夏の花でガーデニングを楽しもう!人気の種類の花言葉や写真・画像一覧

花は、私たちの目を楽しませてくれて心を癒してくれるものです。季節ごとに存在する花には、それぞれ特徴があります。今回は、夏の花を大特集します。夏の花には、どんな特徴や花言葉があるのでしょうか?写真や画像などと一緒に見ていきましょう。

夏の花でガーデニングを楽しもう!人気の種類の花言葉や写真・画像一覧

目次

  1. ガーデニングを人気の夏の花で彩りたい!
  2. 鶏のトサカを連想させる夏の花【ケイトウ】
  3. 暑さに負けない可愛らしい夏の花【ポーチュラカ】
  4. 夏の花マリーゴールド
  5. キラキラと輝く星のような夏の花【ペンタス】
  6. 朝に咲き昼には萎む儚い夏の花【アサガオ】
  7. 太陽に向かってひたむきに咲き誇る夏の花【ひまわり】
  8. カラフルで育てやすい夏の花【ジニア】
  9. 気高い香りと太陽の光を浴びて咲く夏の花【プルメリア】
  10. 触れると閉じる不思議な夏の花【トレニア】
  11. 育てやすい夏の花【ペチュニア】
  12. 誰の目も惹き付ける夏の花【デュランタ】
  13. 夏の花インパチェンス
  14. 凛とした咲き姿の夏の花【ガザニア】
  15. ずっと色あせぬ夏の花【センニチコウ】
  16. 幾重にも重なった可愛らしい夏の花【ゼラニウム】
  17. 繊細さと清潔感のある夏の花【コスモス】
  18. 恋を連想させる夏の花【ベゴニア】
  19. 夏の花バーベナ
  20. 色鮮やかな夏の花でお庭を華やかに演出しよう!

ガーデニングを人気の夏の花で彩りたい!

1年を通して季節ごとに色々な花が姿を見せてくれます。そんな季節の中から今回特集するのは、夏の花です。ガーデニングは、家庭で行われる造園や園芸の1種になっています。今回は、ガーデニングを彩ってくれるような人気の夏の花を写真や画像と一緒に見ながらピックアップしてご紹介していきます。

鶏のトサカを連想させる夏の花【ケイトウ】

それでは、早速ガーデニングにおすすめの夏の花を画像や写真と共にたっぷりご紹介していきましょう。夏の花には、比較的彩り豊かでガーデニングを鮮やかに彩ってくれる花が多くあります。そんな夏の花の特徴や花言葉、ガーデニングのポイントなどをお届けしていきます。

ケイトウってどんな花?

ケイトウとは、漢字で書くと「鶏頭」と書きます。まるで鶏のトサカを連想させるような雰囲気があることからこの名前がつけられています。ケイトウは、インドや熱帯アジアを原産とする一年草で炎のような赤、ピンク、黄色、オレンジなどの鮮やかな色合いが特徴です。

ケイトウの花言葉は…【おしゃれ・気取り・風変わり】

ケイトウの花言葉は、「おしゃれ」「気取り」「風変わり」があります。「おしゃれ」「気取り」の花言葉の由来は、赤いトサカを持つ雄鶏に由来されたと言われています。

ケイトウのガーデニングのポイント

種まきを4〜8月、鉢植えは5〜8月、開花期は7〜11月と比較的長く楽しめる種類になっています。ケイトウは、暑さにも強くて日当りと水はけのよい場所であれば場所を選ばないので初心者の人でも育てやすい夏の花になります。

暑さに負けない可愛らしい夏の花【ポーチュラカ】

2つめにご紹介する夏の花は、ポーチュラカという花です。赤や白、黄色やオレンジなどの色鮮やかな小さな花が特徴です。そのカラフルさから写真や画像でもガーデニングを一段と楽しくさせてくれそうな人気の夏の花になっています。早速ご紹介していきましょう。

ポーチュカラってどんな花?

ポーチュラカとは、地面に張り付くようにほふくするように伸びるシャモジ形で、多肉質の葉や茎が特徴の夏の花です。原産地は、南北アメリカを中心に温かい場所に分布しています。暑さに強く、寒さに弱いため、日当りが悪い場所や天候が良くない日は、花が咲かないそうです。白や赤などの単色だけでなく、複数の色がをまとった種類になります。

ポーチュラカの花言葉は…【いつも元気で】

ポーチュラカの花言葉は、とてもシンプル「いつも元気で」です。高い気温や乾燥にとても強く、可愛らしい花を咲かせることからこの花言葉がつけられたと言われています。どんな過酷な状況でも鮮やかな可愛らしい花を咲かせるポーチュラカは、写真や画像を見るだけでも元気を与えてくれそうな花です。

ポーチュラカのガーデニングのポイント

ポーチュラカの種まきは、5月、鉢植えを5〜10月、植え付けや植え替えは5〜8月、開花期は、5〜10月と長く楽しめる夏の花です。病気や害虫は、特にありませんが、終日日当りの良い場所に置いて管理しましょう。ポーチュラカの特徴から低温では育たない花なので、種まきは5月の温かい時期にすることがポイントになります。

夏の花マリーゴールド

3つめにご紹介する夏の花は、マリーゴールドです。黄色やオレンジなどの明るい花が特徴で、種類が豊富な人気の夏の花です。名前を聞いたことがある人も多いと思いますが、マリーゴールドが一体どんな花なのか一緒に見ていきましょう。

マリーゴールドってどんな花?

マリーゴールドとは、私たちがガーデニングで目にする定番であると同時に人気の夏の花です。丸くて可愛らしい形が魅力で、赤や白、黄色、オレンジなどのカラフルな花がボリュームたっぷりに咲き誇ります。品種がとても多く、色んな品種を組み合わせながらガーデニングをするのもおすすめの花になっています。

マリーゴールドの花言葉は…【嫉妬・絶望・悲しみ・変わらぬ愛】

マリーゴールドの花言葉は「嫉妬」「絶望」「悲しみ」「変わらぬ愛」です。昔1人の女性が男性に恋をしました。その恋人への嫉妬心に狂った女性はそのまま亡くなってしまいます。その後、マリーゴールドに生まれ変わったと言われたことから「嫉妬」や「絶望」「悲しみ」などの花言葉がついたと言われています。

マリーゴルドのガーデニングのポイント

マリーゴールドは、初心者の人でも育てやすい花で、種まきは、3〜5月頃、鉢植えは、4月中旬〜7月中旬頃、植え付けは、4月〜6月、開花期は、4月〜12月頃と他の夏の花よりもとても長くなっています。

ガーデニングをする時は、日当りと水はけ、さらには風通しのよい場所を選んで育ててあげることがポイントです。暑さや少しの霜なら大丈夫ですが、あまりに多いと病気の原因になる可能性があるので注意しましょう。

キラキラと輝く星のような夏の花【ペンタス】

次にご紹介する夏の花は、ペンタスという種類です。ペンタスは、白、赤、紫、ピンクなどの淡い色が魅力の花です。種類は、そこまで多くありませんが、ガーデニングでお庭を鮮やかに演出してくれます。

ペンタスの特徴とは?

ペンタスとは、熱帯地域に生息する植物でもともとは低木ですが、種から育てる大きくならないタイプに解消された品種であれば、植木鉢や花壇で育てることが出来ます。まるで、星のような小花が数十個集まって1つの花のように咲き誇ります。

ペンタスの花言葉は…【希望が叶う・願い事】

ペンタスの花言葉は、「希望が叶う」「願い事」があります。この花言葉の由来は、ペンタスの花の形から来ていると言われています。ペンタスの花の形は、写真や画像でもわかるように星の形をしています。このことから、星にかける願いをイメージして花言葉がつけられたと言われています。

ペンタスのガーデニングのポイント

ペンタスは、剪定を4〜10月に行い、鉢植えは5〜10月、植え替えや植え付けは、5〜6月、開花期は、5〜10月と秋まで楽しめる夏の花です。蒸れに弱いので、日当りが良くて風通しが良い場所に置いてあげるようにしましょう。夏の暑さには、強い方なので大丈夫ですが、あまりにも暑さが厳しい場合は、半日間だけ影に移してあげるとGOODです。

朝に咲き昼には萎む儚い夏の花【アサガオ】

次にご紹介する夏の花は、定番中の定番である「アサガオ」です。小学生の頃は、アサガオを育てて観察するという授業もあるくらい、子供にも親しみの深い花になっています。そんな「アサガオ」についてご紹介していきましょう。

アサガオってどんな花?

アサガオは、日本で古い時代から愛されている夏の花です。しかし、日本に入って来たのは江戸時代で、もともとは中国が原産となっています。熱帯から亜熱帯地域で育ち、白や赤、紫、青などのカラフルで優しい色合いの花を咲かせてくれます。

アサガオの花言葉は…【はかない恋・固い絆・愛情】

アサガオには、「はかない恋」「固い絆」「愛情」といったどこか切なさを感じる花言葉がついています。これは、アサガオが朝に咲いてお昼過ぎには、萎んでしまうことから切ない恋や愛情に例えられてつけられたと言われています。

アサガオのガーデニングのポイント

アサガオの種まきは、5月中旬〜6月上旬、鉢植えは、5月下旬〜7月頃、開花期が、7月中旬〜10月上旬までになっています。初心者の人でも育てやすい種類で、風通しと日当りが良い場所に置いてあげるようにしましょう。さらに、水やりは、花が咲くまでは控えめに行って、咲き誇ったら乾かさないようにたっぷりあげることがポイントです。

太陽に向かってひたむきに咲き誇る夏の花【ひまわり】

次は、夏と聞くとすぐイメージ出来る夏の花である「ひまわり」をご紹介します。画像や写真を見るとわかるように夏の太陽に似たひまわりは、夏の花の定番となっています。人気でなおかつ定番となっているひまわりとはどんな花なのでしょうか?

ひまわりってどんな花?

ひまわりは、夏の風物詩とも言える大人気の夏の花です。丈が30cmほどのあまり大きくならないものから3mと大きくなるタイプがあります。色は、黄色、オレンジ、茶色などの色味や花の大きさも小さいものから大きいものなどがあります。さらに、一重咲きから八重咲きまでバラエティーに富んだ多種多様なひまわりが揃っています。

ひまわりの花言葉は…【あこがれ・情熱・崇拝・あなたを幸福にする】

ひまわりの花言葉は、「あこがれ」「情熱」「崇拝」「あなたを見つめる」「あなたを幸福にする」などのポジティブな言葉が多くあります。これは、ひまわりの姿から由来されたと言われています。ひまわりは、太陽に向かってひたすら育ち続ける花です。そのひたむきな姿から情熱や崇拝、あなたを見つめるなどの花言葉がつけられたと言われています。

ひまわりのガーデニングのポイント

ひまわりの鉢植えは、4月下旬〜8月、植え付けや植え替えは、4月下旬〜6月、そして開花期は、7月〜9月ほどとなっています。原産地は、北アメリカで水はけが良くて、日当りが良く、風通しの良い場所を好みます。ひまわりを育て始めは、土が乾かないようにたっぷりの水をあげて育て、大きくなって来たら少しずつ水を減らしていく事がポイントです。

カラフルで育てやすい夏の花【ジニア】

次にご紹介する夏の花は、「ジニア」です。小さな花が鮮やかに咲き誇るずっと見ていても飽きない可愛らしい花です。画像や写真で見るだけでもとてもキレイで思わず笑顔になってしまいますね。その可愛らしい花の姿も人気となっています。

ジニアってどんな花?

ジニアは、和名で「百日草」と呼ばれています。ジニアは、あまり大きくならない品種がたくさん出ていてガーデニングにぴったりの夏の花です。原産地は、メキシコを中心に南北アメリカを言われています。種類によって、花の形が異なりますし、色も白、赤、ピンク、オレンジ、黄色などの豊富なカラーバリエーションがあります。

ジニアの花言葉は…【不在の友を思う・注意を怠るな】

ジニアの花言葉には、「不在の友を思う」「注意を怠るな」という言葉があります。これは、ジニアの開花時期が長い事からつけられたと言われています。他にも時間が経つに連れて想いが薄れて、注意が散漫になってしまうことを現す事からつけられたという説もあるようです。

ジニアのガーデニングのポイント

ジニアの鉢植え期間は、5月〜10月中旬、植え付けや植え替えは、5月〜7月中旬、開花期は、5月〜11月上旬と比較的長く楽しむ事が出来ます。ジニアをガーデニングで育てる時は、水やりがポイントです。暑さには強い方ですが、乾燥しすぎると花が小さくなってしまうので、たっぷりと水やりをすることが大切です。

気高い香りと太陽の光を浴びて咲く夏の花【プルメリア】

次にご紹介する夏の花は、「プルメリア」です。プルメリアは、香水や美容アイテム、アロマオイルなどの中でも良く聞く花の名前です。写真や画像でもわかるように、どこか儚気で上品さの漂うプルメリアとはどんな花なのでしょうか?

プルメリアってどんな花?

プルメリアは、熱帯アメリカ原産の低木、高木の植物で、1年を通して花が楽しめます。香りが高いことから香水や美容アイテムなどにも使われています。開花期が長く、白、赤、ピンク、黄色などの可愛らしくて上品な装いと色合いが豊富な夏の花です。

プルメリアの花言葉は…【気品・恵まれた人・日だまり・内気の乙女】

プリメリアの花言葉は、「気品」「恵まれた人」「日だまり」「内気な乙女」があります。気品という花言葉は、プルメリアの放つ上品な香りからつけられたと言われています。さらに、日だまりは、太陽の下でたくさんの花を咲かせる姿からこの花言葉がつけられたとされています。

プルメリアのガーデニングのポイント

プルメリアの剪定は、9月〜10月頃に行われ、鉢植えは、5〜10月頃、植え付けや植え替えが4〜6月に行われます。そして、開花期は、6〜10月に咲き誇ります。できるだけ日光が当たるところに置いておく事がおすすめで、乾燥に強いので水やりも土の表面が乾いてからあげるだけで十分です。

触れると閉じる不思議な夏の花【トレニア】

続いては、「トレニア」という夏の花をお届けしていきます。色鮮やかで小さな花をたくさん咲かせる様子は、写真や画像で見るだけでもどこか愛おしく感じてしまうほどです。

トレニアってどんな花?

トレニアは、暑さに負けず夏に大量の花を咲かせてくれる夏の花にぴったりの種類です。原産地は、アフリカやアジアで、その種類は約40種類と言われています。日当りの良い所を好む花が多い中、日陰でも育ち、草丈は20〜30cmで、青、紫、白、ピンク、黄色があります。

トレニアの花言葉は…【温和・可憐・ひらめき・愛嬌・魅力的なあなた】

トレニアの花言葉には、「温和」「可憐」「ひらめき」「愛嬌」「魅力的なあなた」などがあります。トレニアには、触れると閉じるという性質があるそうでその性質から「ひらめき」という花言葉がつけられたと言われています。さらに、可愛らしい姿からふんわりとした温和な雰囲気や愛らしい雰囲気が感じられます。

トレニアのガーデニングのポイント

トレニアの種まきは、5〜6月、鉢植えが4〜10月ごろになり、開花期は4〜11月と比較的長く楽しむ事が出来ます。植え付けの時期は、日当りの良い所で育ててあげて鉢植えが乾かないようにしてあげましょう。しかし、夏の直射日光の強い7〜8月の時期は、日陰に移動させてあげる事がおすすめです。

育てやすい夏の花【ペチュニア】

次にご紹介する夏の花は、「ペチュニア」です。画像や写真を見ると目にした事がある人もいるかと思いますが、このペチュニアも夏の花の1つです。そんなペチュニアをお届けしていきます。

ペチュニアってどんな花?

ペチュニアは、成長が早くて比較的丈夫な種類で、ガーデニングが初めての人でも育てやすい種類になります。原産地は、南アメリカなどの温暖な地域で、草丈は、10〜30cmくらいになります。実にさまざまな品種があり、花の大きさや姿形が個性的です。色は、白や赤、ピンク、青、紫などがあります。

ペチュニアの花言葉は…【あなたと一緒なら心が和らぐ・心のやすらぎ】

ペチュニアの花言葉には、「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心のやすらぎ」があります。ペチュニアは、タバコの花に似ていることからタバコを吸っている時の気持ちが表現されてこの花言葉がつけられたという不思議な話しがあります。

ペチュニアのガーデニングのポイント

ペチュニアの種まきは、3〜5月、鉢植えが3〜11月、開花期も3〜11月ごろと長い間その姿を楽しむ事が出来ます。泥はねが病気の原因となる事があるので、鉢植えする時は、鉢を土の近くに置かないようにしましょう。日当りが良く風通しが良い所へ置き、土の表面が乾いたら水をたっぷりあげることがポイントです。

誰の目も惹き付ける夏の花【デュランタ】

どんどん進めていきましょう。次にご紹介するのは、「デュランタ」という夏の花です。どこか魅惑的な雰囲気を持つ垂れ下がって咲く花です。白や青、複数の色を持った種類があります。人気の夏の花の1つです。

デュランタってどんな花?

デュランタは、先ほどもお伝えしたように垂れ下がって咲く所が特徴の、アメリカのフロリダ地方やブラジルなどが原産の人気の熱帯植物の1つです。沖縄などでは、生け垣として良く売られているほど人気のようです。色は、白や青などの爽やかなカラーがあり、暑さにも比較的強いため、夏でも育てやすいそうです。

デュランタの花言葉は…

デュランタの花言葉には「あなたを見守る」「独りよがり」「歓迎」「目を引く容姿」があります。画像や写真を見るとその鮮やかな色合いと風貌から、目を引いてしまうようなゴージャス感があります。デュランタの品種の中には、タカラヅカという名前がついているものもあります。

デュランタのガーデニングのポイント

人気のデュランタの鉢植えは、4〜10月、植え付けが4〜8月ごろになっていて、開花期は、6〜10月と秋まで楽しめる花になっています。草丈は、30cmほどのものから大きくて2mくらいのものまでさまざまあります。

ガーデニングをする時は、日当りの良い所に置き、水やりをする際、土が乾いてから水を与えます。冬場は、乾かしたままで管理する事もポイントのようです。

夏の花インパチェンス

次にお届けする夏の花は、「インパチェンス」です。パッと見はまるでバラのようなゴージャス感がありますが、可愛らしい姿が魅力です。日陰でも育てやすい事から人気となっています。早速チェックしていきましょう。

インパチェンスってどんな花?

インパチェンスは、日当りの良い所でなくても、日陰や北向きの玄関などの日が余り当たらない所でも育つ特徴を持った花だそうです。花は、一重咲きから半八重、八重咲きまであり、特に人気があるのは、バラのように咲く種類です。色は、赤やピンク、ピンクと白などのバイカラーもあります。

インパチェンスの花言葉は…【鮮やかな人・強い個性】

インパチェンスの花言葉は、「鮮やかな人」「強い個性」があります。インパチェンスの色味は、鮮やかさや華やかさのあるゴージャスさから「鮮やかな人」という花言葉がつけられたと言われています。

インパチェンスのガーデニングのポイント

インパチェンスの鉢植えは、5〜7月頃で、開花期は、5〜11月上旬頃まで楽しめます。夏の7〜8月上旬の時期に切り戻してあげると秋からまた美しい花を楽しむ事が出来るそうです。一重咲きは、花壇、八重咲きは、雨に弱いので鉢植えでの栽培がおすすめです。

先ほどは日陰でも育つというお話をしましたが、あまり暑くない春や秋は、日光に当ててあげるようにしましょう。夏は、午前中は十分に日光を当てて、午後から暑くなるので、半日陰のところに移動させてあげることがポイントです。

凛とした咲き姿の夏の花【ガザニア】

次は、「カザニア」という夏の花をご紹介していきましょう。写真や画像を見るとイメージ出来るようにまるで勲章のようなキチッとした気品のある花になっています。グラデーションの効いた色も魅力で、ふんわりというよりは凛とした印象を受けます。

ガザニアってどんな花?

ガザニアは、日光が当たると花が開いて、夕方や夜、曇りになると花が閉じるという性質があります。原産地は、南アメリカでやや角度のある花びらが凛とした雰囲気を醸し出してくれます。カラーは、白や黄色、オレンジ、ピンク、赤などがあります。

ガザニアの花言葉は…【あなたを誇りに思う・きらびやか・潔白】

ガザニアの花言葉は、「あなたを誇りに思う」「きらびやか」「潔白」があります。「きらびやか」は、華やかで輝くばかりのその風貌から由来されていると言われています。キラキラと輝くようなガザニアの立ち振る舞いが魅力となっています。

ガザニアのガーデニングのポイント

ガザニアの鉢植えは、3〜5月で、開花期は、4〜10月上旬になっています。初心者の人でも育てやすいですし、開花時期も長いので、ガザニアの性質から日光がたっぷり当たる場所においてあげる事がおすすめです。

高温乾燥にも比較的強いですが、湿気にも弱いので、水はけや風通しを良くしてあげるようにしましょう。水やりは、庭植えの場合は、不要ですが、鉢植えの場合は、多湿にならない程度に水をあげましょう。

ずっと色あせぬ夏の花【センニチコウ】

次にご紹介する夏の花は、「センニチコウ」という花です。ボールのような丸い形が特徴の可愛らしい種類です。実は、これは花を観賞しているわけではなく、苞(ホウ)といって、蕾を包んでいた葉を観賞しているという不思議な植物です。

センニチコウってどんな植物?

センニチコウは、紫やピンク、白、赤などの苞を観賞して楽しむ植物です。暑さや乾燥に強くて、日本の夏に適していて開花期が長いところが魅力です。原産地は、熱帯各地でセンニチコウという名前の由来から、千日間色が変わらないと言われるくらい鮮やかな色が特徴です。

センニチコウの花言葉は…【色あせぬ愛・不朽】

センニチコウの花言葉には、「色あせぬ愛」「不朽」があります。この花言葉の由来には、センニチコウの開花期が長いという説もありますが、センニチコウをドライフラワーにしても色はそのままに美しいことからつけられたとも言われています。

センニチコウのガーデニングのポイント

センニチコウは、初心者の人でも育てやすい種類で、種まきを5月頃に行い、開花期は、5〜11月と長い期間センニチコウを楽しむ事が出来ます。たっぷりの水と日当りと水はけが良い所を好みます。品種によっては、香りがあるものもあるようです。

幾重にも重なった可愛らしい夏の花【ゼラニウム】

次にお届けする夏の花は、「ゼラニウム」です。ゼラニウムは、花だけでなく香りも人気となっている夏の花です。写真や画像などで目にした事がある人も多いと思います。そんなゼラニウムについて見ていきましょう。

ゼラニウムってどんな花?

ゼラニウムは、ある2つの品種と他の品種を異種交配されて作られた品種になっています。1年中開花するので、長い間可愛らしいゼラニウムの花を見る事が出来ます。星形やカップ状の花が多数集まって先端についたそうです。一重咲きから八重咲きまでさまざまな形があります。

ゼラニウムの花言葉は…【尊敬・信頼・真の友情】

ゼラニウムの花言葉は、「尊敬」「信頼」「真の友情」があります。赤いゼラニウムは、「君ありて幸福」、ピンクのゼラニウムは、「決心」「決意」、黄色いゼラニウムは、「予期せぬ出会い」など色味によって花言葉が変わります。

ゼラニウムのガーデニングのポイント

ゼラニウムの開花期は、3〜12月上旬ととても長く、1年を通して日当りの良い場所を好みますが、夏場は西日の当たらない場所がおすすめです。雨に弱いところがあるので、梅雨などの雨が多く降る時期は、雨に当たらない軒下などに移動させてあげましょう。水やりも乾いたらたっぷりと水をあげるようにするとGOODのようです。

繊細さと清潔感のある夏の花【コスモス】

続いては、皆さんもご存知の人気の夏の花である「コスモス」をピックアップしていきましょう。コスモスは、日本の中でも大人気でどこか可愛らしいイメージのある花です。そんなコスモスのことをこの機会に知っておきましょう。

コスモスってどんな花?

コスモスは、ピンクや白、黄色、オレンジ、赤など年々カラーバリエーションが増えてよりカラフルになって来ています。秋の風物詩というイメージがあるコスモスですが、実は、開花期は6月〜11月と夏の花にもなっています。原産地は、メキシコで草丈が50〜120cmくらいになります。

コスモスの花言葉は…【乙女の真心・調和・謙虚】

コスモスの花言葉には、「乙女の真心」「調和」「謙虚」があります。ギリシア語で「コスモス」は、調和や秩序という意味を持っている事からこの花言葉がつけられたと言われています。そして、「乙女の真心」は、コスモスの花があまりにも可愛らしく繊細なことが由来になっているそうです。

コスモスのガーデニングのポイント

コスモスは、種まきが4〜9月中旬くらいに行われて、開花期は先ほどもお伝えしたように6〜11月頃になります。鉢植えの場合は、生育期間を通して日当りの良い所へ置いてあげる事と水をたっぷりあげるようにしましょう。さらに、少ない肥料でも育つ性質があるので、肥料の施しすぎには注意が必要です。

恋を連想させる夏の花【ベゴニア】

次は、「ベゴニア」という名前の夏の花です。白や赤、ピンクなどの単色もありますが、白とピンク、赤と白などの複数の色が混ざって開花するタイプの種類もあります。早速、ベゴニアについてチェックしていきましょう。

ベゴニアってどんな花?

ベゴニアは、色々な品種がありますが、その中でも定番となっている種類は、「ベゴニア・センパフローレンス」という品種です。街の公園や花壇などにもよく植えられている夏の花になります。原産地は、ブラジルで小柄ながらその鮮やかな色味でガーデニングにもメリハリをつけてくれます。

ベゴニアの花言葉は…【片思い・愛の告白・親切・幸福な日々】

ベゴニアの花言葉は、「片思い」「愛の告白」「親切」「幸福な日々」があります。それぞれ恋を連想させるようなフレーズが多くあります。「片思い」という花言葉には、ベゴニアの花びらが関係しており、よく見ると少しいびつなハートの形をしていることからこの花言葉がつけられたと言われています。

ベゴニアのガーデニングのポイント

ベゴニアの開花期は、4月の中旬〜11月ごろとなっていて、初心者の人にも管理しやすい花です。日当りと風通しの良い所に植えてあげることと水をやる時は、流れるくらいたっぷりあげるようにしましょう。庭植えの場合は、雨が多く降る時期の水やりは雨に任せるという方法がおすすめです。

夏の花バーベナ

最後にご紹介する夏の花は、「バーベナ」です。あまり聞き慣れない名前ですが、亜熱帯や熱帯で育ている事から夏には強いところがあります。早速バーベナについて見ていきましょう。

バーベナってどんな花?

バーベナの野生種は、約250種類ととても豊富です。原産は、熱帯から亜熱帯の地域で暑さの中でも元気に育ってくれる旺盛さを持っています。初心者の人でも育てやすいですし、草の姿は、茎が少し経ち上がるタイプと横へとほふくしていくタイプがあるようです。

バーベナの花言葉…【魔力・魅力】

バーベナの花言葉は、「魔力」「魅力」があります。さらには、赤のバーベナには、「団結」という花言葉があるのですが、これは、バーベナが傘のように少しずつ重なり合って周囲から順に花を咲かせていく姿から、人と人との結びつきのシンボルと言われています。

バーベナのガーデニングのポイント

バーベナの開花は、5月の中旬〜11月の中旬になっています。日当りと風通しの良い場所を好み、庭植えの場合は、植え付け後にたっぷりと水を与えたらその後はほとんど不要になるそうです。鉢植えの場合は、表の土が乾いた時にたっぷりとあげるようにしましょう。

色鮮やかな夏の花でお庭を華やかに演出しよう!

今回は、写真や画像と一緒に夏の花をご紹介してきました。どれも栽培しやすい種類を集めたので、ガーデニングにも挑戦しやすくなっています。人気の品種もいいですが、少し変わった品種の夏の花を栽培するのもおもしろいですね。是非夏の花でお庭を華やかに演出してみましょう。

もっと花について知りたいアナタへ!こちらも要チェック!

Thumb誕生月の花はなに?月別の花言葉とその意味を知ってプレゼントしよう
Thumb秋に咲く花を詳しく紹介!ガーデニングで楽しめる種類や特徴は?
Thumb冬の花で育てやすい種類は?特徴や育て方のコツ・注意点を写真付きで紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-02 時点

新着一覧