布を見てみて、裏表でズレていると買い替えを検討しましょうね。

④かなりの年月同じ財布をつかっている

お気に入りの財布であったり、使い勝手がよい財布だと、多少のダメージがあっても長い期間使ってしまいますよね。もちろん長い間丁寧に使うことは、物を大切にするという点ではとても素敵なことです。しかし、かなりダメージがあったり、長い年月を使っている場合には、買い替えを考えてみるのも。

先程紹介したように、財布は1000日程度で財布がもっているエネルギー自体は少なくなってしまいます。新しい財布に交換すると、運気も一緒にもってくると風水ではいわれています。ですので、長い年月使っている財布であれば買い替えを検討してみましょう。

チェックが1つでも当てはまったなら、財布の寿命!

今紹介した財布の寿命となるポイントで、1つでも当てはまる場合には財布の寿命になりタイミングとしては交換するのがベストです。実は財布の平均の使用年数は短く約2年になります。多くの人が平均2年を目安に交換していることになります。

平均は2年程度の使用年数になりますがもちろん平均よりも長い人や、平均よりも短い期間の人もいます。平均2年という数字と、財布の寿命の目安が1000日という数字を考えて、買い替えしてみるのも良いですね。

ボロボロの財布を使うのではなく、大切な財布であっても思い切って寿命とし買い換えよう!

財布の使用年数の平均としては約2年になりますので、多くの人は寿命になる前に交換していますが、やはり大切な財布になると交換ししずらいですよね。しかし、財布は意外と人の目につきやすいので、ボロボロの財布であったり、ほつれている財布はマイナスイメージになります。

大切な財布だからこそ、思い切って新しい財布に交換して思い出として大切な財布を保管しておくのも良い方法ですね。平均としては2年ほどの使用期間になりますので、一つの目安として考えてみましょう。

Thumbミニマリストが愛用する財布は?すっきりさせるコツとアイデアのまとめ

財布を買い替えるベストタイミング【春財布】とは

財布の交換する時期で良くいわれるのが春財布という言葉。一度は聞いたことがあるのではないでしょか?春財布とは一体どのような意味があるのでしょうか。

【春財布=張る財布】で買い替えるのに縁起が良いとされている期間

春財布とは、新年の金運が上がることを願って財布を新調することで、その適している時期のことを言います。暦上で春という季節に購入する財布は張る財布として、縁起がよいとされています。では春財布を購入する時期とはいつからいつまでを指すのでしょうか。

春は暦上では立春である約2月4日前後~啓蟄である3月上旬になりますが、人の解釈によって異なってきます。中には当時を過ぎたら春、という人もいますので、初夏になる時期までに購入するのがベストです。

もしも、財布に寿命がきて新しく購入する場合には、縁起をかついで春財布にするのも良いですね。また逆に秋に購入する財布は空き財布といって、縁起がよくないとされていますので、注意しましょう。

Thumb30代におすすめの財布人気ランキング!女性・男性向けブランドまとめ

財布が寿命になるまで長く綺麗に使う為のポイント

財布は平均2年前後の使用期間と、寿命となるのが1000日程度になりますので、長く使用することになりますが、乱雑に使用していたら3年ももたずに寿命が来てしまいます。財布はお金を出し入れする大切なアイテムです。

ですので、しっかりと手入れをしてメンテナンスをしベストタイミング買い替え時期を待ちましょう!では財布を長く使うためにしておくべきことを紹介します。

①革財布の場合には、革専用クリームでメンテナンスを

財布でも革財布はメンテナンスが重要になります。本革などの財布は使えば使う程味がでますが、メンテナンスを十分にしておかないとダメージをもろにうけやすくなりますので、寿命も一気に短くなってしまいます。ですので、革財布の場合にはしっかりと長く使うために日ごろから手入れをしておきましょう。

革財布の場合には革用のクリームを使用します。革用のクリームとは、革靴のクリームでもOKです。革靴の売り場に置いていることもありますし、革財布の専門店であれば必ず置いているので一緒に購入しておきましょう。また、通販サイトでも簡単にてにはいりますので、購入しておくのがおすすめ。

革用クリームは約1000円程度でてにはいります。1ヶ月に1回程度で十分なので、革用クリームを財布に塗ってあげましょう。塗る前には汚れを拭き取っておき、丁寧に塗ってあげると光沢がでて良い味がでてきます。革財布は長く使うことができますので、メンテナンスをしておくと綺麗に使うことができますよ。

Thumb革財布の手入れ方法!黒ずみや汚れの落とし方・長持ちさせるコツを紹介

②寿命まで使うなら後ろのポケットには絶対にいれない

財布を長く使うポイントとして、後ろのポケットにはいれないことです。男性はよくしてしまいますが、女性でもパンツの時に後ろのポケットに入れてしまっていませんか?パンツの後ろポケットに入れてしまうと財布のは傷みやすくなります。

あまり気にならないかもしれませんが、お尻は座っていたりして汗をかいている事が多いです。汗が染みてしまい財布を傷めてしまい寿命を短くしてしまう原因になります。また、座っていると財布に負荷が強くかかりますので、型ズレをおこしてしまうことも。

そうならないためにも、財布を持つ時にはカバンを持っておきましょう。カバンをもちたくない人の場合には、財布は小ぶりのものにして、座る時などは財布をポケットからだしておくなど工夫をしましょう。また長財布の場合には、防犯の意味もいれて、カバンを持つようにしましょうね。

③用途別で財布を使い分けるのがベスト

財布を長く使うためには用途別に財布を使用するのがベストです。小銭は小銭入れに、カードもカードケースにいれておくなど使い分けるのが最も財布を長く使うことができます。こうすることで、財布のダメージを最小限にすることができますし、パンパンにならないので財布の寿命をのばし長く使うことができます。

しかし、お札はお札専用の財布に、小銭は小銭入れに、カードはカードケースにとなると、全ての財布を揃えるのにコストもかかりますし、何よりも会計時に面倒になってきます。もちろん全て分けるのが、最も財布を長く使うことが出来るのですが、使い勝手が悪いと長く使うことができませんよね。

おすすめとしては、カードとお札は一緒にして小銭は小銭入れを購入することです。これだと、コンビニなどのちょっとした買い物の場合には小銭入れだけで十分ですし、使い勝手も悪くありません。ですので、お札入れと小銭入れの2つの財布を用意するのがベストです。

Thumbミニウォレットが人気急上昇!ミニ財布の可愛いプチプラブランドを紹介

傷んだ財布は寿命!思い切って買い替えて運気も呼び込もう!

財布は平均2年程度の試用期間で、寿命自体は1000日になりますので、それを目安に交換するのが良いでしょう。もちろん、それぞれベストタイミングがありますので、自分にとってよいタイミングで交換するのが良いですが、思ったよりも傷んでいたり長く使っている場合には、思い切って買い替えを検討しましょう。

意外にも人に見られていることが多いですし、運気が下がってしまうのは嫌ですよね。財布は毎日使うものですので、大切な財布であっても買い替えるのが良いこともあります。

寿命になるまで、綺麗な状態を保つことも大切

また、買った財布は寿命をもたせるためにも、メンテナンスはしっかりと行いましょう。綺麗に使うことはやはり気持ちが良いですよね。そのためにも、月1回のメンテナンスと日ごろの注意を守り財布を長く使いましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-14 時点

新着一覧