柴犬の抜け毛対策・お手入れ方法は?ブラッシング用おすすめグッズも!

柴犬の抜け毛対策やお手入れ方法、掃除の頻度についてまとめました。柴犬は抜け毛が多いと言われているので、きちんとお手入れして抜け毛対策をする必要があります。ブラッシングに最適な道具もチェックして、柴犬の抜け毛対策をしていきましょう。

柴犬の抜け毛対策・お手入れ方法は?ブラッシング用おすすめグッズも!

目次

  1. 柴犬の抜け毛・お手入れ方法を徹底解説
  2. 抜け毛対策・お手入れ方法を紹介
  3. 柴犬のブラッシングにおすすめの道具
  4. 柴犬の耳掃除もしよう
  5. 柴犬の抜け毛ケアをして愛情を深めよう

柴犬の抜け毛・お手入れ方法を徹底解説

柴犬を飼う時に大切になるのが抜け毛のお手入れです。柴犬は短毛ですが抜け毛が多い事で知られており、きちんとブラッシングでお手入れをしないと皮膚炎などの原因になってしまいます。愛犬の健やかな状態を保つ為にも、抜け毛のお手入れは重要なポイント。ブラッシングでお手入れをしてあげれば、抜け毛の掃除をする頻度も減らす事が出来ます。

本記事では、柴犬の抜け毛対策方法やブラッシングのお手入れ方法についてまとめました。柴犬の抜け毛対策に役立つ道具もご紹介するので、お手入れの参考にしてみてください。柴犬に最適なブラッシングを行なって抜け毛対策をしていきましょう。

柴犬の抜け毛が多いのはなぜ?

柴犬は短毛なので、一見すると抜け毛が少なそうです。しかし、実は柴犬は抜け毛が多い犬であり、「抜け毛の掃除が大変」という評判も多くあります。柴犬は、柔らかで保温性に優れた下毛と固く艶のある外毛の2種類の被毛で覆われているのが特徴。柴犬のような寒冷地出身の犬は、このように下毛と上毛のダブルコートである事が多いです。

柴犬は年に2回、春と秋に換毛期を迎えます。換毛期を迎えると、柔らかな下毛がたくさん抜け落ちるのが抜け毛が多くなる原因。下毛は軽いのでふわふわと部屋の中で舞いやすく、とても目立ちます。掃除を幾度行なっても抜け毛がなくならず、大変な思いをした方も多いのではないでしょうか。このような理由で柴犬は抜け毛が多くなっています。

Thumb柴犬の遺伝子は狼に最も近い?ハスキーや他の犬種との類似性もチェック | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

抜け毛対策・お手入れ方法を紹介

抜け毛が多い柴犬はお掃除が大変ですが、日頃からお手入れをしていれば掃除の手間が減ります。きちんと抜け毛対策をしておけば、柴犬の皮膚も健やかな状態を保てるのがポイント。抜け毛対策を怠っていると抜け毛が皮膚に留まり、群れる原因になります。その状態が続く事で皮膚炎になる可能性もあるため、注意が必要です。基本的な抜け毛対策方法をチェックしましょう。

こまめにブラッシングする

こまめにブラッシングをしてお手入れを行う事で柴犬の抜け毛対策になります。抜け毛が多くなる換毛期は毎日、それ以外は2〜3日に1回はブラッシングをしましょう。ブラッシングをする時は皮膚に異常がないか、怪我がないかなどを確認してから行います。柴犬が嫌がるような少しずつブラッシングをして慣れさせます。

ブラッシングの力が強すぎると嫌がる事が多くなるので、柴犬の様子を見ながらお手入れをする事が大切。また、柴犬に限らず犬は集中力が短いため、すぐに飽きてブラッシングを嫌がってしまうかもしれません。その場合も無理をせずにやれる範囲でブラッシングを行います。

ブラッシングをする時に撫でてあげたり、声をかけたり、といったようにスキンシップを図ると柴犬との仲を深める事が出来ます。ブラッシングは単なる抜け毛のお手入れだけではなく、柴犬とのコミュニケーションの機会と捉えて行うと良いでしょう。「ブラッシングは楽しい」と柴犬に思ってもらう事が大切なポイントです。

シャンプーで洗い流す

換毛期の抜け毛はシャンプーで一気に洗い流すのもおすすめです。シャンプーは抜け毛対策になるだけでなく、皮膚を清潔にする事が出来るのが嬉しいポイント。ただし、シャンプーは月に2回を目安に行なってください。シャンプーをし過ぎると皮膚に必要な油分が失われ、乾燥や皮膚炎の原因になります。犬用シャンプーを使って全体を優しくマッサージしてあげましょう。

シャンプーが全体に行き渡ったら、シャワーで洗い流します。熱過ぎず、冷た過ぎない温度のシャワーで優しく洗い流してください。抜け毛が一気に出てくるので、排水溝がつまらないように要注意です。シャンプーが終わったら、ドライヤーできちんと乾かしましょう。乾かし足りないと風邪をひく原因になります。ドライヤーの音を嫌がる事があるので、静音タイプがおすすめです。

ファーミネーターを使用する

ファーミネーターを使うのも柴犬の抜け毛対策として効果的です。ファーミネーターとは、ブラッシングをする事で90%の抜け毛を取り除く事が出来ると言われている便利アイテム。先端は金属製のコームのようになっており、毛の上で滑らせる事で下毛が綺麗に取れます。抜け毛が多い柴犬に最適なアイテムとして人気を集めているので、要チェックです。

ファーミネーターを使う時は力を入れ過ぎない事が大切です。力を入れずに軽く撫でるようにするだけでも多くの抜け毛が出てくるので、柴犬の様子を見ながら力加減を調整してください。どんどん下毛が出てきて、一気に抜け毛を掃除する事が出来ます。抜け毛をきちんと取り除きたい場合はファーミネーターを活用してみましょう。

それでも抜け毛が多い時は?

ブラッシングやシャンプー、ファーミネーターなど抜け毛対策が出来るアイテムは沢山ありますが、柴犬の抜け毛を全てなくすのは無理です。どんなにお手入れをしたとしても換毛期はすぐに下毛が抜けるようになってしまうので、追いつきません。そのような場合はこまめにお掃除をする事も大切になります。コロコロや掃除機を使って抜け毛を綺麗にしていきましょう。

カーペットについた抜け毛は掃除機やコロコロでは取りにくい事があります。そのような場合には、軍手を使うのがおすすめ。軍手を手にはめてカーペットの上でスライドさせるだけで抜け毛を絡め取る事が出来ます。このようなアイテムを使って抜け毛対策をし、清潔な状態を保つようにしてみてください。

柴犬のブラッシングにおすすめの道具

簡単に柴犬の抜け毛のお手入れをする為には、便利な道具を活用するのも重要になります。どのような道具が使いやすいかを考えながらぴったりのお手入れ道具を見つけていきましょう。柴犬にとっても気持ち良くブラッシングが出来るように工夫をすると、お手入れがしやすくなります。

スリッカーブラシ

スリッカーブラシとは、細いピンのような物が沢山ついた金属製のブラシです。スリッカーブラシでブラッシングをする事で、下毛が取りやすくなると言われており、抜け毛が多い柴犬に最適な道具と言えるでしょう。抜け毛が多く、なかなか掃除しきれないという場合に役立ちます。

ラバーブラシ

ラバーブラシはゴム製のブラシです。「金属製のブラシは皮膚への影響が心配」という場合は、肌に優しいラバーブラシを使うのがおすすめ。皮膚への刺激が少なく、下毛を取り除く力にも優れた道具です。適度な力を入れてブラッシングをすれば、きっちりと綺麗に抜け毛を取る事が出来ます。

獣毛ブラシ

ワンランク上の仕上がりにしたい時は獣毛ブラシも使いましょう。ブタや馬など動物の毛を使って作られたブラシで、艶出しや毛並みを揃える役割を果たしてくれます。ラバーブラシやスリッカーブラシで抜け毛処理をした後に使ってください。刺激が少なく、血流マッサージ効果もあるので柴犬のお手入れに最適です。

コーム

最後の仕上げにはコームを使うのもおすすめです。コームは、毛並みを揃えるのに使用する金属製のブラシ道具。ラバーブラシなどで下毛を取り除いたらコームで毛並みを揃えて完了です。柴犬はお手入れをする事で艶のある綺麗な毛並みをキープする事が出来るので、道具を揃えてお手入れしてみてください。

Thumb柴犬の平均・理想体重は?ワンちゃんの健康維持に必要なこと | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

柴犬の耳掃除もしよう

柴犬は抜け毛だけでなく耳掃除も行う事で清潔な状態を保つ事が出来ます。耳掃除のポイントを踏まえた上で、綺麗にしてあげるようにしましょう。耳掃除をする上で知っておきたい基本的な情報をご紹介します。

柴犬の耳掃除の方法は?

柴犬の耳掃除をする場合は、コットンや耳掃除用のシートを使います。コットンやシートを使い、耳の外側を優しく撫でるようにしましょう。やり過ぎる必要はなく、軽く撫でる程度で大丈夫です。1〜2ヶ月に1回くらいの頻度でやると良いでしょう。

柴犬の耳掃除の注意点は?

柴犬の耳掃除は、耳の奥までする必要はありません。一般的に耳垢は耳の外側にしか溜まらないと言われています。耳の奥まで掃除しようとすると耳を傷つけてしまう可能性があるので気をつけてください。また、耳掃除のやり過ぎもNG。柴犬は耳が立っているので、垂れ耳よりも蒸れにくくなっています。1〜2ヶ月に1回、様子を見て軽く行う程度で大丈夫です。

Thumb柴犬の寿命と病気まとめ?平均寿命はどの位?下痢や皮膚病は危険サイン! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

柴犬の抜け毛ケアをして愛情を深めよう

柴犬は抜け毛が多いので、換毛期はブラッシングでお手入れをする必要があります。お手入れを怠っていると部屋中が抜け毛だらけになったり、柴犬が皮膚炎にかかってしまう可能性があるため、気をつけてください。使いやすい道具を活用して、柴犬の抜け毛対策をしていきましょう。抜け毛のお手入れがきちんと出来ていれば、柴犬もご機嫌になってくれるはずです。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-04-17 時点

新着一覧