軽量ベビーカーのおすすめまとめ!軽さで選ぶ折りたためて便利なのは?

子どもの月齢が上がってきたら、そろそろ軽量ベビーカーで沢山お出かけしたいと思うお母さんは多いと思います。でも何を基準に選んだら良いのか難しいですよね。ここでは軽くて簡単に折りたためる、便利な軽量ベビーカーについて紹介しちゃいます。

軽量ベビーカーのおすすめまとめ!軽さで選ぶ折りたためて便利なのは?

目次

  1. ベビーカーは軽量に限らず数え切れないほど種類がある!
  2. まずはベビーカーの基本!軽量ベビーカーはB型の事!
  3. 軽量ベビーカーのメーカーだけでも沢山!
  4. 人気のベビーカー有名メーカーを抑えよう!
  5. 新発売の軽量ベビーカーは要チェック!
  6. 軽さ重視のベビーカーで移動も楽々!
  7. 見栄えも大事!おしゃれな軽量ベビーカー
  8. 低予算で抑えたい!安くておすすめの軽量ベビーカー!
  9. 容量重視したい人には大容量の軽量ベビーカー
  10. 折りたたみが簡単!手間いらずの軽量ベビーカーはこれ!
  11. 更に軽量&低価格を求める人にはベビーバギーも!
  12. その他人気の軽量ベビーカーを紹介
  13. レンタルもできる軽量ベビーカー
  14. 軽量ベビーカーに必須の付属品も揃えると便利!
  15. 軽量ベビーカーについてまとめ!

ベビーカーは軽量に限らず数え切れないほど種類がある!

可愛い赤ちゃんとのお出かけに必須のベビーカーですが、店頭でパッと見ただけでも色んな種類のベビーカーが出ていて何を買えば良いのか迷ってしまいますよね。ここではベビーカーの種類から、特にお出かけに便利なおすすめの軽量ベビーカーについて詳しく紹介していきたいと思います。

まずはベビーカーの基本!軽量ベビーカーはB型の事!

まず最初にチェックしていただきたいのは、ベビーカーにはA型とB型があるという事です。これは日本のSG基準(安全基準)にて定められている規定の事となります。店舗には沢山のベビーカーが並んでいますので、まずどのようなベビーカーを購入したいのかを明確にしておく事が必要です。では実際にA型とB型のベビーカーの違いは何かを確認していきましょう。

まずA型ベビーカーですが、生後一ヶ月頃~2歳頃まで使用出来る物が多く対面式が可能です。中には4歳頃まで使用可能なベビーカーもあります。B型より重く値段も高い為手軽に買い物をするのが目的の方には向きませんが、その分安定性が高く水平にリクライニング出来るので、首据わり前の赤ちゃんには安心でおすすめです。

逆にB型は7ヶ月以降のお座りが出来る状態の赤ちゃんが使用する事が可能で、リクライニングや対面式の機動はあまり良くない分軽くてコンパクトな作りの物が多く簡単に折りたたみ可能なベビーカーが多いです。ただし最近では対面は無理でもリクライニングは水平に近い物も出ています。

それぞれに特徴はあって作りも異なっていますが、最近はA型でも比較的軽量出会ったり、B型でも上述した通りリクライニングが水平に近い所まで倒せるといったベビーカーも人気で、様々な種類が販売されています。では早速どんなベビーカーがあり、何がおすすめなのかを順番に見て行きましょう。

ThumbベビーカーのB型とは?正しい選び方とおすすめの人気アイテムまとめ

軽量ベビーカーのメーカーだけでも沢山!

一言で軽量ベビーカーと言っても、有名メーカーのコンビやアップリカから海外ブランドのマクラーレンやグレコ、他にもあまり知られていないメーカーのベビーカーまで本当に数えたらキリがありません。軽量だけどおしゃれだったりバスケット容量が多かったり、色々な特徴があるので併せて紹介をしていきますので、何を重点に置いて購入するのかを考えて選んでくださいね。

人気のベビーカー有名メーカーを抑えよう!

まずは日本二大ベビーカーメーカーのアップリカとコンビについて紹介します。メーカーによって特徴は様々ですが、こちらの2メーカーは有名で人気もあるだけあって機能も抜群です。迷った時はいずれかに絞るというのもありかもしれませんね。

アップリカはラインナップ豊富

まずアップリカは「その笑顔には、理由がある」というコンセプトを元に、独自の品質基準や赤ちゃん工学などから導き出された使い心地抜群のベビーカーを追求しています。ラインナップも非常に豊富でアップリカの中で選ぶだけでも目移りしてしまう程です。値段については少し高めの設定が多いですが、おしゃれで可愛いと人気があるメーカーになっています。

アメリカにも進出しているコンビ

一方コンビは赤ちゃんとお母さん両方の快適性を追求したベビーカーが多く、両方に使いやすいと人気のある商品が並んでいます。多機能なマルチタイプのベビーカーもあるのでライフスタイルや好みに合わせたベビーカーをチョイスする事が出来ます。デザインはアップリカには及ばないようですが、アップリカと併せて人気のメーカーとなります。

新発売の軽量ベビーカーは要チェック!

下記で紹介するベビーカーは新発売のベビーカーとなります。紹介したベビーカーに限らず新しい物をチェックすれば機能が追加されていたりすることもありますので、これから購入を考えている人は下記のベビーカーを参考に、新しく出る軽量ベビーカーをチェックしてみてはどうでしょうか。

ラクーナのソファークッション

こちらのベビーカーは振動吸収率をソファークッションで上げて安心の乗り心地を実現しています。また特殊な構造で赤ちゃんの自然な姿勢を妨げずに成長をサポートしてくれます。実はこちらはA型ですが、重量が5.5キロとA型の中では軽量で、押し心地も軽やかな為お母さんもお出かけ時快適に過ごす事が出来るようになっています。

軽さ重視のベビーカーで移動も楽々!

とにかく何を置いても軽いのが良いという方は多いと思います。持ち運びにも便利ですし、お母さん一人でもお出かけがしやすいですよね。重いというだけで公共交通機関への乗り降りが大変だったりするので、まずとにかく軽量という点に重きを置いているベビーカーを紹介します。

リッチェルのカルガルー

とっても軽い事で有名なリッチェルの「カルガルー2017」はなんと2.8キロという軽さです。軽いけどハイシートで折りたたみも自立してくれてカラー展開があるのでおしゃれです。幌が小さくリクライニング不可ですが、軽さをひたすら重視するならこちらはおすすめですよ。お値段も24000円と比較的お手ごろ価格です。

アップリカのマジカルエアー

アップリカの「マジカルエアー2015」は重さ2.9キロとカルガルーとほとんど変わりません。こちらは嬉しいリクライニングもついているので乗り心地もそれなりにあるようです。バスケットと幌が小さいのが短所ですが、気にならないお母さんでしたら是非一度見てみてはいかがでしょう。

マクラーレンのマーク2リクライン

こちらは海外ブランドで有名なマクラーレンのマーク2リクラインというベビーカーです。3.3キロと十分な軽さなのでお母さんも嬉しいですし、マクラーレンというだけでちょっとおしゃれな気持ちになりますね。リクライニングもバスケットもしっかり付属していますが、折りたたみ時に自立しないのとシートが46.5センチと他に比べると低めなのがちょっと懸念点です。

見栄えも大事!おしゃれな軽量ベビーカー

軽いのもそうだけどおしゃれなベビーカーが良いというお母さんの為に、見栄えも大切にした可愛い軽量ベビーカーをチェックしましょう。最近はカバーも変えられるベビーカーがあるので、気分を変えたい時にはピッタリですね。

マクラーレンのVolo

マクラーレンはシンプルなデザインで有名ですが、こちらのVoloシリーズは4.6キロとまあまあ軽量で、メッシュ素材で通気性があり押しやすさもあるのでおすすめのベビーカーです。デザインが非常に豊富なので被ることも少なく、どれを選んでもおしゃれに決まりますので、おしゃれさを追求したい方には是非おすすめですよ。

ピジョンのビングル

こちらもベビーメーカーで有名なピジョンから販売されている軽量ベビーカーです。幌が明るい水色や赤、黒と白のストライプというおしゃれなラインナップです。バスケットの周囲の色味が幌と同色なので見ているだけで可愛くつい乗せたくなってしまいます。もちろん軽量の3.6キロで、バスケットの容量が大きいのもポイントです。

低予算で抑えたい!安くておすすめの軽量ベビーカー!

ベビーカーは欲しいけどどれぐらい使用するか分からないし、出来るだけ安く済ませたいというお母さんにも安心な低予算ベビーカーを紹介します。安くても機能性十分なベビーカーはありますので、是非参考にしてください。ただし、乗心地などが落ちる可能性があるので、必ず腰が据わった赤ちゃんから使用してください。

ジープスポーツのスタンダードベビーカー

こちらは四駆車で人気のあるアメリカの自動車メーカーである「Jeep」のベビーカーです。シンプルさがおしゃれと人気があります。タイヤが大きい為振動が少なく安定した走行が可能です。段差にも強く、ひたすら赤ちゃんへの振動に優しいベビーカーとなります。値段は桁違いの9200円〜ですが、重さは5キロと少しだけあるのでそれだけ注意です。

Newox

こちらは価格10800円という安さですが、ハイシートで3.6キロという軽量さであり、ハンドルの角度まで調整可能でお母さんにも優しい設計という事でおすすめのベビーカーです。片手開閉も可能な為、安くて機能性が高い事で人気のベビーカーですよ。

容量重視したい人には大容量の軽量ベビーカー

赤ちゃんを連れて買い物をした際に大量の荷物をどうしたら良いのかと途方に暮れる事もあります。そんな時に荷物を丸ごと入れておけるバスケットがあると助かりますよね。容量のあるベビーカーをチェックして、快適に買い物をしちゃいましょう。

こちらはアップリカのラクーナライトです。ハイシート&大型バスケットで赤ちゃんの安全を守りつつお買い物を沢山したいお母さんにも優しい設計で、バスケット容量は20リットルという優れ物です。A型にも関わらず4.9キロという軽さですので、他の軽量ベビーカーより重くてもしっかりした物が良いという方にはピッタリですね。

リッチェルのリベラフルエ

こちらは何と驚きの大容量26リットルです。オムツを購入しても軽々収まってしまうので買い物には大変便利ですね。座る部分が広く作られているので窮屈な思いもすることがありません。ただし、リクライニングがなく開閉にコツがいるという事なので、ベビーカー初心者の方は必ず店頭で開閉チェックをするのをおすすめします。

折りたたみが簡単!手間いらずの軽量ベビーカーはこれ!

軽量ベビーカーはどれも比較的折りたたみが簡単に行えます。それでも折りたたみにくいベビーカーもあるかもしれませんので、簡単に折りたためるベビーカーを紹介します。

ピジョンのパタン

ベビーメーカーのピジョンから販売されているこちらのベビーカーは重量4.7キロとまあまあの重さで片手で楽に折りたたみ可能なベビーカーです。ポキットと同様小さく折りたためるので持ち運びが便利です。折りたたみは3アクションで可能で、ロック解除後ハンドルを前に押し倒し、そのまま後方へ倒すとフレームの真ん中部分が折れてコンパクトになるという仕組みです。

コンビのメチャカルハンディシリーズ

メチャカルハンディシリーズは5キロ以内の重さのベビーカーである事が魅力の一つで片手で簡単に折りたたみをする事が出来るので赤ちゃんを抱っこしながらの移動が可能です。こちらは価格が5万円前後と購入する場所で前後する可能性もあります。

折りたたみが簡単且つ小さくなるのであれば、公共交通機関を使用するお母さんにとっては、階段しかない場合の上り下りも比較的楽に移動が可能ですね。パタンは幌もしっかりしておりA型とB型の中間のようなベビーカーなので、とってもおすすめの商品ですよ。

更に軽量&低価格を求める人にはベビーバギーも!

ベビーバギーは海外では大型のベビーカーの事を指しますが、日本ではB型より更にコンパクトなベビーカーというイメージがついています。通常のベビーカーより更に安価で軽量ですが、リクライニングが出来ない物が多く幌も小さい、荷物も入れられないというデメリットもあるので、ある程度歩く事が出来る幼児の為に万が一の時に使用すると良いかもしれません。

人気があるのは西松屋の「バギーfanネオ」やベビーザらスの「アンブレラストローラー」などです。どちらも3000円程度〜販売していますので近くに店舗がある人は一度覗いてみてはどうでしょう。物によっては小さいですがバスケットがついているバギーも販売されていたりディズニーのデザインなどおしゃれな物もあるので、機能ではなく好みで検討してみると良いでしょう。

Thumbベビーカーとバギーの違いは?それぞれの特徴やメリット・デメリットまとめ

その他人気の軽量ベビーカーを紹介

ポキット

こちらのポキットは折りたたみ、運べる事が可能なベビーカーとして人気でおすすめです。遠出する際は電車や飛行機の荷物置きに置いておく事も可能なのでとても便利で車移動の際にも荷物になりません。カラー展開もしていておしゃれなのもポイントなので一度チェックしてみてはどうでしょう。

コンビのF2plusAF

こちらはワンタッチで折りたたみが出来、3.9キロという軽量さで人気のベビーカーです。軽量でありながらフルリクライニングが可能で、ベビーシートをカスタマイズすれば生後1ヶ月から使用可能です。更に双子用に2台連結パーツまであるので、これ1台でとっても便利なベビーカーとなっています。唯一バスケットが小さめなのが難点です。

Thumb双子用ベビーカーは二人乗り縦型・横型どちらが人気?おすすめや口コミも

レンタルもできる軽量ベビーカー

使用頻度が少ないと思う人はベビーカーをレンタルする事も可能です。長時間移動する事がない場合や車移動が主な場合は抱っこ紐で十分に間に合います。ただレンタルの場合選択肢が少なかったりレンタル期間が長くなると購入より高額になる場合がありますのでどちらにするか慎重に選びましょう。

軽量ベビーカーに必須の付属品も揃えると便利!

ベビーカーを購入する際は、付属品を一緒に購入すると良いでしょう。レインカバーや季節に合ったシートカバー、荷物を下げられるようなフックなど、ベビーカーに合わせた物を購入しましょう。ベビーカーによっては専用のものも販売しています。ライフスタイルによって要るもの要らないものは異なると思いますので、ベビーカー購入時に一緒に何が必要か見極める事が必要ですよ。

Thumbベビーカーのレインカバーでおすすめは?選び方や人気アイテムを紹介

軽量ベビーカーについてまとめ!

軽量ベビーカーについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。非常に沢山のベビーカーが存在している事が分かったと思います。まずはA型かB型どちらが自分のライフスタイルに合っているのかを確認し、そこから目的に合わせてベビーカーをチョイスしましょう。

自分が何を重要とするのかをハッキリさせておけば、店頭で迷う事も少ないでしょう。販売店舗も沢山ありますので、目的のベビーカーがある場合はメーカーもしっかり確認しておけば、なかったと無駄足を踏む事もなくなりそうですね。短い期間と言えども大切な子どもが乗り物になりますので、しっかり選んでお母さんにとっても使い心地の良い軽量ベビーカーを選べると良いですね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2023-06-10 時点

新着一覧