ドライフラワーをバラで作るコツ!綺麗な作り方や長持ちさせるポイントは?

美しい花の代表でもあるバラ。贈り物や栽培していた物を綺麗な状態でもっと楽しむには、ドライフラワーにするのがおすすめです。バラをドライフラワーにするには、コツを抑える事でより長持ちさせる事が出来ます。その作り方や、長持ちさせるコツについて詳しく見ていきましょう。

ドライフラワーをバラで作るコツ!綺麗な作り方や長持ちさせるポイントは?

目次

  1. バラを綺麗な状態でドライフラワーにして保存しよう!
  2. ドライフラワーに適したバラの選び方
  3. 綺麗にバラをドライフラワーにするなら時期を選ぼう
  4. バラを自然乾燥させていこう
  5. バラの花だけドライフラワーにするには?
  6. 飾る場所はしっかり考えて設置しよう
  7. ドライフラワー作りの注意点とコツ
  8. ドライフラワーにしたバラをさらに長持ちさせる方法
  9. 観賞期間はどのくらい?
  10. 思い出の詰まったバラを長く楽しもう!

バラを綺麗な状態でドライフラワーにして保存しよう!

女性に贈る花でも定番のバラ。その美しさから、最近人気の家庭菜園でバラを栽培して楽しむ人もたくさんいます。女性の持ち物にもバラを模した物やデザインされた物も数多く、まさに女性の為の花と言っても過言ではありません。定番の情熱的な赤だけでなく、ピンクや白、珍しい物ではレインボーや青などの人工的に作られた物などもあります。

そんな目にも美しいバラも、生花だといつかは終わりが来てしまいます。贈り物で頂いたバラは、思い出もあって枯れてしまうのは寂しい物です。しかし、そんな時にはドライフラワーにして長持ちさせてしまいましょう。ドライフラワーは、バラの美しさをそのままに長持ちさせる優れた保存方法です。飾りながら作る事が出来るので、ぜひドライフラワーにしてみましょう。

そこで今回は、バラをドライフラワーにする作り方について詳しくご紹介していきましょう。ドライフラワーにするバラの選び方や、飾りながらドライフラワーにする方法など様々な方法をご紹介していきます。バラのドライフラワー作りはとても簡単で短時間で終わるので、初めてでも失敗はありません。綺麗なバラをより長く楽しんでいきましょう。

ドライフラワーに適したバラの選び方

長持ちするドライフラワーを作るためには、まずドライフラワーにするバラをしっかりと選びましょう。頂き物のバラでは種類は選べませんが、自分で栽培している場合や買って来る場合には中輪や小輪のバラを選ぶようにしましょう。スプレーバラのような物も向いています。大輪のバラよりも乾燥させやすいので、ドライフラワーを作るのが簡単です。

また、全開に咲き誇っているバラよりは、蕾から咲き始めた頃の八分咲き程度までのバラを選ぶと良いでしょう。全開に咲き誇り始めたバラは、色が徐々に悪くなっていってしまっています。これではドライフラワーにしてもあまり長持ちしなくなってしまいます。また、蕾が硬い状態でドライフラワーにするのも早すぎて開かなくなってしまいます。

ドライフラワーにするバラの選び方のコツは、まだ開きかけで色が鮮明になってない頃のバラを選ぶ事です。完全に色が綺麗になっている物を選んでしまうと、綺麗な状態で長持ちさせる事は難しくなってしまいます。生け花としてはまだ早いかなと感じる程度が丁度いい時期です。ドライフラワーにしてからも楽しむ事が出来るので、早速ドライフラワーにしていきましょう。

綺麗にバラをドライフラワーにするなら時期を選ぼう

ドライフラワーの作り方①適した時期

長持ちするドライフラワーを作るには、作る時期もしっかりと考えましょう。特に自然乾燥でバラをドライフラワーにする場合、時期を間違えてしまうとカビてしまったり乾燥までに時間がかかり風合いを損なってしまう原因になってしまいます。綺麗な状態でドライフラワーにするには、空気が乾燥してカビにくい気温が低い時期を選ぶ必要があるのです。

ドライフラワーを作るには、晩秋から初春までの主に冬が適した時期です。湿度の高い梅雨の時期や、カビてしまいやすい夏から秋にかけては自然乾燥はあまり適していません。その時期にドライフラワーを作る場合には、早く乾燥させる事が出来るシリカゲルや電子レンジを使用した方法でドライフラワーにするようにしましょう。まずは自然乾燥の作り方から見ていきます。

バラを自然乾燥させていこう

ドライフラワーの作り方②飾りながらドライフラワー作り

自然乾燥でバラをドライフラワーにする場合には、まずは余分な葉を取り除いて長さを調整しましょう。まとめて乾燥させる場合には、切り口を揃えて輪ゴムや紐を使って束ねていきましょう。そのまま、バラの花を下に向けるように乾燥した場所に吊り下げて完全に乾燥するまで待ちます。花びらから水分が抜けているようであれば、ドライフラワーの完成です。

注意したいのが、まとめて乾燥させる場合には乾燥までに時間がかかったりムラが出来てしまう事です。初めての場合には、1本ずつ吊り下げて乾燥させた方がカビが発生するなどの失敗もありません。また、エアコンは乾燥しやすいのでドライフラワー作りに向いていますが、使用する際にはエアコンの風が直に当たらない場所に吊り下げるのがコツです。

バラの花だけドライフラワーにするには?

葉や茎は不要、バラの花の部分だけドライフラワーにしたいと言う場合には吊り下げて乾燥させる事が出来ません。この場合には電子レンジやシリカゲルを使ってドライフラワーにしていきましょう。また、湿気やすい時期にバラをドライフラワーにする際にもこの方法をおすすめします。その際にも、ドライフラワーにするのはバラの花の部分だけにしましょう。

シリカゲルを使う場合には、まずはバラの花の付け根を2~3㎝残した状態で切り取ります。密封容器などにシリカゲルを1/3程度敷き詰め、花を崩さないように注意しながら切り口を下にバラを入れていきます。その上から優しくシリカゲルが入り込むように入れて行きましょう。花びらの隙間にも入り込むように入れるコツは、スプーンを使う事です。

様子を見ながら、1~2週間ほど冷暗所で乾燥させれば完成です。乾燥が足りないようであればシリカゲルを追加しましょう。電子レンジを使用する方法は、同じように切り落としたバラを電子レンジで加熱して乾燥させます。目安は、500Wで90秒程度です。バラの水分や大きさ、使用する電子レンジによって加熱時間を調節して、焦がさないように注意しましょう。

飾る場所はしっかり考えて設置しよう

ドライフラワーの作り方③バラの置き場所選び

ドライフラワーへと完成したバラは、適した場所で飾る事がより長持ちさせるコツです。ドライフラワーの置き場所に適しているのは、乾燥している場所です。基本的には、自然乾燥で使用した場所が適しています。場所を移す際には、風通しがいい場所や直射日光が当たらない場所を選んで飾るようにしましょう。蛍光灯の光でも色褪せが早くなります。

なるべく避けてもらいたい場所は、キッチン、特にコンロ周りです。キッチンは水気が多い場所なので、乾燥しやすい時期であっても湿気ている場合がありドライフラワーには向きません。また、コンロ周りは温度が上がりやすく、油が飛散しやすい場所です。デリケートなドライフラワーは、環境の影響を受けやすいので注意しましょう。

ドライフラワー作りの注意点とコツ

ドライフラワー作りの注意点は、なるべくバラの水分を抜く事です。カビが発生してしまう事もあるので、しっかりと乾燥させる必要があります。しかし、あまり乾燥させ過ぎてしまってもすぐに崩れてしまって楽しめないと言う事もあります。エアコンの風が直に当たってしまうと、特に乾燥しすぎて崩れやすくなるので、自然乾燥の場合には注意しましょう。

ドライフラワーを長持ちさせるコツは、色が鮮明になっていないバラを選ぶ事です。ドライフラワーにすると、バラは生け花の状態よりも黒っぽく濃い色へと変化します。全開で鮮明な色が出てからは、あまり綺麗な状態でドライフラワーにする事が出来ません。その為にも、しっかりとドライフラワーに適している状態のバラを選ぶようにしましょう。

ドライフラワーにしたバラをさらに長持ちさせる方法

ドライフラワーにしたバラをより長持ちさせるには、市販のドライフラワー用のスプレーを活用するのもおすすめです。ドライフラワーは乾燥しているので、少し扱いを間違えてしまうとすぐに型崩れして割れてしまいます。それを防いでくれるのが、ドライフラワー用のスプレーです。特にバラの花だけドライフラワーにした場合には、移動しづらいのでおすすめです。

観賞期間はどのくらい?

バラをドライフラワーにした場合、どのくらいの間飾っておく事が出来るのかについて見ていきましょう。一般的には、3~6ヶ月程度が綺麗な状態で楽しむ事が出来るとされています。しかし、適した置き場所などに飾っていないと、これよりもさらに観賞期間は短くなってしまいます。置き場所には注意して、色の抜け具合を見て判断しましょう。

また、長く飾ったままにしているとホコリなどをかぶって美しさが損なわれてしまいます。定期的に、ドライフラワーのメンテナンスをしてあげるとより長持ちさせる事が出来ます。壊れやすいので、パソコンの掃除などに使われているポンプ式に空気を吐き出してホコリを出してくれる物などを使うと触らずに汚れを落とす事が出来ます。

思い出の詰まったバラを長く楽しもう!

贈り物などで選ばれるバラは、思い出の詰まったいつまでも残しておきたい花です。そんな時には、ドライフラワーにして長く楽しんでいきましょう。置き場所や作り方に注意をしていれば、生け花よりも断然長持ちさせる事が出来ます。長く見て楽しむだけでなく、一緒にインテリアとしても楽しんでいきましょう。

一緒に読みたい長持ちする花に関するおすすめの記事

Thumbアジサイのドライフラワーの作り方!おすすめの種類と簡単アレンジを紹介
Thumbシリカゲルを使ったドライフラワーの失敗しない作り方まとめ!
Thumbペーパーフラワーの作り方!初めてでも簡単に【桜・ガーベラ・バラ】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-10-28 時点

新着一覧