チューリップの花言葉を徹底解説!色や本数別の意味・由来を調査

他のお花と同じようにチューリップにも花言葉はたくさんあります。人気の赤色から白色・黄色、珍しい色では紫色・斑色など変わったものまであるチューリップの花言葉は、愛に関する素敵なものから物悲しいものまで様々です。贈り物にするのであれば、花言葉の意味に注意しながら色を決めるのがいいでしょう。チューリップの花束は本数によって意味合いも変わってきますので気を付けましょう。チューリップの花の由来など名前の由来も知ると為になるものばかりです。

チューリップの花言葉を徹底解説!色や本数別の意味・由来を調査

目次

  1. チューリップについて
  2. チューリップの英語名と日本名の由来は?
  3. 誕生日花としても贈られるチューリップ
  4. チューリップの色・形と開花時期
  5. チューリップ自体の花言葉は?色によって意味が変わる花言葉を紹介!
  6. 赤いチューリップの花言葉は汎用的
  7. 白いチューリップの花言葉は注意が必要!
  8. 黄色のチューリップの花言葉は悲観的!?
  9. ピンクのチューリップは愛に関する花言葉
  10. 大人な感じの紫色のチューリップの花言葉
  11. 珍しい緑色のチューリップは独特な花言葉
  12. 暖かな色のオレンジのチューリップの花言葉
  13. 斑入りのチューリップの花言葉
  14. 黒色のチューリップにも花言葉がある!
  15. 青色のチューリップの花言葉は?
  16. レインボーのチューリップには花言葉がある!
  17. 贈る時は花言葉以外にも本数も大事なチューリップの花束!!
  18. チューリップの花言葉の由来
  19. チューリップの種類による花言葉
  20. 色によって違う花言葉や本数によって異なる意味を理解して贈ろう!

チューリップについて

チューリップは、球根植物の中でも代表的なお花です。鑑賞性が高くお花のプレゼントとしても人気があり、花束でのプレゼントや、鉢植えでのプレゼントなどにも使われます。贈る花として有名ですがチューリップには意外な使われ方もあります。化粧品の原料や、お菓子製造の材料、サラダに添える食用などもあります。

日本にチューリップが来たのは、江戸時代の後期で本格的なチューリップの栽培は大正時代になります。現在は、日本産のチューリップは、ほとんどが富山県産か新潟県産になっています。富山県と新潟県の県花にもなっています。

チューリップと聞いて一番に思い浮かべる国はオランダが多いかもしれません。風車と共に一面に咲くチューリップが印象的になっているからです。でずがチューリップは、オランダだけではなくイラン・トルコ・ハンガリー・アフガニスタンが国花にチューリップを使っています。

実はチューリップの原産地はオランダではありません。日本で流通されているチューリップの球根はほとんどがオランダ産ですが、今から1,500年前のトルコの壁画にチューリップが描かれていた記録があり、チューリップの原産地はトルコだといわれています。

チューリップの英語名と日本名の由来は?

チューリップの学名は、「Tulipa gesneriana」と言いゲスネルさんという方が命名者です。なのでゲスアリーナとついています。「Tulipa(ツゥリッパ)」はトルコ語になっていて、「tulipan」が頭巾ということから由来しています。チューリップの花びらは開花しても全開に開くことはなく、ターバンに似ていることから名づけられたといわれています。

他にも由来があり、トルコ駐在外交官のオーストリア大使が花の名前をトルコ人に尋ると、花の形を聞かれたと思ったトルコ人は、「チュルバン(ターバン)」と答えてしまいました。「チュルバン」を花の名前と勘違いしたまま、他の人たちに紹介してしまい、チュルバンはその後チューリッパに変わり、現在のチューリップに変化したといわれています。

実際にはトルコでは、チューリップのことを「ラーレ」と呼ぶそうです。正しく今に伝わっていたのであれば、チューリップではなくラーレとして人気のお花になっていたでしょう。

日本でのチューリップの和名は、「鬱金香(うこんこう)」と言われています。チューリップという名前のほうが有名なのでこの和名「鬱金香」を知らない方も少なくはないです。由来は、ウコンの匂いとチューリップの匂いが近く同じような香りを出すため鬱金イコールチューリップで鬱金香となったのが由来になっています。

誕生日花としても贈られるチューリップ

チューリップには、様々な花言葉があります。色によって違っていたり、本数によって変わったりもします。誕生日のお花としても贈られます。チューリップの誕生花を花言葉の意味と共に送るのもいいかもしれません。

主にチューリップは、3月の誕生花ですが、他の月日でも使われます。白色のチューリップ限定なのが、1月1日・1月7日・3月8日・4月8日になっており、赤色のチューリップ限定が、1月31日・3月6日で、黄色のチューリップ限定は、3月13日・3月20日・5月17日・斑入りチューリップ限定には、3月14日・4月16日になっています。

チューリップの色・形と開花時期

チューリップには、様々な色や形があります。チューリップの花の色は赤色・白色・黄色が一番の有名どころですが、他にもピンク色・オレンジ色・緑色・紫色・黒色・斑入りなどがあります。色によって花言葉も全く違います。

他にも紹介できないほど数百種類もありますが、チューリップの花の形も先が丸いものや、尖ったものもあり、形もそれぞれ違います。こんなにもいろいろな種類があるチューリップですが、チューリップの咲く時期は、どれも同じで春頃の4月から5月頃になっています。

早春から春にかけてが見頃になっていますが、開花時期は5日程度と短いです。家庭で栽培する場合などは、植木鉢やお庭に球根からチューリップを育てることも出来ます。

チューリップ自体の花言葉は?色によって意味が変わる花言葉を紹介!

チューリップの花の色に関係なく意味するチューリップの花言葉は、「博愛」と「思いやり」です。どんな色でもこの「博愛」と「思いやり」という花言葉が共通します。西洋での花言葉は、「perfect lover(理想の恋人)」、「fame(名声)」になります。

博愛とは、平等にすべての人を愛するという意味です。思いやりの意味合いにも似てきます。どちらの意味もいい意味なので様々な場面で使える万能な花言葉になります。なので花束にして送る場合も色々な色を混ぜて送るのにも最適です。

ですが、チューリップの個々の色の花言葉もあるので注意が必要な場合もあります。チューリップの花言葉は、全部で11種類あります。全般的には上記で説明した博愛や思いやりですが、他の色の花言葉は、あまりいい意味のものではないものもあります。

赤いチューリップは、「愛の告白」・白色のチューリップは「失恋」・黄色のチューリップ「実らない恋」・ピンク色のチューリップは「愛の芽生え」「誠実な愛」・紫色のチューリップは「永遠の愛」・緑色のチューリップは「美しい目」・オレンジ色のチューリップは「照れ屋」・斑入りのチューリップの花言葉は「疑惑の愛」になります。

赤いチューリップの花言葉は汎用的

赤色のチューリップの花言葉は「愛の告白」です。プロポーズの際に赤いチューリップを贈るといった演出などによいでしょう。他にも愛の告白は色々な場面で使えます。好きな人への誕生日プレゼントに赤色のチューリップを添えたりするのにもむいています。

汎用性が高いので母の日などの贈り物にも最適です。西洋での花言葉は、「declaration of love(愛の告白)」や「true love(真実の愛)」、「eternal love(永遠の愛)」、「romantic love(ロマンチックな愛)」、「believe me(私を信じて)」という意味になります。

白いチューリップの花言葉は注意が必要!

白色のチューリップの花言葉は「失恋」です。白色のチューリップを贈るときには贈る相手に気を付けましょう。花言葉が失恋といったマイナスのイメージの花言葉なので彼氏さんや彼女さん、旦那さんや奥さんの記念日や誕生日などに贈るのは止めておきましょう。

白いチューリップは、恋人の居るお友達などにも渡すのも控えたほうがいいでしょう。別れろということなのかと誤解を生む可能性もあります。しかし、贈る相手が失恋をしていてその失恋の傷が癒えたタイミングで贈るのはいいでしょう。この花言葉の失恋には、新しい恋というニュアンスを少し含んでいるので失恋の傷が癒えたタイミングなら問題ありません。

贈る相手が白色のチューリップが好きなのなら他の色のチューリップに混ぜて送ってみるのはいいと思います。お花屋さんなどと相談して花束にしてみるのもいいかもしれません。西洋での花言葉は、「ask for forgiveness(許しを請う)」、「purity(純粋)」になっています。

黄色のチューリップの花言葉は悲観的!?

黄色のチューリップの花言葉は「実らない恋」です。白色のチューリップと同様で注意しておいたほうがいいでしょう。恋人への贈り物には向いていません。片思いの相手や片思いをしている人に贈るときも避けたほうがいいでしょう。

しかし、黄色のチューリップが好きといった場合には白色のチューリップと同じように他の色と混ぜた花束を作るなど工夫をして贈るといいでしょう。西洋での花言葉は「hopeless love(望みのない恋)」、「unrequited love(報われぬ恋)」、「brightness(明るさ)」、「sunshine(日光)」です。

ピンクのチューリップは愛に関する花言葉

ピンク色のチューリップの花言葉は「愛の芽生え」と「誠実な愛」です。愛に関する花言葉なので、好きな人などに贈るのには最適なチューリップの色になります。見た目も可愛らしい、ピンク色なので、この色が好きな女性も多いかもしれません。男性から女性に渡すのにはぴったりです。

西洋での花言葉は、「caring(優しさ、思いやり)」、「attachment(愛着・愛情)」、「happiness(幸福」になります。

大人な感じの紫色のチューリップの花言葉

紫色のチューリップの花言葉は「永遠の愛」です。夫婦の記念日や、恋人の記念日などにも最適な花言葉になっています。パートナーへの愛とはまた違った絆の同胞愛としての意味でも使えます。理解力といった意味合いもあり、常に対等な立場で向き合い、お互いに高めていくという意味としても贈るのに最適な色のチューリップです。

少し大人な感じの紫の色ですが、家族や恋人に贈るのには最適です。西洋での花言葉は、「royalty(王者の風、気高さ)」になっています。

珍しい緑色のチューリップは独特な花言葉

あまり見かけない緑色のチューリップにも花言葉はあります。緑色のチューリップは他のチューリップに比べあまり目立たないので他の明るい色のチューリップに目がいってあまり見かけたことのない方もいるかもしれません。

緑色のチューリップの花言葉は「美しい目」という意味です。独特な花言葉で相手の目を褒める時に使うといいでしょう。特に女性は大きな目に憧れをもっているので目を盛っている女性や、二重でぱっちりとした目の女性への誉め言葉として贈るのもいいでしょう。一重で小さく細い目の人に緑色のチューリップを贈ることは失礼にあたるので気をつけたほうがいいでしょう。

暖かな色のオレンジのチューリップの花言葉

オレンジ色のチューリップの花言葉は「照れ屋」です。ネガティブな言葉なので、使う機会が限られている花言葉になります。品種改良で出来たオレンジ色のチューリップは、これから成長するといった意味合いもあるのですがすこしマイナスなイメージのある花言葉です。

どうしてもオレンジ色のチューリップを贈りたいときは他の色のチューリップと合わせて花束にするといいでしょう。温かみのあるオレンジ色なので他の色と合わせるととても綺麗に見えます。

斑入りのチューリップの花言葉

赤色と白色の混ざった斑や、黄色と赤色の斑など様々な種類の斑がありますが、そんな斑入りのチューリップの花言葉は「疑惑の愛」になります。見た目は珍しく綺麗なものも多いのでプレゼントにしたいという方も多いと思いますが、浮気や不倫を疑っているという風な花言葉になっているので、恋人や夫婦間でのプレゼントには向いていません。

斑入りのチューリップをプレゼントする場合は、他の色のチューリップに混ぜて花束にするなどの工夫をしてほうがいいでしょう。誤解を招かないように1輪でのプレゼントなどは止めておきましょう。

黒色のチューリップにも花言葉がある!

あまりみかけない黒色のチューリップにも花言葉は付いています。神秘的な色で珍しいので思わず惹かれてしまうかもしれません。しかし、花言葉が「私を忘れてください」という意味なので贈り物には向きません。

クイーン・オブ・ナイトと呼ばれている黒色のチューリップは真っ黒というよりも濃い紫といった感じになっています。他のチューリップに比べひと際目つのでつい気になってしまいますが、別れのメッセージがあるので大切な人への贈り物にはしないようにしましょう。

青色のチューリップの花言葉は?

様々な色のチューリップの花言葉をご紹介しましたが、まだまだ珍しいチューリップはあります。青い色をしたチューリップもあります。しかし、この青色は自然に出来たチューリップの青ではないので花言葉はまだありません。現在開発がされている途中なので青い色のチューリップを見られるのは先かもしれません。

レインボーのチューリップには花言葉がある!

自然に出来たチューリップではないですがレインボーのチューリップもあります。これは人の手が加えられていて、茎から染料を吸い込ませて色とりどりの花びらを咲かせます。しかし人口のものでも花言葉があります。レインボーのチューリップは「希望への懸け橋」という意味です。

見た目にあった花言葉で様々なシーンで使えます。プロポーズや告白にも使えますし、不安を抱えてしまっている方への励ましなどにも最適です。レインボーのチューリップの存在を知っている方は多くはないので贈ってもらった人は驚くかもしれません。

贈る時は花言葉以外にも本数も大事なチューリップの花束!!

他のお花でも同じですがチューリップも花束にするときには本数に注意しましょう。花言葉以外でも気を付けるのは本数です。本数によって花言葉の意味が失われたりすることもあります。

花言葉以外にも本数にも意味がある!

バラなどでよく見かけますがこれはチューリップに関しても一緒です。本数によって込められた思いも変わってきます。1本なら「あなたが運命の人」、2本「この世界は二人だけ」、3本は「愛している」、4本になると「一生愛し続ける」、5本「あなたに出会えた喜び」、6本では「あなたに夢中」、7本「ひそかな愛」、8本「思いやりに感謝」、9本「いつも一緒にいよう」、10本「あなたは完璧」

11本「最愛」、12本「恋人(妻)になって」、13本「永遠の友情」、14本「誇りである」、18本「誠意ある告白」、19本「忍耐と期待」、20本「まごころ」、21本「あなただけに尽くします」、22本「幸運を祈ります」、25本「幸せを祈ります」、30本「ご縁を信じる」、36本「ロマンチック」

40本「永遠の愛を誓う」、50本「永遠」、66本は「細く長く流れてゆく」、99本「永遠の愛」、100本は「100%の愛」、108本「結婚してください」が有名です。そのほかには、999本で「何度生まれ変わってもあなたを愛します」という意味もあります。

この中でも人気な本数は、告白やプロポーズには12本の花束を贈ると幸せになれるといわれている12本です。この本数の12本は、お花屋さんでも特に人気な本数になっています。

しかし、本数にもマイナスの意味を持った本数もあります。15本は「ごめんなさい」、16本だと「不安な愛」、17本になると「絶望の愛」といった意味があります。こういった風にいい意味やマイナスの意味合いもあるので花言葉以外にも花束の本数にも気を付けて贈りましょう。

チューリップの花言葉の由来

チューリップの花言葉にも由来があります。昔話が由来しているそうです。オランダの伝説では、昔オランダのある街に、心優しい美しい少女がいて、その少女に3人の騎士たちが恋をしてしまいました。騎士たちは、美しい少女に贈り物をするのです。

その贈り物は、一人は「王冠」、一人は「宝剣」、もう一人は「金銀財宝」です。少女はどれか一つを選ぶことはできず、断り切れずに悩んでいました。悩んだ末少女は、花の女神さまに自分の姿を一輪の美しい花に変えてもらうようにお願いしました。

王冠を「花弁」に、宝剣を「葉っぱ」に、金銀財宝は「球根」に変わってしまいました。少女の花になった姿はとても可憐でその花を、「チューリップ」と呼ぶようになり、3人の騎士たちはこのチューリップを大切に育てたというお話です。

トルコにも由来する昔話がある

オランダの昔話だけではなくトルコにも昔から伝わるお話があります。昔ある村に、ファルハドという名前の青年が暮らしていました。ファルハドは、村長の娘のシリンと付き合っていましたが、シリンと結婚をするために山に大きな穴を掘り、村に水をもたらさなくてはいけませんでした。

ファルハドは必死に働き、作業が難航しつつも穴を掘り、村に水をもたらしたのです。しかし作業中シリンが命を落としたことを知り、ファルハドは絶望し後を追うように崖から飛び降りてしまいます。ファルハドの身体からあふれ出た血からは美しく真っ赤なチューリップが咲いたそうです。

この物語が伝わっている「アマシア」という町の近くにはファルハドの名を冠した水路があり、こうした背景から、男性に愛される女性の象徴という位置付けになっていったそうですの栽培が今でも行われています。

ギリシャ神話にもチューリップにまつわる物語がある

上記の二つ以外にもギリシャ神話にもなっています。秋の神のヴェルツゥヌは、チューリップという美しい娘に一目ぼれをしてしまいました。チューリップに親しくなろうと色々とアタックしてみますが、秋の神のヴェルツゥヌはチューリップと失恋をしてしまいます。

失恋をしたのちに別々の道を歩んでいましたが、秋の神のヴェルツゥヌはチューリップと再会をしました。再開したチューリップにもう一度アタックしてみたところ、チューリップは幾度もの秋の神のヴェルツゥヌからのアタックに困り果て、貞操の神アルテミスに助けを乞いました。貞操の神アルテミスは快く願いを聞き入れ、チューリップを美しい春の花に変えたそうです。

こういった物語から、チューリップは男性に愛される女性の象徴ということが由来となっています。花言葉でも愛される、愛するといった愛の花言葉も多くあります。一部悲しい花言葉もありますが、愛や恋に関連することが少なくないです。

チューリップの種類による花言葉

チューリップは色により花言葉が色々ありますが、色だけではなく品種によっても花言葉が付けられているものもあります。アップスターという品種のチューリップは、八重咲で中型の白とピンクのチューリップになっています。

アップスターの花言葉は、「天真爛漫」です。このアップスターの中でも人気なのは、クリームアップスターといって突然変異で白色の部分がクリーム色になった可愛らしいチューリップになっています。

モンテカルロというチューリップの品種もあります。モンテカルロは、八重咲の黄色のチューリップになっています。チューリップの中では豪華な花を咲かせることが特徴的で鑑賞期間も長く完全に咲ききると美しいチューリップになります。モンテカルロの花言葉は「名声」です。

アンジェリケというチューリップも八重咲きでバラのように神秘的な豪華なチューリップになっています。チューリップの品種としては普通のチューリップよりも1週間から2週間くらい遅く開花します。アンジェリケの花言葉は「夢」「魅惑」です。

ピンクダイヤモンドは、上記のチューリップとは違い一重咲きです。パステルピンクで可愛い花をつけます。ピンクダイヤモンドの花言葉は「恋する年頃」・「愛の芽生え」・「誠実な愛」になっています。

色によって違う花言葉や本数によって異なる意味を理解して贈ろう!

チューリップの花言葉は、色によって様々です。愛のこもった贈り物の時に最適なチューリップですが、花言葉の意味を知らずに渡してしまうと贈る相手に知らずと気分を害することもあるので注意が必要ですね。本数によっても意味は変わってきます。もし、本数がわからなくなってしまった場合や、花言葉の意味を忘れてしまった場合は、お花屋さんでも教えてくれるので聞きましょう。

チューリップの花の名前の由来や花言葉にも由来がありました。花言葉の由来はとても悲しく愛を感じる昔話になっています。しかし物語から伝わる愛が花言葉になっているのだととても感じられるお話です。こういった由来も含めてチューリップをプレゼントするのもいいでしょう。

チューリップに関連する記事はこちら

Thumbチューリップの育て方を徹底解説!球根の植え方や時期など栽培のコツは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb折り紙で立体のチューリップの折り方!平面の簡単で可愛い作り方も | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-03-02 時点

新着一覧