ダイエット中の朝ごはんの食べ方は?理想的なメニューや注意点を紹介

ダイエット中の朝ごはんの食べ方や理想的なメニュー、注意点についてまとめました。理想的なメニューや食べ方を取り入れれば、ダイエット中も美味しく朝ごはんが食べられます。注意点もしっかりおさえてダイエット中に理想的な朝ごはんメニューと食べ方をチェックしましょう。

ダイエット中の朝ごはんの食べ方は?理想的なメニューや注意点を紹介

目次

  1. ダイエット中の朝ごはんの食べ方や理想的なメニューを知りたい
  2. 朝ごはんを食べるのがダイエット中は理想的?
  3. どか食いを防ぐのにもダイエット中の朝ごはんは役立つ
  4. 理想的なメニュー内容でダイエット中の朝ごはんを食べよう
  5. おすすめしたい和食の朝ごはんの理想的なメニュー
  6. 洋食の朝ごはんをダイエット中に食べたいときのメニューは?
  7. 忙しい時のダイエット中の朝ごはんメニューに役立つグラノーラ
  8. ダイエット中に気をつけておきたい朝ごはんの食べ方の注意点
  9. 朝ごはんだからこそよく噛む食べ方を取り入れよう
  10. 朝ごはんの調理法でダイエット中に取り入れたい注意点は?
  11. コンビニで理想的なダイエット中の朝ごはんを組み立てるには
  12. 朝ごはんだけじゃない!ダイエット中の昼食や間食の食べ方
  13. 次の日の朝ごはんにつながる夕飯の食べ方の注意点は
  14. 朝ごはんの後は簡単に体を動かしてダイエットに役立てよう
  15. ダイエット中だから注意点をおさえて朝ごはんを食べよう

ダイエット中の朝ごはんの食べ方や理想的なメニューを知りたい

朝ごはんの食べ方はダイエット中でも大切

ダイエット中は食事全般に気をつけて、全体のバランスを整えることが大切になります。ダイエット中になると、どうしてもカロリーを低くしようとして食事を抜くこともあるかもしれませんがそうなると必要な栄養が足りず、便秘や肌荒れといったトラブルを引き起こしやすくなるので気をつけておきたいですね。栄養バランスを整えればダイエット中でもちゃんと食事ができます。

朝ごはんの食べ方もダイエット中では重要なポイントになります。1日の始まりでもある朝ごはんの食べ方の基本をしっかりと整えていくことで効率的なダイエットにつなげられるのではないでしょうか。ただ痩せるだけでなく、肌の状態を整え、理想の体型を目指すためにもダイエット中の朝ごはんの食べ方には気をつけておきたいですよね。

理想的な食べ方や注意点をチェックしよう

「ダイエット中の朝ごはんはどうすれば良い?」「ダイエット中に食べる朝ごはんの注意点について知りたい!」という場合に役立つダイエット中の朝ごはん情報についてまとめました。朝ごはんでしっかりと栄養を取りつつ、カロリーも抑えていくことでダイエット中も安心して食事を楽しむことができます。ぜひダイエット中も美味しい朝ごはんを食べてくださいね。

Thumbどうしても痩せたいあなたへ!成功者が教える短期で痩せるダイエット方法

朝ごはんを食べるのがダイエット中は理想的?

朝ごはんを食べて代謝を上げることがダイエット中には大切

それでは、そもそも朝ごはんはダイエット中に食べるべきなのでしょうか?ダイエット中はカロリーを減らしたいという気持ちから朝ごはんを抜く人も多いですよね。しかし、朝ごはんは1日の代謝を上げるために必要な食事です。人は起床してから徐々に代謝を上げていきますが、朝ごはんを食べることで血流を促進し、代謝をアップできるのがポイント。

ダイエット中に朝ごはんを食べることで代謝を上げることができ、脂肪の燃焼率を高めるのがポイント。朝ごはんを食べないと十分に代謝を上げることができず、脂肪の燃焼率も下がってしまいます。そのため、ダイエット中は朝ごはんを食べて代謝を上げることが重要になるのではないでしょうか。

朝ごはんは1日のエネルギーにもなる

朝ごはんは1日に必要なエネルギーを蓄えるという意味でも重要になります。朝ごはんを食べていないと必要なエネルギーを得ることができず、仕事や勉強に支障が出てしまう可能性があるため気をつけましょう。元気に1日を過ごすためにも朝ごはんは大切になります。ダイエット中はカロリーや栄養バランスを注意しておけば健康的に朝ごはんを楽しめるのではないでしょうか。

どか食いを防ぐのにもダイエット中の朝ごはんは役立つ

朝ごはんを食べていないと昼食のどか食いにつながる

どか食いを防ぐためにも朝ごはんは大切になります。朝ごはんを食べていないと、お昼ごはんの時間帯にはかなりお腹が空いてしまいますよね。「朝ごはんを食べていないし、お腹も空いているから」という気持ちで昼食をたくさん食べてしまっては意味がありません。一度にたくさんのカロリーを摂取することで脂肪として蓄積されやすくなるとされています。

ダイエット中は三食を食べることで食べ過ぎないようにできる

どか食いは消化器官にも負担をかけるため、健康的にもよくありません。ダイエット中は三食をバランスよく食べることによって、どこかで偏った食事をするのを防ぐことも大切です。

いくら他の食事でカロリーを摂取していないと言ってもどか食いをしてしまってはカロリーオーバーになる可能性が高くなるため気をつけましょう。朝ごはん・昼ごはん・夕ごはんの三食をバランスよく食べることで空腹をなるべく防ぎ、どか食いをしないようにすることが重要になります。

Thumbダイエット計画の正しい立て方!絶対に痩せたい人必見の方法とは?

理想的なメニュー内容でダイエット中の朝ごはんを食べよう

食物繊維や良質なタンパク質を朝ごはんのメニューに入れるのが理想的

ダイエット中にぴったりな理想的な朝ごはんのメニュー内容とはどういったものなのでしょうか?朝ごはんは会陽バランスを考えてカロリーも控えめにしていくことが大切になります。食物繊維が豊富な野菜や、良質なタンパク質を含んだ魚・肉・卵類を取り入れていくことで栄養バランスを整えていきましょう。タンパク質は脂肪分が少ないものを選ぶのがポイントです。

エネルギーになる糖質もダイエット中の朝ごはんメニューに追加

糖質はダイエット中に避けがちですが、朝ごはんであれば1日のうちにエネルギーとして消費しやすいので食べても大丈夫です。朝ごはんに糖質を食べることでエネルギーを蓄え、代謝をアップした状態で消費できるため糖質を食べたい場合は朝ごはんを中心にするのがおすすめ。野菜やたんぱく質を中心にしつつ、ごはんやパンなども食べて栄養をとってくださいね。

おすすめしたい和食の朝ごはんの理想的なメニュー

一汁三菜を意識したメニュー作りがダイエット中には理想的

ダイエット中にぴったりな朝ごはんのメニューをタイプ別に見ていきましょう。和食の朝ごはんにする場合は一汁三菜を意識すると栄養バランスを整えやすくなります。野菜をたくさん入れた味噌汁、焼き魚、副菜、ごはんといったように野菜とタンパク質、糖質のバランスを整えていきましょう。タンパク質は卵や納豆などで補うのもおすすめです。

ダイエット中は玄米にする

ダイエット中におすすめなのが玄米。玄米は血糖値を緩やかに上昇させる低GI食品として知られています。血糖値が緩やかに上昇すれば脂肪の蓄積も抑えることができるので、ダイエット中はぜひ玄米を食べてみましょう。玄米はかみごたえがあるので満腹感を得られやすいのも嬉しいポイント。ただし、カロリーは白米とほとんど変わらないので食べ過ぎには気をつけてくださいね。

洋食の朝ごはんをダイエット中に食べたいときのメニューは?

野菜スープやサラダ、フルーツを取り入れよう

続いて洋食系の朝ごはんについてチェックしていきましょう。洋食系にしたい場合は、野菜スープ・野菜サラダ・卵料理・フルーツ・パンといったように野菜やタンパク質、フルーツなどを取り入れていくようにしましょう。たくさん食べ過ぎないようにワンプレートに少量ずつ盛り付けていくのもおすすめです。ワンプレートだとおしゃれな雰囲気を楽しめるのも魅力。

パンは全粒粉入りを選ぶ

洋食系の朝ごはんでパンを食べる場合は、全粒粉やライ麦などのパンを選びましょう。これらのパンの低GI食品として知られているため、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。普通のパンよりもこうばしい風味を楽しめるのも嬉しいポイント。全粒粉やライ麦以外に、最近は玄米で作ったパンもあるのでダイエット中に活用してみると良いかもしれないですね。

忙しい時のダイエット中の朝ごはんメニューに役立つグラノーラ

総合的な栄養価が高いグラノーラはダイエット中の栄養補給に最適

「忙しくて朝ごはんをちゃんと作っている時間はない!」という場合に役立つのがグラノーラ。グラノーラにはビタミンやミネラルなど必要な栄養が詰まっているので、しっかりと栄養を摂取しながらダイエットに役立てることができます。ダイエット中に食べるときは甘みが添加されていないグラノーラを選ぶのがおすすめ。カロリーもチェックして、適量を食べてくださいね。

豆乳を使い、フルーツやヨーグルトもプラス

グラノーラを食べるときは豆乳を使うのがおすすめ。豆乳には良質なタンパク質が含まれている他、大豆イソフラボンなど肌や健康的な体作りに良いとされる栄養が豊富に含まれています。また、フルーツをトッピングしたヨーグルトも添えれば整腸作用を期待できる朝ごはんのできあがり。忙しいときは簡単にできる朝ごはんメニューも取り入れてみてくださいね。

Thumbダイエット中の痩せる献立!1週間分の簡単おいしいおすすめレシピとは?

ダイエット中に気をつけておきたい朝ごはんの食べ方の注意点

糖質の食べ過ぎには気をつけて

ダイエット中でもしっかり食べておきたい朝ごはんですが、注意点もあるので気をつけましょう。注意点としてまずあげられるのが、糖質の食べ過ぎ。

糖質はエネルギーとして必要な栄養ですが、食べ過ぎると脂肪蓄積の原因となります。朝ごはんであっても糖質を食べ過ぎると脂肪になりやすいので、ごはんなら茶碗に軽く一杯、パンなら薄くスライスした食パンを1枚というように分量を控えめにしておきましょう。

温かいお茶を最初に飲む

朝ごはんを食べるときは、まずは温かいお茶を飲んでからの方がおすすめ。ウーロン茶や紅茶など好みの温かいお茶を飲んで代謝を上げ、血糖値を緩やかに上昇させた状態で野菜やタンパク質を食べていきましょう。糖質は最後に食べることで血糖値の上昇を最小限に抑えます。食べ方の順番も重要になるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

朝ごはんだからこそよく噛む食べ方を取り入れよう

噛むのが不足しがちな朝ごはん

朝ごはんは時間がないからといってあまり噛まずに飲み込んでいませんか?噛む回数が少ないと満腹中枢が刺激されず、ちゃんと朝ごはんを食べているはずなのにすぐお腹が空くようになってしまいます。すぐにお腹が空いたら昼食の食べ過ぎにもつながってしまいますよね。噛む回数を意識することも重要なポイントになります。

よく噛んで満腹感を得て、消化も促進

よく噛んで食べれば満腹感を得られますし消化器官への負担も減らせます。ゆっくりと消化されることでお腹が空くのを遅らせ、昼食の食べ過ぎも予防できるのではないでしょうか。朝の時間帯にどうしても早食いをしてしまうときは少し早めに起きて余裕を持って朝ごはんを食べてみると良いかもしれないですね。ダイエットのために頑張ってみてください。

朝ごはんの調理法でダイエット中に取り入れたい注意点は?

油分の使い方に気をつける

朝ごはんを作るときは調理法も大切になります。特に洋食系の朝ごはんの場合は、スクランブルエッグを作るときに油をたくさん使ってしまうなど、知らず知らずのうちに油分多めの調理方法になっていませんか?パンを食べるときのバターにも要注意です。朝ごはんを作るときは余計な油分を控えめにし、オリーブオイルなど良質なオイルを使うようにしましょう。

塩分に気をつけるのも注意点としてあげられる

塩分の取りすぎにも気をつけましょう。和食の朝ごはんの場合は、ごはんと合わせるために塩分が少しきつめになってしまうことがあります。塩分がきつめだとついついごはんが進んでしまいますし、健康にもあまりよくありません。塩分控えめの体に優しい朝ごはんを作って食べてみてくださいね。

コンビニで理想的なダイエット中の朝ごはんを組み立てるには

朝ごはんを作る時間がない時はコンビニを活用

「どうしても朝ごはんを作る時間がない!」という場合はコンビニを活用してみてはいかがですか。コンビニにはいろいろな種類の食材がそろっているので、時間がないときでも通勤通学前に立ち寄ることで栄養バランスのとれた朝ごはんを食べることは可能です。

野菜サラダやカップスープ、おにぎりなどを選ぶ時の注意点

コンビニで朝ごはんを選ぶときは、野菜やタンパク質類を意識してみましょう。野菜サラダにもササミが含まれているものなど、タンパク質を摂取できる商品はたくさんあるのでそういったものを選択するのがおすすめ。

野菜ジュースやカップスープなどお腹を満たしながら栄養がとれるものも活用してくださいね。おにぎりもカロリーをチェックしながらエネルギー源として選んでみましょう。

Thumbコンビニは糖質制限におすすめ商品が豊富!ダイエット中のランチにぴったり!

朝ごはんだけじゃない!ダイエット中の昼食や間食の食べ方

昼食は朝ごはんよりも糖質控えめに

朝ごはんのバランスを整えることができたら、昼ごはんにもこだわっていきたいですよね。朝ごはんをしっかり食べているからこそ、昼ごはんは控えめでも空腹のストレスを抱える可能性を減らせます。昼ごはんは朝ごはんよりも糖質を少なくし、野菜やタンパク質を中心にしてみましょう。

間食は栄養補給を目当てに

昼ごはんから夕飯の間までにお腹が空いたときのためにヘルシーな感触も準備しておくと安心です。感触は基本的に栄養補給を目的としていると考えましょう。ビタミンやミネラルが豊富なナッツは食べ応えもあるので、ダイエット中の感触にぴったりです。10〜20粒くらいを目安にしてくださいね。甘いものが食べたいときはドライフルーツを食べるのがおすすめ。

次の日の朝ごはんにつながる夕飯の食べ方の注意点は

野菜やタンパク質を中心に

夜の時間帯は代謝が落ちているので、たくさん食べると消費しきれずに脂肪となりやすくなります。そのため、夕飯は炭水化物は食べないという方法もおすすめ。野菜やタンパク質を中心としてメニューを組み立てれば、炭水化物がなくても十分に満足感のある夕飯になります。タンパク質は脂肪分を摂取しすぎないように気をつけてくださいね。

朝ごはんには空腹を感じられるくらいがベスト

夕飯は腹八分目を意識して食べると食べ過ぎを防げます。朝ごはんと同様によく噛めば食べ過ぎることもありません。朝、起きたときに空腹を感じているくらいがちょうど良いのではないでしょうか。満腹になるまで食べて翌日もお腹が空いていない、という状態だと食べ過ぎです。夕飯を食べ過ぎると消化不良となってしまうので、健康的にもよくないため気をつけてくださいね。

朝ごはんの後は簡単に体を動かしてダイエットに役立てよう

時間がある時は簡単なストレッチ

朝ごはんの後、出かけるまでに時間がある場合は簡単なストレッチを行ってみてはいかがですか。ストレッチをして代謝を上げておくと、その後の脂肪燃焼に役立てることができます。体を動かせば眠っていた頭もすっきりと起きることができるので、リフレッシュしたいときにも最適。

休日には体を動かすことを意識

休日はなるべく体を動かすようにしておきたいですね。ウォーキングやランニング、水泳など好みの運動を取り入れていきましょう。体を動かすことを意識しておけば、美味しく食事をいただきながらダイエットをすることができます。このように食事だけでなく体を動かすことも大切にして健康的にダイエットしてくださいね。

ダイエット中だから注意点をおさえて朝ごはんを食べよう

ダイエット中だと「カロリーを控えたいから」という理由で朝ごはんを抜いてしまうことがあるかもしれませんが、総合的に見てみると朝ごはんはしっかり食べたほうがダイエットにも健康にも良い影響を与えることができます。朝ごはんを食べて代謝を上げた状態で活動することで脂肪を燃焼することにつながるのではないでしょうか。

野菜やタンパク質、糖質といった必要な栄養をバランスよくとることも重要です。常備菜も活用していけば、朝ごはんでもバランスのとれた食卓を作れるので頑張ってみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-08-02 時点

新着一覧