紫陽花の花言葉を種類・色別に解説!良い意味から悪い意味まで調査

梅雨の時期に綺麗な花を咲かせる紫陽花は、憂鬱な気分を晴らしてくれます。そんな紫陽花には沢山の花言葉があるのを知っていますか?白からピンク、そして濃い赤から青まで、色々な色に変化する紫陽花の種類や色別に花言葉の意味を調べてみました。

紫陽花の花言葉を種類・色別に解説!良い意味から悪い意味まで調査

目次

  1. 梅雨の代名詞紫陽花ってどんな花言葉があるの?
  2. なじみのある花!紫陽花の特徴って?
  3. どのくらいある?紫陽花の種類
  4. 土で花の色が変わるって本当?紫陽花の色別け
  5. 毒がある花?紫陽花の毒って強いの?
  6. 「水の器」と言われている紫陽花の名前の由来
  7. 「移り気」と「家族団欒」紫陽花の花言葉と名前の語源
  8. 青色~青紫色の紫陽花の花言葉「冷淡」「忍耐強い愛」
  9. ピンク色~赤~赤紫色の紫陽花の花言葉「元気な女性」
  10. 白い色の紫陽花の花言葉「寛容」「気の迷い」
  11. 「謙虚」ガク紫陽花の花言葉
  12. フランスの紫陽花の花言葉は悪い意味が多い?
  13. 日本での「辛抱強い愛情」という花言葉の裏にある深い愛
  14. 悲しく悪いイメージの紫陽花の花言葉って?
  15. 少し悪い意味を持つ紫陽花の花言葉「移り気」「浮気」「変節」
  16. 「あなたは美しいが冷淡だ」「高慢」「無情」という紫陽花の花言葉
  17. 母の日にもおすすめの花になった紫陽花の花言葉とは?
  18. 結婚式でもブーケに使われる紫陽花の花言葉の変化
  19. 「秋色あじさい」渋い色の紫陽花も味わいがあって人気
  20. 良い意味も悪い意味も含めて紫陽花で気分転換を

梅雨の代名詞紫陽花ってどんな花言葉があるの?

梅雨の時期に咲いて綺麗な姿を見せてくれる紫陽花は、日本では身近な花ではないでしょうか。色付く前のきみどり色から、白、ピンク、赤、赤紫と青、水色、青紫と様々な色で楽しませてくれる紫陽花。そんな紫陽花には沢山の花言葉が存在するのを知っていますか?

カラフルな紫陽花は近年では色々な種類も目にしますが、綺麗で目を引く紫陽花には良い意味の花言葉だけでなく、少し悪い意味の花言葉もあります。そんな紫陽花の特徴や種類と紹介しながら、花の色別の意味や国によっても違う紫陽花の花言葉について調べてみました。

なじみのある花!紫陽花の特徴って?

紫陽花はアジサイ科アジサイ属の1~2mの低木で落葉樹です。ガクアジサイと言う種類は日本が原種でもあります。開花時期は6月~7月で、梅雨の時期に咲く花です。白から青、赤、紫などの色の萼(ガク)が発達した装飾花です。実は私たちが花びらだと思っているところは萼(ガク)で、葉が花のようになった部分で花でありません。花はその中心の小さな点の部分なのです。

紫陽花は装飾花?

装飾花とは、動物や虫などを誘うために発達した特殊な花のことを言います。紫陽花のように、本来は葉であった部分が、発達して花弁のようになった花のことを装飾花と呼びます。花序(かじょ)と呼ばれる花が集まった部分の周辺が大きく発達した紫陽花は、訪花動物を誘う為にその姿を変え、受粉のために虫たちを惹きつける効果があります。

最近良く目にする紫陽花は品種改良された紫陽花で、全てが装飾花で成り立っていますが、日本の原種である「ガクアジアイ」は、中心が両性花でめしべとおしべ両方が存在していて、その周りのガクがハナアブやハナバチなどを誘う役目になっているようです。「西洋あじさい」などは、改良の結果か、おしべとめしべの役割が不完全担っています。

どのくらいある?紫陽花の種類

紫陽花は種類や品種が100種類以上もある植物です。品種改良がとても盛んで、元々は日本が原種ですが、西洋に渡り色々な手が加わって「西洋あじさい」として人気が出ました。近年、色々な紫陽花を見るようになったのも、どんどん品種改良が進んでいるからでもあります。種類を調べてみると、沢山の名前が出てきますので、探してみてくださいね。

紫陽花の種類は、ガクが小さな花の周りを取り囲むように並んだ種類を「ガク咲き」と言い、ガクが円形に連なった咲き方を「手まり咲き」、ガクが幾重にも並んで咲く形の種類を「八重咲き」と呼ぶなど、見た目も種類も様々です。種類と一緒に色別でも色々な紫陽花が改良されていて、まだまだ新しい紫陽花も出てくることでしょう。ちなみに日本で自生している紫陽花は10種類程度です。

土で花の色が変わるって本当?紫陽花の色別け

土のpHにとアルミニウムの量で花の色が変わる!

紫陽花の花の色が、土のpH(酸性度)によって変わる、という話は耳にしたことがあるかもしれません。紫陽花の植えられている土が酸性かアルカリ性かによって花の色が変わると言われています。酸性の土ならば青色系になり、アルカリ性の土であれば赤系の色になります。花を青色にしたい場合は、酸性の肥料を与えたり、アルミニウムが含まれたミョウバンを与えたりするといいようです。

酸性の土にはアルミニウムと言う成分が含まれていて、このアルミニウムが紫陽花の中のアントシアニンという物質といっしょになることで、花の色が青へと変わります。紫陽花の植えられた場所の土にもよりますが、根っこが吸い上げるアルミニウムの量が多かったり少なかったりによって、同じ場所の木でも花の色の濃さが違うこともあるようです。

赤からピンクの紫陽花と、青から青紫の紫陽花が両方楽しめる土壌もありますが、全て紫陽花の根から茎が吸い上げる成分によるものです。一概には言えないかもしれませんが、同じ紫陽花の木でも、房によっては違う色の花が楽しめるものもありますので、どんな色の紫陽花が花をつけるのかは毎年の楽しみでもありますね。そして人間と一緒で紫陽花も千差万別なのかもしれません。

毒がある花?紫陽花の毒って強いの?

紫陽花には毒がある、と言う話も耳にしたことがあるかもしれません。実際に紫陽花に毒があるかどうかというのは、まだまだ調査中のようです。ただし、2008年に紫陽花の葉を食べて中毒症状に陥ったというニュースもありますので、一概に安全とも、毒があるともいえません。研究では、毒性のある紫陽花と、毒性がない紫陽花があるようです。

紫陽花に死亡例はないけれど食べないで!

厚生労働省からは食用としては紫陽花を使わないようにと注意が促されています。何かの時に、毒性のある紫陽花を食べてしまった場合は、吐き気やめまい、嘔吐や顔面紅潮、歩行のふらつき、呼吸麻痺、昏睡などの症状があると言われていますが、死亡例は今のところなく、2~3日で症状が治まるといわれています。

紫陽花が食卓にのぼることはまずないと思いますが、2008年の中毒事件では、料理の皿に乗っていた紫陽花の葉を食べた人が症状を訴えていたりしていますので、紫陽花の葉脈のしっかりした葉が乗っていたら飾りだと思うようにして、口をつけるのはやめましょう。そして、人間もですが犬や猫にとっても毒であることは変わりませんので、注意してあげるようにしましょう。

「水の器」と言われている紫陽花の名前の由来

紫陽花の学名は「Hydrangea(ハイドランジア)」と言います。これはギリシャ語で水(hydro)と器(angeion)を合わせたもので「水の器」とか「水瓶」を意味します。梅雨の雨の多い時期に、多くの水を好んで、晴れの日が続いて乾燥すると元気がなくなる紫陽花の性質からきているようです。

お水が好きな花、紫陽花。人間にとっては雨が続く憂鬱な梅雨の時期でも、紫陽花にとってはとても理にかなっている天候なのですね。じめじめした季節が続く時期でも、紫陽花の花の色味があるだけで、私たちも少し気分が上がるので、ありがたいですね。

「移り気」と「家族団欒」紫陽花の花言葉と名前の語源

紫陽花の花言葉「移り気」は良い意味?悪い意味?

それでは紫陽花の花言葉です。紫陽花、と一言で言った場合で色に関係ない花言葉としてあるのが「移り気」です。紫陽花は、その姿を色々な色を変えていく様子から「七変化」とか「八仙花」という別名もあるほどです。その変化する様から、「移り気」という花言葉になったようです。これは少し悪い意味の花言葉かもしれません。ですが、それだけではなく、良い意味の花言葉も存在しています。

昔から「移り気」という花言葉もあってあまり人気のなかった紫陽花。ですが最近では「家族団欒」や「一家団欒」、「家族の結びつき」という花言葉も加わって、より良い意味の言葉とイメージになりました。紫陽花の集まっている花の様子が、離れない家族を表しているのでしょうね。この「移り気」と言う意味は、種類や色別に関わらず紫陽花全体を表す花言葉です。

その他にも「仲良し」「家族」「友達」「和気あいあい」「平和」と言うように、に陽花の集まっている花の様子から仲間や、離れない家族を表している言葉も多く見られます。強い絆で末永く続く関係をなぞらえているのでしょう。紫陽花の「移り気」と言う意味を筆頭に、ここに上げた花言葉は、種類や色別に関わらず紫陽花全体を表す花言葉です。

紫陽花の語源とは?

紫陽花の「アジサイ」と言う名前は和名でもありますが、万葉集の時代から歌の中に詠まれるほど紫陽花は日本人にとってとても身近な花です。小さい青い花が集まる花だったことから、あづ(集まる)と「さあい(真藍・青い花)」という花の様子からきていて、「集真藍(あづさあい=青色が集まる)」と言う言葉が変化して「あじさい」になったとされています。

青色が集まった花を「集真藍(あづさあい)」と付けたのは趣があって日本ならではな感じがしますね。昔の言葉じゃら転じて、今の呼び名の「あじさい」になった経緯も調べてみると面白いかもしれません。

青色~青紫色の紫陽花の花言葉「冷淡」「忍耐強い愛」

ここから紫陽花の花言葉をご紹介します。花言葉には良い意味のイメージ与えるものと、悪い意味のイメージを与えるものがありますが、紫陽花の花言葉はどんなものがあるのでしょうか?紫陽花の色別や種類によっても花言葉が色々ありますので、それぞれに分けてまとめてみました。日本で古くから愛されてきた紫陽花の花言葉の背景を見ていきましょう。

青系の紫陽花「冷淡」「忍耐強い愛」は良い意味の花言葉?

青い色や青紫の紫陽花が示す花言葉は「冷淡」と「忍耐強い愛」です。確かに青い色は冷静さや冷たいイメージ、知的な印象や涼やかさを与える代表の色ですね。紫陽花のその青い色とイメージをつなげたのが、この花言葉なのかもしれません。冷たいという言葉や忍耐と言うイメージは一見悪い意味の花言葉のような気がしますがどうでしょうか。

冷たい印象はありますが、梅雨の長い雨にさらされる紫陽花の姿を見て、雨に耐え忍んで凛と咲く、花の力強さのイメージから「忍耐強い愛」と付けられたと考えるとどうでしょう。「冷淡」は少し悪い意味のように捉えられがちですが、雨に濡れて咲く美しい紫陽花の姿の「忍耐強い愛」は良い意味にも受け取れます。長く続く気持ちと受け取れば良い意味ですね。もらったときにどちらの意味なのか気になってしまいますね。

ピンク色~赤~赤紫色の紫陽花の花言葉「元気な女性」

ピンクから赤、赤紫の紫陽花を表す花言葉はフランスの花言葉でもありますが「元気な女性」と言う意味です。女性は昔から赤やピンクの色に例えられますので、分かるような気がします。気候的にも雨の多い季節に、ポッと咲く紫陽花のピンク色や赤は、私たちにも元気を与えてくれますね!

赤みの強い紫陽花は、西洋ヨーロッパで良く見られる色のようです。暖色は、暖かみもあって元気な色なので、ヨーロッパの過ごしやすい気候と、その土地の女性を表しているのかもしれません。「元気な女性」と言う花言葉は女性にとっては良い意味の紫陽花の花言葉ですよね。

白い色の紫陽花の花言葉「寛容」「気の迷い」

最近良く見かけるようになった白い紫陽花の花言葉は「寛容」と「気の迷い」です。白い色は、花嫁の色でもありますが、その何色にも染まらない「白」と広い心の寛容さを合わせた花言葉なのかもしれません。また、優しく広い心のイメージが白なのでしょう。包み込んでくれるような真っ白の紫陽花は綺麗ですね。この白い色は品種改良をしたからとも言われますし、色素の突然変異とも言われています。

「寛容」の意味が、心が広く人の意見を良く聞きいれることや、厳しく人を責め立てないこと、と言ったものなのではありますが、「気の迷い」というのは、どちらの意見も聞きいれるどっちつかずな部分を言い当てているのかもしれません。この白い紫陽花の花言葉の意味は、受け取り手の状況にもよりますが、良い意味でも取れますし、もらった相手によっては悪い意味となる場合もありそうですね。

「謙虚」ガク紫陽花の花言葉

紫陽花の原種である「ガクアジサイ」の花言葉は「謙虚」です。ガクアジサイのその姿からのイメージがそのまま花言葉になってようです。ガクアジサイは、ホンアジサイと言う種類に比べて、ガクの数が少なく、控え目な姿にとらえられたため、「謙虚」という言葉が付きました。

ガクアジサイを誰かに贈ってもらえたら、あなたは「謙虚」なイメージを持たれているのかもしれません。ガクアジサイについては色別での花言葉は特にないので、もらった紫陽花の色と、紫陽花の種類で意味を導くと良いです。白のガクアジサイをもらったら、「寛容で謙虚」という意味です。この種類をもらったら良い意味で受け取れますね。

フランスの紫陽花の花言葉は悪い意味が多い?

フランスでは紫陽花の花言葉は「冷たい美」「辛抱強い愛情」「自慢家」「あなたは冷たい」と言う意味があるそうです。「冷たい美」と言うのは、やはり雨に耐え忍ぶ花だからでしょうか。イメージ的には少し悪い意味にも受け取ってしまいそうですね。

「自慢家」という意味や「あなたは冷たい」と言う意味も、紫陽花の咲き方や存在のイメージからでしょうか。冷たいという印象も、日本での雨に打たれる花、という紫陽花の特徴が似ていますね。もしくは、色を次々変える紫陽花を、女性の心の変化になぞらえたところからの花言葉かもしれません。なんにせよ、フランスの紫陽花が持つ花言葉は、悪い意味のものが多い気がしますね。

日本での「辛抱強い愛情」という花言葉の裏にある深い愛

2度と会えない日本人妻へ深い愛が花言葉になったという逸話も

フランスの花言葉の中にもあった「辛抱強い愛情」と言う花言葉ですが、日本にも関係する逸話があるようです。日本がまだ鎖国時代の時、長崎に来日していたドイツ人医師のシーボルトは、シーボルト事件(1828年)で日本追放となりました。その時にシーボルトには愛する日本人女性が存在していて、彼女の名前が楠本滝(くすもとたき/お滝さん)と言いました。

シーボルトは、国外追放の際に、紫陽花を祖国に持ち帰りお滝さんの名前を込めて「オタクサ」と命名したのです。2度と会えない妻に対する、溢れんばかりの愛が紫陽花に名前を付ける流れとなりました。ここから「辛抱強い愛情」という花言葉が生まれたというお話しです。それほどまでに日本人妻を愛していたのでしょう。

そしてもうひとつ、紫陽花が装飾花であるという説明をしましたが、装飾花であるからこそ紫陽花は開花期間が長いのが特徴です。梅雨のしとしとと降る雨の中、その雨にじっと耐え忍ぶように咲くその姿からこの花言葉がつけられたようです。辛抱強い花紫陽花、これは日本の女性にも通じる姿でもありますね。

悲しく悪いイメージの紫陽花の花言葉って?

ここまでは、紫陽花の持つ良い意味が強い花言葉をまとめてきました。色によっても様々な花言葉の意味がありましたね。さて、続いては、気になる紫陽花の悪い意味でもとらえられてしまう花言葉についてまとめていきます。どんな花言葉があるのでしょうか。

少し悪い意味を持つ紫陽花の花言葉「移り気」「浮気」「変節」

紫陽花の持つ花言葉の中で「移り気」「浮気」「変節」この3つは悪い意味に感じてしまいますね。この言葉たちの意味は、紫陽花の花が黄緑から白、そして青や青紫、そしてピンクに赤紫と、その姿を変えることからつけられました。花を見ているだけだと、その変化はとても綺麗ですが、花として贈られた際には、少し紫陽花の意味が相手のどんな思いなのか気になってしまいますね。

この3つの意味も、色別ではなく、紫陽花と言う花の括りでの花言葉です。もし、紫陽花の花をもらったら、全体の意味と色別の意味と、両方を読みとってみるといいかもしれません。それでも花に罪はないので、あまり深く考えずに、花をを愛でましょう!

「あなたは美しいが冷淡だ」「高慢」「無情」という紫陽花の花言葉

「あなたは美しいが冷淡だ」「高慢」「無情」紫陽花には、こんな花言葉もあります。これは、紫陽花の雨に濡れる姿と、次々と色を変える特徴などから来るものです。紫陽花の花言葉「移り気」や「浮気」「変節」などの意味にも通じるものがありますね。あまりよくないイメージの花言葉ですが、紫陽花の色別の意味を調べたりして、別の角度から花言葉を調べてみると、悪い意味だけではないことに気づけますね。

母の日にもおすすめの花になった紫陽花の花言葉とは?

紫陽花の良い意味の花言葉が増えてきた昨今では、母の日のプレゼントの花束や贈りものの鉢植えに紫陽花を選ぶようになって来ました。新しい品種も沢山の種類がありますので、感謝を込めて珍しくてかわいい紫陽花を探してみてください。

その際も、昔からある悪い意味に感じられる花言葉ではなく「元気な女性」や「家族の結びつき」「一家団欒」などの良い意味もあることをメッセージカードなどで伝えるといいです。そして、色別での意味がありますので、その紫陽花の色の持つ意味を込めると喜ばれるのではないでしょうか。

結婚式でもブーケに使われる紫陽花の花言葉の変化

「移り気」などのマイナスなイメージの悪い意味も多くある紫陽花。最近では結婚式のブーケなどにも使われるようになってきました。昔からあった「移り気」「浮気」「変節」などの悪い意味ではなく、結婚式のおめでたい席では「強い絆の結びつき」のような良い意味の言葉もあることを知っておくといいかもしれませんね。

昔の花言葉のイメージが強い年配の方たちが多い式では、司会者の人に紫陽花の良い意味の花言葉を伝えてもらったり、紫陽花の色別の意味を紹介してもらったりして工夫すると心配いらないかもしれません。紫陽花の良い意味の花言葉を知ってもらう良い機会にもなります。もっと紫陽花が使われる場が増えるといいですね。

「秋色あじさい」渋い色の紫陽花も味わいがあって人気

「秋色あじさい」という紫陽花も人気が出てきています。秋色あじさいとは何かと言うと、紫陽花の花を切らずにそのまま残して、緑だったり薄い茶色など、少し枯れたような色に変化させたものことです。気温の変化なども相まって、初夏に咲いていた紫陽花が、季節を超えてアンティークカラーになった状態の物を言います。

最近では、梅雨の時期だけでなく、開花後も紫陽花の花をそのままにしておいて、敢えて「秋色あじさい」として鑑賞するという場所も流行ってきているので、秋口に探してみて足を運んでみるのもいいかもしれません。このアンティークな紫陽花は色別の楽しみ方がそこまではありませんが、元の花の色を想像しながら、楽しむのもおすすめです。

良い意味も悪い意味も含めて紫陽花で気分転換を

沢山の紫陽花の花言葉を種類と色別にまとめてきました。意外と多かった悪い意味の花言葉ですが、時の移ろいと、品種改良による紫陽花の種類や色などによって、良い意味をイメージする花言葉も増えていました。花も人と同じように変わっていくものです。これから先も、もっと新しい紫陽花の種類が出てくることでしょう。

今までは、紫陽花を楽しめるのは梅雨の時期限定ではありましたが、最近では花をそのままにして、わざと色味を落ち着かせる「秋アジサイ」もありますので、紫陽花の花言葉を知って、色々な種類の花を見に行ってみてくださいね!新しい紫陽花に出会えたら花言葉も調べてみると今の流れも見えておもしろいかもしれません。まとめてきた花言葉も参考にしてみてください。

その他の花言葉に関する記事はこちら

Thumb日本の花といえば?季節ごとの代表的な花の種類一覧や花言葉まとめ
Thumb花言葉で感謝の意味を持つ花は?お花でありがとうや大好きを伝えよう!
Thumb誕生月の花はなに?月別の花言葉とその意味を知ってプレゼントしよう

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-02 時点

新着一覧