声優・小西寛子がおじゃる丸を降板!その理由は枕営業の拒否?【NHK】

国民的な有名なアニメであるおじゃる丸の声優、小西寛子(こにし ひろこ)が降板されるとして世間を騒がせています。しかし降板だけあれば、なぜここまで騒がれているのでしょうか?実はおじゃる丸を放送しているNHK側に、何やら不穏な匂いが漂っているようで、それによって小西寛子(こにし ひろこ)が告発をしているようです。そんな小西寛子(こにし ひろこ)おじゃる丸降板の、理由や今回の事件について詳しくご紹介します。

声優・小西寛子がおじゃる丸を降板!その理由は枕営業の拒否?【NHK】

目次

  1. あの国民的アニメおじゃる丸の声優・小西寛子が降板?
  2. おじゃる丸で有名な小西寛子とは?
  3. 小西寛子の主な経歴とは?
  4. 出演作品とは?小西寛子が担当した作品を紹介!
  5. 小西寛子が降板になったおじゃる丸とは?
  6. なぜ小西寛子はおじゃる丸を降板に?
  7. おじゃる丸の降板は会社側の不正を指摘した事から起きた?
  8. NHK側の製作陣は小西寛子の声を収録と偽ってお金を稼いでいた?!
  9. NHK側の都合で数々のアニメが潰されているって本当?
  10. 小西寛子は枕営業などのセクハラを受けていた?
  11. おじゃる丸に限らず「堀江由衣」が鍵?
  12. 小西寛子は裁判も厭わないとSNSで発言!
  13. 過去のおじゃる丸原作者の自殺もNHKが原因?
  14. 今回の事件は一体どういう事?
  15. 今後の小西寛子の動きに注目!

あの国民的アニメおじゃる丸の声優・小西寛子が降板?

日本人であれば誰でも一度は、小さい頃に見たことがあるアニメとして、サザエさんやドラえもんに続き「おじゃる丸」を見たことがある方が多いでしょう。そんなNHKで放送されている、国民的アニメであるおじゃる丸の声が、突然の降板となりました。単純な降板であれば、特に問題はないのですが今回そのおじゃる丸の声を担当した小西寛子が、ツイッターなどで様々な業界の裏の話を暴露しており、話題となっています。

そんな話題沸騰中のおじゃる丸の声優である、小西寛子の降板騒動以外にもなにやらNHKかが抱えている問題についても、今回の騒動で明るみに出始めています。国民から受信料などをとっているNHKですが、国営放送として正当性や透明度などを示すことが求められており、最近ではSNSなどでニュースが拡散するので、そういった部分に対してもどう対処していくのか、そんなおじゃる丸についてご紹介してきます。

おじゃる丸で有名な小西寛子とは?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その1

名前:小西寛子(こにし ひろこ)
愛称:かんこ
出生地:埼玉県川越市
生年月日:1975年10月26日
年齢:42歳(2018年6月)
血液型:A型
身長:161cm
職業:声優、女優、歌手、シンガーソングライター
事務所:Office Squirrel

国民的なアニメである、坂の上おじゃる丸の声優を務めるほどの実力を持っており、さらには様々なアニメの声優を手がけており、ギャグ漫画で王道な「浦安鉄筋家族」の「菊池あかね」役などをやっており、その演技の幅の広さにはかなり定評があり、ファンもかなりの数が存在しています。日本のアニメ業界を引っ張っていった一人としても、かなり名前が上がりクレヨンしんちゃんなどの、声優と同じくらい日本では知名度があるでしょう。

小西寛子の主な経歴とは?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その2

今回の騒動で騒がれている小西寛子(こにし ひろこ)ですが、一体どういった経歴の持ち主なのでしょうか?今回の騒動では声優という情報を知っている方は多いですが、詳しい詳しい情報を知らない方も多いでしょう。そんな方のためにも、この章では小西寛子(こにし ひろこ)の経歴の詳細をご紹介していきます。今回の強制降板騒動に関しても、かなり重要な要素を含んでいる部分も多いので、早速ご紹介していきましょう。

幼少期の頃に母親と舞台鑑賞に行き、もともと舞台に対して憧れを持っており、風の谷のナウシカを機に声優という職業を知り、そこから声優というものを目指し始めます。高校生の頃に日本ナレーション演技研究所という場所に入り、学生時代に声優としてデビューを始めた経歴を持っています。目指したものに関して、かなりの行動力を持っている方で、様々な事務所を転々としながらOffice Squirrelで活動をしています。

出演作品とは?小西寛子が担当した作品を紹介!

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その3

小西寛子(こにし ひろこ)はかなり様々な作品に登場するキャラクターの声を、担当しておりその作品については、名前を言えば誰でも知っているものが多いほど、凄腕の声優なのです。そんな小西寛子(こにし ひろこ)のおじゃる丸以外の作品についてご紹介して行きます。小西寛子(こにし ひろこ)のその実力と、今回のおじゃる丸降板の理由に疑問が上がっている理由が、出演作品からわかることでしょう。

小西寛子(こにし ひろこ)の主な声優としての出演作品は、「ドクタースランプ(木緑あかね[15]、猫B)」「浦安鉄筋家族(菊池あかね)」「おじゃる丸(坂ノ上おじゃる丸〈初代〉)」「おジャ魔女どれみ(ヘヘ)」「十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-(菜ノ花自由)」「デジモンアドベンチャー(高石タケル)」「金田一少年の事件簿(水城巫琴〈アナト〉)」などの有名作品の声優を担当していました。

小西寛子が降板になったおじゃる丸とは?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その4

今回の小西寛子(こにし ひろこ)のおじゃる丸の降板が、騒がれていますが一体おじゃる丸とは、どういった作品なのでしょうか?まずはそういった降板になったおじゃる丸の、ストーリーや内容について理解しなくては、小西寛子(こにし ひろこ)の降板理由が正当であるか判断がしにくいでしょう。実際かなりの人が、おじゃる丸のストーリについて知っていない方も多いです。詳しい内容をご紹介します。

まずおじゃる丸に登場する、坂ノ上おじゃる丸は平安時代にヘイアンチョウ妖精界の貴族の子であった、おじゃる丸が月光町の男の子カズマの家に、居候をするという流れになっています。妖精界から来るときに、閻魔大王のシャクを持ってきてしまい、小鬼めらがそれを取り返しに追いかけて、月光町へやってきます。その小鬼や日々のおじゃる丸の居候生活を、テーマにしたゆるいギャグアニメとなっています。

なぜ小西寛子はおじゃる丸を降板に?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その5

今回のおじゃる丸の降板騒動では、小西寛子(こにし ひろこ)はなぜ降板になってしまったのでしょうか?小西寛子(こにし ひろこ)の過去にNHKなどに不正に行われたことなどについても、詳しくご紹介して行きます。まずは降板になった軽い流れを、ご紹介しつつ次の章にてその詳しい内容についてを、ご説明して行きます。実際は本当に降板になているかなども、とてもファンからすると重要ですのでそういった部分も、ご紹介します。

小西寛子(こにし ひろこ)は今回のおじゃる丸騒動に限らず、過去の出来事からもNHKなどの方針に疑問を持っていたそうです。それを口にすれば仕事がなくなるなどと、脅されていた過去もあるようで、最近では受信料を巡ってどんどんと悪い印象が定着しつつあるNHKですが、テレビを必要とされていない時代において、今回の事件はかなりの若者の中でも、イメージダウンに繋がってしまったことでしょう。

おじゃる丸の降板は会社側の不正を指摘した事から起きた?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その6

まず小西寛子(こにし ひろこ)の過去に受けていた、NHKの不正行為を我慢していたことによって、今回の小西寛子(こにし ひろこ)の怒りに火をつけてしまい、事件がここまで大きくなったのでしょう。その理由としてはかなり前に、NHKに不審な点を突き詰めたところ、急に仕事がなくなったことがあったそうです。そのような裏の力が今回のおじゃる丸にも動いていると、過去の経験から感じたことが今回の重要な鍵でしょう。

過去に起こったNHK側の不正な声優の権利の乱用を、黙って見過ごした小西寛子(こにし ひろこ)が、今回のおじゃる丸騒動でその証拠となるものを抑えており、それによって過去の声優の権利乱用のようなことを、国営放送が行なっていることを突き止めた小西寛子(こにし ひろこ)がSNSで声を大にしているのです。まだその今回のNHKの不正の内容については、公開されていませんが謝罪がない場合公開するそうです。

NHK側の製作陣は小西寛子の声を収録と偽ってお金を稼いでいた?!

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その7

NHKは今回の騒動が起きる前に、小西寛子(こにし ひろこ)に対してかなり不正行為を働いていたそうです。その内容というものが、おじゃる丸の声の収録と言われ自分自身の音声データを提供したところ、全く記憶にない商品にその音声が使われており、それを不審に思った小西寛子(こにし ひろこ)が、直接NHKに掛け合ったところ、「生意気だ!」「黙って仕事しろ!」「アニメ業界で仕事できなくしてやる!」というパワハラを受けます。

そのパワハラ受けた後、一切のおじゃる丸の収録の話が来なくなったそうです。こういったやましいことを、国営放送で行なっていたと、今のインターネットが普及している国民が知ったら、どうなることでしょうか?かなり反感とSNSでの拡散が起き、様々な部分に対して不満の声が上がるでしょう。現に最近では有料化されて、受信料を払うほどのクォリティがないとして、テレビを破棄する人もかなり増えています。

NHK側の都合で数々のアニメが潰されているって本当?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その8

今回の騒動ではおじゃる丸が注目を集めていますが、それ以外のアニメにも大きな影響を与えていたことが、今回の騒動では話題となっています。まさか国営放送が自らの都合で、いらない作品と不都合な作品を押しつぶしていた、なんて今までのテレビの情報が全てであった、国民からすればわからないはずでしょう。そんな拡散されているもう一つの事実として、「十兵衛ちゃん」というアニメが上がります。

十兵衛ちゃんとは大地監督によって、小西寛子(こにし ひろこ)をモチーフにして作られたアニメです。脚本やキャラデザ、バックグラウンドの設定などにも小西寛子(こにし ひろこ)を鮮明に反映している部分が強く見て取れます。この先品に関しても、突然二期から小西寛子(こにし ひろこ)が降板になっており、大地監督の良さなども全て消え、広告と声優の宣伝に徹したアニメになり人気は下落しました。これもNHKが関わっていると言われています。

小西寛子は枕営業などのセクハラを受けていた?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その9

今回のおじゃる丸騒動では、小西寛子(こにし ひろこ)の降板も注目されていますが、昔声優という職業は女優や俳優のアルバイトとしての位置に、あるような職業でした。今では声優個人が独り立ちし、社会的な貢献を数多く行なっていますが、インターネットが普及する前は、かなり酷い扱いをNHKが行なっていたようで、小西寛子(こにし ひろこ)に強制的にセクハラなどを受けさせようとしていたとも言われています。

なんと過去に原マネージャーが小西寛子(こにし ひろこ)を騙し、混浴に入れ水着などを来ない状態で接客をさせようとしていた過去もあるようです。実際これが事実であればかなり最低な行為ですが、わざわざ小西寛子(こにし ひろこ)が大衆が見ている前で嘘をつくメリットがないので、これはかなり事実といっても過言ではないでしょう。国営放送がこのようなことを、促しているとは信じがたい事実でしょう。

おじゃる丸に限らず「堀江由衣」が鍵?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その10

今回のおじゃる丸の騒動では小西寛子(こにし ひろこ)の降板が、騒がれていますが一体どういった部分で、そこまで意図した降板だと言い切れるのでしょうか?かなり色々な憶測が飛び交っていますが、実は小西寛子(こにし ひろこ)の降板にはある人物が大きく関与していることがわかっています。これは業界によって、よいしょされているのか、それとも何かしらのフックを使って降板を促しているのか不明ですが、共通点が実はありました。

小西寛子(こにし ひろこ)の降板に限らず、NHKが手がけて問題が起きているものに関してかなりの確率で「堀江由衣」という声優の名前が上がります。今回のおじゃる丸の件に関しても、降板後の担当声優は「堀江由衣」、さらに「十兵衛ちゃん」の小西寛子(こにし ひろこ)の降板後の声優は「堀江由衣」さらには、小西寛子(こにし ひろこ)の担当していたフルーツバスケットというアニメに関しても、「堀江由衣」が関与しています。

小西寛子は裁判も厭わないとSNSで発言!

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その11

今回の事件でかなりNHKの不透明性が明らかになって来ました。最近ではかなり色々な芸能人が自分に対する、不当な扱いを受けていることから裁判を起こしたり、アイドルがセクハラを強制されていることを、告発するなどテレビ自体の力が弱くなっているぶん、週刊誌などが国民からの支持を得始めています。これからもどんどんと、テレビという日本の情報統制基盤を作り上げた装置の、ボロが出てくることでしょう。

小西寛子(こにし ひろこ)の告発によって、他の声優なども続いて告発する可能性も増えています。今回の事件での対応が悪い場合、全ての情報をSNSにおいて告発すると公言している小西寛子(こにし ひろこ)です。国民からお金をもらって、放送しているNHKには納得いく説明が求められるでしょう。仮にそうでなくとも、このようにテレビ業界などに不信感を抱いている国民が増えているので、遅かれ早かれテレビは終わることでしょう。

過去のおじゃる丸原作者の自殺もNHKが原因?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その12

おじゃる丸はあまり知られていませんが、おじゃる丸の作者が「仕事ができません。」「疲れました。」といって自殺をしています。その自殺後にも何しれず、おじゃる丸は放送されているのです。そういった部分を見ても、このおじゃる丸という作品が、どれだけ異質であるかわかることでしょう。このことについても、小西寛子(こにし ひろこ)は、本当に一部であるといっていることから、こういったことがまだまだあるということでしょう。

今回の事件は一体どういう事?

おじゃる丸声優・小西寛子が降板?理由やNHKの強制枕営業の真相その13

今回の事件をおさらいして見ましょう。小西寛子(こにし ひろこ)はおじゃる丸を正当な理由なく、降板されたとして謝罪をNHK側に求めており、その証拠として今回音声データなど金額の振込等の、やりとりを黙認んしているので、SNSで拡散をしているようです。過去にセクハラされていることも加味して、今後の国営放送の務めとして透明性を国民に表明しろといっているのでしょう。

今後の小西寛子の動きに注目!

今後もNHKと小西寛子(こにし ひろこ)のバトルは続いていきます。まだまだNHKははっきりとして回答はしていませんが、過去に無断で音声データを利用したことに関しては、否定をしていません。こういった部分からも、国民的な人気アニメであっただけに、ネット対テレビという関係は続いていくことでしょう。

他の芸能に関する記事はこちら!

Thumb生駒里奈が乃木坂46を卒業した理由は?最後のコンサート・ライブには芸能人も? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb新田真剣佑の弟・郷敦(ゴードン)が芸能界デビュー?高校や大学を調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb元AKB48・奥真奈美が芸能界復帰!変わらぬ可愛さが話題に!【画像あり】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-19 時点

新着一覧