【猫用】フケ対策におすすめシャンプー11選!原因を見分ける方法も紹介!

猫のフケ対策におすすめのシャンプーやお手入れ方法についてまとめました。猫のフケが多い場合には何らかの原因があるので、対策を立てる事が大切です。原因を把握した上で、おすすめのシャンプーを活用して猫のフケ対策をしていくようにしましょう。

【猫用】フケ対策におすすめシャンプー11選!原因を見分ける方法も紹介!

目次

  1. 猫のフケ対策に効果的なシャンプーを紹介
  2. 猫のフケが発生する原因・見分け方
  3. 猫のフケ対策シャンプーの選び方
  4. 猫のフケ対策シャンプー:11位〜6位
  5. 猫のフケ対策シャンプー:5位〜1位
  6. 猫のフケを改善するお手入れ法
  7. 猫の乾燥肌におすすめケアグッズ
  8. 猫のフケは優秀なシャンプーで改善!

猫のフケ対策に効果的なシャンプーを紹介

猫とスキンシップを取っている時に「フケがたくさん出ている!」という事に気付いたら、早めに対策をするのがおすすめです。猫のフケには様々な原因があり、原因に合わせたフケ対策が必要不可欠。特に大量のフケは、猫の皮膚に何らかの異変が出ている可能性があるため、しっかりと原因を把握して対策をしていく事が重要になります。

本記事では、猫にフケが出る原因や、フケ対策におすすめのシャンプーについてまとめました。猫にフケが出た時には、最適なシャンプーでケアをするのがおすすめ。フケ対策ができるシャンプーを取り入れる事で、猫のフケを抑える事ができるようになります。シャンプーには様々な種類があるので、おすすめ商品をチェックして使いやすいタイプを選んでいきましょう。

フケの正体

まずは、フケの原因について学んでいきましょう。猫にもよく見られるフケですが、なぜ出てくるのでしょうか。フケは、新陳代謝が行われた際に出てくる古い角質の事です。代謝が行われる事によって新しい角質へと生まれ変わり、古い角質は剥がれ落ちでフケとなります。人間に関しては頭のみにフケが出ますが、猫は全身にフケが出るのが特徴です。

新陳代謝が行われる事は正常な状態なので、古い角質であるフケが出たとしても特に問題はありません。基本的に、フケは出てきて当然の物と考えられています。猫は全身からフケが出てくるので、人間よりも多いと感じるかもしれませんが、猫の状態に異変がなければ自然の流れと捉えて大丈夫でしょう。

ただし、フケの様子がおかしい場合には注意が必要です。普段以上にフケが大量に出てくる、べたついたフケがたくさん出ている、といったようにフケの量や状態によっては、猫の皮膚に異変が起きている場合があります。フケの原因は様々なので、一概には言えません。猫の状態を見て、最適なケアをする事がフケ対策に繋がります。

フケ対策になるシャンプーをチェック

フケの対策方法は色々ありますが、効果的と言われているのがシャンプーです。シャンプーをして皮膚の調子を整える事で、フケの状態を改善する事ができるようになります。ペットショップなどで猫用のシャンプーは気軽に手に入れる事ができるため、フケが気になる時には活用していきましょう。猫にぴったりなシャンプーを使えば、健康的な皮膚の状態を取り戻せるはずです。

猫のフケ対策用のシャンプーを選ぶためには、ポイントを踏まえた上で選んでいく事が大切になります。色々な種類のシャンプーがあるので、どれを選んで良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そのような時は、フケ対策におすすめのシャンプーや選び方についてチェックしておきましょう。基本的なポイントを覚えておけば、最適なシャンプーを選びやすくなります。

猫がいつまでも健康的でいるためには、病気だけでなく皮膚の状態も常に見ておく事が大切。普段のスキンシップの中で、猫に大量のフケが出ていないか、フケの様子がおかしくなっていないかなどを確認してみてください。早めに対策をする事で、フケはすぐに改善する事ができます。猫のために、最適なケアをしていきましょう。

猫のフケが発生する原因・見分け方

まずは、猫からフケが大量に出てきてしまう原因について見ていきましょう。猫の皮膚からフケが出てくるのは新陳代謝が要因であり、通常であればフケが出てくるのには問題がありません。しかし、大量のフケが出てくるのは、新陳代謝以外に様々な原因が考えられるので原因を把握した上で対策をする事が重要。猫から多くのフケが出てくる原因についてご紹介します。

皮膚の乾燥

猫の皮膚からたくさんのフケが出てくる場合、乾燥が原因になっている事がよくあるため注意が必要。乾燥してカサカサとした状態の肌からは、古い角質が出やすくなり、それが大量のフケとなって現れると言われています。特に、屋内で飼われている猫は、皮膚が乾燥しやすいので気をつけましょう。空調設備による乾燥によって、フケが大量に出やすくなります。

また、乾燥しがちな冬のシーズンにも注意が必要となります。人間だけでなく、猫も皮膚が乾燥するので適切な保湿ケアをしていないと、フケが大量に出やすくなるかもしれません。常にフケが大量に出るのではなく、冬のシーズンだけフケが多くなるという場合は、乾燥による可能性が高くなります。猫の皮膚の状態を見て、乾燥していないか確認してください。

過度な乾燥は、フケが大量に出るだけでなく痒みなどの原因になります。猫が痒がっている様子を見せているようであれば、保湿ケアを怠らないようにしてください。痒みによって搔き壊したり、皮膚炎になる可能性も出てきます。乾燥によるフケは、肌トラブルの前触れであると考えた方が良いかもしれません。

皮膚の病気

フケは、皮膚の病気によっても大量に出てくるようになります。普段よりもフケの量が異常に多くなっている、という場合は皮膚の病気を疑いましょう。細菌や真菌などに感染し、皮膚の状態が悪化している可能性が高くなります。こうした菌によって皮膚の状態が悪化し、新陳代謝が乱れた状態になる事でフケが大量に出るようになるため、適切なケアが必要です。

こうした皮膚の病気は、屋外に出る事がある猫に起きやすいと言われています。屋外には様々な菌がある他、野良猫と接触する機会も多いため、感染の確率が高くなるからです。屋外に出す事のある猫から大量のフケが出てきたら、他に皮膚の状態に異変が出ていないか確認してください。

こうした皮膚の病気は、感染しやすいので多頭飼いの場合は要注意。1頭から始まった皮膚の病気が他の猫に伝染し、フケが大量に出るようになってしまうかもしれません。もし、猫から大量にフケが出て病気の疑いがある場合は、他の部屋に隔離するようにしてください。猫との接触を避ける事で、感染を防ぐ事ができます。

病院で適切な治療を行い、完治してから他の猫と接触させるようにしましょう。こうした事は飼い主が意識して対策する事が大切。「少しだけなら大丈夫だろう」と思って他の猫と接触させる事で、新たな病気が発生してしまうかもしれません。飼い主がきちんと猫の行動を管理し、皮膚の病気が感染しないように気をつけてください。

ストレス

猫はストレスによってもフケが出やすくなる事があります。強いストレスを受ける事で体調に異変が起こり、新陳代謝が乱れやすくなるのが原因。新陳代謝が乱れると、古い角質がフケとなって沢山出やすくなります。猫は、様々な事でストレスを受けてしまうので、負担を与えていないか普段の生活を見直してみましょう。

もし、思い当たる事がある場合はストレスの原因となる物を取り除く事が大切になります。猫にストレスがかかった状態が続くと、フケが出てくるだけでなく、様々な病気の原因になってしまうかもしれません。猫は自分で話す事はできないので、飼い主が様子を見てあげる事が大切です。猫が健やかに育つように工夫をしてみてください。

急な引越しなど、環境が変わる事に対して猫は敏感に反応します。そうした事がストレスとなって大量のフケが出てきてしまっているのかもしれません。猫は普段通りにしていたとしても、環境が変わる事で実はストレスを感じていたという事もあるので、注意してください。直近で何かしら生活環境に変わった事がある場合は、猫の心のケアも十分に行うようにしましょう。

元の体質

元々の体質によって、フケが出やすいという場合もあります。大量の皮脂が分泌される脂漏性の猫である場合、新陳代謝によって出てきた皮膚が皮脂によって固まり、大きなフケとして出てくる事があるので注意が必要。新陳代謝が短いとフケが固まる量も多くなり、大量のフケとなって出てきてしまいます。猫の皮膚が皮脂でべとついていないか、チェックしてみてください。

また、元々乾燥肌である猫もフケが出やすくなります。暮らしている環境に関わらず、乾燥肌の猫は古い角質がフケとなって出やすくなるため、定期的なケアが必要。人間にもオイリー肌や乾燥肌があるように、猫も個体によって様々な肌質がいます。自分が飼っている猫がどのような肌質であるのかを把握する事で、適切なフケ対策ができるようになるのではないでしょうか。

このように、猫からフケが出る原因は様々です。愛猫がどのような原因でフケを出してしまっているのかを把握し、それに適した対策をする事によって状態を改善する事ができるようになります。肌の様子を確認し、もし病気が原因なら早めに病院へ行くなど、猫に最善の方法を取るようにしてください。

猫のフケ対策シャンプーの選び方

猫のフケが気になる場合は、シャンプーでケアをするのがおすすめです。適切なシャンプーでケアをする事で、フケの状態を改善し、綺麗な肌を取り戻す事ができるようになります。続いては、フケが気になる猫におすすめのシャンプーの選び方を見ていきましょう。シャンプーにも色々な種類があるので、どのようなタイプを選べば良いのか基本を学んでおく事が大切です。

①フケの状態をチェック

シャンプーでのお手入れの前に、フケの状態を確認する事が大切になります。フケと一口に言っても、発生原因によって最適なシャンプーは変わってくるので、その点は意識するようにしましょう。もし、フケがベトベトとして固まっているようであれば、脂漏性の皮膚である可能性が高くなります。皮脂によってフケが固まり、べとついた状態になっているからです。

細かくカサカサとしたフケが出ている場合は、乾燥が原因であると考えられます。猫の皮膚の様子を見て、乾燥していないかチェックしてみましょう。猫の皮膚に触れた時にカサつき、フケがポロポロと出てくるようであれば乾燥が進んでいる可能性があります。

もし、猫から大量のフケが出ている場合は菌によって新陳代謝に以上が出ている可能性が考えられます。新陳代謝の異常は大量のフケの発生の原因となるからです。菌によるフケの発生は、早めに処置をしないと悪化する可能性が高いため、注意をするようにしましょう。このように猫のフケは大きく3種類に分ける事ができるので、状態を確認して原因を把握するようにしてください。

②各商品の成分表示をチェック

猫から出ているフケの原因が分かったら、お手入れに最適なシャンプーを選んでいきましょう。シャンプーは、成分表示を確認する事が重要なポイント。シャンプーによって含まれている成分が異なるので、ただ単にシャンプーで洗えば良いという訳ではありません。原因に適した成分を含むシャンプーを選ぶ事で、フケの状態を改善する事ができるようになります。

皮脂のベタつきによってフケが出ている場合は、皮脂を洗い流す事ができるタイプのシャンプーでお手入れしましょう。イオウやサリチル酸、コールタール、過酸化ベンゾイルといった成分が入ったシャンプーがおすすめです。皮脂を洗い流す効果を期待する事ができます。ただし、使いすぎると乾燥が進んでしまうので、シャンプー後は保湿のお手入れが必要です。

乾燥が原因でフケが出ている場合は、プロピレングリコールや尿素、乳酸、グリセリンといった保湿成分が入ったシャンプーを選んでください。こうした成分が入ったシャンプーは低刺激性である事が多いので、肌が敏感な猫にもおすすめです。シャンプーの後は、乾燥を防ぐために保湿ケアも忘れないようにしてください。

菌が原因の時は、抗菌作用のあるシャンプーが最適。ポピドンヨードやミコナゾール、クロルヘキシジといった抗菌作用を期待する事ができる成分を含んだシャンプーでお手入れをしてください。ただし、菌が原因でフケが出ている時は自己判断のみに頼らないようにしましょう。フケだけでなく、他の皮膚トラブルが見られる場合は病院へ行って相談する事が大切です。

③飼い猫の性格を考慮

猫の性格も考慮した上でシャンプーをするようにしてください。猫は水を怖がる事が多く、シャンプーに対して強い警戒心を抱く事があります。体が濡れる事が嫌がるようであれば、無理に体を濡らすシャンプーをする必要はありません。ドライシャンプーを使い、体を濡らさないようにお手入れしてください。そうする事で、猫のストレスを軽減する事ができます。

もし、猫がお風呂を嫌がらないようであれば通常の流せるシャンプーを使いましょう。流せるシャンプーを使う場合は、猫に対してドライヤーを使えるかどうかも事前に確認してください。お風呂は大丈夫だったとしても、ドライヤーの大きな音は苦手という猫もいる可能性があります。ドライヤーできちんと乾かさないと病気の原因になるので、注意しましょう。

猫のフケ対策シャンプー:11位〜6位

選び方のポイントを押さえる事ができたら、フケのお手入れにおすすめのシャンプーランキングをチェックしていきましょう。フケ対策をする事ができるシャンプーの種類はバリエーション豊か。猫のフケの状態に合わせて選ぶ事で、最適なお手入れができます。シャンプーの成分も確認しながら、猫のお手入れにぴったりな商品を選んでみてください。

11位:アイリスオーヤマ 無添加リンスインシャンプー 犬猫用

防腐剤などの添加物を含まない、猫に優しい低刺激性のシャンプーです。植物由来の洗浄成分を含んでいるため、肌が敏感な猫にもおすすめ。3種類のハーブエキスによって、肌に潤いを与える事ができるのも嬉しいポイントです。リンスインシャンプーなので、1本でサラサラ&ふんわりとした被毛に仕上げる事ができます。

10位:ペティエンスメディカル 薬用水溶性イオウシャンプー

皮脂が多く、ベタベタとした皮膚の猫の場合には、薬用水溶性イオウシャンプーがおすすめです。イオウが配合されていますが、独特の匂いはなくハーブの良い香りを楽しむ事ができるのが魅力。また、動物病院でも使用されている信頼感があるのも人気を集めている理由です。

9位:ジョンソントレーディング ジョイペット水のいらない泡シャンプー

お風呂が苦手な猫のお手入れにおすすめのドライシャンプーです。泡状になっているので、優しく猫のお手入れをする事ができます。「体が濡れるのは絶対に嫌だ」という猫に活用してみてください。ヒアルロン酸を含み、乾燥してフケがたくさん出ている猫の皮膚のケアに役立ちます。

8位:ビルバック アデルミル

アデルミルは、セラミドを含み乾燥肌に最適なシャンプーです。セラミドは、肌の角質層に潤いを与える成分。角質層が乾燥していると、カサカサとしたフケが出やすくなるので、こうしたタイプのシャンプーを使ってお手入れをしましょう。動物病院でも使用されている安心感があるのも嬉しいポイントです。

7位:ビルバック 犬猫用ケラトラックスシャンプー

犬猫用ケラトラックスシャンプーは、肌から過剰に皮脂が分泌される事により新陳代謝が乱れがちな猫におすすめの猫です。新陳代謝が乱れる事でバリア機能が衰え、皮膚から更に皮脂が分泌されやすい状態になります。こちらのシャンプーはサリチル酸ナトリウムを含み、新陳代謝機能を整え、皮脂分泌を抑えられるのが特徴です。

6位:バイエル ヒノケア

ヒノケアからは、乾燥肌用とべたついた肌用の2種類のシャンプーが出ています。乾燥肌用にはヒアルロン酸を始めとした保湿成分を含み、低刺激性になっているのが特徴。べたついた肌用は、ナイアシンアミドを配合し過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。猫のフケの種類を確認して、最適なシャンプーでお手入れしましょう。

猫のフケ対策シャンプー:5位〜1位

フケが多い猫におすすめのシャンプーは他にも色々あります。猫に合わせたシャンプーを選ぶ事で適切にお手入れをする事ができるので、それぞれの特徴をチェックしていきましょう。フケは定期的なケアによって改善する事ができます。健康的な状態を保つ事ができるように、シャンプーを活用してみてください。

5位:ゼノアック デュクソシャンプー犬猫用

デュクソシャンプーは、乾燥してフケが出やすくなっている猫におすすめのシャンプーです。こちらは、フィトスフィンゴシンに含まれているのがポイント。フィトスフィンゴシンは、猫の角質層に元々含まれている保湿成分なので、猫に優しく洗い上げる事ができます。刺激も低く、敏感肌の猫にもぴったりです。

4位:フォード・ダッジ ノルバサンシャンプー0.5

菌によるフケが出ている場合は、ノルバサンシャンプー0.5を使ってみましょう。酢酸クロルヘキシジンによって、菌の原因を取り除く事ができるようになります。猫の皮膚の状態が悪くなっている時も使いやすい低刺激性。子猫にも使う事ができます。保湿成分も含まれているため、シャンプー後の乾燥を防げるのも魅力です。

3位:ゼノアック オーツシャンプーエクストラ

皮膚の乾燥によってフケが出ている猫におすすめなのが、オーツシャンプーエクストラです。βグルカンやプロテインといったオーツから抽出した成分を含み、肌に必要な皮脂を残しながらシャンプーをする事ができます。皮膚の水分量をキープし、潤いのある状態を保ってくれます。痛んだ被毛のケアもする事ができるので、ふんわりとした状態を取り戻せるのも魅力。

2位:コズグロジャパン テルメディックミネラル ペットシャンプー

テルメディックミネラル ペットシャンプーはミネラル成分を含み、猫の肌を健やかに保つ効果を期待する事ができるシャンプーです。乾燥しがちな猫の皮膚を保湿し、被毛のツヤも取り戻す事ができます。泡切れが良いため、シャンプーが苦手な猫の場合もすぐに洗い流せるのが嬉しいポイント。防腐剤などの添加物を使用せず、飼い主の手にも優しいシャンプーになっています。

1位:ジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー 犬猫用

薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプーは、動物病院でも使用されている優秀なシャンプーです。菌によって増えたフケの対策に最適。薬用クロルヘキシジンが含まれているので、殺菌効果を期待する事ができます。一方で、肌への刺激が少ないため敏感肌の猫にもおすすめ。フケが多く匂いが気になる猫のお手入れ対策にも役立つと言われています。

猫のフケを改善するお手入れ法

猫のフケはシャンプー以外でもお手入れをする事が大切になります。様々な面でお手入れをする事で、健康的な皮膚の状態を保てるので飼い主が気を使ってあげましょう。日常的なケアは、猫とのスキンシップにもなるので定期的に行うようにしてください。フケを改善する事ができるおすすめのお手入れ方法についてご紹介します。

乾燥しないよう湿度調整する

乾燥が原因でフケが出ている場合は、湿度調整をするようにしてください。屋内で飼っている猫にはよくある事ですが、空調設備によって湿度が低くなっていると乾燥が進んでフケが出やすくなる事があります。部屋の湿度管理は、猫を飼う上で重要なポイント。加湿器を取り入れて、乾燥状態を作らないようにしてください。それだけでも、フケを改善する事ができます。

特に乾燥しやすい冬場は注意が必要です。暖房器具のみを使い、加湿器を使っていないとあっという間に乾燥してしまいます。猫は暖かい場所が好きなので、暖房器具のそばにいて肌が乾燥してしまう事もあるため、加湿器でケアをするようにしてください。暖かさと潤いの両方を与えるようにすると、猫にとっても心地よい状態でフケのケアができるのではないでしょうか。

定期的にブラッシングする

大量に出たフケが皮膚に止まった状態だと、肌に悪影響を与えてしまいます。定期的にブラッシングを行い、フケを取り除くようにしましょう。なるべく1日に1回ブラッシングをするのがおすすめです。ブラッシングによってフケを落とす事で、清潔な状態にする事ができます。また、新陳代謝を刺激し、正常なターンオーバーへ繋がるのもブラッシングの魅力。

特に換毛期を迎えた猫は、肌のターンオーバーが盛んになり抜け毛やフケが多くなりがちです。きちんとブラッシングをする事で抜け毛を取り除き、清潔な肌の状態にする事でフケの改善に繋げる事ができます。ブラッシングはマッサージにもなるので、猫とのスキンシップの一環として取り入れてください。抜け毛と共にフケのケアをすれば、猫もスッキリできるはずです。

お風呂の入れ方に気をつける

猫をシャンプーする時には、お風呂の入れ方に気をつけてください。猫にとってお風呂が嫌な体験になると、日頃のお手入れがしにくくなってしまいます。猫が怖がらないように、優しくシャンプーをするようにしましょう。また、シャンプーが終わったらおやつをあげて褒めてあげると良いのではないでしょうか。ドライシャンプーの場合も同様にご褒美をあげるのがおすすめです。

お風呂の後は、しっかりとタオルで水気をふき取るようにしましょう。タオルドライをきちんと行う事で、ドライヤーを使う時間が短くなります。タオルドライの後は、ドライヤーで根元まで乾かすようにしてください。長毛種の猫は根元まで乾きにくいので、全体にドライヤーを当てるようにしましょう。熱くなり過ぎないように、ドライヤーと適度に距離を取る事も大切です。

シャンプーは、適切な頻度で行う事も大切です。フケが気になるからと言って、頻繁にシャンプーをしていると肌への刺激が重なって悪影響を与えてしまいます。殺菌作用があるシャンプーや、皮脂を洗い流すシャンプーの場合は刺激が強い場合があり、洗い過ぎが肌の悪化を招く可能性もあるため気をつけましょう。シャンプーに記載されている使用頻度を守るようにしてください。

病院を受診したら指示に従う

猫から大量にフケが出ている場合、病院を受診して適切な治療をしてもらう事がほとんどです。そういった場合は、病院の指示にきちんと従うようにしてください。自己判断をする事は危険なので、注意が必要。もし、病院から治療薬を処方された場合は飲みきるようにしましょう。途中でやめる事によって、また症状がぶり返してしまうかもしれません。

フケの治療の一環として、病院からシャンプーを処方される事もあります。病院の指示に従い、適切な方法でシャンプーをするようにしてください。シャンプーを怠る事でなかなかフケを改善する事ができない場合もあります。病院の指示に従う事でフケを綺麗にする事ができるので、猫と協力しながら頑張ってみてください。

もし、動物病院の治療方法に不安があるといった場合には、セカンドオピニオンを聞くのもおすすめの方法です。一箇所だけでなく、他の動物病院も受診をする事で新たなフケの原因がわかるかもしれません。病院を選ぶ時は、口コミをチェックして信頼できる病院を見つける事が大切です。飼い主の病院選びが治療の良し悪しを左右する事もあるので、厳選してみてください。

猫の乾燥肌におすすめケアグッズ

猫のフケの多くは、乾燥によるものであると言われています。屋内飼いが増えた現在、室内に長くいる事で猫の皮膚は乾燥しやすくなっているため、適切なお手入れが必要。定期的に保湿ケアをする事で、フケを改善する事ができるようになります。猫の保湿ケアにぴったりなアイテムをまとめました。日常的に乾燥対策をして、フケが出ないようにしていきましょう。

ボリーナワイド

猫のシャンプーを行う時におすすめしたいのが、シャンプーヘッドのボリーナワイドです。水道水から出る泡の1万分の1のウルトラファインバブルにより、毛穴の奥からスッキリと綺麗にする事ができます。毛穴の奥から洗う事ができるので、フケ対策だけでなく匂い対策にも繋がるのが嬉しいポイント。肌への刺激が少なく、乾燥しがちな猫にもおすすめのシャワーヘッドです。

普段はシャワーを嫌がる猫もポリーナワイドを使えば気持ち良さそうにシャンプーをさせてくれたという評判も多くあるため、なかなかシャンプーができない猫にもおすすめ。きめ細やかなシャワーが出てくるので、肌への当たりが優しく、猫も大満足のシャンプータイムにする事ができます。

水圧が優しくなるので、乾燥を防ぎフケや痒みを改善する事ができるのも魅力。皮脂が多い猫も、乾燥しがちな猫もポリーナワイドを使う事で改善する事ができるかもしれません。普段から使用しているシャワーヘッドと交換するだけなので、気軽に使う事ができます。猫のケアだけでなく、人間にとっても優しいシャワーとなっているため取り入れてみてはいかがですか。

ピュアラ スキンコンディショニング

ピュアラのスキンコンディショニングは、乾燥しがちな肌のケアに最適です。野菜や果物といった自然の保湿成分を配合しているため、猫に使っても安心。肌に潤いを与えながら、ターンオーバーを正常化しフケや痒みを抑える事ができます。1日に2〜3回、スキンコンディショニングをスプレーしてマッサージをしてあげましょう。定期的に続ける事で、フケの改善が見込めます。

タマの水肌用水

タマの水肌用水は、肌への浸透率が高いと言われているイオン水をベースとしているのがポイント。コラーゲンやシルクプロテインを含み、乾燥しがちな肌に潤いを与えてくれます。無添加タイプなので、肌への刺激が気になる猫にもぴったり。フケを抑えながら、皮膚のハリを保ち新陳代謝を正常化してくれます。緑茶エキスを配合しているので、気になる匂い対策にも最適です。

猫のフケは優秀なシャンプーで改善!

猫からフケが出ている場合は、原因を探る事が大切です。どのような事が原因となってフケが出ているのか把握する事で、最適なシャンプーを選びやすくなります。乾燥肌によるフケやオイリー肌によるフケ、菌の繁殖によるフケといったように、フケのタイプによってシャンプーを使い分けるのが重要なポイント。

シャンプーをする時は、猫にとって嫌な体験にならないようにしましょう。ストレスがかかると、飼い主との信頼関係も崩れてしまうかもしれません。猫がリラックスしてシャンプーができるように、おやつを与えるなど工夫をしてみてください。シャンプー以外のお手入れもきちんと行って、フケ対策をしてみてはいかがですか。

猫に関連した記事はこちら

Thumb猫を夏バテから守ろう!予防や対処法など役立つ情報を一挙公開 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb猫が甘噛みをする7つの理由!気持ちに寄り添ったしつけ法を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb猫の甘えるサインは知ってる?悶絶必至のかわいすぎる動画も紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-09-27 時点

新着一覧