ベビークーハンのおすすめは?先輩ママに聞いた選び方や注意点・メリット

ベビークーハンは赤ちゃんを休ませておけるベビーアイテムです。ベビークーハンも種類が豊富で使い方もさまざまです。ベビークーハンのおすすめ商品・選び方・メリットなどを紹介するとともにさまざまな使い方と注意点も紹介しますので参考にしてみて下さい。

ベビークーハンのおすすめは?先輩ママに聞いた選び方や注意点・メリット

目次

  1. あまり聞いたことがない?ベビークーハンとは
  2. 意外と豊富な種類
  3. いったいどんなメリットが?ベビークーハンを使うメリット
  4. 使わなくなったら再利用!おすすめ方法
  5. ベビークーハンを使うときの注意点
  6. どれを買えばいいの?選び方のポイント
  7. どこで買える?気になる購入場所や方法をチェック
  8. 先輩ママに聞いたベビークーハンを実際に使った感想
  9. 色々使える多機能タイプもおすすめ
  10. おしゃれなデザインも人気!
  11. かわいくデコろう!デコレーション方法
  12. 再利用しやすいおすすめベビークーハン
  13. 手作りすることもできる?手作り方法もチェック
  14. ベビークーハンを手作りするメリット
  15. ベビークーハンで赤ちゃんのお世話を楽にしよう

あまり聞いたことがない?ベビークーハンとは

布団などを敷いた取って付きのかご

たくさんあるベビーグッズの中でも「ベビークーハン」というアイテムははじめてあまり聞いたことがないお母さんも多いのではないでしょうか。ベビークーハンはベビー布団などを敷いたかごで持ち運びに便利な取っ手が付いているアイテムです。

ベビークーハンはさまざまな呼び名がある

ベビークーハンは「クーハン」のほかに「クーファン」や「ベビーキャリー」、「ベビーバスケット」などと呼ばれています。お店やネットなどでベビークーハンを探すときには「クーハン」以外の名称で記されている場合もあるので他の呼び方も覚えおくと便利です。

ベビーベッドやバウンサーの代わりに使える

ベビークーハンはベビーベッドやバウンザー代わりに使える便利なアイテムです。ベビークーハンもさまざまま種類があり多機能タイプのお昼寝マットやおむつ替えシートとして使うことができるので使用年齢を過ぎてからも長く使うことができるのでおすすめです。

意外と豊富な種類

レトロで優しい雰囲気の「かごタイプ」のベビークーハン

ベビークーハンは編み状になったかごタイプと布で作られているバスケットタイプが多く見かけられます。編み状になったかごタイプのベビークーハンは木製の物が多く、木の優しい質感や色合いが特徴です。

使い方が豊富な「5wayタイプ」ベビークーハン

布で作られているベビークーハンはさまざまな使い方ができる「5mayタイプ」がおすすめです。5mayタイプは平らに広げて使うことができるので赤ちゃんを寝かせる以外に赤ちゃんが遊ぶプレイマットや赤ちゃんのおむつ替えシートとしてなどさまざまな使い方ができるのでおすすめです。

いったいどんなメリットが?ベビークーハンを使うメリット

どんな床でも置ける

ベビークーハンはベビーベッドようにキャスターが付いているタイプではないので、お家のリビングなどのフローリング以外にも和室の畳やカーペットまどさまざまな種類の床の上で使うことができます。どんな種類の床でもどこでも置けるのでベビークーハンは家事などで忙しくても赤ちゃんをお母さんのそばに置いて見ていられるというメリットがあります。

簡単が移動できる

ベビークーハンは赤ちゃんを乗せて簡単に移動することができるのもメリットの1つです。。ベビークーハンはコンパクトで軽くベビーベッドのようにキャスターが付いていないのでお家で1階から2階への移動も簡単にできます。

使わなくなっても再利用できる

ベビークーハンは赤ちゃんが大きくなってベビークーハンを使えなくなってしまった時期でもさまざまなアイテムの代用として再利用できるメリットもあります。ベビークーハンを買う前に再利用できるデザインの物を選ぶという選び方もおすすめです。

使わなくなったら再利用!おすすめ方法

赤ちゃんのぬいぐるみやおもちゃ入れ

ベビークーハンを使わなくなったら赤ちゃんのぬいぐるみやおもちゃ入れとして再利用する方法がおすすめです。赤ちゃんが好きなぬいぐるみやおもちゃをしまう収納アイテムとして使えます。ベビークーハンはフタなどがないので荷物の出し入れがしやすいというメリットでさまざまな再利用に活躍します。

赤ちゃんの洋服入れ

ベビークーハンを使わなくなったとき以外でも赤ちゃんを乗せていないときに使うという方法もあります。洗濯し終わった赤ちゃんの服などを少しの間入れておくのに便利です。ベビークーハンは持ち運びに便利な取っ手が付いているので洗濯物などを入れて運ぶのにも便利です。

赤ちゃんのお世話グッズの収納

ベビークーハンを使わなくなったら赤ちゃんのおむつ替えセットや着替え用の服などのお世話グッズを収納するアイテムとして使うと便利です。お家の中で荷物を運ぶのに使えるベビークーハンですが点は注意点があります。荷物を入れすぎたり重たい荷物を入れるとベビークーハンが壊れてしまうんで服やおむつ程度の軽いものを入れるように注意しましょう。

ベビークーハンを使うときの注意点

お母さんなど大人が見える場所で使う

ベビークーハンを使うときはいくつか注意点があります。ベビークーハンをどんな場所でも使うことができる便利アイテムですが、お母さんや大人の目が届く範囲で使いましょう。新生児の赤ちゃんは起きていてもまだ自分で動くことがないのでクーハンから出てまこともありませんが、寝返りができるようになるとクーハンから出てしまう場合もあるので注意点として覚えておきましょう。

移動中に赤ちゃんが落ちないか注意する

ベビークーハンは赤ちゃんを乗せて移動するときに注意点があります。ベビークーハンに赤ちゃんを乗せて移動するときには赤ちゃんがべビークーハンから落ちないか注意しながら移動しましょう。お家の中など少しの移動距離ならまだ大丈夫ですが、外出のときに使う場合はとくに注意して下さい。また、ベビークーハンの取っ手の部分に葉損がないか確認することをおすすめします。

ソファなどの高い場所に置かない

ベビークーハンはどこでも置けますが、ソファや椅子など高さがある場所に置く場合は注意点があります。よく動く赤ちゃんを乗せたべビークーハンは高さのある場所には基本的には置かずに、どうしても置く場合少しの間・大人が見てい・ベビークーハンが落ちないように安定した場所に置くなどの注意が必要です。

どれを買えばいいの?選び方のポイント

持ち運ぶのに便利か

べビークーハンは持ち運びに便利な取っ手が付いていますが赤ちゃんを乗せての移動が楽にできるか便利かというメリットに注目してベビークーハンを選ぶという選び方もできます。お母さんが持ち運ぶのに使いやすいデザインのベビークーハンを選んでみて下さい。

長く使えるか

べビークーハンを使える時期はベビークーハンの種類やサイズにもよりますが大体、3ヶ月ごろには使えなくなってしまうそうです。赤ちゃんを乗せれなくなってしまた時期から再利用して使いたいと思うお母さんはベビークーハンを選ぶときに長く使うのを前提として選ぶ選ぶ方がおすすめです。

価格がお手頃か

ベビークーハンは早いと赤ちゃん3ヶ月ごろになる時期にはサイズ合うとしてしまい使わなくなってしまうので、あまり値段が高いものになると手が出せなくってしまいます。ベビークーハンを買うときにはお値段がお値打ち価格であるかとともにいつごろまで使う予定かなども考えてみましょう。

どこで買える?気になる購入場所や方法をチェック

見比べるのに便利な「ネットや通販」

ベビークーハンはさまざまな場所で買うことができますが、ネットの通販で買うと便利です。ネットの通販ならさまざまな種類のベビークーハンを機能・値段・使い方など比較することができるというメリットがある選び方ができます。ネットでベビークーハンを選ぶときの注意点は実際の商品を見ることができないので、気になる点がる場合はお店で商品を見てみましょう。

ベビーグッズが豊富な「ベビー用品店」

ベビークーハンはべビーグッズがたくさんある「べビー用品店」でも買うことができます。大きなべビー用品店ならばさまざまな種類のベビークーハンも扱っているお店も多いのです。ベビー用品店ならベビークーハン以外に赤ちゃんのベビー布団なども一緒に選ぶことができるというメリットもあります。ベビークーハンとべビー布団をセットで選ぶという選び方もおすすめです。

レンタルもできる

ベビークーハンをネットの通販やベビー用品店などえ買う以外にレンタルするという方法もあります。ベビークーハンを使う時期は短いのでお値打ち価格のレンタルというのもおすすめです。ベビークーハンをレンタルするメリットは使いたいときだけ使える・使い終わったとき保管しなくていい・お値打ち価格という点です。

先輩ママに聞いたベビークーハンを実際に使った感想

お母さんの手助けをしてくれる

べビークーハンを使っているお母さんの意見として多いのが「ベビークーハンは便利で育児の手助けをしてくれるアイテム」とい点ではないでしょうか。お母さんは赤ちゃんのお世話以外に家事などやらなくてはいきないことが多いのでベビークーハンは忙しいお母さんを手助けしてくれるのが最大のメリットです。

お出かけ先でも便利

べビークーハンを使っているお母さんの意見で「お母さんの手助けになる」とともに多いのが「お出かけ先でも使いやすいくて便利」ではないでしょうか。ベビークーハンはお出かけのときに赤ちゃんを運んだり赤ちゃんの荷物なども入れて運ぶことができるので便利です。ベビークーハンを選ぶときにお出かけ先での使い方も考えた選び方も考えてみましょう。

色々使える多機能タイプもおすすめ

新生児からいろいろ使える5way

「バッグ&クーファン5WAYクーファンずぅ-ZOO-」は新生児から使えさまざまな機能が備わっているべビークーハンでメリットがたくさんあり使いやすいです。クーハンを広げて使うことができるタイプで赤ちゃんのプレイマット・おむつ替えシート・外出先でのお布団などにも使うことができます。使わないときはコンパクトにたためるのものもあり外出時にも便利です。

クーハンからバッグになる

「フジキ・バッグdeクーファン」も5通りの使い方ができるベビークーハンでクーハンからバッグに変身するので持ち運びに便利です。赤ちゃんらしいかわいいデザインからモノトーンカラーまで種類が豊富でどれもかわいいデザインなので人気です。安心で高品質の日本製なのも選ばれる理由の1つです。長く使いたいならメリットが多い日本製を選ぶという選び方もおすすめです。

おしゃれなデザインも人気!

マリンカラーとリボン

「コーンピール・クーファン」は枕・敷布団・掛け布団がセットになっている商品で取っ手を止めるリボンがかわいいです。デザインはストライプデザインのマリン・ホワイトカラーにブラックドットのモノクロドット・ホワイトカラーに淡い色合いのドットのクリームドットの3パターンでどのデザインもおしゃれで丸みやレースのふわふわ感がありかわいいです。

デコレーションしやすいナチュラルデザイン

木製の編みかごタイプのベビークーハンはナチュラルな木の優しい温もりを感じることができるで人気のある商品です。ナチュラルな編みかごタイプのベビークーハンはお好みで好きなカラーやデザインのデコレーションアイテムを使ってデコレーションするのお母さんも多いようです。木製の編みかごタイプのベビークーハンはいつくか使用上の注意点があるので注意して使って下さい。

かわいくデコろう!デコレーション方法

手作りしたタッセルを付ける

「タッセル」とは布の終わりに飾る布などで作った装飾品のことです。タッセルは布や毛糸などで簡単に手作りすることができます。シンプルな編みかごタイプのベビークーハンにタッセルをデコレーションすると温かみのあるおしゃれなベビークーハンに仕上げることができます。注意点はタッセルがほどけてしまわないように丈夫に作り、ベビークーハンにしっかり固定することです。

かわいいフリルを付ける

網かごタイプのベビークーハンのふちに沿うようにして布でフリルを付けるデコレーションもすてきです。フワフワしたフリルは赤ちゃんらしいかわいらしさがあるのでおすすめです。お好みのデザインやカラーの布でフリルを作ってからべビークーハンに縫い付けると作りやすいです。注意点はフリルがほどけてしまわないようにしっかりと作りましょう。

ベビークーハン用のカバーをかける

ベビークーハンのカバーも手作りすることができます。カバーはベビークーハンの全体を覆うので全体のデコレーションができます。カバーを作る布の選び方は洗濯できるものや縫いやすい布を選ぶといいでしょう。ベビークーハンのカバーの作り方はネットなどで調べると簡単に見つかります。作ったことがないお母さんは動画で手順を確認しながら手づくりしてみて下さい。

再利用しやすいおすすめベビークーハン

丈夫でシンプルな外国製

編みかごタイプのベビークーハンは再利用しやすいですが、中でも丈夫でシンプルなデザインが多い外国製の編みかごタイプのベビークーハンはおしゃれなのでおすすめです。おすすめの再利用方法はお家のお部屋の収納や外にお出かけになるときの荷物入れです。

高さが調節できる

ベビークーハンの中にはキャッスターが付いているタイプのものや高さが調節できるタイプのものが再利用しやすいデザインです。キャスター付きのタイプはフローリングでの移動が簡単ですし、高さが調節できるタイプはキッチンなどでも使いやすいです。ベビークーハンの選び方にどんな場所で使うかということも考えておくといいでしょう。

手作りすることもできる?手作り方法もチェック

テキストを見て簡単に作れる

ネットの通販や赤ちゃんの用品店などのお店でお気に入りのベビークーハンを見つけることができなかった場合はベビークーハンを手作りするという手もあります。ベビークーハンを手作りするのに必要な材料や道具、作り方の手順がわかりやすく説明してあるテキストもあるので参考にしてみて下さい。

敷くベビー布団やカバーも作れる

ベビークーハン以外に赤ちゃんの敷布団や掛布団も一緒に手作りすこともできます。注意点は手作りするので市販のベビークーハンより丈夫に作ることができないので、しっかりと縫わないと壊れやすいという点です。

ベビークーハンを手作りするメリット

赤ちゃんが好みそうなデザインで作れる

ベビークーハンを手作りするメリットは赤ちゃんが好みそうなデザインやカラーで作れる・お母さんの使いやすいデザインで作れるという点が最大のメリットではないでしょうか。手作りベビークーハンは布から作るタイプのものや太めの毛糸を編んで作るタイプのものなどたくさんあります。お母さんが作ってあげたいタイプを選ぶという選び方もおすすめです。

サイズを調節できる

ベビークーハンを手作りするメリットはお好みのデザインを作れる以外にサイズを調節することができる点もあります。ネットやお店などでいいデザインのベビークーハンを見つけてもサイズが気になるというお母さんもいるよようです。手作りすれば自分でお好みのサイズに調節しながら作ることもできるのでおすすめです。

ベビークーハンで赤ちゃんのお世話を楽にしよう

ベビークーハンは種類が豊富で赤ちゃんの乗せて簡単に移動することができる便利なアイテムです。車の中や外出先でも使うことができ、お家ではいろいろな場所で赤ちゃんを寝かせることができるのでお母さんの手助けをしてくれます。ベビークーハンはレンタルや手作りすることもできます。お母さんが使いやすいデザインを選んで、赤ちゃんのお世話を少しでも楽にしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-10-24 時点

新着一覧