ラサアプソを飼う時は信頼関係が大切!性格に合った上手なしつけ方を紹介

ラサアプソの犬種の特徴や寿命、かかりやすい病気などについてまとめました。ラサアプソは日本のペットショップではあまり見られない犬種なので、ブリーダー経由で子犬を手に入れるのがおすすめ。ラサアプソを大切に育てて、仲良く暮らしていきましょう。

ラサアプソを飼う時は信頼関係が大切!性格に合った上手なしつけ方を紹介

目次

  1. ラサアプソの特徴・飼い方を解説
  2. ラサアプソの特徴
  3. ラサアプソの上手なしつけ方
  4. ラサアプソを迎え入れる方法・注意点
  5. ラサアプソの抜け毛対策グッズ
  6. ラサアプソと楽しく暮らそう

ラサアプソの特徴・飼い方を解説

つぶらな瞳を始めとした愛嬌のある顔立ちが可愛らしいのがラサアプソです。ラサアプソに魅力を感じ「飼ってみたい」と思う方も多いのではないでしょうか。子犬の頃はもちろんの事、成犬になった後も愛くるしい姿を見せてくれるのがラサアプソの良い所です。可愛いラサアプソとの生活を楽しんでみませんか?

本記事では、ラサアプソの犬種としての特徴やかかりやすい病気、寿命などについてまとめました。子犬のラサアプソを飼いたい時にどうすれば良いのか、方法についてもご紹介します。ラサアプソについて詳しい事を学んで、子犬の時から一緒の時間を過ごしてみませんか?

チベット原産の歴史ある犬種

ラサアプソは、2000年以上の歴史を誇る古い犬種として知られています。ラサアプソの原産地はチベット。チベット仏教の聖都として知られるラサで誕生した事から、ラサアプソと呼ばれるようになりました。ラサアプソは、昔からチベットの僧院で飼育されています。ただ単にペットとして飼われているのではなく、聖なる犬として僧侶達に親しまれてきました。

チベットの僧侶が志半ばで亡くなってしまった場合、その魂はラサアプソに宿るという伝説が残っています。犬の体に僧侶の魂が宿る事により、土地を守るという志を達する事ができると言われてきました。こうした事から、ラサアプソはチベットの人達によって神聖な犬種とされています。

チベットの僧院の僧侶達は、そんな聖なる犬であるラサアプソを権力者に献上する事で、政治的な繋がりを強めていたと言われています。ラサアプソはそのくらいチベットにおいて重要視された犬種と言えるのではないでしょうか。こうした見方は現在も残っており、ラサアプソは「幸福をもたらす犬」として重宝されています。チベットの人達にとって、ラサアプソは特別な犬種です。

シーズーの祖先として有名

ラサアプソを見た時に「シーズーに似ているな」と思った方も多いのではないでしょうか。実は、ラサアプソはシーズーの祖先です。昔、ダライ・ラマは中国に毎年ラサアプソを献上していました。その習慣は、1908年まで続きます。中国に渡ったラサアプソは朝廷で飼われていたペキニーズとの交配が行われ、そこで誕生したのがシーズーです。

この事から、シーズーはペキニーズとラサアプソの混血種だという事がわかります。最初は混血種として扱われていましたが、犬種として安定したため、正式に純血種として登録されるようになりました。そのため、シーズーとラサアプソが似ているのは当たり前の事。シーズーはペキニーズよりもラサアプソの要素が強いので、見間違える方も多いかもしれません。

ラサアプソの特徴

ラサアプソの歴史についてチェックする事ができたら、続いては具体的な特徴について見ていきましょう。ラサアプソはどのような体型をしているのか、性格やどうなっているのかなど、基本的な情報を仕入れておく事は、犬を飼う上で大切になります。どんな犬種も特徴を踏まえた上で飼う事が大切。ラサアプソに合わせた飼い方ができるように、詳しく学んでみてください。

体重6~7kg前後の小型犬

ラサアプソの平均体重は、6~7kg前後です。これは小型犬の部類に入ります。また、体高25cm前後。胴に対して足がやや短いのが特徴になります。一見すると胴長短足に見えるラサアプソも多く、短い足が可愛い特評判も多いです。ラサアプソの胸回りは筋肉質なのもポイント。他の小型犬種と比べてがっしりとした体格になっています。

顔立ちはチャーミング

ラサアプソは、クリクリとした丸くて可愛らしい目元がチャームポイントです。大きな黒目で見られたら、ラサアプソの魅力に一気に惹かれてしまうという方も多いのではないでしょうか。黒くて丸い鼻も可愛らしく、全体的にチャーミングな顔立ちになっています。マズルは短めで、垂れ耳になっているのもラサアプソの特徴。顎や頰にヒゲが多くなっています。

被毛は長毛のダブルコート

ラサアプソは、長毛のダブルコートです。ダブルコートとは、下の毛と上の毛で分かれている被毛の事。下の毛は保温性が高く、上の毛は皮膚を紫外線から守る役割を持っています。ダブルコートは基本的に抜け毛が多く、ラサアプソも例外ではありません。きちんとブラッシングをして、抜け毛対策をする事が大切になります。

ラサアプソは被毛のカラーのバリエーションが豊富な事でも知られています。ブラウンやゴールデン、ブラック、ホワイトの他に、ハニーやサンドといった珍しい毛色もあるのが魅力。グレーとレッド、ブラックが混ざったグリズルという毛色もあります。中には斑点が入ったパーティーカラーと呼ばれるラサアプソもいるので、多種多様なルックスを見られるのではないでしょうか。

性格は活発で飼い主に従順

ラサアプソは、とても活発な性格の犬種として知られています。いつでも陽気で、一緒にいると楽しくなるような愛くるしさがあるのがラサアプソの魅力。飼い主と遊ぶ事がとても好きなので、遊ぶ時間を作ってあげると喜ぶでしょう。甘えん坊になり過ぎず、適度に距離を保つ事ができるのもラサアプソの魅力。自立心があり、依存し過ぎない性格です。

ラサアプソは飼い主に従順な犬種としても知られています。子犬の頃からきちんとしつけをすれば、とても言う事を聞く犬に育ってくれるのが嬉しいポイント。また、ラサアプソは警戒心が強いので、家族以外の人に慣れるのには時間がかかるでしょう。チベットの僧侶に飼われていた時は番犬としての役割も果たしていたため、侵入者に対する警戒は強いです。

もし、飼い主に危険をもたらすような侵入者が来たら、自分が盾になって守ろうとする勇敢さを持っています。一方で、飼い主にとって危険でない場合は、特に関心を持たず無視をする場合も多数。お客さんが頻繁にやってくるような家の場合は、無理にお客さんと遊ばせようとせず、ラサアプソのペースを守ってあげましょう。

平均寿命は12~14年

ラサアプソの平均寿命は12〜14歳です。小型犬の平均寿命と大差なく、しっかりと健康管理をすれば平均寿命より長生きさせる事は可能です。病気に気をつけ、日々の食事や運動を適切に行なっていきましょう。基本的な事を行う事で、ラサアプソの寿命を延ばしていけば、より楽しい日々を過ごせるのではないでしょうか。寿命を延ばす育て方を子犬の頃から意識してください。

ラサアプソの上手なしつけ方

ラサアプソは子犬の頃からしつけを行う事で、とても良い子に育ってくれます。逆に、子犬の頃からしつけを行なっていないと、我儘な性格になってしまうかもしれません。ラサアプソは自立心が強いため、しつけが行われていないと言う事を聞かなくなる可能性が高くなります。ラサアプソと仲良く暮らす事ができるように、しつけのポイントについてチェックしましょう。

コミュニケーションで信頼関係を築く

ラサアプソの子犬とは、信頼関係を築く事がしつけのポイントになります。ラサアプソは他人に対する警戒心が強いので、まずは家族の一員であるという事を認識させるようにしましょう。そうする事で、自然と主従関係も生まれやすくなります。ラサアプソの子犬とのコミュニケーションを積極的に行い、その中で飼い主をリーダーと思わせるしつけを行う事が大切です。

子犬の時から飼い主が主導権を握る

ラサアプソは、子犬の頃から飼い主が主導権を握る事が大切。とても可愛らしいので、ついつい甘やかしてしまいがちですが、そうすると我儘な性格になってしまいます。子犬のコミュニケーションを取りつつ、基本的なしつけを行なってください。「待て」「おすわり」といった服従合図を教える他、散歩をする時も飼い主が行く方向へついていくようにしつけます。

子犬の頃から主導権を握っていれば、ラサアプソは言う事を聞きやすい犬に成長してくれます。元々は飼い主に対して従順な犬種なので、基本的なしつけを忘れないようにしましょう。「この人は自分よりも格下だ」と思ったら、そっぽ向いてしまう事が多くなります。ラサアプソの様子を見ながら、主導権を握るリーダーとなってください。

叱る・褒めるのメリハリを意識する

ラサアプソのしつけはメリハリが大切です。いつも甘やかしているのも、常に叱ってばかりいるのもNG。甘やかしてばかりいると、言う事を聞かなくなります。逆に、叱ってばかりいると飼い主に対する警戒心が高まり、信頼関係を築く事ができません。飼い主の言う事を聞いたらしっかりと褒め、言う事を聞かない場合は叱る、といったようにメリハリを意識してください。

早い段階で吠え癖をしつける

ラサアプソは警戒心が強い犬種なのに加えて、聴力が優れているのが特徴です。少しでも警戒心を抱くと、無駄吠えをする可能性が高くなります。無駄吠えが多くなると、近所への迷惑にもなってしまうため、無駄吠えをしないように気をつけてください。無駄吠えをしたら、決して相手にしないようにするのがポイント。

吠えた時に相手にすると「吠えれば構ってくれる」と勘違いをします。吠えたら徹底的に無視をする事で「吠えても何も意味がない」と思わせるようにしましょう。子犬の頃からそうする事で、無駄吠えを抑える事ができます。

ラサアプソを迎え入れる方法・注意点

「可愛いラサアプソと暮らしてみたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。そのような場合は、ラサアプソを迎え入れる方法や注意点についてチェックしていきましょう。ラサアプソはどのようにしたら手に入れる事ができるのか、基本的な情報を把握しておけば迎え入れやすくなります。かかりやすい病気もチェックして、平均寿命よりも長生きできるようにしてください。

ブリーダーからの入手が基本

ラサアプソは日本ではまだ珍しい犬種になります。そのため、ラサアプソをペットショップで見かける事はあまりないのではないでしょうか。そのような時は、ラサアプソを扱っているブリーダーを検索しましょう。ネットなどでブリーダーを検索する事で見つけられます。

ラサアプソ専門のブリーダーなら、詳しい知識を備えているのが魅力。ラサアプソを飼うに当たって必要な情報をブリーダーから得る事ができます。ただし、ブリーダーの中には悪質な人間もいるので注意。ブリーダーの評判をチェックして、優良なブリーダーを利用するようにしてください。

静かな室内飼いがおすすめ

ラサアプソをブリーダーから手に入れる事ができたら、室内飼いにしましょう。警戒心が強く、聴力に優れたラサアプソは外飼いにしていると様々な事に警戒し、無駄吠えの原因にもなってしまいます。静かな環境で育てる事で、聴力が鋭いラサアプソも安心して暮らす事ができるのではないでしょうか。

毎日の運動・散歩が必須

ラサアプソは、他の小型犬と比べて筋肉質な体型をしています。そのため、毎日の散歩・運動が欠かせません。1日30分は散歩時間を取るようにしましょう。朝と晩、2回散歩をするのが理想です。ドッグランなどで走らせるのもおすすめ。

日常的な被毛の手入れが大事

ラサアプソは、長毛のダブルコートが特徴です。ブラッシングは毎日行い、抜け毛対策をしましょう。また、トリミングは月に1回必要になります。トリミングカットを楽しむのもラサアプソの魅力の1つなので、お手入れは欠かせないようにしてください。

目・鼻・皮膚の病気に注意

ラサアプソは高温多湿な日本の夏の間は皮膚の病気にかかりやすくなります。また、目やにがつきやすく、目の周囲の皮膚被毛が感染の病気を起こしやすいため気をつけましょう。マズルが短めのラサアプソは呼吸器系の病気にもかかりやすいです。

もし、呼吸におかしな部分があったら病気を疑い、早めに対処しましょう。ラサアプソの目は長い被毛によって傷つきやすいので、目の病気にも注意。定期的に検診を行い病気を防ぐ事で、ラサアプソの寿命を延ばすようにしてください。

ラサアプソの抜け毛対策グッズ

ラサアプソを飼う上で大切になるのが抜け毛対策。ラサアプソは抜け毛が多いので、毎日のブラッシングや定期的なシャンプーでケアをしましょう。ケアをする事で、ラサアプソの皮膚の病気も防ぐ事ができます。おすすめのアイテムをチェックしてみてください。

犬用ブラシ/ファーミネーター

ファーミネーターの犬用ブラシは、下の毛をしっかりと取るのに役立ちます。被毛の上をスライドさせるだけで、ごっそりと毛が抜けるので「こんなに抜け毛があったんだ」と驚くかもしれません。ラサアプソの抜け毛ケアにも最適です。

トゥルータッチ/JNL

JNLのトゥルータッチは、手袋型の珍しいブラシです。ブラシのついた手袋をつけて、撫でるようにする事で抜け毛を取る事ができます。ラサアプソとスキンシップをしながらブラッシングできるのが魅力。ラバーブラシが抜け毛をきちんと取ってくれます。

ティーツリーシャンプー/A.P.D.C.

天然の消臭成分や消炎成分、保湿成分を含んだティーツリーシャンプーは、ラサアプソの皮膚のケアにぴったり。ラサアプソは夏場に皮膚炎になりやすいので、定期的にシャンプーをしましょう。抜け毛が多い時期もシャンプーを行えば、ごっそり抜け毛を取れます。

ラサアプソと楽しく暮らそう

ラサアプソはペットショップで扱っている事が少ないので、ブリーダー経由で手に入れるのがおすすめ。病気などにも気をつけて、寿命を延ばすように努力してみましょう。きちんと健康管理をする事で、平均寿命より長く生きる事は可能です。ぜひラサアプソとの生活を楽しんでみてください。

犬に関連した記事はこちら

Thumbブルマスティフは歴史ある元軍用犬!上手にしつけるポイントとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbブービエデフランダースはパトラッシュのモデル犬?性格は温厚で優しい? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbラフコリーは才色兼備な犬種!魅力を引き出す秘訣はブラッシング? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-13 時点

新着一覧